「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:┗ comic - '10( 4 )

今年も最後にこんなカンジ・・・【ロビタ4号ラボ】②

<comic - '10>

「っつーわけで、②に続くのです」と記して、早2ヵ月半。
あの時既に遅れていたのに、もう4月!今さら!?去年のを!?と我ながら思いますが、これ記さないと今年のがまた溜まっていく一方なので。さらーっと。



”テルマエ・ロマエ” #1、#2 ヤマザキ マリ ★★☆

時は紀元128年のローマ。
ハドリアヌス皇帝時代のこのローマは斬新な建築物がもてはやされ、浴場設計技師として働くルシウスはその世の流れに乗れず失業してしまう。
その時、親友のマルクスと共に訪れた公衆浴場で、奇妙な排水口があることに気がつき、近づいてみるとそこに吸い込まれてしまう。
そして、流れ着いた先は・・・現代日本の銭湯であった。

そこで目にする、自分の時代のものとは異なる現代の様々な物やアイデア。それに感動し、ひらめき、また戻った時代でそれを活かしていく。それを繰り返していくうちに時代の寵児としてもてはやされていく、そんなお話です。

ジェネレーションギャップ(とかいう軽いレベルじゃないけどw)であったり、西洋と東洋の様式の違いであったり、そういったことにいちいち感銘を受けるのがいいです^^ くそマジメで研究熱心なのがよろしい。

で、現代の日本民族を「平たい顔族」ってw まぁそりゃそうだけどさ。

とても人気で、これも実写映画化するらしいですねー。阿部寛主演。まぁ顔が濃いしいいかもねw

とりあえず、合格点を軽くクリア。今後も研材として取り上げていきます。



”リアル” #10 井上 雄彦 ★★★☆

相変わらず魅力的な作品。今巻では、野宮も、戸川も、高橋も、皆進むべき方向が見えてそれに進んでいく、というところでしょうか。

どれもコミック化してから読むボクにとっては、年に1回、秋のお楽しみ。
また今年の秋にこれの続きに出会えるのだ。待ち遠しい。


”バガボンド” #32,33 井上 雄彦 ★★☆

武蔵vs一刀斎はあっけなく終わる。が、同じ千点をもらったものの、ハンデがあった今回の武蔵より、小次郎の方が強いと言われる。しかし、悔しがるより小次郎に会いたくなる武蔵であった。

そして武蔵は迷いの道へ・・・
小次郎は小倉でますますその人気を高めていく・・・

・・・なんか全ては又八の中の話、っていう気もしなくも無いですが。
気になります。


”聖☆おにいさん” #4,5 中村 光 ★★☆

ブッダとイエスのコンビはいつも年間行事をこなしている。なので、彼らを見て季節感を確認してるカンジになっちゃってます (・∇・`*)ゞ エヘヘ
ここでは、バレンタインとか盆踊りとかイースターとか。ブッダの盆踊りがいいだよな~。「南無!」

相変わらず彼らの常識と現代とのギャップと、逆に微妙にリンクしてることとのバランス・アンバランスがいい按配です。
アナンダやペトロ、マーラやルシファーらの脇を固めるメンバーも色を出してきたし。

1番好きな話は「立川の風になれ」。調子に乗りすぎちゃうイエスがいいです。
「私の知っている立川へは・・・どうやったら帰れますか・・・」

実は、イマイチその面白さを感じきれてなかったので、本棚の枠の関係もあるので「・・・そろそろ売ろうかな?」って思ってたんですが、ここに来て面白く感じれるようになってきたぞ。よしよし。



”GANTZ” #24~27 奥 浩哉 ★★☆

映画化だもんな~、それも実写。
なんて情報も古臭すぎるほど。まさか、こんなにメジャーになるとは・・・

『変』『ヘン』の頃は、そのドラマ性というかじんわりと胸を打つ部分がこの方に惹かれるところだったわけですが、それが今作にはあまり感じられないなぁ、と。思っていたのですが。

途中からまたそういうとこ(タエちゃんのとことか)が出てから、この作品も思い入れが強くなってきて。

で、また世界みたいなスゴイ広がりを見せてきてるとこで、ちょっとだけボクの想いから外れてきてる気も・・・ま、あくまでも、ボクの中では、ですけどね~。

というわけで、東京から始まった話は大阪に広がり、今(ボクが読んでるここまで、ってことで^^;)は世界に広がっております。

しかし、どうやって収束させるのだろう???



”さよならも言わずに” 上野 顕太郎 ★★

話題となっていた、この作品。
自身の最愛の妻を亡くした作者の、その前日からの数ヶ月間を描いたドキュメンタリー。

   その瞬間 世界は意味を無くした

やっぱりそう感じると、自分に置き換えて思います。

そして、街を歩く作者が思うんですよね。「一体何故 何故キホが!? 何故あなたではなく・・・ 」
他の人ならいいのか、っていうとそういうわけではないけれど、やっぱり思ってしまうだろうなぁ・・・。

2人には小学4年生のお子さんがいて、今の坊主と同じ歳だっていうのも、より共感できるところであり。

こういう事態にあたって、自分がこうして欲しいというのはあり(葬式いらないとか脳死状態になったらすぐに諦めて欲しいとか)、それは伝えてはあるけど、きちんと形に残しておかないと、その時にそうする事でヨメさんが色々言われてもカワイソウだし、彼女にだってその時にこうして欲しいという希望もあればかなえたいという事を考えると、改めてきちんと話しておかないとだな、って思いました。

この作品の最初に、こうあります。

   この作品の最後にあるのは絶望だ。
   だがその先に希望があることを今の私は知っている。


でもボクは、P254から最後のその「希望」の部分までのところは、自分の事ではないと分かっているけれど、胸が苦しくて。読み終えてもやっぱりキツかった・・・

2回読みましたけど、2回目がよりキたなぁ・・・



というわけで、やっと終了。ふー。


結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '10>の方にUPしておきます。そのうち。

[PR]

by robita00 | 2011-04-21 00:10 | ┗ comic - '10 | Comments(0)

今年も最後にこんなカンジ・・・【ロビタ4号ラボ】①

<comic - '10>

・・・いつも通り、今年も全然発表できなかった作品を、ばたばたとまとめて紹介という形になりました。
なんかサボっちゃうんだよね・・・


 
a0035263_21524527.jpga0035263_2153843.jpg













       『新ブラックジャックによろしく』 #8,9
                  佐藤 秀峰



一昨年は『蟲師』、昨年は『のだめカンタービレ』と、楽しみにしていた作品が終焉を迎えて来ましたが、とうとうこの作品も今年でラストとなっていました。

”新”となる前を合わせて計21巻。いちいち内容が濃いんで、もっといってるかと思ったけど。終わり方は思ったより爽やかでした。

何か最終巻のジャケットというか表紙の絵について色々あったようですねー。でもこれはこれでシンプルでよかった気もします。

全巻通しての評価は ★★★★
途中は★×5の期待もありましたが、まぁそれでもかなりの好評価なのです。手塚先生の『ブラックジャック』をタイトルに持ち込むからには、やはりこれくらいの作品でないとね。なにせ、今のところボクの生涯No.1コミックなもので^^




 
a0035263_18511956.jpga0035263_18514169.jpga0035263_18515860.jpg











        ・ 『アイ アム ア ヒーロー』 #3,4,5
                花沢 健吾


徐々にゾンビ化していく街の人々。ひとまず郊外へ逃げるため電車に乗るがそこでもやはりゾンビは、いる。

   ・・・俺には関係ない。
   何せ俺は脇役だから・・・


ヒーローであることを夢見るくせに、こういうときは脇役であることに徹する。でも気持ちは分かる^^;

理由は分からないけど、やっぱり噛まれるとその人もゾンビ化するようだ。
タクシーなど乗り継ぎ、ひとまず富士の樹海まで逃げてきたところで1人の少女(比呂美)と出会う。

ワンセグで確認した政府の報告は、「多臓器不全及び、反社会性人格障害」。

そして、「空気が薄いし寒いからウイルスに感染しない」という理由で山に登る人たちと共に富士の5合目を目指す。が、そんな折、比呂美が感染した子供に噛み付かれてしまう。

その後、途中出会ったカメラマンの車で5合目まで来た3人。そこで、この現象が起きる前に「来栖」という男がYouTubeで、ある映像を流していたことを知る。そして彼は預言者として祭り上げられていた。

5巻になって、また新たな動きが。そうきましたか・・・あぁ・・・


当ラボの3巻分の評価は、★★☆

「ちょっと思った方向と違ったかな?」ってとこから、また戻ってきました。またどきどきが戻ってきた。




a0035263_0173895.jpga0035263_0175411.jpg














          ・『GIANT KILLING』 #1,2
             作:綱本 将也 画:ツジトモ
 

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ「ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)」の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、大好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」! サッカーを面白くするのは監督だ!

弱小チームのETUのGMの後藤は、以前ETUの中心選手であり、海外からオファーを受けてチームを離れた達海を探しに、イングランドにやってきた。
小さな町のクラブチームの監督をしているということだったが、探し当てた達海はリーグ5部のチームを率い快進撃を続けていた。

会社の先輩に面白いマンガとして教えてもらっていながらなかなか手に取る機会がなく、ようやく読んだのですが、面白そう!

   「起こしてやる ジャイアント・キリング。
    弱いチームが強い奴らをやっつける、
    勝負事においてこんな楽しいこと他にあるかよ」


たしかにそれ以上のことはないかもしれない。
特にホントに弱っちかったレッズをずっと応援してきた身としては、あそこから結果を積み重ねて強くなってきた時代はすごく楽しかったから。今またちょっと結果出てないのですが・・・

とにかく、コレは合格!今後も買っていくと決めました。


当ラボの評価は、★★★




 
a0035263_154722.jpga0035263_15471860.jpg














          『3月のライオン』 #1,2
               羽海野 チカ


東京の下町に1人で暮らす17歳の少年・桐山零。彼は幼い頃に事故で家族を失い、心に深い傷を負ったまま、将棋のプロ棋士として孤独な生活を送っていた。そんな零の前に現れたあかり・ひなた・モモの3姉妹。彼女たちとの交流を深めていくうち、零は失っていたものを少しずつ取り戻していく…。   

読みたい読みたいと思いつつ、なかなか読む機会のないままとなっている『はちみつとクローバー』
それはまた機会を窺うとして、先にコチラがまだ巻数がいってないので読むことにしました。

   桐山零 これが僕の名前
   大きな川沿いの小さな町で これから僕はくらしてゆく
   C級1組 五段 17歳
   職業  プロ棋士   

この方の作品、初めて触れるんですけど、人の画がいいですねー。柔らかくて暖かくて。
また、零クンもすごくいいのですけど、3姉妹がみんなかわいい!それぞれ特徴あっていいなー。みんないいの、コレが。

そして世の男性は、きっとあかりさんのような女性が好きなのだ。分かってるなー、羽海野さん!^^

すごい人気作の後なんで、なかなかにプレッシャーもあるのではないかと勝手に心配してしまうのですけど、今のところ全然問題ないっすねー。逆に『はちクロ』もめちゃくちゃ読みたくなったー。

当ラボの評価は、★★★☆

もっとあげてもいいくらいだけど、ひとまず自分を落ち着かせる意味でも。




a0035263_1884080.jpg


                『HER』
             ヤマシタ トモコ


『このマンガがすごい!2011』での<オンナ編>の第1位作品がコレ。
6つのお話が連作となっているパターンのもので

全く名前を聞いた事のないマンガ家さんだったので、「どんなかなぁ」って思ってたんですが、実は画はちょっと苦手系だった。読んでみると、6つのお話が連作となっているパターンのもので、確かに感じるものはありました。

けど・・・そうか、1位かぁ。女の人(だけじゃないとは思うけど)はこーゆーのが好きなのねー。

で、2位の作品もこの方だった(すげー!)のですが、それも購入していて、そっちの方がボクは好みでした。それは②の方でご紹介しやす。

まずこっちの当ラボの評価は、★★かな?




a0035263_2023911.jpg


               『進撃の巨人』
                 諌山 創


で、先の『このマンガがすごい!2011』での<オトコ編>の第1位作品はこちら。
結構ダントツの票数ということで、かーなーりー期待してまして。ブクオフで1巻だけ発見したので即買ってきました。


巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

不条理。あまりにも不条理に思えるこの設定は、しかし、「天敵」というものが存在しなかったボク達人間にとっては不条理だけど、他の生きとし生けるものは全てこういう状況なんだよな・・・。

会社の先輩にも紹介して貸したんですけど、「すごい面白いんだけど、もうちょっと画力が上がってくれないと武器の感じが分かりづらい」って言ってて、それは確かにそうかも。決して下手な画では無いんですが、細かい描写が必要とされるかも。面白いアイデアがあったりするから尚のこと。

でも、そんなの吹き飛ばしてくれそうなほど、魅力的な世界。これは引き続き追っていこう。

当ラボの評価は、★★★☆

何がこんなに惹きつけるかって、1巻しか持ってないんでどうなってるかわかんないんですけど、この巻の最後の方で、ボクが主人公だと勝手に思ってた奴、死んじゃったくさいんですけど・・・どうなるの!?


っつーわけで、②に続くのです。


[PR]

by robita00 | 2011-01-17 22:10 | ┗ comic - '10 | Comments(0)

【本日の研究】 『アイアムアヒーロー』 #1,2 花沢 健吾

<comic - '10>

本日の研材、

 
a0035263_9191629.jpga0035263_9194140.jpg















        ・ 『アイアムアヒーロー』 #1,2
                  花沢 健吾



先日久々に大型書店に行ったとき、POPに惹かれて即買いしたのが『テルマエ・ロマエ』とこれ、でした。


主人公・鈴木英雄は、元漫画家のさえない青年。デビュー作は即座に打ち切られ、アシスタントをしながら再デビューを目指すが、なしのつぶて。職場の人間関係も上手く行かず、さらに夜になれば何者かが忍び寄る妄想に囚われ、眠れぬ夜を過ごす。そんな無為な日常の中の救いは、恋人である黒川徹子の存在。だがその彼女もすでに売れっ子漫画家になった元カレを何かと引き合いに出し、さらには酔うたびに英雄の不甲斐なさをなじる始末。

その一方、世間では不穏な兆候を示す出来事が相次いで起こっていた。全国に多発する噛み付き事件、町に増えてゆく警官の数、厚労相の入院と入院先での銃撃戦…だが、日々の生活で手一杯の英雄らにそんな報道を気に留める余裕などあるはずもなかった。

そしてある日、そんな日常は思いもよらない形で崩壊を始める。英雄の眼前に繰り広げられるのは、周囲の人々がゾンビのような異形となって襲いかかり、彼らに噛み付かれた者は新たな感染者となり次々と増えて行く、まるで悪夢のような光景であった。恋人や仕事仲間も犠牲となり、街中がパニックに覆われる中、英雄は果たして。

以上、ウィキより抜粋のあらすじでした。

ボクはこのマンガ家さんお初なんですが、なるほどこの作品はコメントにあったように、何が起きているかは分からないが、確実にどでかい何かが起こっているという点では、『ドラゴンヘッド』を想起させるものであり。

全てタイトルなしで、”第1話”とかなんですが、唯一第10話のみ”臨界”というタイトルがついており、確かにここから話が動き出します。

1巻のラストが非常に興味をそそるものですぐに2巻を買ったのですが、うーん、ボクの大好きな方向からは少し違ってきているような気も。まぁ、全てが大好きな方に向かっても面白くは無いのでそれはそれとして、<先が気になってしょうがない感>はかなり強いです。今のところ。


この2巻だけでの当ラボの評価は、★★☆


これからが楽しみな作品。3巻まででてるようなので、そちらもすぐ。


今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '10>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-08-05 23:15 | ┗ comic - '10 | Comments(0)

<comic - '10>



ここでは<comic - '10>の研究を発表しています。
また、みなさんのオススメがありましたら、是非ご一報下さい!

注) これはウチのラボで研究したのが今年ということであり、作品自体の発表が今年のものということではありません。

--------------------------------------------------------------------

 1. ★★★ アイアムアヒーロー #1
 2. ★★☆ アイアムアヒーロー #2


[PR]

by robita00 | 2010-01-01 04:56 | ┗ comic - '10 | Comments(0)