「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【おき動普及委員会 会報Vol.116】 『ロンドンハーツ』  ~ 芸能人こだわりのヘアカタログ


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第116回会報のお届けです。
【本日の動画①NON STYLE 井上】
【本日の動画②フットボールアワー 岩尾】
【本日の動画③フルーツポンチ 村上】



a0035263_1938359.jpg


   『ロンドンハーツ』 ~ "芸能人こだわりのヘアカタログ"



芸能人はどんなこだわりをもって髪型をセットしたりしているのか、を探るという名目だけど、まぁどっきりですよね。ただ、ロンハーお得意のどっきり企画でも、ここ最近(とはいえ結構前だけど)ではこれが1番笑ったような気がしてUPしてみました。

女性の方はあまり想像できないかもですけど、男は相当こだわりを持ってますよね~、皆それぞれ。無造作に見えても。

まぁそんなことが良く分かる企画でした。

そして、そうですね、ワックスは何も混ぜないように!^^



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-30 20:02 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.115】 『マルさまぁ~ず』  ~ ちゃうねんからストラックアウト


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第115回会報のお届けです。【本日の動画はコチラ】



a0035263_10431768.jpg


『マルさまぁ~ず』  ~ "ちゃうねんからストラックアウト"



夜中に幾つかやっているさまぁ~ずの番組でもまるさまぁ~ずが1番企画は面白かったのでは?と思います。

まぁ、大好きなのでね、どれも好きなのですけどね・・・

この回は、”ちゃうねんからストラックアウト”という、「○○ちゃうねんから」が口癖のブラマヨ小杉に色々な物を着させて、それを誰と例えるかを当てるゲーム。当然、小杉には企画説明なし。

で、やっぱりなかなかいい例えをしますね、小杉氏。フット後藤もそうですけど、ツッコミはこういう才能も大事だなぁ、と。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-26 10:00 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.114】 『あらびき団』  ~ COWCOW"あたりまえ体操"


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第114回会報のお届けです。【本日の動画はコチラ】



a0035263_1643223.jpg


     『あらびき団』  ~ COWCOW"あたりまえ体操"



結構昔から好きで「なんでブレイクしないんだろう?」と思っていたCOWCOW
今回、『あらびき団』では初めてコンビで登場したのですが、新しいの引っさげてきました。それがこの" あたりまえ体操 "。

確かに憶えやすい。歌いたくも、なる。ブレイクするかどうか・・・どうかな?



それと、この回ではもう1つ、なぞかけを得意とする男の子が登場しまして。合わせてご紹介。【本日の動画②はコチラ】

a0035263_1658423.jpg


         『あらびき団』  ~ 吉岡翔馬

この時間の経過と共に興味が移るカンジ、分かるわ~。ウチの子そっくりw

そして、この意地悪なカンジがあらびきらしくていいです。子供相手でも容赦なし。しかも「暗記しているだけだった」って!いいじゃねーか、それで。まったく・・・



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-23 16:59 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.113】 『風待ミーティング』  ~ 松本隆作家活動30周年記念ライブ


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第113回会報のお届けです。
【本日の動画①カーネーション】
【本日の動画②かせきさいだぁ】
【本日の動画③ヒックスヴィル】
【本日の動画④鈴木茂】
【本日の動画⑤キリンジ】
【本日の動画⑥佐野史郎】
【本日の動画⑦南佳孝】
【本日の動画⑧サニーデイ・サービス】
【本日の動画⑨かせきさいだぁ(2日目)】
【本日の動画⑩ヒックスヴィル(2日目)】
【本日の動画⑪ヒックスヴィル+スカパラ・ホーンズ】
【本日の動画⑫鈴木茂(2日目)】
【本日の動画⑬青山陽一】
【本日の動画⑭サンプラザ中野】
【本日の動画⑮鈴木博文】
【本日の動画⑯太田裕美】




a0035263_18245530.jpg


   『風待ミーティング』  ~ 松本隆作家活動30周年記念ライブ



はっぴいえんどのドラマーとして活躍され、その後作詞家としても活躍されている松本隆さんの、活動30周年を記念したトリビュートライブが1999年11月に行われまして。その時の模様をUPしてみました。

「さすが松本さん!」というカンジで、集まったアーチストも錚々たる面子ですねー。


※マサムネ君のと、ナカムラ君が入っている≪スーパーバンド≫のは、以前コチラで紹介しているので、ここでは割愛しております、はい。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-14 18:44 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.112】 『働くおっさん劇場』  ~ 野見さんvs浅見さん


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第112回会報のお届けです。【本日の動画①】
【本日の動画②】



a0035263_18532844.jpg


   『働くおっさん劇場』  ~ 野見さんvs浅見さん



野見さん、松本人志監督第3作目『さや侍』の主演、おめでとうございます!!

いやぁ、全然知らなかったんですが、野見さんをキャスティングしてたんですね~。そうかー、うんうん。

ということで、昨日『笑っていいとも』にも一瞬出てましたが、野見さんの出世作(ってか、コレだけか)である、この作品から、最後にライバル(w)である浅見さんというおっさんが出てきたところのをUPしてみたので、ご紹介。
昨日『いいとも』で言ってた携帯のくだりもあります^^

しかし、野見さんもすごいけど、浅見さんもパンチ効いてるなぁ~ww

今まで松ちゃんの作品を2つとも見てきましたけど、まぁファンなんで贔屓目に見ちゃうんですがそれでもやっぱりその面白さの全ては出ていなかったと、思うんですよね~。まぁ深いところで色々あるのかもですが、シンプルに笑いを求めているので、そういう部分では決して満足ということでもなく。

でも今作は、松ちゃんが『いいとも』で「今回は評判がいいので怖い」って言ってたので、やっぱりまた期待してしまうのだよな~。
でも、野見さんだし、それにローリーも出てるみたいだし!!
やっぱり見よう。

余談ですが、1作目の『大日本人』って、アメリカ?でリメイクされるようで。あれを取り上げるのも不思議だけど、外国人には・・・更にウケないような気も・・・



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-11 12:49 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【本日の研究】 『愛おしい骨』 キャロル・オコンネル

<novel - '11>

今年も早半年が経とうとしている時に、読んだ本3冊、発表0はあまりにも・・・
発表はまぁ今ま通りっちゃそんなカンジですが、読んだのが3冊なのはここ数年ないペースだなぁ。それもこれも唯一の読書タイムである昼飯時間にツイッターのチェックなんかしてるからだと理由は明確。

まぁそのうち通常運転に戻るとは思うので。そしたらがんがん読もう。読むの遅いけど。



本日の研材、


a0035263_11114181.jpg



       『愛おしい骨』  キャロル・オコンネル 著




十七歳の兄と十五歳の弟。ふたりは森へ行き、戻ってきたのは兄ひとりだった。二十年ぶりに帰郷したオーレンを迎えたのは、時が止まったかのように保たれた家。誰かが玄関先に、死んだ弟の骨をひとつずつ置いてゆく。何が起きているのか。次第に明らかになる、町の人々の秘められた顔。迫力のストーリーテリングと卓越した人物造形。『クリスマスに少女は還る』の著者渾身の大作。


 ※ちなみにウチでは、ネタバレとか全然気にせずに進めてるので、ご注意を

『クリスマスに少女は環る』が【読みたい本帖】に記されているので、名前はなんか憶えてました、オコンネル。本来≪キャシー・マロリー・シリーズ≫でお馴染みらしいのですが、この作品や先の作品などのノンシリーズ物も人気のようで。
ちなみに今作は、『このミステリーがすごい 2011年版』の海外部門1位でした。

この作品の舞台はカルフォルニア。半径30km圏内に携帯電話の中継塔もなく、「カタツムリに翼があったなら」という表現で語られるほどゆったりと時間の流れる町、コヴェントリーでこの物語は展開していきます。

少年時代、兄弟で入った森から1人で帰ってきた兄は、その後町を離れ、陸軍の優秀な犯罪捜査官となるが、その職を辞して町に戻ってくる。そして、それと前後して弟も戻ってくる。骨になって、一つずつ。
そして、彼らの中で止まっていた時計が動き始める、と。

森の奥にある鳥類学者の住む塔、年に一度開かれるその塔での誕生祝賀舞踏会、スケッチブックに描かれた奇怪なスケッチ、怪物と称される司書の棲む町唯一の図書館、夜な夜な町の人々が集う降霊会、同僚警官の裏切りで足が不自由になった森に住む男、始まりそうで始まる事のなかった小さなロマンス、そして、ホッブス家で1番のミステリーである家政婦ハンナ。
様々な要素、様々な人物がそれぞれ魅力的であり、それぞれのシーンがはっきりと頭の中で映像化される。これなら映画化して欲しい気もする、そんな作品でした。

ただ、かなり好き嫌い分かれるようで。引っ掛かるとこに引っ掛かっちゃうともうだめ、っていう理由が多いようで、そういうのってよく分かる。ただボクはこれにはそれをさほど感じず、それ以上のプラスポイントでカバーしてあまりある印象です。まぁ好き嫌いは人それぞれだから、もちろん色々あると思いますが。

当ラボの評価は★★★★

海外物では初めてかな?本が最後に近づくに連れて「読み終わっちゃうの、淋しいな・・・」と思える作品でした。


今回の研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '11>の方にUPしておきます。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-10 14:59 | ┗ novel - '11 | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.111】 『やりすぎコージー』  ~ やりすぎ動物園


≪おきにいり動画普及委員会≫より、第111回会報のお届けです。【本日の動画はコチラ】


a0035263_13592021.jpg


   『やりすぎコージー』 ~ やりすぎ動物園



『やりすぎコージー』で、動物好きが集まって、その生態を発表するような回がありまして。それをUPしてみました。

カワイイのから賢いのまで色々。

ただ、最後の寄生虫のはちょっとグロいので、ご注意を^^;



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-06-04 14:02 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)