【本日の研究】 『CUBE』

<cinema - '08>

本日の研材、
a0035263_139271.jpg

                   ・ 『CUBE』

            '97カナダ、監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ



やっと今年の1本目。
ミクシィの「ミニシアター系映画」のコミュニティでリサーチした人気の高い作品を観ていく、という作戦で、ここのラボは進んでいきます。

その記念すべき1作目は、去年のリサーチ時点ではNo.1だったこの作品を!

ある日突然、密室に閉じこめられた6人の男女。それは正方形の巨大な立方体だった。いったい何のために作られたものなのか、なぜ自分たちが閉じこめられたのかは誰も知らない。脱出方法は6つあるハッチのいずれかを選び、同じ立方体でつながっている隣に移動しながら出口を探す以外ないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた。そんな中、やがて彼らは安全な部屋を示す“暗号”に気づくが・・・。

「ワンセット物で役者が7人しか登場しないという低予算で製作された作品」らしいのですが、だからこそというか、アイデア勝負に見事勝利している、そんな作品です。

極限状態における登場人物の深層心理。これが映画の肝でしょう。
これについては以前観た、" es[エス] " や " SAW ソウ " も同様。

で、結果は・・・
面白くはあったんですが、ちょっと期待が高すぎたか。
同系統でいえば上記2作品の方が好みでした。が、これら作品の先駆けとなった作品なので、他がこれに倣ったとも言えるんでしょうけどね~。

今回で明らかにされなかった部分があり、続編で明らかになるのか気になってしまいまして。
監督も違うようだし、だとするとボクの中ではもう同じお話ではないんですよね。なのでこの続編はもう観ないつもりであらすじを見てしまったんですが・・・実は案外面白そう。
う~ん、機会があればやっぱり観るかも。

何にしても、やっぱりいいカンジでした。今後もこの作戦で行きます。


今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-05-09 22:19 | ┗ cinema - '08