<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

'07 song : PART8

<music>


予告どおり、しばらくは去年の未発表モノの棚卸を。
まずは、去年久しぶりに聴きまくった、ロビタ1号から。


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。



a0035263_17262453.jpg・ 東京事変
    "閃光少女"【曲紹介】 ★★★★★





いやはや、天才ですな、林檎女史。
CMで耳にした時に一発で「おぉっ!!!」とこさせる、その即効性が素晴らしいです。

   今日現在(いま)を最高値で通過していこうよ
   明日まで電池を残す考えなんてないの
     
      *   *   *   *   *

   またとないいのちを 使い切っていくから


事変は今がいい一番カンジに思えるなぁ。



a0035263_1743552.jpg・ Arakawa Rap Brothers
    "GAMAN everybody"【曲紹介】  ★★☆





これ、いただきものです。
アーチスト名みて気になってただけだったんですが、聴いてみたら思いの外いい曲だったりして。
歌詞もなかなかイタイとこついてます。

いやぁ、結構聴いたなぁ、コレ。



a0035263_20423186.jpg・ 銀杏BOYZ
    "BABY BABY"【曲紹介】  ★★☆
    "援助交際"【曲紹介】  ★★☆




当ラボの去年の収穫最高峰は、RADWIMPSとこの銀杏BOYZ。
聴いた数では間違いなくこっち。
"あいどんわなだい"も含めたこの3曲を何度聴いた事か。聴かず嫌いだったんですが、もったいなかったなぁ。



a0035263_19594037.jpg・ Asian Kung-fu Generation
    "或る街の群青"【曲紹介】  ★★☆





アジカン、久しぶりなカンジでしたが、なかなか良いですね、やっぱり。
って、一昨年の作品なんだなぁ。映画『鉄コン筋クリート』主題歌とのこと。ふ~ん、そっか。あんまし世界観がカブってるようにも思えないけど。



a0035263_21184222.jpg・ BUMP OF CHICKEN
    "花の名"【曲紹介】  ★★★
    "真っ赤な空を見ただろうか"【曲紹介】  ★★★
    "夢の飼い主"【曲紹介】  ★★☆
    "涙のふるさと "【曲紹介】  ★★☆
    "かさぶたぶたぶ"【曲紹介】  ★★★

『花の名』。これ聴いて、「あぁ、バンプってあの頃からこんなに大っきくなっちゃったんだなぁ」って感慨深く思いました。あの頃のバンプが大好きだけど、今のこのカンジもいいね~。

で、他の3曲がまたいい!

   ふたりがひとつだったなら 出会う日など来なかっただろう
      (真っ赤な空を見ただろうか)

   「この手で 汚していたの? 閉じ込めていたの?」 (夢の飼い主)  

   会いに来たよ 会いに来たよ 君に会いに来たんだよ
   君の心の内側から 外側の世界まで
   僕を知って欲しくて 来たんだよ             (涙のふるさと)  

どれもメロがいいなぁ。フジワラ君、さすがです。
あぁ、新しいアルバムも買いたいけどなぁ・・・

んで、『かさぶたぶたぶ』!こりゃ、名曲!『ダンデライオン』級です、僕の中では。
歌詞がホント最高で、全部はここに書ききれんので興味の或る方はこちらを。



a0035263_912294.jpg・ RADWIMPS
    "25コ目の染色体"【曲紹介】  ★★★★
    "最大公約数"【曲紹介】  ★★★




去年の収穫、2強のもう1つがRADWIMPS。こっちのバンドはアルバムの方でも触れましたけどね、素晴らしいです。

”25コ目~”はメジャーデビュー曲なんですね~。確かに1stでコレはすごい。

   いつか生まれる二人の命 その時がきたらどうか君に
   そっくりなベイビーであってほしい 無理承知で100%君の遺伝子
   伝わりますように 俺にはこれっぽっちも似ていませんように
   寝る前に毎晩 手を合わせるんだ
     
   そんなこと言うと いつも君は僕に似てほしいなんていうの
   そんなのは絶対いやだよ 強いていうなら俺のこの
   ハッピー運とラッキー運だけは一つずつ
   染色体にのせてあげてほしいな

まったく同じ想いで。特にラスト2行。

かたや、20年振りくらいに耳にして、「あぁ、そんな言葉あったなぁ」って思い出させてくれた、”最大公約数”。

   僕の二歩は君の三歩 僕の四歩は君の六歩
   そんな風に これからも 歩いていければいいと思うんだ
   
   君が想うこと それは同時に僕が想うこと
   そんな奇跡は必要ないよ タダであげるって言われても

      *   *   *   *   *

   何を与えるでもなく 無理に寄りそうわけでもなく
   つまりは探しにいこう 二人の最大公約数を
   
      *   *   *   *   *

   僕は僕で君は君 その間には無限に
   あるはずだよ 二人の公約数

以前ウチでも研材として取り上げたアルバム『RADWIMPS 4 ~おかずのごはん~』の時も書きましたが、野田君ってバンプのフジワラ君と僕の中ではカブる部分が多く。別に歌詞もメロもそんなに似てるわけじゃないんだけど、なんだか同類のイメージ。その「青さ」がボクにはたまらない。



a0035263_10193454.jpg・ dustbox
    "Smile like a child"【曲紹介】  ★★★★★
    "Try My Luck"【曲紹介】  ★★☆
    "Sun which never sets"【曲紹介】  ★★☆



ラストはこちらのバンド、dustbox。
全然知らなかったんですけど、いいメロ書くバンドですねー。かなりヤられました。
いつもだいたい曲聴くと出来もしないギターを弾きたくなるんですけど、彼らの曲聴いてるとドラム叩きたくなる、そんなボクの中では珍しいバンドです。

”SMILE~”はホント良く聴いた。

それにしても、ジャケが、ね。ちょっとボク的にはイマイチ・・・


というわけでやっと終った・・・・去年分が。
まぁでも久しぶりにいっぱいいっぱい聴いた年でした。そして、その分いい曲にもいっぱい出会えてホントよかった。
ナプにも感謝だな。この金欠の今、ナップスターが出会いを広げてくれた事は確かだし。
来年、っていうか今年もいい曲をいっぱい聴くぞー!


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2008-02-20 20:14 | ┗ song - '07 | Comments(6)

【本日の研究】 100s 『ALL!!!!!!』

来年の話をすると笑う鬼も、今頃去年の話をしたら怒り出すんじゃないかと思いますが。
しばらくは去年の未発表の結果を。春先くらいまでしたりして。

大体、3日に1回という目標はどこへ・・・

a0035263_12362076.jpg<music>

本日の研材、

・ 『ALL!!!!!!』
    100s







ナカムラ君の作品をこんなに遅く発表とは何たることか。
先行Sg."希望"が出た時にも感じましたが、アゲなカンジの作品となりました。今までのナカムラ君の作品の中でも一番(良い意味で)軽い、軽快な雰囲気のもので。「作りこんだぞ!」、という感じが無く、「閃き一発!」な思い切りの良さがボクは非常に好きです。


#1 そうさ世界は

  「で、」の一行で始まるあたりが、らしい、です。

    この想いと、その想いを混ぜ いつまでも続く今日の歌をうたおう
    そうさ、世界は そうさ、世界はここに
    そうさ、世界は そうさ、世界はここ

    そうさ、世界は そうさ、世界は個々

  出たなぁ、天才フレーズ。

#2 希望

  とにかく、今の、新生ナカムラ君のテーマソングでしょう、これは。素晴らしい。

#4 なぁ、未来。
  100sはコレで行く!っていうバンドサウンド。

#5 Q&A 
    ノー。ただ、あまのじゃくなだけっス

  おぉ、いい。が、それを

    そのくらいじゃ、プライドじゃないよ
    負けなきゃね、弱さもわかんねぇ

  とばっさり。

#7 あの荒野に花束を

  ”希望”を除けば、今アルバム収録のベストトラックではないか、と。

    なーんもない。まぁ、過渡期とはいえ、なーんもない。

  でも、そう落としておいて、

    なーんもない。が、限りなく広い。なーんもない。

  ってくる。そして、

    できるか?バイバイ。行くのだ、バイバイ。

  ホント、らしいわ。

  そして、この曲で歌っているように

    わがままに、わがままに、わがまま懲りず、いろんなフレーズに会いたい

  って、ボクも想ってる。


軽快、とは言ったものの、やはりナカムラ君の敬愛するおじいちゃんが亡くなったことが影響しているような雰囲気も後半にはあり。それでもなんかイメージを即、音にしたって感じが軽快なカンジに思わせます。

好きな曲は、#1、2、4、5、7、8、10、11。【当ラボの1曲】は、やっぱ#2("希望")

まったく、ほっぽらかしといたボクはホントバカだ。"希望"の時に良い筈だって分かっていたのにもかかわらず。
とにかく、バンドサウンド。もう「ナカムラ君臭が薄くなった」なんていうのもお門違いなくらい、100sというバンドなんだな、もう。
って、毎回アルバムが出る度に、でもやっぱり言ってしまう。それは今のナカムラ君を否定してるわけでは決して無い。何だけど・・・何でだろ?

ただ、やっぱりボクはナカムラ君から離れられないな、って感じたアルバムでした。
またもや。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<'07 - album><'07 - song>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2008-02-08 12:49 | ┗ album - '07 | Comments(2)