<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【本日の研究】 『僕の国、パパの国』

a0035263_114977.jpg<cinema>


本日の研材、

・ 『僕の国、パパの国』
   '99英、監督:ダミアン・オドネル







「毎週1本!」の意気込みもむなしく、今年も半分が終る頃にようやく7本目・・・。いかん!

パパは誇り高きパキスタン人。7人の子供たちを立派なイスラム教徒に育てたいと願っている。ところが、子供たちは・・・・・マンチェスター生まれの現代っ子!日常会話はもちろん英語だし、普通にデートもしたい!もう、パパの言うことなんてきくもんか! 西と東のカルチャー・ギャップあり、親と子のジェネレーション・ギャップあり。この小さな家にぼっ発した独立戦争、果たしていったいどうなるのだろう?
以上、公式サイトのあらすじからでした。


パパがまたとんでもなく横暴なんですよねー。だけど誰も逆らえない。昔の日本に近い、「厳格な父、耐え忍ぶ母」という形。そういう”伝統”なんですかねぇ。一夫多妻制でもあるようで。

子供達はすっかりイギリスに溶け込んでいるもんで、お父さんの前時代的な考えについていけないんですよねー。それでも父親に逆らうなんてとんでもないという思いはしっかり植えつけられていたりして。

お父さんは同胞とうまくやりたい。その為にも子供達をその社会に入れたいんでしょうが・・・自分が移民として苦労しているので、息子達には平等世界であるイスラムの教えをしっかりと伝えたかったりと、子供達の為であることはわからなくもないんですけど、やっぱり自分の相手は自分で決めたいという息子達の気持ちの方もより分かる。むつかしいところです。

全体的なタッチは軽く仕上げてますが、テーマは重いものですよね。こーゆーの好きっす。
音楽も東西両方のものをうまく使ってます。
脚本のアユーブ・カーン=ディンの自伝的なお話だそうで、それ故か生活の細やかな部分もリアルに描かれてます。

サジがお父さんからプレゼントもらうんですが、そのシーンが特に好きかな?親と子の思いの違いがたっぷり表れていていいです。あはは。

今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '05>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-06-26 12:10 | ┗ cinema - '05 | Comments(0)

バトンは巡る・・・

確かによく目にするようになってはいた、musical batton
しかし、このブログ最果ての地まで届くとは・・・。

というわけで、うれしいことにta_nittaさんにご指名していただきましたので、チャレンジさせていただきたいと思います。


1. コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
ゼロ。1曲も入ってません。PC買った当初はMP3をせっせと集めるという計画もあったのですが、断念。そういえばそんな根気、持ち合わせてないんだった・・・。
さらに、CDRに焼く環境も無く、またiPodも持っていません。


2. 今聞いている曲
聴いてなかったんで、今急いでかけたりして。
とりあえず、ラボのCD棚に目をやって一番に目に飛び込んできたものを。
という訳で、そのアルバムの#1、カジヒデキ”ラ・ブーム~だってMY BOOM IS ME~”

3. 最後に買ったCD
は、7枚いっぺんに買ったんですけど、その中から
BRIGHT EYES 『I'M WIDE A WAKE,IT'S MORNING』
「自分向きじゃないかな?」って思って買ったけど、結構お気に入りだったりします。


4. よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
う~ん、特別な思い入れのある曲、がいいかな?

THE STONE ROSES 『THIS IS THE ONE』
この曲を聴いて、ボクは「聴く側」に回ることに決めたのでした、ってどうせ元々楽器できないですけど。
この曲で彼らは革新的な音を鳴らしてるというわけでは全然ないんですが、ただボクがこーゆー音楽をやりたいなぁ、と思うまさにどんぴしゃのものだったのです。

RAINBOW 『A LIGHT IN THE BLACK』
目をつぶりヘッドホン装着して、リッチー気分で悦に入りながらエアギター(ひつこいようですが、ギターは弾けません)かきむしって、ぱっと目を開けるとおふくろが苦笑いしながら「電話だっつーの」といって部屋の前に立っていたという、ほろ苦い思い出付きの曲。

NENA 『ロックバルーンは99』
多分、初めて洋楽を意識させてくれた曲。
本格的に聴くきっかけにはならなかったけど。ははは。

中村一義 『魔法を信じ続けるかい?』
最初にナカムラ君の虜になったのは、『犬と猫』でも、『永遠なるもの』でもなく、実はこの曲を聴いた時だったかもしれない。

小沢健二 『愛し愛されて生きるのさ』
ヨメさんとお互い大好きだった曲。もちろん、今でもボクは好きだけど?


5. バトンを渡す5名
数少ないワタシの知り合いのところには大概回っているようですし、音楽好きではあるけどブログの趣旨とは合わないだろうと回せない人も数人いて・・・
っていうか、とにかく知り合いが少なすぎ!ごめんなさい、回せませんでした・・・。
これにて、こちらのバトンはストップ。

ただ、TA_NITTAさんがつないだもう一方のバトンは、ちゃやさんがしっかりと受けとり他の5名の方につないでくれたようなので、まだまだ途切れずに続いています。ほっ。
[PR]

by robita00 | 2005-06-22 23:01 | ┗ song-oversea | Comments(11)

所長の研究日誌 (6/18) いつだってSOULはすごくホット!、曇り

今日までの各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

って、ホントこれしかやってないなぁ・・・

                 *      *      *

で、その【WE8LE】。

前回、インテルを封印してリバプールにした、ということを書きましたが、その翌日くらいに”ピノン”というチームを使われる珍しい方と対戦しまして。それがまたうまかった!

そこで気づかされた、「自分らしさの出るチーム」を使うことの重要さ。

以来、「ここだ!」というチームを見つけ、実戦の場にて特訓中。心機一転、今までの”ROBITA”から”robita”へとユーザー名も変更。
自分よりも遥かにうまい人ともそこそこやれており、チームへの愛着と手応えを感じながらやっております。<ボーム&アウェーでしませんか?>も対戦してくれる人も増えてきて新たな気持ちで楽しくやっております。

あまりにタイムラグが酷かったり、勝手に回線が切れてしまったり(負けてたんで、わざと切ったと思われたかもと思って悲しくなった)で、ばかばかしくてやる気を無くしていた時もあったんですが、気持ちも戻ってよかった・・・止める機会を逸した気もするけど。

                 *      *      *

仕事もなかなか忙しく、さらにウイイレやったり、さらにさらに日本代表の試合を見る為に、22:00に就寝、朝5:00に起きて会社までの2時間で録画したものを見る(間違っても朝ニュースで結果を知る事のないようにテレビは3ch”NHK教育”にして寝る)等という日々を過ごして、はっと気付く。

100sのFC会員チケット先行受付、忘れてた!!

・・・何のために、この歳でファンクラブに入っているのだ、おれは?
まぁ一般発売だとしてもチケットが取れない事はないだろうけども・・・取れなかったら大チョンボ。なんとまぁ間抜けな。

                 *      *      *

そろそろ、研究も再開しなきゃなぁ。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。


この愛はメッセージ 僕にとって祈り 僕にとって射す光
いつだって信じて! いつだって信じて!


( 小沢 健二 『戦場のボーイズライフ(ボーイズライフpt.2愛はメッセージ)』 )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!今日も1日楽しくいきましょー!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2005-06-18 12:18 | 所長の研究日誌 | Comments(2)

【本日の研究】WE8LE-ONLINE:11日目

いやぁ、久しぶりの更新です。
それもこれも、【WE8LE】のオンライン対戦が楽しい過ぎるせいや!おかげで寝不足気味。ねむー。仕事も忙しく、休日出勤&代休無し!・・・ま、そんなにキツくはないし、お金になるからいいんすけどね。

さて、世界に飛び出して一週間ちょっと。すでに142試合も消化してしまった・・・。やりすぎ。そして現在の戦績は66勝24分52敗。【DIVISION-2】の<CLASS4>というのがボクの所属クラス。総合ランキングは10,434位です。
まだ1回しか月曜日のランキング更新を迎えてないけど、その時はAM(最低ランク)からD2(上から2つ目)にジャンプアップしたのは嬉しかったなぁ。

そして、コンペティション(大会)も4回出場。初出場の大会で300人中18位と好スタート。「やれる!」。最高位は5位(73人中)、と自分的には十分満足の成績。そして大会に出るとポイントが結構もらえるみたい。
同僚と大会を何回かやったお蔭でシビレル展開にも慣れているからか、ランク108位の人にも勝てたりして案外大会の方が向いてるかなぁ。

ただ致命的な欠点が我がチーム(ってか、ボク)にはありまして。
それは大量得点ができないこと
300人も集まると全員がトーナメントで対戦することなど不可能なわけで、大体4、5試合して勝ち点の高い人が優勝となるスタイル。当然上位のものはみな全勝するわけで。となるとあとは得失点差、そして得点、という順に比べていって順位を決定することになるのです。
ボクは4大会中2大会で全勝できたのですが、それでもこの順位。優勝するには大量得点での勝利が必須となるわけで。それができないボクは優勝は有り得ないのです。負けて優勝できないんなら納得いくんだけど、全勝したのにっていうわだかまりみたいなのはあるなぁ。
コナミさん、土日利用してトーナメント方式の大会も開けませんかねぇ?人数制限して。


あと、前に動きのぎこちなさを解消できた、と書いたのですが、それはホームで試合をするというものだったのです。アウェーだとオンライン対戦の最大の泣き所、「タイムラグ」により動きがおかしくなってしまう。
しかし、試合をこなしていくうちに、「あぁ、この人ホントはうまいんだろうけどやりづらいんだろうなぁ」っていう想いが強くなって。そんなの勝ってもつまんないんすよねー。かといってアウェーでやって負けるのも腹立つ。「あぁ、こんなんじゃないんすよ!ホントはもっと・・・」みたいな。
この辺もコナミさん(の問題ではないか・・・)になんとかして欲しいんですが、これに関しては自分なりに解決法を。
それはホーム&アウェーでやる
まずはウチの部屋(まぁどっちが先でもいいんだけど)で試合、次に部屋を作ってもらい今度はそちらで。それなら条件は公平。これはいい!
・・・と思ったんですが、「ホーム&アウェーでやりましょう」と部屋名に掲げているとなかなか人が来てくれない。まぁ、やったこともない知らん奴となのに最初から2試合することを前提にされてもいやなのかも。1試合でいい、という人にはそれで終わりにしますけどね。
とにかく不公平な勝利も敗北ももういらん!この方式で今日も対戦してくれる人を待つワタシ。


で、これも前に書きましたが。
一番強い、一番ずるいチームを使ってます、というのはインテルのことでした。このメンバーでスクデット獲れないとは、っていうくらいのメンバー揃ってます。まぁそれがインテルの魅力で、ファンの多いところかも。
とにかく。一週間やって納得のいくとこまではいった。10,000位。自分にしては上出来だ。

ならば、もうランキングはいい。そろそろ自分の実力を測りに行こう。

インテルはとりあえず封印。幾つかの候補はあったが、今後はリバプールでいく。ま、ここもWEFAのチャンピオンチームなんで強いに決まってるけど、インテルほどではない。
他のがしっくりくればそっちでいきますが、当面はここで。
ナショナルチームは相変わらずオランダで行きますが、こっちもその内もう少し落としてみようか検討中。

なんにせよ、ここからが腕の見せ所。がんばるぞ!


っていうかね。
ウチの子が、「電車でGO!」の子供版みたいなので遊んでるんですが、先日もやってたんですが10分くらいで電源を「プチっ」と消してしまいまして。

ダメ父 「ん?どうした?」
息子  「おとうさん、”しゃっかー”するとおもって」

・・・泣けた!っていうか、弱冠4歳の子にそこまで気を使わせるほどやってるこのダメっぷり!ウチの息子の世界で一番のフリークであるオフクロが聞いたら、号泣必死。そしてボクは殴り殺されてしまうでしょう。
もうちょっと人としてがんばらないと・・・でもやるけど。

ホントは映画『ぼくの国、パパの国』も、小説『小説ワンダフルライフ』、『最悪』も、マンガ『墨攻 #3』、『ママはぽよぽよザウルスがお好き みたび』、『鋼の錬金術師 #1,2』、『G戦場ヘヴンズドア』、『リバーズ・エッジ』、『GANTZ #16』も、音楽HARCO『大気圏シャワー』、THE SHINS『OH,INVERTED WORLD』等など、どれも研究終了、あとは発表を待つばかりなのですが、時間がない!!!・・・でもやるけど。
[PR]

by robita00 | 2005-06-12 11:32 | ┗ game | Comments(2)

【本日の研究】WE8LE-ONLINE:4日目

昨日は日本戦が深夜だったこともあり、それまでの時間をこれに費やしました。

引き続き好調をキープ。1万位くらいの方達との対戦でも、好成績をマーク。まぁ前回も書きましたが、フォメの相性っていうのもかなりあるので何ともいえませんが、それでも「ひょっとしたら自分は10,000位くらいの力はあるのではないか?」等と今までの辛く楽しい練習の日々を思い返したりして。
が、その後3,000位くらいの方々には連敗・・・。あはは、まぁそう甘くはないですな。

何といっても自他共に認める「不器用さ」。それを学生時代には「とにかくやりこむ」という”情熱”でカバーしていたものの、おっさんになり頭の回転がにぶり、手足への伝達がおろそかになってくるともう情熱だけでは如何ともし難い。おっさんになってからやり始めたこの<ウイイレ>などはその最たるもの。
が、しかし。とにかく同僚相手に負けまくった事で、何が通用し、何が通用しないのかがわかってきた感がある。そして「技術の無いおれが世界に対抗するにはこれしかない!」と、研究に研究を重ねたフォーメーションも結実しつつある。そう、世に沢山いるはずのボクと同じ「なかなか対人で勝てない人」も、指先のテクが無くても戦術でカバーできるはずだよ!一緒に頑張ろう!

昨日対戦してくれた方でお一人、「うまいですねー、どうしたらうまくなりますか?」って言って下さって。でも、ウチの見てたら分かると思いますが、ボクは決して、断じて、「上手」くはないです。ホントに。その方もランクはボクより遥かに上で、テクも遥かにあり、たまたま勝てただけであったのですが。
だけど、負けまくった上で自分なりに色々考えたりしたおかげで、ちょっぴりではありますが「強」くはなってきたかも。ほんのちょっとだけど。

そして、そんな時。ウチの対戦部屋になんか不穏な空気が。名誉会長B君が来てくれた!
よし、C君には完敗したが、あの初日のおれではないぞ!ナイスなタイミングで来たな!
・・・2戦2敗。
そして分かった事。やっぱりウチの地獄の3人衆は強かったってこと。

今まで色々と対戦してきてみんな強かったけど、C君ほどのドリブラーはいなかったし、B君ほどいやらしく腹の立つ戦法の人もいなかった。そして、ここんとこ調子の良かったボクはこの二人にまったく歯が立たないのでした。通算0勝5敗・・・。
この後、1,000位くらいのひととやって勝ちましたが、すごく上手いんですけどさわやかな戦い方で逆にやりやすかったと思えるほど。いや、勝てたのはホントにまぐれとしかいいようがなかったんですけどねー。
名誉会長B君などは、ゴール決めた時きっと人差し指立てて喜んでんだろうなぁ、なんて想像できちゃうもんなー、ちくしょーっ!いや、ホント強いんですよね・・・。

というわけで、県下でも有数のセンターである赤木と日々練習する事で、何時の間にか自分の力も引き上げられていた桜木のように、ボクも今そこそこできるようになったのは彼ら3人のお蔭と言えます。まだ世界に出ていないかもしれないAさんを含め、3人はきっと1.000位以内の実力はあると思う。おれもいつか・・・

最後に、ボクと同じような複雑なテクニックなど使えないおじさん達へ、僭越ながら一言。
ボクラが若手に対抗するには、サイトで世界標準のテクニックを得る事も大事ではあるが、お互いそこが同じであればテクのある若手に劣る。
できるだけ自分自身で研究して、研究して、でその上でそこに使えるテクニックを加えれば、もしかしたら複雑なテクニックなど使えなくても、十分やれるかも!今、それを日々実践中!
ボクは今回まだサイトとか見てないんで、伸びしろはまだあるはず。どうしても勝てなくなった時、それを切り札として上位進出を目指す!

さ、今日もやるぞ!おーっ!
[PR]

by robita00 | 2005-06-04 11:58 | ┗ game | Comments(8)

WE8LE - ONLINE対戦の巻。

初日すっかりへこまされた、【WE8LE】オンラインでしたが、それでもやはり次の日もやりたくなってしまうのが不思議なところ。やっぱりCPとの対戦では味わえないドキドキ感がたまらない。

で、二日目の成績は1勝1分2敗、トータル1勝1分7敗。やたっ、初勝利!

そして、三日目の昨日。成績は8勝2分3敗!
やたっ、何か掴んだか!?

まず第一に、最初にオンライン対戦したときに感じた「動きのぎこちなさ」を解消できたこと。これはでかい。
次に、多分一番ズルい、多分一番強いメンバーが揃っているチームを使用していること。オランダやアヤックスを使いたいところだが、ヘボな僕はそんなこと言ってられない。まずは勝つ!そのことを体に染み込ませてからだ。

何はともあれ、トータルでも9勝3分10敗となり、五分の星に近くなってきた!それにランク5,000位以内の人に勝利したのが自信になった!まぁでも相性って確実にあるからなぁ。すんごい苦手な人もいたし。
それに、最後に試合してもらった方。初めての<ランク3桁>の人とだったんですが、これがまた笑っちゃうほどヤラレました。あはは!世界は広い。楽しくなるね、うん。
まだまだランキングも25,000位くらいなんで、倒す敵はいっぱいだ!

何よりもすごいのは、就寝時間を2時間も遅くさせた、この自分の情熱。ねむー。

そして、今日は代表の試合があるので、それまではみっちりとやる予定。
今日もがんばるぞ、おー!!!
[PR]

by robita00 | 2005-06-03 12:51 | ┗ game | Comments(0)

所長の研究日誌 (6/1) 音速の壁にきりもみするジョナサン、晴れ

今日までの各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

昨日、とうとう【WE8LE】で世界デビューを果たしました。
とはいえ、いきなり世界の洗礼を浴びるのはちと怖い、ということで、まずは勝手知ったるメンバーとの対戦をば。そう、まずはC君、君だ!

元々育て上げた、<福ちゃん'S>アヤックスは使えない。みんなデフォルトに戻ってしまうらしいのだ。まぁ知らぬ人との対戦となれば、「ナショナルチームでやりましょう」と言われる事も想定の範囲内、ということで、一応ナショナルチームも考えておりました。
調査によるとウチのシステムに合致しそうなのは、オランダ、スウェーデン、イングランドといったところ。中でもオランダが良さそう。うん、使用料に見合うだけのチームだ。ウチのファールトやスナイデル、ヘイティンガもいるしね。

さて、C君と連絡を取り、喫茶”ケルゼン”で待ち合わせ。早速対戦の運びとなる。
あ、挨拶された。よし、おれも。・・・うーん、これは入力しづらいなぁ。時間がかかる。
「( ̄ロ ̄;)あっ・・・」
試合、始まってしまった・・・フォーメーション変更って、制限時間があるんだ!元々のメンバーを大幅に入れ替える自分としては、開始3分で早速選手交代を余儀なくされることに。
で、そんなこんなで3試合やりまして。結果は・・・3戦3敗!やっぱり!だけど、がっかり・・・。うーん、強い。ドリブル止めらんねー。

で、それもあるんだけど、なんか動きがぎこちない・・・。ネット対戦だとこんなもんなのかな?急に瞬間移動するし、選手のチェンジもスムーズでないような。・・・言い訳?うん。
まぁ何にしろ、こんなんじゃだめだ!とりあえず、ネット対戦をとにかくこなし、1日の最後に反省点を踏まえて引き続きマスターリーグで1試合、と。これでやっていこう!

と、思ったが。
「まてよ、やっぱりC君は格別強かったから負けたんじゃないか?」と妄想、早速武者修行の旅に出たくなり、<クイック対戦>の場へ。
まずはランキング20,000位くらいの方と対戦。相手はチェコ。コラ-にすっかりやられる。たけーっ!結果、0-2。いや、コラーだけでなく、試合全体すっかりやられました。

もうとまらない。就寝時刻を過ぎてしまったが、やる。
今度は15,000位で、インテル使いの方。結果、1-5・・・しかも最後の点は相手のやさしさでもらったような・・・。
お二人とも、どうもありがとうございましたー!タイヘン勉強になりましたー。
もっとチャットでお話ししたかったっすけど、入力が遅すぎて迷惑になるのでやめました。キーボード欲しい・・・

そして、これからも”robita”でロビーをうろうろおりますので、弱くても構わないという方は探してください。ウチは勝っても負けても勉強になりますので、対戦相手は全然選びません。
よろしくー!

                 *      *      *

先週の週末は「当ラボで埋もれていた名曲ライブラリー」ということで、久しく聴いてこなかった曲を聴き倒しました。

   ・カルメン・マキ&OZ "IMAGE SONG"
   ・CUBE JUICE "FRUITS"
   ・TEENAGE FUNCLUB "THE CONCEPT"
   ・クラムボン "サラウンド"
   ・UINONA "SHOW ME THE WAY"
   ・NORTHERN UPROAR "BLOWN AWAY"
   ・カンパネルラ "急いで"
   ・TETRAPLETRAP "VECTOR"
   ・こまっちゃクレズマ "グレートさんのローマンス"
   ・RIALTO "HARD CANDY"
   ・ADVANTAGE LUCY "グッバイ"
   ・THE CARDIGANS "FINE"
   ・HALCO "アンダースロー"
   ・WINO "VELVET"
   ・COCTEAU TWINS "ICEBLINK LUCK"
   ・THE CURE "THE CATERPILLAR"
   ・GUITAR WOLF "環七フィーバー"



すごい統一感の無さ。
でも・・・やっぱいいな。好き過ぎて、聴き過ぎた曲なんかは、時間が経てばやっぱり自分の中で輝きを取り戻すんだぁ。
小説は飽きるほど読んだりはしないんでまた別なんだけど、今読み直したらまた違う感想になるんだろうけどなぁ。同じ時間なら今は新しいのをつい読みたくなっちゃうけど。
年を取ったら、読み返す事にしよう。楽しみだなぁ。

とにかく、なかなか聴き直す機会が少なかったけど、また今度やろう。温故知新。ん、ちょっと違うか?

                 *      *      *

そして、100S、いよいよ後半戦ともいえる『THE TOUR OF OZ#』の日程が発表に!
今の会社は有休を取ることが非常に困難な会社で。なので、休日しか行けない。そして、どうせ行くのなら最終日!・・・月曜日でした。くぅ~っ!
となると、行けるのはその前日、ラス前の9/25、だな。場所はZepp Tokyo。WEEZER以来だなぁ。
でも・・・最後観たいなぁ。追加やらないかなぁ。って、やったとしても平日だよなぁ。むぅ。

                  *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。


土星の周りに丸く 並んで浮かぶ石がある
アリゾナの砂漠 逆立ちで沈む石がある
置かれた場所に 置かれたままの石がある
金星のパイロンをかすめて 輝きながら飛び去る石がある

リアル
よりリアリティ
リアル
よりリアリティ

流れ星か 路傍の石か
流れ星か 路傍の石か

( ザ・ハイロウズ 『十四才』 )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2005-06-01 21:27 | 所長の研究日誌 | Comments(6)