「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【名曲普及促進委員会 会報Vol.30】 " Every Planets Son / Venus Peter "

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】

a0035263_22274375.jpg

        "Every Planets Son"  Venus Peter


「フリッパーズ・ギターと並ぶ、日本初のネオアコ/ギターポップ・バンド」と称される、ヴィーナス・ペーター

学生の頃のバイト先の店長が、当時洋楽ばかりであまり邦楽を聴いていなかったボクに、「日本でもこんなバンドがあるんだよー」って教えてもらったバンドです。

かつてテレ東で、今はBSでやっている『ファッション通信』のオープニング・ナンバーにも起用されていたこの曲は、当時のボクの感性とぴたりとあっていました。
今でも、何故このバンドが成功を収められなかったのか不思議なくらい、メロも曲構成も音もいいと思うんだけどなぁ・・・。

当時在籍していて、<K.O.G.A>レーベルの社長でもある古閑氏がこの後に結成するJupiter Smileも大好きで、いつか機会があれば紹介します。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-31 00:10 | ┗ song - japan | Comments(4)

【名曲普及促進委員会≪外伝≫ 会報Vol.8】 ネプチューン・ホリケン~母への手紙

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、≪外伝≫会報ノオ届けデス。【本日の1ネタ】

a0035263_12291.jpg

       ネプチューン・ホリケン  ~母への手紙



ずっと前に録ったものですが、ネプチューンのホリケンこと堀内健が、小学生時代にお母さんに宛てたという手紙が紹介されていました。

名倉も言ってますが、ホリケンは昔っからホリケンだっていうことを証明したような内容で、結構好きなのでUPしてみました。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-28 00:55 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.29】 " Daydream Believer / The Monkees "

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】

a0035263_2338426.jpg

        "Daydream Believer"  The Monkees


小学生の頃のボクの中では、ある意味ビートルズ以上のインパクトと知名度があったのがモンキーズ

ちょうどその頃、彼らの出演しているTVドラマが日本でも東京12チャンネルでやっていたというのが大きな要因です。
何だろう?今やっているアメリカ産TVドラマは全然見る気がしないんだけど、あの頃のこの番組はホントに心待ちにしていたなぁ。

で、この曲は・・・その頃から知ってたかなぁ?その後CMかなんかで聴いたのが最初かなぁ。
まさかザ・タイマーズのカバーで初めて知ったわけじゃなかったよな?

ということで、超スペシャルに有名曲なんで、改めて”普及”する意味は全くありませんが。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-25 23:46 | ┗ song-oversea | Comments(2)

'08 song : PART4

<music>


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_1529448.jpg・ Tetrapletrap F × The Shinno!
    "純水サーフライダー"【曲紹介】 ★★★






フリッパーズ・ギターのファンからすれば、「懐かしい~、こーゆーの好き!」っていう人と「なにパクってやがんだ!」という人に、はっきり分かれるのではないか?と思ってしまう、Tetrapletrap。ちなみに、フリッパーズの超コアなファン、というわけでないボクは、はっきりと前者なんですが。

で、そのTetrapletrapのリーダー川島蹴太によるソロユニットがこの、テトラプルトラップ・F
これは、ザ・シンノとの共作による作品でして。

いやぁ、ぼかぁ好きだなぁ、こーゆーの。



a0035263_15322517.jpg・ The Feeling
    "I Thought It Was Over"【曲紹介】  ★★★
    "Love It When You Call"【曲紹介】  ★★
    "Fill My Little World"【曲紹介】  ★★
    "Lonely Buoy"  ★★

その作曲能力と言い、このナルシストっぽい風貌と言い、Vo.のダン・ギレスピー・セルズは新しい世紀のフレディ・マーキュリーになのか!?
大好きな彼を引き合いに出すほど、このバンドは良いです。

また、このどこまでもどこまでも上っていくような、"I Thought~"が素晴らしい!

ダンのソングライティングと独特のポップ・センスは、“1人レノン&マッカートニー”とも評されているようで、こーゆーバンドがいてくれることが、うれしいです。



a0035263_15335155.jpg・ Easy Grip
    "Tomorrow Is Another Day"【曲紹介】  ★★☆




神戸のパンク・バンド、Easy Grip
初めて聴きました。

ベタで、目新しいわけではないんだけど・・・好きw



a0035263_15352035.jpg・ KBC
    "Walking Disaster"【曲紹介】 ★★☆





"Not Anymore"で好きになったKBC
かの曲も素晴らしかったと思いますが、今年10月予定の2nd Al.に先駆けたEP『La Musique 』より、これまた絶品の1曲です。

あー、2nd Al.、楽しみだなぁ~。



a0035263_15364370.jpg・ The Hoosiers
    "Goodbye Mr A"【曲紹介】 ★★





3人組の英ポップバンド、The Hoosiers

一聴して思い出したのが、JELLY FISH
あの、キラキラした、そしてコテコテのどポップ。まさにジェリー・フィッシュ。
クセになりそうだけど・・・今のとこ、なってないw 
いや、いいポップ具合なんですけどねー。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '08>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2008-08-22 00:48 | ┗ song - '08 | Comments(2)

【名曲普及促進委員会≪外伝≫ 会報Vol.7】 アメトーク ”ダメマネージャー伝説”

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、≪外伝≫会報ノオ届けデス。【本日の1ネタ】

a0035263_146989.jpg

             アメトーク  ~ダメマネージャー伝説

アメトークのスペシャルで「ダメマネージャー伝説」の回の時のほっしゃんのマネージャーのお話です。

ちょっと笑った。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-19 01:47 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.28】 " Disco 2000 / Pulp "

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】

a0035263_154028.jpg

                 "Disco 2000"  Pulp


アジカンの”ループ&ループ””聴いた時、「パルプの”DISCO 2000””のパクリ!?」って思った覚えがあります。

今聴いてみると、パクリってほど似てないかもだし、アジカンの方も大好きな曲なので全然問題なしなんですが。

兎に角。
パルプは好きな曲多いんで、またいつかの機会に他の曲も紹介しますが、とりあえず今のところ彼らの曲で一番好きなのはコレです。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-16 00:34 | ┗ song-oversea | Comments(0)

【本日の研究】 『鈴木先生』#1、#2  武富 健治

<comic - '08>

本日の研材、

a0035263_229963.jpga0035263_2292242.jpg 













          ・ 『鈴木先生』 #1、#2

                     武富 健治



前回取り上げた『ハチワンダイバー』と同様に、ロビタ4号ラボの新規開拓の一つとして研材に選ばれた作品なんですが、これまた不思議な感触で・・・。

ごくありふれた中学校の2年A組担任の鈴木先生。
彼の周囲で起こる、どこにでもありそうで起こりうる問題を、苦悩しながらもどうにかこうにか解決していく様をリアルに描く作品。

なんですが・・・・

これがまた一筋縄でいかない作品となっているのですよ。

2巻の巻末でマンガ研究史の人が述べているように、「<本気><ギャグ>か分からない」んですよね~。それがこの作品のミソでもあり。
画もストーリーも<本気>モードなんですが、とにかくどれもが妙に過剰なんですよね~。それが<ギャグ>とも感じられる要因となっているのでしょう。

こういった作品を気に入っているフシ(以前自書の中で触れていたからきっとそう)がある江口寿史氏が、2巻の帯で「鈴木先生が苦悩すればする程、我々はワクワクする」と書いているのが見ている側の想いを代弁しているんだと思います、はい。


今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-13 00:28 | ┗ comic - '08 | Comments(0)

【名曲普及促進委員会≪外伝≫ 会報Vol.6】 トリビアの泉

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、≪外伝≫会報ノオ届けデス。【本日の1ネタ】

a0035263_035423.jpg

 トリビアの泉①~オナラのニオイを自分のお尻から最も離す方法は・・・


トリビアの泉の中で、「トリビアの種」という、もう少しでトリビアとなる”トリビア予備軍”を紹介するコーナーがあり、これはその中でウチで録っておいたもの。

確かに実際に困るシチュエーションのお題目ではありますが・・・ちょっと色んな意味で難しい結果となってしまいました。いや、このお題目に対する正解としては問題ないか。
単に実践は可能だけど、それをしてしまうことで人としての何かを無くしてしまう、そんなカンジでしょうか?

それと、専門の先生方の中で一人だけちょっと悪ノリしてる人、いますね~。
やんわりと注意されてますがw


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-10 00:56 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.27】 " Fully Closed And Naked / Come Back My Daughters "

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】

a0035263_23544781.jpg

"Fully Closed And Naked" Come Back My Daughters


このジャケットはなんだかイマイチなんだけど、曲はボクの好みど真ん中っていうバンド、カムバック・マイ・ドーターズ。

非常にポップで、この1stアルバムは一聴してすぐに気に入りました。

中でもこの曲が一番キラキラしてて、大好きなので会報で周知いたします。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-07 00:13 | ┗ song - japan | Comments(0)

【本日の研究】 『夕凪の街 桜の国』 こうの史代

<comic - '08>

本日の研材、

a0035263_13504554.jpg


    ・ 『夕凪の街 桜の国』    こうの 史代




以前から<欲しいマンガ帖>にはノミネートされていたのになかなか研材に選ばれなかったのには、絵のタッチが苦手かな?っていうのがあって。

でも、読んでみたらホントにホントに素晴らしかったです。
終戦記念日も近いので今回はこの作品を。

原爆投下から10年。広島も町としての姿を取り戻し始めているが、街にも、人々にもまだ生々しい傷跡が残っている。家族の多くを原爆で亡くした女性、皆実(みなみ)は母と二人きりでバラック暮らしをしている。淡々とした日々の中、時折思い出される原爆の記憶が“生き残ってしまった”彼女を苦しめる。同僚との淡い恋から、新しい一歩を踏み出そうとした矢先に皆実は……。
 原爆投下から10年後を描いた『夕凪の街』、50年後の『桜の国(一)』、60年後の『桜の国(二)』と、時を経、人々が日常を取り戻そうとしてもなお、様々な形でよみがえる原爆のつめ跡を、戦後世代が描く意欲作。

『夕凪の街』は、たった30P足らずの短い作品ですが、読み終わった後のこの切ない気持ちはどう伝えればいいかなぁ。


作者のこうの史代さんは広島の出身ですが、「ヒロシマ」の話は避けてきたとの事でした。
ボクと2つしか違わないこうのさんは、当然ボクと同じく戦争体験があるわけもなく、被爆に関しては「遠い過去の悲劇」と捉えていたそうです。
ただ、東京に来て広島と長崎の人以外は本当に何も知らない事に気付き、これまで避けてきたこの事を伝えていこうとこの作品を描くことを決意したそうです。

作品の初めに

   広島のある日本のあるこの世界を
   愛するすべての人へ


とあります。
日本に生を受けた人、これから受ける人の全てに是非見て欲しいし、是非知っておいて欲しいと思う作品です。


今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '08>の方にUPしておきます。

                 *      *      *

それでわ、久しぶりに本日の締めの句を。


ぜんたいこの街の人は不自然だ

誰もあの事を言わない
いまだにわけがわからないのだ

わかっているのは「死ねばいい」と誰かに思われたということ
思われたのに生き延びているということ

そしていちばん怖いのは あれ以来
本当にそう思われても仕方のない人間に自分がなってしまったことに
自分で時々気付いてしまうことだ


( こうの史代 『夕凪の街』 )


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-08-04 00:28 | ┗ comic - '08 | Comments(2)