<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【おき動普及委員会 会報Vol.118】 『あらびき団』  ~ エハラマサヒロ


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第118回会報のお届けです。
【本日の動画はコチラ】


a0035263_15443262.jpg


       『あらびき団』 ~ エハラマサヒロ "布施明"



エハラマサヒロってあんまし好きじゃなく。
なんだろう?器用で色々出来るのは素晴らしいのだけれど、それを鼻にかけてる気がしてしまう。ボクの気のせいかもだけど、そう感じてしまうのですよね~。ドンドコのぐっさんと一緒で。

なんだけど、この布施明(って言い切ってるけど・・・)のネタは好き。

というわけで、今日はブログも既に更新したので、軽いネタでもう1つみたいな (^△^)

下系のネタなので、ピュアな方は見ないでくださいまし。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-07-29 15:52 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【本日の研究】 『ラスト・チャイルド』 ジョン・ハート

<novel - '11>

7月半ばでやっと4冊読了・・・『愛おしい骨』は前回発表しましたが、それ以外に『アリアドネの弾丸』と『SOSの猿』の発表も出来ずじまいで・・・そして今回も、しない。今回は直近で読み終えたものをやらないと忘れてしまいそうなので。


というわけで、本日の研材、


a0035263_10125624.jpg



       『ラスト・チャイルド』  ジョン・ハート 著




十三歳の少年ジョニーは、犯罪歴のある近隣の住人たちを日々監視していた。彼は、一年前に誘拐された双子の妹アリッサの行方を探しているのだ。美しい少女だった妹は何者かに連れ去られたが、警察はいまだ何の手がかりすら発見できずにいた。ジョニーの父親も、娘が誘拐されてまもなく謎の失踪を遂げ、母親は薬物におぼれるようになった。少年の家族は完全に崩壊したのだ。ジョニーは学校を頻繁にさぼり、昼夜を問わない危険な調査にのめり込んでいく。
ただひたすら、妹の無事と家族の再生を願って……。



≪親子の絆≫という主題にこだわり続けているというジョン・ハートの最新作にして、「早川書房創立65周年&ハヤカワ文庫40周年記念作品」と言う肩書き付きの作品。

今年最初に読んだ前述の『愛おしい骨』が素晴らしく、また昨年の海外部門は激戦だったということで「他も同じくらい良いのでは!?」という期待もあり、昨年の上位の中から自分好みの作品を、と思ったのがコレでした。

主人公の少年も、それを担当する刑事も、憑りつかれたかのように1年前の事件から離れられなくなってしまっている。少年の家族も刑事の家庭も、この事件を通して崩壊してしまっている。お互いその崩壊しきった家庭を救うために奔走する。

そして、事件の視点はそれぞれによって異なり、それが次の事件を呼び寄せていく・・・。

基本的に謎解きは2の次っていう人らしく、それでもその部分も楽しめはしましたが、やっぱり肝は「家族をめぐる物語」っていう点に尽きるでしょう。


当ラボの評価は★★

合格点なんですが、それでも若干点数が低めなのは、やっぱり読むのに時間がかかって(結局2ヶ月くらい読んでた)しまってというのが大きな要因であり、ちょっとそうなると正確な評価が・・・かわいそうな事をしました。

今読んでる『カラスの親指』も実は既に1週間かばんに入りっぱなしですが・・・とにかく昼の時間を読書タイムに戻すようにする!つい「だら~っ」とツイッター見るのやめなきゃ・・・



今回の研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '11>の方にUPしておきます。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-07-29 11:38 | ┗ novel - '11 | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.117】 『ぷらちなロンドンブーツ』  ~ Not 三村


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第117回会報のお届けです。
【本日の動画①】【本日の動画②】【本日の動画③】



a0035263_19193946.jpg


       『ぷらちなロンドンブーツ』 ~ "Not 三村"



ロンブーが以前やってた番組にさまぁ~ずが出た回より。
三村の口癖「なんでだよ!」を言わせる回数を、淳と大竹で競うというもの。

まだみんな若いっすなぁ~。


そして、いよいよアナログ放送が終わりに近いせいか、アナログ録画が出来なくなりまして。
デジタル放送のUPの仕方は分からんので、もう新しいのはUPでけん・・・今後は昔録ったやつをちびちびやっていきます、はい。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-07-20 19:20 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

なでしこ、悲願の優勝!!!(たった今)

今はとにかく興奮してしまって。

でも、とにかくおめでとう、なでしこJAPAN!!!

日本が、サッカーで、世界No.1だなんて・・・・素晴らしすぎる!

ドイツ戦、スウェーデン戦、アメリカ戦と、早起きしてずっと見てた甲斐があった。

しかも、リードされて、追いついて、また離されて、で、また追いついて。素晴らしいわー。

とにかく、おめでとう!そして、ありがとう!!!

まずは、これだけ。
[PR]

by robita00 | 2011-07-18 06:30 | ┗ sports | Comments(2)

【本日の研究】 『スイミング・プール』

<cinema - '11>

本日の研材、

a0035263_18392519.jpg

        ・ 『スイミング・プール』

          '03 仏英、監督:フランソワ・オゾン


いつも通り、≪ミニシアターのコミュニティにきている映画好きの人が挙げている好きな作品をカウントしてその上位の作品をみる≫という方法で。

今回は上位ではないもののまずまずの人気で、先日TVでやっていたという事で、この作品を。


人気ミステリー作家サラが、出版社社長に誘われて、南仏の別荘に出向く。そこには社長は来ず、娘のジュリーがやってきた。奔放な性格の彼女は、毎夜ちがう男を家に連れ込み、サラに見せつけるかのように刺激的な夜を過ごしていた。サラはそんな彼女に嫌悪を抱きながらも、目が離せず、次第に影響を受けていく。


監督はフランソワ・オゾン。上記のカウント方法では今作より上位にいる『8人の女たち』の監督で、それもまだ見てないのですがそういった期待もあったり。

主人公のミステリー作家を演じるのは、シャーロット・ランプリング。堅物のイギリス中年女を上手に演じています。情緒不安定なカンジを上手く表現できていて、見ててちょっとイラっとしてしまうほど(^△^;)

そして作品自体では、というと、途中途中「ん?」ってとこもあったのですが、「きっとそれらはラストに解決されるのだろう」と思いきや、やっぱり結局そのまま終了。

結果、ボクのちと苦手な「観ているものに解釈を委ねる」というタイプの映画でした・・・。

現実と虚構が入り混じり、境目がよく分からない。それ自体は作品を魅力的にする要素でもあるけれど、さすがにもちっとはヒントを提示していただきたいなー、と。
監督自身、インタビューで、「鍵を渡したくありません。もちろん自分の意見はありますが、結末は謎のままにして、観客各人が思うようにしておきたいのです。観客が自分自身の映画を作ることが出来る映画なのです。」と答えているようで。
あー、そうかー、でもやっぱりもちっとその意見とやらを見せて欲しかったのだよなー・・・。


でも、コレを挙げている映画好きの人が少なくないという事は、それでいいんだろうなぁ・・・。もうちょっと親切に、と思うのはセンスの無い人間の言い訳かも知れん・・・


でも、ウチの評価としては当然ボクの想いが全てなので、ここでは星なし っつーことで。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-07-12 20:38 | ┗ cinema | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.66】 ≪カジヒデキ≫ NIGHT ① !


どもです。名曲普及促進委員会より、第66回会報のお届けです。


今回は、祝ぐるぐる回る2011参戦記念!(チケットはまだ取れてないけど・・・)ということで、参加アーチストに名を連ねている我らがカジヒデキ君を特集してみたいと思います。

ウチではナカムラ君に次いで、いや、好きな曲の数で言えばもしかしたらナカムラ君を凌駕しているかも!なカジ君。いつものように5曲というのはかなり選曲が難しい・・・ので、当ラボにある5枚のAL.からそれぞれ1曲ずつ、という縛りを設けてやってみます。

それでも1回ではもちろん無理!なので、とりあえず今回は”①”ということで。

あ、あと1番大好きなラ・ブーム~だってMY BOOM IS ME~は、以前ココで紹介したので、今回は除外します。


   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


                【本日の1曲目】

a0035263_18461619.jpg

             " すてきなサンデー "


2ヶ月先に出た3rd AL.『15人の怒れる男たち』に収録できなかった曲を元に作られた、一応4th AL.、なのかな?『the fireworks candy&puppydog store』の#1を飾る曲。アップテンポで元気!な曲。

   oh I don't wanna wait till Sunday
   Sunday's just too far away
   oh I don't wanna wait till Sunday
   I need her love today
   



                【本日の2曲目】

a0035263_18505019.jpg

            " 女はそれを我慢できない "


で、その'99発表の3rd AL.『15人の怒れる男たち』からはコチラ。
流れるようなメロとラストの女声パートが印象的な曲です。

   新しい歌がもうすぐ出来るから 彼女を呼びに行こう自信作
   僕の歌 僕が歌いたいけれど 女の子の方が自信suck
  
「自信suck」!・・・解るような解んないような歌詞ですが、ここ歌いたくなるんですよね~。♪自信suck



                【本日の3曲目】

a0035263_1855919.jpg

              " PUZZLE TODAY "


次は、'00発表の5th AL.『You will Love me』より。
今回の5曲では、41歳の今の気分では1番好きな曲(*'▽')
このPOP感!この人の肝はやっぱり誰もが(多分)一発でK.O.されてしまう、このメロディ!また声がね、「弱い」という人もいるかもだけど、やっぱり曲に合ってると思うんですよね~。大好き。



                【本日の4曲目】

a0035263_19452773.jpg

                 " tea "


#4は、'98発表の2nd AL.『TEA』のタイトル曲を。
カジ君を最初に知ったのは、キューピーのCMで使われていた〝ラ・ブーム~〟で、その後1st AL.を聴きまたまたK.O.されて、んで、1年後に発表された2ndで更に更にヤられてしまった、と。
曲単位ではNo.1は〝ラ・ブーム~〟だけど、アルバム単位で言えば、この2ndの方が好き、かな?これもホント捨て曲無し!な1枚だなぁ、ボクには。

   輝ける季節 僕達はお茶を飲んだよ
   遠くあの街で 過ごした夏の日々
   すでにバレバレさ
 



                【本日の5曲目】

a0035263_19555189.jpg

             " たまごの中の欲望 "


ラストは、'97発表の1st AL.『ミニスカート』より。
カジ君、ロリポップ・ソニック見て影響受けたのかぁ。今wiki見て知りましたが。まぁでもそうだろうなー。
前にインタビューで、(オザケンが)『LIFE』でやってるの聴いて、「あぁ、ポップを前面に出していいんだ(こんなベタでいいんだ、的な)」って、『ミニスカート』作ったような話があったような気がする。・・・でも無かったかも。
あ、PV撮ってる時に強盗に合った話は初めて知った!一時期意識不明に・・・そんな事が・・・。

で、この曲。これも当時(よりちょっと前か?)に大好きだったスウェーデンのバンド、EGG STONEとの競演ということで、ボクは相当シビレた覚えがあります。
もうメロがね、素敵過ぎます。

   ありったけのハッピーなメロディ 君におくる
   たまごの石と
   僕ら二人月に照らされて 僕ら二人月に飛び乗って
   僕ら二人月に照らされて 僕ら二人月に飛び乗って
 


   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


つーわけで、①終了!②に続きます(いつか)。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-07-08 20:23 | ┗ song - japan | Comments(0)