<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【本日の研究】 『奇術師』 クリストファー・プリースト

<novel - '10>


a0035263_11463076.jpg




                『奇術師』
         クリストファー・プリースト 著




北イングランドに赴いたジャーナリストのアンドルーは、彼を呼び寄せた女性ケイトから思いがけない話を聞かされる。おたがいの祖先は、それぞれに“瞬間移動”を得意演目としていた、二十世紀初頭の天才奇術師。そして、生涯ライバル関係にあった二人の確執は子孫のアンドルーにまで影響を与えているというのだが……!? 二人の奇術師がのこした手記によって、衝撃の事実が明らかとなる!世界幻想文学大賞受賞の幻想巨篇。


 ※ちなみにウチでは、ネタバレとか全然気にせずに進めてるので、ご注意を


この人の作品では、以前読んだ『双生児』があり、その時はその設定と進行手法にかなり惑わされてしまった覚えがありますが、今回もまた双子が出てきやがる!・・・いや、はっきりとそう謳っているわけではないのですが。でも、これはそーゆーことだよな。

とにかく、まーた怪しい進め方(基本的に二人の手記で進行されます)だったので、「これはまただまされてはイカン」と思い、途中で年表を作ってそれぞれの出来事を記しながら読み進めたりして。・・・まぁあんまし意味は無かったけど。
・・・でも、結局この人ははっきりとわかり易い解答を示してくれるわけではないので、今回読み終えた後も「あれはどういうことなんだろう・・・」っていうもやもや感がボクには残ってしまいました。
そして結局、一つ一つのエピソードを確認しなおしたりして。

そんなことも含めて、「もう一度読みたくなる」度の高い作家さんです。困った人だなぁ。


で、結果、当ラボの評価は★★☆
評価しづらいんだよなー。もう一回読んだら、評価が思いっきり変わる可能性もあるし。

まぁひとまずは、一発目の読後感を重視するということで、この評価を。



今回の研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '10>の方にUPしておきます。

それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-30 08:39 | ┗ novel - '10 | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.76】 『ダウンタウンDX』 ~ ウエンツvsえなり ドラゴンボール対決


はろーえびばでぃー、
≪おきにいり動画普及委員会≫より、第76回会報のお届けです。【本日の動画】


a0035263_15371999.jpg


『ダウンタウンDX』 ~ ウエンツvsえなり ドラゴンボール対決     



今ちょっと恋愛のうわさが取りざたされてますが、以前書いたように、ボクはウエンツが大好きで。

というわけで、ウエンツの動画をUPしてみました。
今回は、同じくドラゴンボールフリークである、えなり君との対決の様子を。
その後、若槻とも対決しますw



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-26 15:33 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.59】 ≪OF MONTREAL≫ NIGHT !


どもです。今日は名曲普及促進委員会より、会報のお届けです。

今回は以前話題になった、というかどうやらまたここ2,3年で注目されているらしい、OF MONTREALの特集ということで。

ちょうど2000年頃でしょうか、彼らを含むいわゆるエレファント6(界隈)などというシーンというか、そういう集団が話題になっていたのは。

彼らは1997年にジョージア州アセンズで結成し、その頃そのアセンズ辺りで同様の音楽を演っているバンドなどが集まって自然発生的に作られたのがこの≪エレファント6 / アセンズ周辺 / キンダーコア≫という音楽サークルで。
ボクもその頃に知り、その辺りのバンドを聴き漁りました。が、特別好きになったのはこのバンドだけだったかな?

かの小山田圭吾氏が、彼らの2nd Al.をフェイヴァリット・アルバムに挙げたなどから、ここ日本でも一気に認知されたようですねー。知らなかった。

音楽的には、んーなんだろー、≪ガレージ・ポップ≫っつーカンジですかね?


   *   *   *   *   *   *   *   *   * 


                【本日の1曲目】

a0035263_9431895.jpg

          " One Of A Very Few Of A Kind "   


#1のコレは、こんな曲を朝一に聴いて、「さぁー、やったるでー!」っていう勢いのある感じではなく「さ、今日ものんびりやりますか」みたいなテンションにしたいボクみたいなのには、いいカンジです^^
小山田氏フェイバリットの'98発表の2ndより。
※自分でUPしたらだめだった・・・ので、他の人ので。画像は無視してくださいねー。     




                【本日の2曲目】

a0035263_947412.jpg

             " Jennifer Louise "


#2のコレは、ボクのではなく既にUPされていたものを。
'02発表の5thからの1曲で、この頃は既にちょっと好きなとこから外れてきていましたが、この曲は好きでした。





                【本日の3曲目】

a0035263_9504473.jpg

       " A Collection Of Poems About Water "


#3のコレも、ボクのではなく既にUPされていたもので。
'99発表の3rd 『GAY PARADE』からの1曲で、このアルバムがボクは一番好き。
このガチャガチャした音が好みでありました^^
途中”海に浮かんで”という日本語が出てきます。ケビン・バームス君は日本好きかな?





                【本日の4曲目】

a0035263_11125746.jpg

             " Neru No Daisuki "


って、そればかりか日本語の題名の日本語で歌ってる曲が!
#4は、'01の4thの日本盤ボーナストラックの1曲。
歌詞もいいです^^





                【本日の5曲目】

a0035263_11151253.jpg

       " Nickee Coco And The Invisible Tree "


最後の#5は、また『GAY PARADE』より。
彼らの曲の中でも一番好きな曲。

ニッキー・ココは家の裏のトマト畑に行く途中、堂々と高くそびえる木を発見、登ってみるとあまりに快適でそこで眠りこんでしまう。
夜になっても帰ってこないことに心配し、半狂乱になった母親。ニッキー行方不明のニュースはたちまち町中に広まり捜索が始まる。

それでも何日も、何週間も帰ってこない。それでもみなの頭からニッキーのことは片時も離れず、捜索は続く・・・

というお話。で、ここからは歌詞どおり。

   そんなある日、たまたま一羽のフクロウが、相変わらず見えない木のなかで
   すやすや眠っているニッキーのそばを通りかかり、町の人々に伝えようと急
   いで引き返した。フクロウの通訳が呼ばれフクロウのすばらしいメッセージが
   理解されると、町じゅうの人たちが嬉々として、小さなニッキーがまだぐっすり
   眠る見えない木のところまで歓声をあげ、やっと目をさましたニッキーを頭上
   にかつぎあげ、勝ち誇って町まで行進すると、ニッキーの帰還を祝して盛大な
   パーティをひらき、こんな歌をうたった・・・・・・

   みんなあなたを愛している ニッキー・ココ
   あなたを失ったかと思ってとても悲しかった
   ベイビー・ココ 今はとても幸せ
   だって とうとうあなたを見つけた
   あなたを見つけた
   みんなあなたを愛している!!!



最後のみんなで歌うところが、歌詞を含め、そしてボクのある想いも含め、大好きなんですよね~^^


   *   *   *   *   *   *   *   *   * 


音はチープなカンジですが、メロディがとても好みで、その時期は聴きまくりましたねー。
こーゆー音楽って、今聴いても色褪せないですね~、その辺がお得^^

今は、この頃の音楽にサイケのフレーバーをまぶして、また注目されているそうです。
ちょっと聴いたけど、ボク向きではなかったなぁ・・・

ちなみに”オブ・モントリオール”というヘンテコなバンド名の由来は、中心人物であるケビンのガールフレンドの出身地から来ているらしく、彼女とのひどい別れを記念して名づけられたとのことでございます、はい。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-21 12:32 | ┗ song-oversea | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.75】 『やりすぎコージー』 ~ 市川AB蔵


はろーえびばでぃー、
≪おきにいり動画普及委員会≫より、第75回会報のお届けです。【本日の動画】


a0035263_043716.jpg


          『やりすぎコージー』 ~ 市川AB蔵     



先日の『アメトーク』でも取り上げられた、レイザーラモンRGですが、ウチではこの市川AB蔵として人気でしたw

まぁ、「すべり笑い」ではあるんですが、このテの人の中では一番好きかな?



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-20 00:43 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【本日の研究】 『龍神の雨』 道尾 秀介

<novel - '10>


a0035263_21212213.jpg




        ・ 『龍神の雨』   道尾 秀介 著




すべては雨のせいだった。雨がすべてを狂わせた。血のつながらない親と暮らす二組の兄弟は、それぞれに悩みを抱え、死の疑惑と戦っていた。些細な勘違いと思い込みが、新たな悪意を引き寄せ、二組の兄弟を交錯させる。両親の死の真実はどこに? すべての疑念と罪を呑み込んで、いま未曾有の台風が訪れる。


血のつながらない父と暮らす兄妹。
血のつながらない母と暮らす兄弟。
それぞれの想いが、やがて事件を引き起こすことに。

ちなみに、第12回大藪春彦賞受賞作、だそうです。

道尾作品は、そのリーダビリティの高さももちろんのこと、ウチで特に重視している「じゅわ~っ」の分泌がどの作品にも少なからずある、といった点で評価が加算されてますねー。今作品にも同様に感じるものがあり。

ただ、色々と見てたら、彼の作品の中ではあまり評価が高くないようですね~、コレ。悪くないけどなー。

って、全編にわたって「ふわっ」とした感想でごめんなさい。半年以上ほったらかしてると、残っている評価以外の記憶が断片的で・・・


というわけで結果、当ラボの評価は★★★

道尾秀介。うん、いいカンジにウチで重要な作家へと進んでいるなぁ。
この調子で、今後も頼むぜ!


今回の研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '10>の方にUPしておきます。

それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-13 22:53 | ┗ novel - '10 | Comments(0)

【本日の研究】 『Another』 綾辻 行人

<novel - '10>


a0035263_20505772.jpg




        ・ 『Another』   綾辻 行人 著




その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。


ちょうど高校生の時に読んだ小説により、その後ボクはミステリー一辺倒になるわけですが、その作品こそが”館”シリーズ第1作にあたる、綾辻行人のデビュー作『十角館の殺人』であり。
以降、綾辻作品はほぼ全てを読んでいるのですが、ここ数年のものは自分の好みの変化もあってか読めていませんでした。
でも、この作品は『このミス2010』で3位にくいこみ、また「特に、ここ10年ほどの綾辻行人に失望していた人には、是非とも読んでいただきたい」と書かれた書評まで目にしてしまったものだから、たとえ677Pもあろうが、手に取らないわけにはいかなかったわけで。

が・・・やっぱりボクの中で、小説に求めるものが変わってしまったからなのか、まったく、とまでは言えないまでも心を打ちませんでした。
綾辻氏はミステリー系とホラー系の両方を書くのですが、ボクはどちらの系統も好きであり、今回の作品がどちらかといえばホラー色の強いものだとしても、そこが原因というわけではないんですけどね・・・


というわけで結果、当ラボの評価は、星なし


さぁ、ちゃっちゃといこう。
[PR]

by robita00 | 2010-07-13 22:49 | ┗ novel - '10 | Comments(0)

【本日の研究】 『サマーウォーズ』

<cinema - '10>

本日の研材、

a0035263_21452843.jpg

         ・ 『サマーウォーズ』

              '09 日、監督:細田 守




主人公はちょっと弱気で人付き合いも苦手な、17才の理系少年。
高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。
栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。
栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。
そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…
翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!


ちょっとあらすじが長すぎて焦点がブレちゃいそうですが、<長野の片田舎にある旧家で繰り広げられるハイテク対決>っという構図で、とても魅力的に感じました。そのギャップがいい。

主人公の健二は、冴えないカンジなんですが実は数学に関しては天才的。夏希のフィアンセのフリをしていて眠れなくなった健二は、携帯に送られてきた数学の問題を暇つぶしに解いたつもりだったが、翌日のニュースでその世界を支配している仮想世界OZのセキュリティ暗号を解読してしまったことに驚かされる。そればかりか、何者かが健二のアバターを乗っ取りOZの世界を混乱に導こうとしているではないか。
途方にくれる健二だったが、夏希の家にいる甥っ子の佳主馬はOZの世界では有名人で、格闘ネット世界のチャンピオンであり、その敵と戦うことに。

こう書くとちょっとマニアックな作品に思えるかもしれませんが、全体を通した流れはボクの好きな「ベタ」と言っていいものだと思いますので、そういった点で手に取るのを躊躇っているだけの方にはお勧めしたい作品であるといっていいです。


というわけで、ウチの評価は★★★
高評価です、はい。

今年は、ついこの間終わってしまった『四畳半神話大系』も含め、アニメが良いです。あれもDVD絶対買うぞー。

今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<cinema - '10>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-10 22:30 | ┗ cinema - '10 | Comments(0)

【本日の研究】 『ウェールズの山』

<cinema - '10>

本日の研材、

a0035263_18564269.jpg

        ・ 『ウェールズの山』

       '95 英、監督:クリストファー・マンガー



・・・いかん。
ほぼ何も研究発表しないままに半年が過ぎようとしている
・・・と書いてから更に2ヶ月が経過している!
ダッシュでやっていきます、はい。



1917年、ウェールズ地方の小さな村のフェノン・ガルウ山を測量するためにやってきたアンソン(ヒュー・グラント)とジョージ。しかしその山が地図に載るには6メートル足りないことがわかり、慌てた村人たちは足りない分の土を山に盛り、その間アンソンたちを村に引き留めるために、美女ベティ(タラ・フィッツジェラルド)を差し向ける…。


フュノン・ガルウは、侵略者から村を守ってきた≪山≫であり、村人の≪誇り≫。だが測量の結果、フュノン・ガルウは標高299メートル、“丘"に過ぎないことが分かり、村は騒然となった。“山"と認められるには、305メートルの標高が必要なのだ。彼らはこっそり話し合った結果、一致団結“丘"を“山"にする作戦を決行することに。

うん、以前映画の予告編で見たときに「面白そう」って思ったのも無理はない。今あらすじ見ても悪く無さそうだもんなー。

でも・・・観たらそうでもなかったw


残念ながら、ウチの評価は星なし

ヒュー・グラント、ってとこで、ウチ向きじゃないことはわかっていたような気もするが・・・まぁ、CSでやってたんで一応録っておいたってだけなので、しょうがないっすね、はい。

よし、どんどんいこう。
[PR]

by robita00 | 2010-07-10 18:54 | ┗ cinema - '10 | Comments(0)

【おき動普及委員会 会報Vol.74】 『○○な話』 ~ オリラジ藤森のすきなもの


はろーえびばでぃー、
≪お気に入り動画普及委員会≫より、第74回会報のお届けです。【本日の動画】


a0035263_19354965.jpg

          『○○な話』 ~ オリラジ藤森のすきなもの     



『○○な話』に、自分の好きなボディークリームの話で登場した、オリラジ藤森クンですが・・・彼、かなりアホですね~^^ 面白いけど。

   「ドンスン♪ ドンスン♪ ドンスン♪ ドンスン♪」

結構気に入っててよく見返してたのですが、今回UPしてみました。
他の人の評価はどうかな?楽しみではあります。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-05 19:36 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

楽しませてもらいました。

我らがサッカー日本代表は惜しくもPK戦で破れ、ベスト16止まりとなってしまいました。
が、ベスト16止まりなのが残念なのではなく、ベスト16なんて今回は夢のまた夢ってカンジで見始めていたので、そこは大いに満足で、選手は良くぞやってくれた!っていう想いでいっぱいです。

残念なのは、単純にもう少し見ていたかったということだけで。しかもパラグアイより確かに実力では劣っていたかもしれないけど、それでも勝つチャンスはあったんだよなー、っていうのが残念で。

4年前にも書きましたが、あの頃のほうがメンバーとしては揃っていたと思うけど、やっぱりチームとしてまとまっていたかどうかで全然違うんだなって思いました。それは多くの選手の口からも出ていましたし、まぁあの頃の失敗があったからここに繋がるのかなってカンジですね。
それもこれも大会前の4連敗があったからこそ、みんな一つになったのかも。あれで開き直るしかなかったですもんねー、岡田さんも選手もみんな。それがいい方向に向かったのでしょう。
って、言葉にすると簡単だけど、それが出来なかったフランスはあれだけのチームなのにあっさり敗退してしまったわけで。そしてその一体感が各国の新聞やニュースで絶賛された最大の理由なのでしょう。

ただ、やっぱり今回のリアクションサッカーではここが限界だったという証でもあり、このサッカーをベースにして、もっと自分たちから仕掛けるサッカーを今後はやっていって欲しい。

何にしても、今回はとっても楽しめました。ありがとう、選手のみんな!
胸張って帰ってきてください。
そして、長谷部の言っていたように、ちょっと見てなかったけどJリーグも見よっと。レッズの試合、しばらく見てないもんなー。

余談ですが、あの頃ぜひメンバーに入れて欲しいと願っていた長谷部クン、今回キャプテンとしてとうとう世界の舞台で活躍してくれました。ありがとー、今後もサッカー選手として成長をしていってくれぃ!とりあえずは、ドイツで。

そして俊輔、活躍予想は外れたけど、俊輔もまだまだやれる!遠藤とともにブラジル大会を目指してくれ!

さぁ、この4年間どんなチームになっていくか楽しみだなぁー。
[PR]

by robita00 | 2010-07-01 13:09 | ┗ sports | Comments(4)