<   2004年 10月 ( 51 )   > この月の画像一覧

所長の研究日誌 (10/31) 曇り。

今週の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

いやぁ、絶好調のレッズです。
さらに、2位ガンバ、3位ジェフの直接対決がドローに終わったことで、悲願のリーグ制覇に向けて視界良好です。
ただ、中三日でナビスコ決勝、中二日でまたリーグ戦と、日程はキツイです。
が、それも今シーズン勝っているが故。ホントに今は見てて負ける気がしません。今まで散々叩かれてきたレッズだけに、選手には油断というものも見えませんし。これはウチのように2冠、いや、天皇杯も入れて3冠を狙ってほしいところです。
しかしまずは1つずつ。今週水曜日が最初の関門です。苦手FC東京。原さん、今度は負けませんよ!

                 *      *      *

それでわ、今週の締めの句を。

「患者は病院に飼われた羊でもなければ
社会に出すと危険な狼でもありません
病気を持った…人間です」


( 佐藤秀峰 『ブラックジャックによろしく』 )




それじゃあ、今週見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-10-31 22:55 | 所長の研究日誌 | Comments(0)

本日の研究 【奇術探偵 曾我佳城全集】

a0035263_22105537.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【奇術探偵 曾我佳城全集】 泡坂 妻夫 著



「魔術城完成そして明かされる曾我佳城の秘密。伝説の女流奇術師・曾我佳城の凄艶に冴える奇跡的推理。奇術&トリックの名手が、20年の時をかけて結実させた珠玉短編の完全版。」って事なんですが…。

読み始めて一月足らず。いやぁ、頑張って半分までは読んだんですが、とうとう断念。読みきれませんでした。ちくしょー!

久しぶりでしたね、読みきれないの。『黒死館殺人事件』以来かなぁ。
もうちょっと頑張ろうと思ったんですが、なにせこのままじゃ今年これでおしまいってことになってしまいそうなので。断念して次の作品へ移る事にしました。

20年にも及ぶ著者の代表的な主人公の短編を集めたものなので、最初の方から好きで追っていたらまた全然違うんでしょうねー。
実際、『このミス』では2001年度の日本人作家部門第一位なわけですから。根強いファンにはたまらない一冊でしょう。


ちなみに次の研材は白川 道氏の『天国への階段』です。今度は読みきれるかなぁ。
[PR]

by robita00 | 2004-10-30 22:36 | ┗ novel - '04 | Comments(0)

本日の研究 【蟲師 #5】

a0035263_2157138.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【蟲師 #5】 漆原 友紀 著



人に害をなす蟲を退ける事を生業とする、「蟲師」ギンコを主人公とした物語の第5巻。

常に外しませんねー。今回もいいです。

最初の”沖つ宮”というお譚がまずいいです。
「その島では、命を落とした者は全く同じ姿でもう一度生まれ変わってくる」、という筋。
やっぱり自分の嫁さんや子供が死にそうになったら、是非もう1度生まれ変わってもらいたい、たとえ自分の側にいてくれるわけでなくてもどこかで生きていて欲しい、なんて思っておりますので、そういう想いで惹き込まれてしまいました。
まぁ読み進めて行くうちに、そういう考えだけではないのかもなぁ、とも思ったりもしましたが。

しかしそういえば、女の人が亡くなった場合は、どうやって”生みなおし”をすればいいのだろう?


そして何といっても、ボクはこれ。”山抱く衣”。
ボクには特に故郷と呼べるような場所は無いのですが、親父やお袋の実家などに帰ると「自分が巣立った場所」があるっていいなぁ、と思うものです。
この譚のように、その土地土地にはそれぞれ”産土”というものがあり、それはその土地から生ずる植物に宿り、ひいてはそれを摂取する動物にも宿る。影響力は小さく、また宿主がその土地を離れれば力を失うが、生まれた地にさえ戻ればまた生涯守ってくれる、っていうのは実際の事で有る無しに関わらず納得させられてしまうし、なによりなんだか温かい気持ちになりました。「ホントだったらいいなぁ、それ」って。

たとえ1年にいっぺんではあっても、出会える日を心待ちにしておりますので、末永く続けて行って欲しい作品です。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。

そして…4巻の研究発表すっかり忘れてた!
…そのうちやります。
[PR]

by robita00 | 2004-10-29 22:31 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究 【WE8 : 71日目】


さぁ、3冠に向けて最後の関門、チャンピオンシップ。
相手は…レアル。相手にとって不足無し!

しかし、厳しい戦いになるかと思いきや、いきなりバベルがループ!好不調の波が激しい彼、今日はいいカンジ!

さらにルーニーがドリブル、クロス上げると思われたのか寄せが甘い。「ナメんな!」。そのままドリブルで切れこみ強烈シュート!くぅ~っ。
でも、育て上げたルーニーが大会で使えないなんて…。悲すぃ~。

結局このままタイムアップ!

  • 【チャンピオンシップ決勝】 アヤックス(A) 2-0 レアル・マドリー
「ぃやったぁ!3冠達成っ!!」

いやぁ、めでたい。ステキなシーズンだったなぁ。
さぁ、後は完全優勝あるのみ!無敗でしめくくるぞ!



  • 【リーグA D1リーグ第28節】 アヤックス(H) 3-1 エンポリ
シセが今日も前半で2点とゴールを累積する。あぁ、今のシセを大会で使いたい…。でもそんなべらぼうに成長したわけじゃないから、元に戻っても使えるかなぁ。
なんて思ってたら、ハットトリック達成。いつも通りバク転、ぐるぐる。
最後に1点取られたけど、まぁまぁまぁ。



  • 【リーグA D1リーグ第29節】 アヤックス(A) 1-0 ビルナントス
前半、シュート数10-0と圧勝。にも関わらずゴール割れず…。
しかーし!均衡破ったのはやはりこの男、シセ!



そして、最終戦。

まずは珍しいファールトのヘッドで幕を開ける!
しかし後半、不可解な判定でPK取られる。WHY!?ちょっと体寄せただけなのに…。

結局そのままで終ってしまった。あぁ、最後は勝って終りたかったなぁ。

  • 【リーグA D1リーグ第30節】 アヤックス(H) 1-1 バルダンケルマン
「今期無敗!だーーーっ!!」

厳密に言うと、カップ戦では2試合落としてるんですけど。でも、結果優勝したんだからあれは負けとは言わん!という事にして。


2006シーズンの結果。

  • 【リーグA : 順位】1位 アヤックス 25勝5分0敗 (勝ち点80)
    アヤックス 優勝おめでとう!
  • 【リーグA : 順位】2位 マクレスターU (勝ち点65)
  • 【リーグA : 順位】3位 Bムルテン (勝ち点61)

  • 【D1カップ】 アヤックス 優勝おめでとう!

  • 【チャンピオンシップ】 アヤックス 優勝おめでとう!
やったー!年間勝ち点、悲願の”80”に届いた!来期は残りの5試合も勝って、完全優勝を目指す。

で、シセ、得点王!

そして、チャンピオンシップの方でなななんと!

「初のMVPゲットぉ~!!!」

バベル、MVPと得点王ゲットしてました。ちなみにマルティンスもアシスト王。

そして、WEFAランキング発表!
でろでろでろでろ~でろん。10位!きたきたきたきたーっ!
つっても、無敗だったのに1年で4つしか上がんなかった…。
が、シーズン開けた時に何故か急激に上がった記憶があるので。カップ戦の分かなぁ。ならば今回も期待大!

そしてここから、本編はお休みして、大会用選手選考が始まる。
[PR]

by robita00 | 2004-10-28 23:39 | ┗ game | Comments(0)

本日の研究 【THE MAGNETIC FIELDS】

a0035263_2031278.jpg<music>
本日の研材、

『 i / THE MAGNETIC FIELDS 』




今年5年ぶりに発表された作品。ステファン・メリットという人がフロントマンなのかな?ちょっと資料がないですが。

アルバムタイトル『I』ってことで、14曲全て≪I≫で始まってるんですねー。
ジャケもなかなか凝っていて、上のジャケにカバーがついていて、それが≪I≫の形にくりぬいてあります。

SIMILER ARTISTにベルセバがリストアップされてましたが、分からんでもないです。ベルセバとDIVINE COMEDYが組み合わさったようなといいますか。

#1、2、3と立て続けに好きな曲だったので、「これはイケる!?」と思いましたが、その後は結構耳に引っかからずに流れて行きました。でも、決して好きじゃない曲ではないです。いいんだけど、さらさらと流れて行った…。
もうちょっと聴きこんだら好きになるかな?そんな予感もないではないですが。
[PR]

by robita00 | 2004-10-27 21:20 | ┗ album - '04 | Comments(0)

本日の研究 【WE8 : 70日目】

大会のレギュレーションが決まった。

選手はやはりウェーバー制で獲っていく事に。引退選手、架空選手はなし。
そしてチームはボクがプッシュしていた<マイチームデータ>ではなく、<マスターリーグデータ>でやることに決定したらしい。

みんなで決めた事だからしょうがないけど、<マイチームデータ>でやりたかったなぁ。せっかく育てた選手がまるで使えなくなった。「公平を期すために」ってことなんで、それは分からなくもないけど。
でも選手集めるって事はマスターリーグで集めるわけで、っていうことは獲ってきた選手はその時の数値ではなく、元の数値を考えて獲ってこなきゃならない。数値だけ見たって、使いやすい選手やそうでない選手は使ってみないと分からないし、それはもう調べようが無いのだ。みんなそれでホントにいいのかなぁ。今使ってるこの選手とは能力が違うんだ、と思うとすごくわかりづらいんですけど。

たくさんのシーズンを重ねた方が有利だ、という考えのようだけど、何シーズンもやってる人は、当然選手も年取って使えなくなるわけだし、それでも公平だと思うけど。
若手が育つのも、それを見越して選手選考すればいいだけと思うし。

一応、<選択希望選手リスト>は作ってみたものの、共に歩んできたバベルなどは17歳レベルでは当然使えないし、はっきりいって思い入れの全く無いチームが出来あがりそうだ。

しかし、グチってばかりいてもしょうがない。とにかくこのルールで勝ってからでないと何も言えん。
とりあえず今シーズン3冠獲って、資金を作る事と、名前を売っていい選手にきてもらう事が今出来る最優先事項だ。



まずはチャンピオンシップ準決勝の第2試合。
久しぶりの試合だが、初戦’4-0’で勝っているのでまぁここは余裕だ。

開始8分、さっそく失点。うーん、しっくりこない。
しかし前半はこれのみに抑えたし、後半はカンも取り戻し怒涛の攻め!
が、いいカンジの所でエムレがスールシャールになぎ倒され、ゴール。’0-2’。
しかし、ここでバベル!CKを頭で合わせ、’1-2’。ほっと一安心。これで間違い無い。

と思ったら、逆サイドに振られてヘッドで中に返されたところをニステルローイ!
さらにさらに、スールシャール、また決めた!なんと’1-4’に!

「や、やっべぇ~!!!」

このパターンはCPのミラクル逆転パターン!のこり10分もありやがる!

残り3分、クロスを放りこんできた!DF2人もはさむがフォルランの打点が高い!

「アブナーーイっ!!!」

バーの上…外した。ほっ。
そして、バベルが前線でボールもらう。よし、キープだ、キープ。あ、バカ、打ちやがった。しかもGK真正面でキャッチ。

「カ、カウンターだっ!!!」

「ピッピピィ~」。終った…。逃げ切った。ふぅ~っ。

  • 【チャンピオンシップ準決勝第2試合】
         アヤックス(A) 1-4 マクレスターU

しかし、4点も獲られるとは…。



お次はD1カップ決勝。
そしてまたも相手はマンU。同じく、アウェー。

しかし今回は肩慣らしも終り、最初からがっぷり四つ。両者一歩も引かない打ち合いに。
そして均衡破れる。ロナウジーニョがドリブルでシルベストルに勝負を挑む。PK!当然ロナウジーニョ決めて先制!

更に相手が前がかりになったところで、カウンター発動!
最終ラインから一気にファールトへ。反転してシセにスルー。シュートはGKにはじかれたが、それを猛然と詰めるバベル。またもやシルベストルが後ろから。PK!
「あ、なんかバベル怒ってる!乱闘だ!」
結局乱闘には発展しなかったけど、初めて見たなぁ。あんな風になるときあるんだなぁ。
ロナウジーニョが今日2本目のPKを決める。

後半ギグスに左サイドぶちぬかれてニステルローイに決められるが、相手DFのO.Gもあり勝利!

「2冠達成!レ( ̄□ ̄レ)だーっ!! 」

  • 【D1カップ決勝戦】 アヤックス(A) 3-1 マクレスターU



最後はリーグ戦。そしてまたもやマンU。
今日は全試合マンUとだった。

シセ、打つと見せて絶妙スルーを今試合FWに入っている中田に送る。たまらず後ろからスライディングしたのはまたまたシルベストル。PK。シセが決める!
しかし何故にそこまでリスキーなのだ?シルベストル君よ。

さらにルーニーのクロスに飛びこんだのはシセ!得点王に向かってまっしぐら!

最後はイブが「オレもいるゼ!」とばかりに決めて完勝!

  • 【リーグA D1リーグ第27節】 アヤックス(H) 3-0 マクレスターU
っしゃーっ!!!無敗キープ!
アーセナルは負けたようだが、ウチはまだまだっ!



今日はここまで。で、本日までの結果。

  • 【リーグA : 順位】1位 アヤックス 23勝4分0敗 (勝ち点73)
    アヤックス 優勝おめでとう!
  • 【リーグA : 順位】2位 マクレスターU (勝ち点56)
  • 【リーグA : 順位】3位 Bムルテン (勝ち点54)

  • 【D1カップ】 アヤックス 優勝おめでとう!

  • 【チャンピオンシップ】 アヤックス 決勝戦進出!
シセは24G。2位に3G差をつけた!
[PR]

by robita00 | 2004-10-26 22:30 | ┗ game | Comments(0)

本日の研究 【ブラックジャックによろしく #10】

a0035263_2054432.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【ブラックジャックによろしく #10】 佐藤 秀峰 著





ドラマ化もされた、超人気マンガの第10巻であり、精神科編の第2巻目。


医療者側の閉じた医療体質が表のテーマだとすれば、裏のテーマはマスコミ報道の是非、というところでしょうか。

伊勢谷がいう、「結局 患者を差別しているのはまずは医者なんですよ」という言葉はその閉じた医療体質を言い当てるものだろうし、「大衆が知りたがっている事を伝えるのが使命」だといいつつ、時として一面的な報道で故意に誘導するマスコミのあり方にも一石を投じてます。

そして、そんな誘導されるボク達も大いに問題があるということでしょう。ボクらは数多く溢れている情報をきちんと取捨選択をしなければならない。それを放棄して流されていくことが、誰かに対しての暴力となりうる事をはっきりと自覚しなければならない。

今回の巻はとても考えさせられるものです。それは先に挙げた報道へのあまりにも盲目的な「信頼」と、精神病の患者さんへの曲解された「認識」についてです。
精神に異常を抱える人より、人間として異常であるヤツの方がよっぽど野放しにされている。そのことの方がよっぽど問題なのかもしれません。

ボクは作者の方と同じく、精神病の患者さんが全員「犯罪者予備軍」だとは思っていません。
そしてだからこそ、精神病であっても罪は償うべきだと思うのです。決して精神病だからという理由だけで減刑するべきではないと思っています。そういう風だからこそ、「精神病の人は何をやってもしょうがない」となり、「精神病患者」=「何かしでかす」という論理になってしまう。
とはいえ、そんなこというボク自身もそんな風にはこれっぽっちも思っていなかった、とは言いきれませんが。

ボクの説明も下手ですし、作者の意図ともズレているかもしれません。皆さんはどう思われるでしょう?興味を持たれた方は是非9、10巻を読んでいただきたいと思います。
このマンガをドラマで知り、ドラマと共に終ってしまった方、是非ともコミックを御覧いただきたい。ボクはドラマは見ていないのですが、テレビでは伝えきれない世界がきっとコミックには描かれていると思いますので。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-10-25 22:31 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

所長の研究日誌 (10/24) 晴れ。

今週の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

5ヶ月ぶりに勤め人に復帰。なかなか新鮮な気持ちで過ごせました。
週休一日とはいえ、毎日残業なし、仕事も時間に追われるような類のものではありませんでした。
給料は以前の半分近くになってしまいましたが、以前の仕事に比べ格段にストレスが溜まらないという、成功の部類に入るであろう転職でした。

まぁしかし、まだたった一週間。これから色々あるのでありましょうが、周りの人がイイ人ばかりで良かった。そこは結構大事なことですし。

                 *      *      *

金曜日、『ブラックジャックによろしく #10』と『蟲師 #5』を購入。
収入の激減に伴い研究費大幅削減ということではありますが、この辺は欠かせません。
研究発表は後日ということで。

                 *      *      *

そういえば、先日とうとうアクセス3,000件を突破致しました。
記事数からしてみれば、アクセスはかなり少ない部類に入るであろうウチのラボでありますので、あまり声高に発表出来るものではありませんが…。
しかし知り合いには誰一人知らせていないので、来てくれた方は単純にウチのラボに興味を抱いてくれたということで、そのことは大変嬉しく思っております。はい。

一日にたとえ一件でもアクセスがあればそれが当ラボのエネルギーとなります。来ていただいている方には本当に感謝の念が絶えませんです。どうもありがとう!

そして、祝3,000回目のアクセスの方。今週の水曜日の23:00~木曜日の21:00の間のどこかで訪れてくれた、あなたです!
あなたにはきっときっといい事があります。ボクがボクの幸運を半分削ってでもあなたに幸せが訪れるよう、必死で神様にお願いしますから。

今後願わくば、たくさんの人に見ていただくことよりも、一月に一回くらいのペースでもいいので定期的に見に来てくれる人がいてくれるといいなぁ、などと思っております。まぁその為にもたくさんの人にまず見ていただいて、共感していただける人が来る確率を上げないといけませんが。
内容に関しましては、自分の興味のあることのみを自分の感じたまま出しているだけなので、「これからどんどんコンテンツを充実させてくぞ!」ってわけには行かないのですが…。
しかしまぁそこの辺には目をつぶってもらって、今後ともご愛顧の程よろしくお願い致します。

                 *      *      *


それでわ、今週の締めの句を。

息を吸え、日々。(祝え!祝え!おぉ、祝え!)

そう、君ん中に溢れ出す世界に、必死で灯るサインが。
それをみんなが持って、出会えたらなぁって、単純に想いたいから。
僕は、手かかげて、想い達するまで。
僕は、手かかげて、この声、遠くまで。

息を吸え(真っすぐに)、
息を吸え(今すぐに)、
声を出せ。

( 中村一義 『ジュビリー』 )




それじゃあ、今週見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-10-24 23:47 | 所長の研究日誌 | Comments(2)

本日の研究 【ジムノペディ】

a0035263_19593937.jpg<music>
本日の研材、

『 雨、所により花吹雪 / ジムノペディ 』


男女3人ずつの6人組からなる、'02発表の1st。

歌謡ジャズロック、ファンク、ワルツ、レゲエと、多種多様な音楽要素が詰まってるってことですが、中でもやはり柱となっているのは「歌謡ジャズロック」という面でしょう。
しかし、歌謡色はこちらの方が強いですが、この界隈にはEGO RAPPIN'というエラく強い女帝がおりまするので。ボクの中では心の奥底から分泌される「じゅわ~っ」がどうしても控えめになってしまいます…。

などと思いながら聴いていましたが、最後の曲#8(”13”)に来て「じゅわ~っ」が一気に放出!これは好きだなーっ!どうでしょうジムノペディさん、こちらの線でどんどん行って見たら?

まぁ、この1stが初聴であったので、このあとどうなっているのか分かりませんが。ボクの好きな方向に行ってくれたのか、そのままの方向だったのか。非常に気になるところです。
ちなみに#1、2、3も好きです。ライブもなかなか風変わりなようで、一度拝見したいものですねー。



今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<'04 - album><'04 - song>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-10-22 20:48 | ┗ album - '04 | Comments(0)

本日の研究 【WE8 : 68日目(特別編)】

そろそろ本大会前の大会、コンフェデ杯が開催される。
仕事の関係で多分試合には行けないけど、本大会用のメンバーのドラフトはする。
いつもなら、1位、2位は抽選、その後は前回大会下位から順に獲って行くが、今回は頭から抽選は廃止して、下位から順に取っていく、<ウェーバー制>を導入。
前回、奇跡的に2位に入ったと言うことで選択権は3番目。
一番欲しい選手は決まっているが、あとでも獲れると思うと先に人気の選手を獲るのが定石。でもそんなことしてるうちに獲られちゃったらアウチなんで、そこが悩み所…。

まぁそんなことも視野に入れながら、以前やったように強豪国との練習試合を行うことに。
前回はだめだったけど、今回はイケる気がする。

条件は
①自チーム(アヤックス)はアウェー
②レベルは<★×6>
③調子は、自チームが、相手が

相手は、イングランド、イタリア、アルゼンチン、フランス、ブラジル。
さぁ、レッツラゴー!



まずはイングランド戦。
当然メンバーは最初から切り札も投入。
好機にロナウジーニョがヘッドを空振り…。
嫌な展開だったが、CKからルーニー、ヘッド炸裂!
その後、バベルがPKを外すも、交代したシセがロナウジーニョのシュートのこぼれ球に誰よりも早く詰める!

  • 【練習試合1st】 アヤックス(A) 2-0 イングランド
うしっ。いつものカンジだ。やれる。



次はイタリア戦。
ルーニー、エリアでカンナバーロと対峙、積極的に勝負仕掛けてPKゲット!
しかし後半、CKからインザーギに飛びこまれる。同点。
負けじとバベルもルーニーからのクロスにDFと競りながらネットを揺らす。
…え?どうやらファールを取られていた模様でノーゴール。くぅ~。
しかししかし、またもルーニーが救う!今度は積極的にシュートを打って、相手DFパヌッチのO・Gを誘う。
んが、リードしたのも束の間、スナイデルがエリア内で痛恨のファール!
キッカーはデルピエーロ。…止めたーーーっ!ランドロー、素晴らしい反応でゴール許さじ!

  • 【練習試合2nd】 アヤックス(A) 2-1 イタリア
うん、いい、いい!



続いて、アルゼンチン戦。
前半、クレスポがDF2人をひきずるように突進。ランドローもシュートははじくのが精一杯。アイマール、どフリーで押しこむ。
さらに後半立ち上がり。ダレサンドロからのクロスをまたもクレスポ、今度はヘッドで決める。”0-2”。
福田監督、ここで攻撃的布陣にシフトチェンジ。本大会でももちろんこういう展開は有り得るのでいい機会。
疲労気味のロナウジーニョに替えて中田、スナイデルに替えてエムレ・ベロゾール、イブに替えてシセ。そしてここからアヤックスペースに。
あっという間にルーニーがヘッドを決めて”1-2”。
そしてまたもやルーニーがドリブルでエリアに侵入。PKもらう。決める。2-2。スクランブルかけてから7分足らずで振り出しに戻す。
さらにさらにルーニー、華麗なステップでまたまたPKゲット!いやぁ、なんて使いやすい選手だろう。自分で決めて、とうとう逆転だ!
ロスタイムには、お待たせバベルがヘッドで決める。

  • 【練習試合3rd】 アヤックス(A) 4-2 アルゼンチン
なんかもう、負けないんじゃないか?これは。



調子よく、第4戦。対フランス。
いきなり、ジダンに振り向きざまシュートを決められる。
しかし、負けないアヤックス。中田から中央でパスを受けたイブが、寄せの甘いDFを尻目にびゅーちふるミドルを放つ!ナイスゴールだ!
そしてキレキレイブラヒモビッチ、ドリブル突破敢行。PKゲット!…こればっか。
しかし、ここでイブ、外してしまう…。
その後の再三のピンチはランドローが防いだが…。もったいない。

  • 【練習試合4th】 アヤックス(A) 1-1 フランス


で、最後のブラジル戦。
中盤の潰し合いが激しく、両チーム共いい形作れず…。
結果、スコアレスドロー。

  • 【練習試合5th】 アヤックス(A) 0-0 ブラジル
最後に消化不良の試合…。


しかし、今回の試合を通じて、ウチの1位指名は決まった。一番活躍した彼だ。きっと誰も序盤では獲りにこないだろうけど、ウチのチームの”肝”なんで獲れなかったらキツイ。誠意も込めて最初に獲ることにしよう。
さっそくご両親に挨拶に伺わねば。「お宅のお子さんをウチに任せてください!」。手渡したセンベイの箱の下には札束ぎっしり敷き詰めて。
[PR]

by robita00 | 2004-10-21 22:34 | ┗ game | Comments(0)