「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:┗ cinema - '10( 4 )

【本日の研究】 『サマーウォーズ』

<cinema - '10>

本日の研材、

a0035263_21452843.jpg

         ・ 『サマーウォーズ』

              '09 日、監督:細田 守




主人公はちょっと弱気で人付き合いも苦手な、17才の理系少年。
高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。
栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。
栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。
そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…
翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!


ちょっとあらすじが長すぎて焦点がブレちゃいそうですが、<長野の片田舎にある旧家で繰り広げられるハイテク対決>っという構図で、とても魅力的に感じました。そのギャップがいい。

主人公の健二は、冴えないカンジなんですが実は数学に関しては天才的。夏希のフィアンセのフリをしていて眠れなくなった健二は、携帯に送られてきた数学の問題を暇つぶしに解いたつもりだったが、翌日のニュースでその世界を支配している仮想世界OZのセキュリティ暗号を解読してしまったことに驚かされる。そればかりか、何者かが健二のアバターを乗っ取りOZの世界を混乱に導こうとしているではないか。
途方にくれる健二だったが、夏希の家にいる甥っ子の佳主馬はOZの世界では有名人で、格闘ネット世界のチャンピオンであり、その敵と戦うことに。

こう書くとちょっとマニアックな作品に思えるかもしれませんが、全体を通した流れはボクの好きな「ベタ」と言っていいものだと思いますので、そういった点で手に取るのを躊躇っているだけの方にはお勧めしたい作品であるといっていいです。


というわけで、ウチの評価は★★★
高評価です、はい。

今年は、ついこの間終わってしまった『四畳半神話大系』も含め、アニメが良いです。あれもDVD絶対買うぞー。

今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<cinema - '10>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-07-10 22:30 | ┗ cinema - '10 | Comments(0)

【本日の研究】 『ウェールズの山』

<cinema - '10>

本日の研材、

a0035263_18564269.jpg

        ・ 『ウェールズの山』

       '95 英、監督:クリストファー・マンガー



・・・いかん。
ほぼ何も研究発表しないままに半年が過ぎようとしている
・・・と書いてから更に2ヶ月が経過している!
ダッシュでやっていきます、はい。



1917年、ウェールズ地方の小さな村のフェノン・ガルウ山を測量するためにやってきたアンソン(ヒュー・グラント)とジョージ。しかしその山が地図に載るには6メートル足りないことがわかり、慌てた村人たちは足りない分の土を山に盛り、その間アンソンたちを村に引き留めるために、美女ベティ(タラ・フィッツジェラルド)を差し向ける…。


フュノン・ガルウは、侵略者から村を守ってきた≪山≫であり、村人の≪誇り≫。だが測量の結果、フュノン・ガルウは標高299メートル、“丘"に過ぎないことが分かり、村は騒然となった。“山"と認められるには、305メートルの標高が必要なのだ。彼らはこっそり話し合った結果、一致団結“丘"を“山"にする作戦を決行することに。

うん、以前映画の予告編で見たときに「面白そう」って思ったのも無理はない。今あらすじ見ても悪く無さそうだもんなー。

でも・・・観たらそうでもなかったw


残念ながら、ウチの評価は星なし

ヒュー・グラント、ってとこで、ウチ向きじゃないことはわかっていたような気もするが・・・まぁ、CSでやってたんで一応録っておいたってだけなので、しょうがないっすね、はい。

よし、どんどんいこう。
[PR]

by robita00 | 2010-07-10 18:54 | ┗ cinema - '10 | Comments(0)

【本日の研究】 『しんぼる』

<cinema - '10>

本日の研材、

a0035263_2135397.jpg

              ・ 『しんぼる』

              '09 日、監督:松本 人志



・・・いかん。
ほぼ何も研究発表しないままに半年が過ぎようとしている。
研究してないわけではないのですが、やっと【三国志】呪縛や【動物の森】呪縛から解き放たれたというのに、とうとうウイニングイレブン2010を買ってしまって、ほかに手がつかなくなってしまって・・・
しかも、これがいつも以上に全く自分にフィットせず、今買って2週間くらいが経過しましたが、オンラインで40,500人くらいいる中で40,000位となっております・・・うぅ。

まぁそれは置いといて。

研究発表を少しずつやっていきます、はい。



で、まずはコレ、松ちゃんの監督第2作となったこの作品を。



メキシコのとある町。家族と幸せに暮らすプロレスラー、エルカルゴマンはいつもと変わらぬ朝を迎えていた。
しかしその日、妻は夫であるエスカルゴマンがいつもとは少し様子が違うことを感じていた。
それは今日の対戦相手がひと回りも年が若く、過激で有名なテキーラ・ジョーだということだけではなく“何かが起こりそう”な妙な胸騒ぎを感じていたからだった。一方、奇妙な水玉のパジャマを着た男は目を覚ますと四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められていた。ここが何処なのか?なぜ男はその部屋に閉じ込められたのか?誰の仕業か?途方に暮れる男は、何とかその部屋から出ようと試みるが出口が見当たらない。壁に近づいて触れてみると、男の視線の先に“何か”が現れた…。


前作の『大日本人』では外国人にみせることなど考えていなかったのにいきなりカンヌの非公式部門で上映されたということもあってか、今回は海外も視野に入れて作ったそうで。台詞を入れると翻訳する時にどうしても意図とのズレが生じてしまうからということで、無声劇にしたかったとのこと。

まぁその辺は意図が当たってるとは思うのですが・・・
自分の中では、『大日本人』や、三谷幸喜さんの『有頂天ホテル』の時もそうでしたが、やっぱり人を笑わせるってむずかしいなぁ、って思いました。

今、TOKYO MXでたまーに『Mr.ビーン』をやっているのですが、息子がハマってまして、大笑いしてます。少し前にやっていた『ドリフ』もかなり気に入ってよく見ていまして、やっぱりそういうの見るとすごいなぁ、って思います。
あれくらい肩の力を抜いて・・・ってわけにはいかないのかな、多額のお金もかかっていると色々考えすぎてしまうのかもしれないし。

というわけで、ウチの評価は星なし
まぁ、駄作とかではなく、ボクが理解できなかっただけのことですねー。


だからといって、ボクの中での松ちゃんの評価が下がるわけではないですけどね。
それにウチの子は楽しんでいたようですし、ボクも1箇所だけ笑いました^^



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2010-05-17 22:07 | ┗ cinema - '10 | Comments(0)

<cinema - '10>



ここでは<cinema - '10>の研究を発表しています。
また、みなさんのオススメがありましたら、是非ご一報下さい!

注) これはウチのラボで研究したのが今年ということであり、作品自体の発表が今年のものということではありません。

--------------------------------------------------------------------


 1. ★★★  サマーウォーズ (7/10)



[PR]

by robita00 | 2010-01-01 03:00 | ┗ cinema - '10 | Comments(0)