「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

'08 song : PART1

<music>


さて、やっと今年の研究発表に。今年もこのラボがウチの主力。

今、【名曲普及促進委員会】をやってる関係で、既に聴いたことのある曲ばかり取り上げていますが、そればかりではなく(ウチでの)新しい曲も去年同様よく聴いてます。
時間とお金がない今、ここに注力するしかないってのがホントのとこですが・・・


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_15713.jpg・ Los Campesinos!
    "You! Me! Dancing!"【曲紹介】 ★★☆
    "Frontwards"【曲紹介】 ★★☆
    "Don't Tell Me to Do the Math(s)" ★★



今年聴いた中では、とりあえず目下のところトップ独走中の、ロス・キャンペシーノス!。
ボクはやっぱりこーゆー、ガチャガチャした、チープなカンジの、”どポップ”が好きなんだと再認識。

PVがまたチープでいいんですよね~。

それにしても、ウェールズってGORKY'S ZYGOTIC MYNCI とか、このバンドとか、ヘンテコなバンドが突然飛び出してくるから面白いなぁ。



a0035263_112927.jpg・ Clap Your Hands Say Yeah
    "In This Home of Ice"【曲紹介】  ★★☆





以前から名前は聞いていましたが、噂に違わずなかなかいい曲書きますね~。これまたボク好み。
音源がライブもんしか無かったんで音がイマイチですが、逆にヘロヘロ感は際立ってるし、メロディの良さはこれでも充分伝わります。

ロス・キャンペシーノス!と同じチープなカンジでも、こっちはやっぱりアメリカっぽい。
なんて。気のせい?



a0035263_0593750.jpg・ Vampire Weekend
    "A-Punk"【曲紹介】  ★★





これまた、ヘンテコな風合いのバンドが出てきました。

アルバム・デビューの半年以上前から「今年もっとも印象的なデビュー」と、あのニューヨ
ーク・タイムス紙のお墨付きを得て一躍脚光を浴びたNYブルックリン発の4人組バンド。

そう、トーキング・ヘッズのようなこの懐かしいカンジのバンドは、アメリカのメディアがこぞって取り上げている期待のニューカマーなのでした。うそーん、絶対30年位前の音だよな~。

それにしても、「彼らのライブ観たけど、凄いよかったよ!曲がキャッチーだね。初期トーキング・ヘッズを思い出させられたよ」って、デヴィッド・バーン(元トーキング・ヘッズ)が言っちゃってるもんなぁ。本家お墨付き。

好みど真ん中!ってわけじゃないけど、気には入ってます。



a0035263_1174240.jpg・ ブサンボマスター
    "言いたいことも言えずに"【曲紹介】  ★★☆





「はねるのとびら」って、ずっと観たことが無くて。何ヶ月か前に初めて見て、たまーーーに観ます。でも、当然というかもう既にこの曲は番組ではやらなくなっていて、観たことがありませんでした。

が、確かにいい曲w 気に入りました。
それになんていっても、ドラムのキングコング梶原がね、ウケるw
怒られるっつーの。

って、今頃!?



今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '08>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2008-04-26 01:16 | ┗ song - '08 | Comments(0)

【ゴキ動普及促進委員会 会報Vol.3】 ミカンせいじん


はろーえびばでぃー。
ゴキゲン動画普及促進委員会より、第3回会報のお届けです。【本日の1話】


a0035263_1710501.gif

          ミカンせいじん(by ウゴウゴルーガ)

1992年(大学生)当時にウゴウゴルーガを観ていたわけではなく、10年近く経って社会人になってから会社でミカンせいじんの<スクリーンメイト>なるものが流行り、ボクのPCにも居座っていました。
スクリーンセーバーと違い、作業中にもひょこひょこと出てきては和ませてくれていました。まぁ、邪魔に思うこともしばしばありましたが・・・

このお話では、皮を脱いで乾かしてるとこが好きです。


で、今、ミカンせいじんをデスクトップで育てるというアプリがあるそうで。
ある条件を満たすと、皮をむかれた状態になり死んでしまうってのがなんとも。
興味ある方はこちらで。


それでわ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-04-21 17:21 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.10+α】 "Alone Again (Naturally) 他 / Gilbert O'Sullivan"


はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】

a0035263_1124575.gif

  "Alone Again (Naturally)"  Gilbert O'Sullivan

これくらい大ヒットの曲があると、こればっかやらされちゃうんだろうなぁ。本人、もうやり飽きちゃってるだろうなぁ。
「オレ、ホントはもっといい曲あるんですよっ!」っつったって、「はいはい、でも"アローン・アゲイン"、ヨロシクお願いします。みんな、コレ聴きたがってるんですから」なんて言われちゃって。

なんていう想像をしてしまう、ギルバート・オサリバンの代表曲中の代表曲。
コレ聴くと、FM放送聴いてる気分になってしまう。何故だろう?



んで、ボクはこっちのおまけの曲の方が好みだったりします。【本日のおまけ】

a0035263_126588.jpg

       "Nothing rhymed"  Gilbert O'Sullivan

この”nothing ~”のリフレインがたまりません。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2008-04-18 01:27 | ┗ song-oversea | Comments(2)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.9】 "Camera! Camera! Camera! / Flipper's Guitar"

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】

a0035263_182584.jpg

   "Camera! Camera! Camera!"  Flipper's Guitar

リアルタイムで聴いていたわけではなく、完全に後追いでして・・・

いや、全く知らなかったわけではなかったんですが。
丁度その頃組まれていた雑誌の特集で、「ライブでは女性ファンからステージにコンドームが投げ込まれ・・・」などという記事を見た時、「どんな奴らなんだ!?」と思った覚えがあります。
で、気になって最初に聴いた時、「プライマルスクリームのマネっこじゃん!」みたいに思って、すっかり離れたんですよね~。いや、実際そっくりな曲があり。何だったっけなぁ。

でも、その後ハマるわけですから、好みって変わるなぁ。タイミングも重要だし。

で、そのフリッパーズの数多ある大好きな曲の中でも、一番はコレかなぁ。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-04-14 01:18 | ┗ song - japan | Comments(5)

今更?な、ロビタ2号ラボの去年の研究発表 - partⅡ

<'07 - novel>

去年の発表の続きなんだけど・・・今何月!?ってこればっかや!



      ・ 『石の猿』   ジェフリー・ディーヴァー  ★★

a0035263_149199.jpg


中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。同船に乗り込んでいた国際手配中の犯罪組織の大物"ゴースト"は、自分の顔を知った密航者たちの抹殺を開始した。科学捜査の天才ライムが後を追うが、ゴーストの正体はまったく不明、逃げた密航者たちの居場所も不明だ―果たして冷血の殺戮は止められるのか。ドンデン返しとサスペンスの天才ディーヴァーの大人気シリーズ第四弾。

いやぁ、全っ然内容覚えてないw 
1年と経ってないのにこの有様。やっぱ、読んだらすぐに研究発表しないとダメだなぁ。
ポイントも適当w 多分これくらい。このシリーズは好きであり、かつこの作品はちょっと落ちてた気がするから。

ディーヴァーは今のとこ『コフィン・ダンサー』がダントツなんですが、とにかく評判の良い『魔術師』を読む為にこのシリーズを読んでいるようなもので。
いよいよ次は『魔術師』の出番だ。うー、楽しみぃ。
更には、最新作の『ウォッチメイカー』が絶品らしく。うー、早く読みたい気持ちと、1年に1作ずつ読んで楽しみを引っ張りたい気持ちと両方だなぁ。



   ・ 『サイレント・ジョー』  T・ジェファーソン・パーカー  ★☆

a0035263_23582476.jpg


赤ん坊の頃、実の父親から硫酸をかけられ顔に大火傷を負ったジョーは、施設にいるところを政界の実力者ウィルに引き取られた。彼は愛情をこめて育てられ、24歳になった今は、保安官補として働いている。その大恩あるウィルが、彼の目の前で射殺された。誘拐されたウィルの政敵の娘を保護した直後のことだった。ジョーは真相を探り始めるが、前途には大いなる試練が……アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞に輝く感動作

えー・・・・感想はすっかり忘れました。ストーリー展開も同様。
★だけはメモに残っていたので、読後の評価はこれで合っているのでしょう。

ただ、とてつもなく高い評価をしているものを見たので、ボクの感覚が人と違ってる可能性は大、です。



      ・ 『西の魔女が死んだ』   梨木 香歩  

a0035263_028373.jpg


「おばあちゃん、人は死んだどうなるの?」
「そうですね。おばあちゃんが信じている話をしましょう」
中学に進んでまもない夏のはじめに、どうしても学校へ足が向かなくなった私は、西の魔女のもとで過ごした。
西の魔女とはママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、魔女の手ほどきを受けるのだけれど、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。
喜びも、希望も、もちろん幸せも―。

一時、「泣ける本」を探していた時期があり。
ミクシィでそれらしい本を数冊ピックアップし、ブックオフで買ってきた内の一つ。

非常に評価が高く、映画化もされている作品ですが・・・これまた自分のひねくれた見方のせいか、全然悪くは無かったものの、「ぐっ」とくる事は無かった・・・
これも37歳のおっさんの目線とはかけ離れていた事が原因かもしれませんが、何にしてもウチでは惜しい結果に。




             ・ 『レキオス』   池上 永一  

a0035263_0454330.jpg


舞台は西暦二〇〇〇年の沖縄。米軍から返還された天久開放地の荒野に巨大な魔法陣が出現する。一〇〇〇年の時を経て甦る伝説の地霊「レキオス」を巡り、米軍、学者、女子高生、ユタたちが入り乱れ、ついにその封印は解かれてしまうー。大いなる魔法が完成するとき、人々はそこに何を見るのか?時空を超えて弾け飛ぶ壮大な物語世界がついに文庫化。

池永永一さん。
実は、『シャングリ・ラ』という作品が読みたくて。ただ、『シャングリ・ラ』の原点はこの『レキオス』であるという意見があったのを見て、まずこれからだ!と思ったのですが・・・。
なかなかその世界観が自分の中に入って来なかった・・・。

いや、SFが苦手ということは全然無いんですけどねー。大体ボクの読書遍歴は星新一さんから始まり、筒井康隆へと続くという「SFきっかけ」なわけで。
なのに・・・う~む。

こうしてみると今年はイマイチだった、かなぁ。



       ・ 『陰日向に咲く』   劇団ひとり  ★★★★

a0035263_058943.jpg



ホームレスにあこがれて本当のホームレスになってしまうサラリーマン、いわゆる秋葉系のアイドルおたく、男に遊ばれる自称カメラマンの卵の20歳の女の子、ギャンブルで借金まみれの中年男、浅草のストリップ劇場の売れない芸人。タイトル通り、“陰日向に咲く人々”を描いた素敵(すてき)にいじらしい5編からなる連作短編集。笑わせて笑わせてじーんとさせてほろっとさせて、しかも最後にはあっと驚く意外なオチが……。正真正銘の処女作であるというのに、劇団ひとりさんの『陰日向に咲く』は、驚くほどうまい! そして、人間ってそんなに悪いもんでもないなあと、じんわりと思わせられる。

いやいや、去年はこの作品がありました。
というわけで、作品の発表自体は一昨年ですが、ウチでは去年読んだこの作品が'07のNo.1作品ですねー。

会社の同僚から、「とにかく読んでちょうだい!」と渡されたもので、基本的に自分からは手に取らなかったろうなぁ。
それに人が絶賛しているのって、どうしても自分の中でハードルが高くなってしまって、それを超えるのが難しくなってしまいます。
が、これは確かに。好みでした。連作小説というボクが好きなパターン。もちろんそれぞれが単独の作品としても楽しめました。

絶妙にそれぞれが繋がっているという点では、ボクはどうしても大好きな伊坂幸太郎を連想してしまうのですが、さすが芸人だけあってオチへの持って行き方がうまいし、オチ自体もキレイに決まってます。もちろん、伏線も効いてるし。

結果的に、「買ってきて当ラボの本棚に加える」ことが決定したのでした。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'07 - novel>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-04-10 01:17 | ┗ novel - '07 | Comments(2)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.8】 "Bully Boy / Shed Seven"

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】


a0035263_0222932.jpg

           "Bully Boy"  Shed Seven

2003年に解散してたんですね~。
特別「好き!」では無かったんですけど、この曲は大好きだったなぁ。まぁそれもブリットポップ時代は全然聴いてなかったんですが。

"bully boy" ⇒ "あばれ者少年" (OCN翻訳サービスより)

なるほどね、ジャイアンか。
世界中どこでも、イメージは一緒だなぁ。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-04-07 00:38 | ┗ song-oversea | Comments(0)

【名曲普及促進委員会 会報Vol.7+α】 "BE MY GIRL ~君のデイリーニュース~ / HARCO"他


はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、会報ノオ届けデス。【本日の1曲】




a0035263_1505730.jpg

                "BE MY GIRL ~君のデイリーニュース~"  HARCO



HARCOもボクの大好きなPOPアーティスト。
好きな曲はいっぱいありすぎて一つ選ぶのが難しい。

なのに今回簡単に選べたのは、PVがコレともう一つしかなかった、ということ・・・


まぁ上の曲もキライでは無いんですが、やっぱりボクが好きなHARCOは、切ないメロと「ぐっ」とくる歌詞。ということで、紹介用に自分で1曲アップ。

                             【本日のおまけ】


a0035263_136572.jpg

                       "1分の1の地図"  HARCO



こっちの方が、ボクの中ではHARCOらしいんだよなぁ、やっぱし。

   悲しい季節にまた出会っても
   おまえは行く 常に


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2008-04-04 01:42 | ┗ song - japan | Comments(0)

【ごき動普及促進委員会 会報Vol.2】 鎌鼬 コント


はろーえびばでぃー。ごきげん動画普及促進委員会より、第2回会報のお届けです。【本日の1ネタ】


a0035263_1593382.jpg

                      鎌 鼬

去年の夏ごろこちらの記事でとりあげた、鎌鼬のまさにその時のコント。

YouTubeには昨日アップしたのですが、思ったよりも観てもらえてるようでウレシイ限り。思ったより人気があるんですね~。うんうん。

濱家クンのツッコミが好きです。別に普通なんだけど、なんか好き。

「あぁあぁあぁ・・・ビビッてんのか、お前」



それでわ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-04-01 02:08 | ロビタ7号のラボ | Comments(0)