<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

所長の研究日誌 (11/27) 不規則な生活・・・、雨

前回からの各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞ~。

                 *      *      *

昨日は悲願の初優勝なるかと思ったんだけどなぁ、我らがレッズ。
引き分けで試合が終わって、同時刻に始まった他会場のG大阪の試合に画面が切り替わり、引き分けのままロスタイム突入しているのを見たときは「決まった!」と思ったんだけど・・・。
最後のワンプレーと言っていいほどの時間帯、G大阪の最後のチャンスで映像が始まり、その30秒後、マグノ・アウベスのヘッドがネットを揺らすのを目の当たりにしてしまった・・・。

まぁいい。引き分けでアウェーで優勝決まるより、ホームで勝って気持ちよく優勝を味わおう!
得失点差の関係から3点差で負けなければいい。それも、直接対決の相手だから分かりやすい。敵の動向を気にしなくていいわけだから。

とはいえ、「ホームで21試合無敗中(リーグ新)」とか、「今期3点差で負けたこと無い」とか、こういう時こそひっくり返されることがあるのだ。しっかり気持ちは切らさずに、緩めずに。
啓太は相変わらず安定してるし、長谷部も調子戻ってきたようだ。伸二も途中出場ながら味は出してた。そして何と言っても今はキャプテン山田がいい!暢久よ、最終戦頼んだぞ!



そして、サッカー繋がりで言えばやっぱりこの人、中村俊輔。
いやぁ、素晴らしい活躍をしてくれました。チャンピオンズリーグでマンU相手に2試合で2得点。そしてチームを初の決勝トーナメントへ進めた!これはデカイ!
あの距離のFKを、正に針の穴を通す正確さで決める。欧州でもかなりのインパクトを与えたようで、絶賛されているようですね~。
ボクも、あちらでの実況の「オーマイガーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!」っていう映像を何度と無く見てしまいました。あぁ、最高だぜ俊輔!あと100回見ても飽きないな、これは。

決勝トーナメントがホンっっっト、楽しみ。

                 *      *      *

さて、先日自分の見ている番組を挙げたのですが、今また少し変わったので最新版をば。

【月曜日 : MONDAY】

  20:00 ~ 20:54 Qさま!!
  21:00 ~ 21:54 のだめカンタービレ
  23:15 ~ 24:10 くりぃむナントカ
  24:35 ~ 24:45 CHIMPAN NEWS CHANNEL

「のだめ~」は何年ぶりかに見るドラマ。まぁコミックは持っているので、また普通のドラマを見るのとは違った感覚ですが。
とにかく、忠実(ほぼ)!聞いてはいたけど、ここまでとは・・・。展開はともかく、台詞はまんまだなぁ、これ。原作が大好きなんで、あんまり変更されちゃうとイヤなんでいいんですけどね~、ボクとしては。
キャストに関しては、自分の理想とはまぁいかんですな。でもそれは当たり前のことで、比較的それも健闘してるかな?ミルヒーを日本人でってのはちょっと、だけど。竹中さん大好きですけど、カタコトでも日本語しゃべれる外人使ったほうが良かったのでは?
ただ、菅沼沙也はそっくりすぎ。びっくり。


【火曜日 : TUESDAY】

  21:00 ~ 21:54 London Hearts
  22:00 ~ 22:54 リンカーン
  24:00 ~ 24:35 ネプ理科
  24:35 ~ 24:45 CHIMPAN NEWS CHANNEL
  24:45 ~ 25:08 働くおっさん劇場

帰宅する時間的に、報道ステーションを見る暇は無くなった。ギリで間に合うけど、録った他の見たいと思うとそこが削られた。
その代わり、帯でみるようになったのが『チンパンニュースチャンネル』。ゴメス君の可愛さには家族全員参ってます。

『ネプ理科』。ネプチューンも大好きなわりに特に毎週見てるの無かったんですが、これは見てます。息子共々、感心する事ばかり。とても面白いです。一週間のうちでもかなり好きな番組。「ホリ理科」のコーナーが特に好きです。

『働く~』は以前やっていたのは知りませんでした。野見さん、いい味出してます。


【水曜日 : WEDNESDAY】

  (やっていれば)   レッズ戦
  21:00 ~ 21:54 ザ・ベストハウス123
  24:35 ~ 24:45 CHIMPAN NEWS CHANNEL
  24:45 ~ 25:15 三竹天狗

『ザ・ベストハウス123』は毎週やるようになったんですね~。今のとこみてます。

『三竹天狗』は企画的にはどうかとおもいますが、やっぱりさまぁ~ずが出てるので、もうそれだけで。


【木曜日 : THURSDAY】

  19:58 ~ 20:54 くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!
  22:00 ~ 22:54 ダウンタウンDX
  24:35 ~ 24:45 CHIMPAN NEWS CHANNEL


木曜日は特に変更なし。


【金曜日 : FRIDAY】

  19:00 ~ 19:30 ドラえもん
  24:45 ~ 25:15 検索ちゃん

相変わらず、『タモリ倶楽部』と『虎の門』は企画次第で。

『ドラえもん』は息子が欠かさず見ている、2番組のうちの1つ。これは親も積極的に見ることを奨励してます。夢があってよろしい。

あ、『太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中』も憶えてたら録ってみてます。これも面白い、うん。


【土曜日 : SATURDAY】

  (やっていれば)   レッズ戦
  17:00 ~ 17:30 ウルトラマンメビウス
  23:00 ~ 24:00 カワズ君の検索生活
  24:00 ~ 24:45 スーパーサッカー
  25:25 ~ 27:10 やりすぎコージー

その息子の欠かさず見てるもう1つは『メビウス』。
これは先日もウルトラマンレオなんか出てきて、親子共々楽しみにしてます。数少ない父子共通の話題。

良かった、カワズ君は死んでいなかった。タイトルにも戻ってきて、ウレシイ限り。

土曜日は他にも、たま~にやる『テキトーTV・ダメバイブル』も大好きです。ダメ人間なもんで・・・。

『やりすぎ~』は、自分の中では多分一週間で一番確実に、一番多く笑える番組。


【日曜日 : SUNDAY】

  22:56 ~ 23:26 ガキの使いやあらへんで!!
  24:15 ~ 25:55 GetSports


日曜日も特に変更なし。

って、あんまし変わってないな・・・。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。


彼を癒せるのは神だけだった。そして、神にはその御意思はないらしい。

( ジェフリー・ディーヴァー 『エンプティ・チェア』 )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2006-11-27 20:38 | 所長の研究日誌 | Comments(2)

【本日の研究】 『エンプティー・チェア』

a0035263_15552976.jpg<novel>

本日の研材、

『エンプティー・チェア』   
      ジェフリー・ディーヴァー







生活のリズムが変わり、研究をUPする時間もままならなくなってしまいました・・・。
今現在読み終わっていて未発表のものは8冊。このままでは、今年も「年末にまとめて発表」という事態は避けられない。少しでも発表できるものはしていかないと。

「リンカーン・ライム」シリーズの第3弾である本作。前2作がウチでは高評価であったので、期待大!

2人の女性が誘拐された。容疑者は16歳の少年ギャレット・ハンロン。拉致現場に居合わせた青年を殺して逃走したとみられる。通常「婦女誘拐の場合、発生から24時間が勝負」だ。「それを過ぎると、誘拐犯の目に被害者は物として映るようになり、殺すことに抵抗を感じなくなる」。事件発生からすでに4時間が経過している。少年が逃げ込んだのは広大な森の中の湿地帯。タイムリミットが刻々と迫る。
以上、Amazonのあらすじより。

今回の舞台は、四肢麻痺であるライムが脊髄再生手術のため、サックスとトムと訪れたノースカロライナ州、パケノーク郡。
突然、捜査協力を求められたライムだが、土地勘も無く、機材も充分でない場所で捜査は難航する。何せ相手は、この土地の全てを熟知した”昆虫少年”なのだから。

さらに悪い事に、サックスが”昆虫少年”と行動を共にすることがライムを苦しめる事になる。
そして、その愛するサックスに悪夢が訪れる・・・。


今回、ボクにはちょっとサックスの行動に納得いかない部分があり、展開としてもラストに引っかかる点が・・・。

そういった点ではウチとしては減点対象ではありますが、物語としては悪くなく、いつもどおり熱中して読めました。そこがウチでは肝の部分なので、相変わらず基本点は高いです。合格点ゲット!

『石の猿』『魔術師』、そして先日助手が買って読んでいる『12番目のカード』と、続編もラボにはあるので、今後も1年に1作ずつ楽しんでいきます、はい。

当ラボの研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '06>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2006-11-23 17:16 | ┗ novel - '06 | Comments(0)

【本日の研究】 『バガボンド #23、24』

<comic>

a0035263_8563.jpga0035263_852932.jpg













本日の研材、

・ 『バガボンド #23、24』   井上 雄彦


最新巻を買って気がつきました。前巻の時、研究発表し忘れてました。ははっ。
というわけで、今回2作一気に。

伝七郎と武蔵の決戦が近づき、吉岡一門の当主である伝七郎が倒れるわけにはいかないと、植田は佐々木小次郎を代役に立てることを画策する。
しかし、伝七郎は当主としての面子にかけても武蔵との対決を切望する。そして、その戦いに赴く事に決して首を縦に振らない植田を破門する。

一方武蔵は、本阿弥家にて小次郎と出会う。そして、自分に無くなってしまったものを小次郎の中に見つける。

そして、いよいよ決戦の日!



とうとう本物の小次郎と、贋物の小次郎である又八が出会います。そして又八は、小次郎が自分がずっとこうなりたいと夢見ていた人物である事を知ることになります。

その時に、吉岡十剣の1人が小次郎に斬られてしまうんですが、相手の強さがどれほどのものか知りたくて斬りかかるんですよね~。相手が強ければ強いほど剣を交えたい、それは命を賭けてでも。そういった感情が、やっぱり今を生きている自分にはちょっと理解し難いです。その時代を生きた、男の感情なんでしょうねぇ。

一方で、伝七郎の愚直なまでの想いは分かる気がする・・・。
生きる、死ぬ、ということでは既に無く、引けない気持ち。そして自分が天才ではない事を誰よりも分かっている、だから気持ちだけは失いたくないという想いは。
それは又八も言うように、人間誰でもどこかで自分を肯定しなければ生きていけない、っていうことに繋がるように思えます。

そして武蔵は小次郎と出会った事で、また一つ高みへと近づいた、そんなカンジになってきました。

それにしても・・・武蔵は小次郎と斬り合っても勝つ自信があったのかな?


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '06>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2006-11-15 22:27 | ┗ comic - '06 | Comments(0)

WE10 : ML<★×6> 6シーズン目

残念ながら、の6シーズン目突入。
5シーズンでなんとかしたかったが・・・。

【OUT】
アレックス、スールシャール、コスタクルタ

【IN】
テュラム、デル・ピエーロ、ダン、ヴェアンス、ルカレッリ

かなりのチームになったなぁ。ビッグクラブへの階段を上りつつある。

ただ・・・”ダン”、間違えた!獲りたいのと違う”ダン”にオファーして、来ちまった!あっさり来てくれたと思ったら・・・中盤を厚くできなかったのが残念。


【D1リーグ第1節 vs デポルティボ・ラコルーニャ [A]】 3-0
【D1リーグ第2節 vs ウディネーゼ [H]】 2-0
【D1リーグ第3節 vs チェルシー [A]】 1-0
【D1リーグ第4節 vs フィオレンティーナ [H]】 1-0
【D1リーグ第5節 vs ユヴェントス [A]】 2-0
【D1リーグ第6節 vs ACミラン [H]】 1-1
【D1リーグ第7節 vs マンチェスター・ユナイテッド [A]】 0-1
【D1リーグ第8節 vs バルセロナ [H]】 0-1
【D1リーグ第9節 vs インテル・ミラノ [A]】 0-1
【D1カップ1回戦1st vs ASローマ [H]】 0-0
【D1リーグ第10節 vs レアル・マドリー [H]】 2-0
【CS グループリーグ1st vs バルセロナ [A]】 4-1
【D1リーグ第11節 vs PSV [A]】 5-0
【CS グループリーグ2nd vs ユヴェントス [H]】 2-0
【D1リーグ第12節 vs アーセナル [H]】 3-1
【D1カップ1回戦2nd vs ASローマ [H]】 0-0 PK戦で勝利!
【D1リーグ第13節 vs リバプール [A]】 2-0
【CS グループリーグ3rd vs アンデルレヒト [A]】 2-0
【D1リーグ第14節 vs ASローマ [H]】 2-0
【CS グループリーグ4th vs バルセロナ [H]】 5-1
【D1リーグ第15節 vs バレンシア [A]】 5-0
【D1カップ準々決勝1st vs バレンシア [A]】 2-0



6シーズン目、最高と言っていい前半戦の結果。

   ・【D1リーグ : 順位】1位 アヤックス 11勝1分3敗 (勝ち点34)
   ・【D1リーグ : 順位】2位 バルセロナ (勝ち点33)
   ・【D1リーグ : 順位】3位 チェルシー (勝ち点30)

   ・【D1リーグ : ゴール】3位 アネルカ 9G
   ・【D1リーグ : ゴール】8位 デル・ピエーロ 5G

   ・【D1カップ】 アヤックス、準々決勝先勝!

   ・【CSグループリーグ : 順位】1位 アヤックス 4勝0分0敗 (勝ち点12)
   ・【CSグループリーグ : 順位】2位 ユヴェントス (勝ち点5)
   ・【CSグループリーグ : 順位】3位 バルセロナ (勝ち点4)
   ・【CSグループリーグ : 順位】4位 アンデルレヒト (勝ち点1)



いやぁ、みんなえろう頑張ったのう!ようやった!

そして、WEFAランキング発表。でろでろでろでろーーーでろん、2位
うーん、1位には届かんかったか。しかし、ランキング1位のACミランとは5ポイント差にまで迫った!この調子なら、今期中にひっくり返すことも可能だ!


【OUT】
ハイティンハ、ダン

【IN】
ジウベウト・シウバ、ファンブイテン

文句なしの補強。だがその陰で・・・すまん、ハイティンハよ、どうしてもシウバが欲しかったのだ。

さぁ、いよいよか!?後半戦スタート!


【D1リーグ第16節 vs デポルティボ・ラコルーニャ [H]】 1-0


【D1カップ準々決勝2nd vs バレンシア [H]】

前半3分、カリステアス!

後半10分、カリステアス!!

エース温存の時に、頼りになる奴!

               2 - 0


【D1リーグ第17節 vs ウディネーゼ [A]】

後半25分、均衡を破ったのはボクラのエース、アネルカ!♪宇宙のエース!

               1 - 0

♪ウルトラマンエース 宇宙のエース
そうさアネルカ、君こそ宇宙のエース!


【CS グループリーグ5th vs ユヴェントス [A]】

前半44分、スナイデル、左足一閃!
後半ロスタイムには、ルカレッリ!

未だ連勝は止まらない!

               2 - 0


【D1リーグ第18節 vs チェルシー [H]】

前半13分、ラジンスキーがマケレレにエリア内で倒され、得たPKをアネルカ!
が、同36分、ドログバのシュート、GK触りつつもゴールへ。久々の失点。

更に後半25分、ロッベン-ドログバ-グジョンセンと回され、ビューティフルゴール奪われる。

               1 - 2

う~ん、とうとう負けた。
シュート数で14対4と圧勝しても、決め切れなくては・・・。


【CS グループリーグ6th vs アンデルレヒト [H]】 3-1

よし、全勝突破!


【D1リーグ第19節 vs フィオレンティーナ [A]】 1-1


【D1カップ準決勝1st vs ACミラン [A]】

前半19分、シェフチェンコにループで決められる。

後半15分、またもシェフチェンコ・・・。

               0 - 2


【D1リーグ第20節 vs ユヴェントス [H]】 0-2
【CS 決勝トーナメント準々決勝1st vs ベンフィカ [H]】 0-0


前半飛ばしたツケなのか!?ここでの失速はイタイ。


【D1リーグ第21節 vs ACミラン [A]】

チームバランスが崩れている。負傷のシウバが来週帰ってくるまでは、何とかこらえなければ。
が、テュラム、アネルカが代表に召集・・・。この大事なライバルとの一戦に!大体アネルカってフランス代表に入ってたか!?活躍が認められたのかしら?

その不安を吹き飛ばすかのように、前半37分、マウロ・ロサレス!3試合ぶりのゴールはこいつが!

そして後半ロスタイム、ラジンスキーからカリステアス!!

               2 - 0

いやぁ、苦しい試合だったがよくものにした!それにしても、やっぱ世界で一番強いのはACミランなんだな、と実感。


【CS 決勝トーナメント準々決勝2nd vs ベンフィカ [A]】

前半9分、マウロ・ロサレスのクロスにルカレッリ!いいダイビングヘッドだ!

               1 - 0

それにしてもロサレス、非常に良く頑張っている。古井戸組、健在だ!


【D1リーグ第22節 vs マンチェスター・ユナイテッド [A]】 1-0


【D1リーグ第23節 vs バルセロナ [A]】

前半5分、ルイス・ゴンザレス!このユーティリティープレイヤーは最高だ!どこでも出来て、能力も高い!そして、何より安い!素敵!
同12分、デル・ピエーロ!シャドウストライカーとして、ホントに最高の活躍!
同39分、デル・ピエーロのCKからマルセリーニョ!止められたが、アネルカ押し込む!

後半も、アネルカ、デル・ピエーロの両FWのゴール!

               5 - 0

完、完、完勝!!!


【D1リーグ第24節 vs インテル・ミラノ [H]】

WEFAランキングは、2位変わらず。しかし、ミランとの差は16Pに開いた。WHY!?
が、リーグは2位に9差をつけ、もう間違いなしと言っていいだろう。
そして、この2位インテルとの直接対決で止めを刺す!

前半13分、ショートCKからスナイデル!ヴァリエーションを増やしていかないとね。
更に同30分、クロスにアネルカ、ヘッド!!

               2 - 0

決まったな、ふっ。


【D1カップ準決勝2nd vs ACミラン [H]】

前半早々にピエナールがO.G.献上・・・。

前半ロスタイムにデル・ピエーロ、後半ロスタイムにアネルカが決めるも一歩及ばず。

               2 - 1  トータルスコア 2-3 でアヤックス敗退


3冠の夢は叶わず・・・。


【D1リーグ第25節 vs レアル・マドリー [A]】

前半17分、マルセリーニョが中央に流れて出来た左のスペースに走りこんだアネルカにボールが渡った瞬間に、シウバが駆け上がりゴール!こういう動きが欲しかった!ナイス!
同31分、またも左に流れて受けたアネルカ、今度は自ら中に切れ込みゲットゴール!
更に同ロスタイムにはルイス・ゴンザレスの強烈ミドル!カシジャスの正面だったがはじききれずそのままゴール!

               3 - 0



【CS 準決勝1st vs ニューカッスル [A]】

前半10分、シアラー、キレのあるドリブルからゴール!まだやってたのか・・・。
同30分、アネルカからボールを受けたのは、<21世紀のファンタジスタ>デル・ピエーロだ!
しかし同41分、ダイアーをエリア内で倒したとしてPK献上。シミュレーションであることを猛烈にアピールしたものの判定覆らず。

更に後半10分、<ミスターニューカッスル>シアラーにダイビングボレー決められ、完敗。

               1 - 3

う~ん、2点のビハインドを負ったかぁ。


【D1リーグ第26節 vs PSV [A]】 1-1
【CS 準決勝2nd vs ニューカッスル [H]】 0-0


見所無く敗れる・・・。もうリーグ戦制覇しか残っていない。やるっきゃないっ!


【D1リーグ第27節 vs アーセナル [A]】 0-0


【D1リーグ第28節 vs リバプール [H]】

もたもたしているけど、それでも2位とは勝ち点8差ある。ということは・・・ここで勝てば文句なしに決まりか!

前半10分、アネルカ!
同24分、デル・ピエーロ!!

後半14分、<エース>アネルカ!!!

               3 - 0

レ( ̄□ ̄レ)だーっ!!!!

やったー!!リーグ優勝だぁ!!
おぉ、ファンブイテンが吼えた!このリーグでの優勝は確かに自信になるな、うむ。


【D1リーグ第29節 vs ASローマ [A]】 0-0
【D1リーグ第30節 vs バレンシア [H]】 0-0


6シーズン目の最終結果。

   ・【D1リーグ : 順位】1位 アヤックス 19勝5分6敗 (勝ち点62)
   アヤックス、リーグ制覇おめでとう!!!
   ・【D1リーグ : 順位】2位 チェルシー (勝ち点57)
   ・【D1リーグ : 順位】3位 ACミラン (勝ち点53)

   ・【D1リーグ : ゴール】1位 アネルカ 19G


とうとう念願のスーパーリーグ制覇。成し遂げた。
メンバーもデフォルトの年俸が全員1,000以下であったので、ウチは今後も<デフォルト年俸1,000以下>でメンバーを構成していくことに決定。この条件下で最高のチームを作る、それが今後の自分の目標だ!

現段階での≪ロビタFC≫代表選手23名は、

【GK】
ロスト、カーン

【DF】
ファンブイテン、テュラム、シルベストル、ジョセフ・ヨボ、ハテム・トラベルシ、フリードリヒ、メッツェルダー、ヴェアンス、アレックス

【MF】
マルセリーニョ、ジウベウト・シウバ、ルイス・ゴンザレス、ピエナール、スナイデル、ダガカ

【FW】
アネルカ、デル・ピエーロ、ラジンスキー、カリステアス、マウロ・ロサレス、スールシャール
[PR]

by robita00 | 2006-11-12 17:04 | ┗ game | Comments(0)

七五三

a0035263_8295266.jpg



a0035263_8301059.jpg

[PR]

by robita00 | 2006-11-09 08:30 | 所長の研究日誌 | Comments(2)

所長の研究日誌 (11/5) 激動の一週間の果てに、曇から晴れ

前回からの各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞ~。

                 *      *      *

一昨日は息子の七五三ということで、ヨーカドーに行ってきました。
何故にヨーカドーなのかというと・・・自分の七五三の写真が実家にあるんですが、その自分の半ズボンのスーツ姿がどうもしっくりこず。なんか頭の悪い、いいとこのボンボンみたいなイメージで。ホントは貧乏なくせに。いや、親はホント気持ち込めて用意してくれたんだと思うけども。
なので、息子には和装がいいな、と以前からずっと思っていて。んが、いろいろ探したもののなかなか好みのものに出会わず。極々シンプルなのがいいのに、どれも「鷹!」とか「富士!」とか「兜!」とかの絵がでんっ!と描かれていて。色も黒でいいのに、華やかなのが多く。
「理想のシンプルな感じは断念か・・・」と思っていたところに、ヨーカドーでもレンタル&撮影をやるというチラシを発見。早速行って見るとまさに理想のシンプルなの見付けた!店員さんは華やかなのを何度もやんわりと薦めてくれていたものの、親2人の想いは一つ。「このシンプルなのにして下さいっ!」。試着の感じも、「おぉ、凛々しい!」と問題なし!やっぱり、これだなぁ。

当日。
当初、息子のワンショットのみ撮影の予定だったものの、孫の晴れ姿に駆けつけたウチのおふくろの、「家族3人のショットもあった方がいい!」という強硬な意見が通り、そのショットも追加することに。
まずは息子の撮影から。しかし慣れない雰囲気に表情は硬い。カメラマンのお兄さんの「緊張してるかなぁ~?笑ってみよっかぁ」の声にも<奇面フラッシュ>のような思いっきしヘンな笑顔を炸裂させる・・・。「緊張しいなんだなぁ。こんなことくらいで。」
異例とも言える何十カットもの撮影を要してしまった後、次は家族でのショット。数カットとってもらった後のカメラマンさんが一言、「お父さん、表情硬いです!笑顔で!」。その後何度やってもいい笑顔は出なかった・・・。遺伝だったのか!息子よ、すまん!
元々ジーンズで参加する予定だったボクは、嫁さんがスーツなの見て慌ててスーツに着替えたくらいだし、嫁さんも和装の息子と歩くのに普段着じゃあって思った程度らしく口紅すら塗っておらず。2人の間ではこの写真は闇に葬る事に決定。

その後、お参りは近くがいいとの事で近所の神社で参拝。撮影の呪縛から解き放たれた息子は、歩きづらい草履からいつものウルトラマンメビウスの靴へと履き替え、街を、神社を駆け回る。その度にボクは、「走り回るんじゃない!」「袴、引き摺ってる!」「壁のそばを歩くんじゃない!」と常に教育的指導を繰り返す。心の中ではその後に「借り物なんだから!」という言葉をつけて。貧乏くせぇ~。貧乏だから仕方ないけど。

参拝後、腰が悪くて泣く泣く今回来れなかった曾祖母ちゃんの為に、和装姿を見せに行ったところで普段着へとチェンジ。食事こぼされたら大変だから、というのがその理由。正味3時間ほどで晴れ姿終了。まぁ充分写真撮ったし、本人的には特に意味を成さない行事でしょうから。効果の程はともかくとして、「子供の厄をはらう」という儀式があるのならしないわけにはいかないという、親の為の行事ですから。

今回のために、これまで断固として外での散髪を拒否してきた息子を無理矢理床屋に連れて行きました。1ヶ月ほど前の話。
そこは子供専門にやっている床屋さんで、若い女性のスタッフが担当してくれたそうで。
今日、突然息子が「なんか髪、伸びてきたみたいだなぁ」などと大人びた事を言いだして。嫁さん曰く、どうやらその時のお姉さんが気に入ったんで、また床屋に行きたがっているらしく。
前の歯科助手のお姉さんの件でも思ったんですが。男の本能って・・・すごい。この歳で・・・。

                 *      *      *

押切もえさん。唐突ですが。
先日どこかで、「女性に人気らしいが、良さがあまりわからない」、という記事を見かけました。そこでは同性と異性では好みがまた異なるのかなぁ、といったことも書かれており。
で、ボクもその意見に非常に共感しました。単純に言えば、ボクにとって好みの同性とは「こうなってみたかった」憧れの対象であるわけで。「なりたかった男性」と、自分が女性だと想像して「付き合いたい男性」とは微妙に異なる。その辺の差でしょうか?

で、今回は「こんな顔になりたかったぜ!な、8人衆」をいってみたいと思います。

a0035263_12422896.jpg
 

確かに小池鉄平君はかわいいくて整った顔をしている。女性ファンが多いのも納得だ。が、男から見てなりたい顔といったら完全にウエンツの方だと思う。しかも面白い。顔だけでなく、「なりたい男性」といっていいくらい。
アイドルながら、路上ライブから音楽活動スタートしてる辺りも好きだし。



a0035263_13341983.jpg


デーモン・アルバーン。BLURのVo&G。ソングライティングも担当。
ちょっといい写真がなくてイマイチな感じですが、この人に憧れていた時期も長かった。顔だけ見ると特別なりたかったわけでもないけど、ソングライティングも含め全体的に好きだったなぁ。特に"For Tomorrow"の頃が。



a0035263_14265528.jpg


グスタフ・ノリアン。スウェーデンのバンド、MANDO DIAOのVo&G。
生意気、ビッグマウス。でも、若さゆえとあっさり許してしまえるのは何故でしょう。「若くて、自信があって、こんな風に大口叩きたかった」という羨ましさもあり。
顔だけで言えば、自分の中ではトップ3には入る、はず。
って、知らなかった!3rdが出てたんだ!う~、買いてぇ~。金無ぇ~。



a0035263_14454629.jpg


ちょっとこれまたいい画像が無いんですが、先日のTBS放送の『SASUKE』で弱冠19歳でファイナルステージに進出した、長崎峻侑くん。これだと可愛いように見えますが、実際は”爽やか男らしい”カンジで、非常に好感もてました。
全日本学生トランポリン大会で個人とシンクロの2冠を達成したほどの実力者のようです。実際『SASUKE』見ててもホントすごくて、長野さんの後を継ぐのは彼しかいない!やっぱりスポーツが出来るというのは男から見てポイント高いです、すごく。
話は逸れますが、<ミスターSASUKE>山田さん、相変わらずいい味出してます。「職業、SASUKE」。この敬意を表しつつイタイとこをついたフレーズ聴いた時、「あぁ、やっぱり古館って天才だな」って思いました。



a0035263_155059100.jpg


何処へ行ってしまったんでしょう。MANIC STREET PREACHERSのG、リッチー・エドワーズ
失踪して11年が経ちますが、未だに行方が分からないようですね。
「30曲入りの2枚組アルバムを1枚だけ作って、そのアルバムを世界中で1位にして俺たちは解散する!」。そう言い放った彼らをハイプと決め付けた記者の目の前で、剃刀で自らの腕に『4REAL』と刻み込んで記者の度肝を抜いてやったリッチー。かっこいい・・・。日本のファンは真面目に受け取りそこに美学を感じた。だから解散しなかったマニックスに対するバッシングは凄かった。まぁボクもがっかりした1人でしたが。
ボクにとって3枚目までが大好きなマニックス。それはリッチーの失踪とぴたりと符合する。
たとえうまくギターが弾けなかろうと、その佇まいだけで儚く美しかった。その「自分には絶対になれないであろう」、そういう空気がたまらなくかっこよかったんだよなぁ。



a0035263_15385769.jpg


今ももちろんかっこよくて憧れてますが、このメンズノンノ時代の田辺誠一くんがまたサイコーで。この頃は田辺くんの着てる服によくチェック入れてました。おぉ、なんとかっこいいことよ。
今、深っちゃんとCMやってますね~。セッティングした人、エラいぞ!グッジョブ!



a0035263_16241382.jpg


サッカー界にはイケメンが多い。ベッカムやカカやクリスチアーノ・ロナウド、宮本もそうだ。
レッズでも、田中達也、永井、長谷部らが男からしてもいい顔だと思うし、何より鈴木啓太はホントかっこいいぞ!みんな気がついてるか!?
そんなメンバーを差し置いて、ボクは彼を推したいと思います。相馬崇人
彼もプレイしている時のその男らしいやる気に満ちた顔がいいです。こういうスッキリした顔立ちが好みです。こんな顔に生まれたかった・・・。



そして大トリはやっぱこの人。

a0035263_17191855.jpg


ベタを承知で、やっぱりキムタクでしょう。
たまに、「え~、あたしキムタクって全然カッコイイとおもわないけどぉ~」とか耳にしますが、そういう人は信用せんっ!だってウソだもん、それ。
いや、ウソじゃなくホントに好きじゃない人はもちろんいるかもだけど、「カッコイイ」という点においては疑いない気がするけど・・・それも人それぞれか。でも、ボクは好きな顔です。もちろん。

他にもいたかもしれないけど、とりあえず思いつくとこで。

                 *      *      *

<顔>ついでに。
誰もが一度は「○○に似てるって言われない?」と言われた経験があることでしょう。ボクも少なからずあります。似てるかどうかは別として。
皆さんはどんな人に似てるといわれたことがありますか?ちなみにボクはこんなカンジです。


a0035263_18454298.jpg


「ねぇ、君カルロス・トシキに似てない?」。大学入った当初、サークルの人に言われました。しばらくは「カルロス」って呼ばれてたほど。でも・・・似てるかぁ?でも、未だにそれ言うと「あぁ!」と言われることもあるので、まずまず似てるのかなぁ。




a0035263_20401934.jpg


似てるかぁ?ヨッちゃん
でも、稀に言われる。



a0035263_204128100.jpg


これは最初に付き合った女の子に言われた。けど、20歳くらいの頃の事だし、はっきり言って知り合いに言ったら殴られそう・・・。でも、ホントにあるんだもん!それも良く一緒にいた人間に。
でも、ホント正直言ってまるで人種が違う。輪郭だけはあるか?でもそれじゃ似てるとは言えんが。



で、一番似てると言われるのが、多分この人。

a0035263_20462369.jpg


まぁ、似てるといったら失礼ですね。こんなにカッコイイこたぁないです。ただ芸能人の中で、という括りならば、近いっちゃあ近いのかなぁ。


まぁ、トータルしてここから推測できる事は・・・顔が濃いってこと、か。
うぅ、理想とまるっきり逆だし。まぁあの父さん母さんからしょうゆ顔が生まれてくることはあり得ない、か・・・。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。


先生 僕の教科書に 誰かスミをこぼしちゃった
先生 三画定規じゃ はかれないものがあります

( THE BLUE HEARTS 『チューインガムをかみながら』 )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2006-11-05 20:53 | 所長の研究日誌 | Comments(2)