カテゴリ:┗ cinema - '08( 7 )

【本日の研究】 『ジョゼと虎と魚たち』

<cinema - '08>

本日の研材、

a0035263_16182753.jpg

           ・ 『ジョゼと虎と魚たち』

                '03 日、監督:犬童一心



今回も調査の結果、人気の高い作品をということで選びました。
今の調査方法で選ばれた中では、最初の邦画作品となりました。人気あるんだなぁ。


大学生の恒夫(妻夫木聡)がバイトをするマージャン店では、近頃、乳母車を押す婆さんのことがしきりに話題に登っていた。客たちは皆いろいろな想像を張り巡らす。“婆さんは実は運び屋で、乳母車の中身は大金…もしくは麻薬?”、と…。そんなある日、恒夫は坂道を暴走する乳母車に遭遇する。そう、あの婆さんの乳母車だ。皆がささやくウワサが頭をよぎる。恒夫が中を覗き込むと…そこに”居た”のは包丁を握りしめ、驚き、目を見開いた少女(池脇千鶴)だった。婆さんは、歩けない孫娘を「こわれもの」として世間から隠そうとし、散歩に乳母車を使っていたのだ。“ジョゼ”と名のるその少女に、恒夫は心を惹かれていく…。


片やどこにでもいそうな大学生。
片や足が不自由で祖母から「この子は壊れもん」と言われ隠され続ける少女。
その2人の儚い恋の物語、です。端的に言えば。
あの楽しい幸せな日々なんか無ければ、こんなにも苦しい思いはしないで済んだのに・・・。って、まぁ恋愛っておおよそそういったものですけどねー。

あーゆー終わり方にしてあるのにこれだけ人気が高いっていうのも「へぇ~」ってカンジで、意外でした。そんなに納得いくラストでもなかったもので。ボクは決してハッピーエンド至上主義ではなく、どちらかと言えば「そんな都合良くいくかっ!」って思っちゃう方なんですけどね・・・。
とはいえ、この物語も決して悲しいだけのラストではありませんが。

主人公のジョゼが好んで読んでいたフランソワーズ・サガンの『一年ののち』。観終わって最初に思ったのは、それがあまりにも象徴的なタイトルだったなぁ、と。
ちなみに”ジョゼ”というのは、そのサガンの作品の登場人物の名が由来となってます。

田辺聖子さんの同名短編小説を基に作られたこの作品、原作を読んでいないので何とも言えないのですが、それでもこれだけ人気が高いのはその世界観をきちんと映像化出来ているって事なんでしょうね~。
「あなたの青春の味です」とは、原作の田辺さんがこの映画に寄せた言葉で、確かにこの苦みばしったこの味は、あの頃のそれかも。

監督の犬童さんは、今ウチの研材候補に挙がっている『メゾン・ド・ヒミコ』のメガホンもとっている方のようで。ちょっと『メゾン~』を観る日が楽しみになってきたぞ、うん。
「映像もキレイだなぁ」って思ってたら、イメージフォトを担当していたのは、あの佐内さん!さもありなん。音楽もくるりが担当してるしね~。

DVDの特典で、監督とツマブキ君と池脇さんが本編にコメントをしていくものがあり、そこでそのくるりの『ハイウェイ』をツマブキ君が大絶賛してました。確かにいい曲。映画に合ってる。

でも、この映画は何と言っても池脇千鶴さんなのです!ホントかわいい方なのですが、この作品ではその役柄の雰囲気というか空気というか、それがもう抜群でした。正直、それに尽きる。
だからこそ、あんな脱ぐシーンなんか別に必要なかったような・・・要るのかな?リアルさを出す為には。でも、やっぱ要らん。

余談ですが、この物語はその舞台設定を大阪府寝屋川としているらしいのですが、実はジョゼの住む家として撮影されているのは埼玉県の戸田市、要するに当ラボのあるココがロケ地なのでした。
ちょっとここからは距離があるようですが。今度、行ってみよっと。


で、恒例の当ラボ評価ですが、うん、 ★★☆

って、ホントこれ以外の評価、無いんかいっ!!

今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-10-07 00:08 | ┗ cinema - '08 | Comments(0)

【本日の研究】 『着信アリ』

<cinema - '08>

本日の研材、

a0035263_1812133.jpg

                 ・ 『着信アリ』

                '04 日、監督:三池崇史



息子が夏休みも終わり小学校へと行くようになり、また映画を家で見る環境が整いました。

今回は、今までの調査はひとまずおいといて、「何か怖い映画が見たいなぁ」ということで、『呪怨』を候補にしていたのですが、残念ながら近くのTSUTAYAに無かった為、こちらを。



合コンの席で、陽子の携帯電話が耳慣れない着信音で鳴り響いた。『着信アリ』のメッセージを確認する陽子は、画面を覗き込んでその顔色を変える。―着信時刻は3日後、発信番号は陽子自身の携帯番号で、陽子本人のものと思われる悲鳴のようなメッセージが残されていたのだ。不可思議な出来事はそれだけに留まらず、3日後、同時刻に、陽子は謎の死を遂げた。メッセージと同じ悲鳴とともに、橋から落ちて死んでしまったのだ。…さらに数日後、陽子と同じ合コンの席にいたケンジも、陽子と同じように謎の死を迎えた。メッセージに残された悲鳴と、同じ悲鳴を上げながら…。


原作はあの秋元康氏なんですね~。そんなことすら知らず。

で、内容は・・・ちょっと期待していたものと違ってましたかね?そーゆーものを求めていたわけではないんだけどなー、って。

結果としては・・・正直、メチャクチャ怖がりのボクが怖がれ無かったのだからホラーとしてはイマイチでしょう。
物語としては・・・それもどうかなぁ。「堤真一さんはやっぱいいなぁ」っていう印象くらいしか残らなかったような。たった今見たのに、そんな感想しか・・・。

というわけで、ウチでは 評価なし でした。残念。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-09-03 18:35 | ┗ cinema - '08 | Comments(0)

【本日の研究】 『スパニッシュ・アパートメント』

<cinema - '08>

本日の研材、

a0035263_1156141.jpg

       ・ 『スパニッシュ・アパートメント』

            '03 仏、監督:セドリック・クラピッシュ



今回も、常にリサーチ上位に位置するものの中から選出。
というわけで、この作品を。


パリで暮らすグザヴィエは、卒業を来年に控えた大学生。彼の悩みは目下、就職。かつては作家に憧れていた彼だったが、現実はそうも行かなく、父親のコネを使ってお役所の面接を受けてみることに。そこでスペインへの留学を勧められたグザヴィエは、バルセロナへの1年間の留学を決意する。期待と不安、恋人マルティーヌとのしばしの別れ――。様々な思いを胸にバルセロナへ降り立ったグザヴィエは、国籍も性別もバラバラの6人の学生が暮らすアパートでの同居生活を始める。そして、様々な文化が奇妙に調和するこの混沌としたアパートで、グザヴィエは初めて本当の人生に向け"離陸"する――。


就職前の一年間、欧州交換留学プログラム”エラスムス計画”でスペインへと渡るグザヴィエ。
様々な国から来た5人の若者たちが家賃を浮かす為ルームシェアをしているアパートの居住者面接に合格し、<スパニッシュ・アパートメント>の一員に。
そしてその”理想の部屋”では、皆それぞれの国民性があるものの、同じように恋愛や友情、喧嘩と挫折を重ねて成長していく・・・。

本作の原題は、直訳するとまんま「スペインの宿」ですが、フランス語のスラングでは“ごちゃまぜ”という意味も持つようで、うまい具合にダブルミーニングになってますね。

フランスの新世代スターがキャスティングされていると言う事で、中でも本作撮影後に『アメリ』で大ブレイクしたオドレイ・トトゥが代表でしょうか。
出演自体は案外控えめですが(役柄としては重要だけど)。


何にしても、悪くは無かったです。いや、好みの作品ではあります。
★★☆かな、ウチでは。
って、この評価ばっかりだな・・・。


今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-07-12 03:32 | ┗ cinema - '08 | Comments(0)

【本日の研究】 『バティニョールおじさん』

<cinema - '08>

本日の研材、

a0035263_9555178.jpg

           ・ 『バティニョールおじさん』

              '02 仏、監督:ジェラール・ジュニョー



今回は、今リサーチしている結果とは別の作品を。助手がTSUTAYAで見つけてきました。


ドイツ軍はフランス国民に対しユダヤ人の一斉検挙の協力を要求する。ユダヤ人たちが次々とスイスへ逃亡する中、ユダヤ人外科医であるバーンスタイン一家は隣人バティニョールの娘婿であるナチス・ドイツ支持者ピエール=ジャンの密告によって検挙され、バティニョールは図らずして摘発に協力してしまうことになる。ドイツ軍のスプライヒ大佐に対する協力がもとでピエール=ジャンはドイツ占領軍の公式な委員としてバティニョールを任命し、軍に没収されたバーンスタイン家の大きなアパートもバティニョール家に譲られることになった。

ある晩、ドイツ軍後援者のためのレセプションを催すことになったバティニョールが客人を出迎えに玄関のドアを開けてみると、そこにはバーンスタイン家の息子である12歳のシモンが立っていた。シモンはうまく逃げ出し、家族と合流するつもりで、このアパートに戻ったのであった。トラブルを避けるために、バティニョールはシモンをかくまうことにした。しかし家族に内緒にするのが日増しに困難となってきたため、密輸業者の男に近づき、バーンスタイン家から没収されたルノワールの絵画と引き換えに、シモンをスイスへ逃がす手はずを取ろうとするが・・・


自分の意図した事と異なり、隣人を密告する形になってしまい、自責の念にかられるバティニョールおじさんは、その隣人の息子がドアの前に立つ姿を見て、うろたえてしまうんですよね~。
それも娘の婚約者の働きかけで、元の家より広くて高級なその隣人の家に住む事になっていたから尚更。

奥さんに怒られてばかりだけど、娘の婚約者と違い実直であり、また元々ナチスを快く思っていないバティニョールおじさんは、困らされながらもその子を助けようと奔走する。

いいお話でした。
★★☆。好評価。


それにしても、ボクも助手も、「ぼくの~」とか「~おじさん」とかそういうタイトルに無条件に弱い。
ひらがなに弱いのかな?勝手にほのぼのいい話であることを期待してしまう。

ちなみに、隣人の息子シモンを演じているのは、当ラボ<cinema - '06>で1位だった”ぼくセザール 10歳半 1m39cm”の主役を演じた、ジュール・シトリュック君でした。
何か見たことあると思ったんだよな~。まだ”バティニョールおじさん”の頃は痩せてましたね。


今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-06-15 01:08 | ┗ cinema - '08 | Comments(0)

【本日の研究】 『リトル・ダンサー』

<cinema - '08>

本日の研材、

a0035263_19255133.jpg

              ・ 『リトル・ダンサー』

            '00 英、監督:スティーヴン・ダルドリー



現在、リサーチはまだ全体の1/10も済んでいないと思われますが、今年の2作品目はその現時点で先の『CUBE』を抜き、『スパニッシュ・アパートメント』と同点No.1のこの作品。


1984年のイングランド北東部の炭鉱町。母親を亡くしたばかりの11歳の少年ビリーは、炭鉱労働者の父の命令でボクシングを習っていたが、その練習場の隣でバレエ教室が開かれたことから、たちまちクラシックバレエに魅せられてしまう。
が、当然父親は猛反対。しかし、少年の姿に心を動かされ、徐々に家族も応援し始める。


最初のシーンを含め、前半はT.REXの曲で構成されています。やっぱいいなぁ、マーク・ボラン。途中から労働者のテーマ的扱いでクラッシュなんかの曲も入ったりして。音楽好きも楽しめる構成。

途中、彼がダンスをしたいのにさせてもらえない鬱屈とした思いを爆発させて踊るシーンがあるんですが、ここのシーンが好きだなぁ。ジャムの"Town Called Malice"にのせて町中を踊りまくるんですが。

あと泣いたのは、頭の固い頑固な父さんが、息子の為に自分の意地とプライドを捨てようとするシーン。同じ父として・・・ジーンときます。

あとは、オーディションでロンドンに向かうバスでの父子の会話で、息子がそのロンドンについて尋ねた後の一言、

   「ダーラムしか知らん」

炭鉱町に生まれ育った父親の朴訥なカンジが恥ずかしさと誇りがないまぜになった感情が伝わります。

主人公を演ずるジェイミー・ベル、なかなか良いです。本人自身もクラスメートにからかわれながらバレエをやっていたんですねー。
本作のオーディションの条件である、「ダンスが得意で、完璧な北東部のアクセントを持つ少年」を完璧にクリアし、2000人余りの中から選ばれた、との事です。

全体の結果としては良かったです、うん。
★★☆としましょう、ウチでは。


今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-05-28 19:36 | ┗ cinema - '08 | Comments(0)

【本日の研究】 『CUBE』

<cinema - '08>

本日の研材、
a0035263_139271.jpg

                   ・ 『CUBE』

            '97カナダ、監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ



やっと今年の1本目。
ミクシィの「ミニシアター系映画」のコミュニティでリサーチした人気の高い作品を観ていく、という作戦で、ここのラボは進んでいきます。

その記念すべき1作目は、去年のリサーチ時点ではNo.1だったこの作品を!

ある日突然、密室に閉じこめられた6人の男女。それは正方形の巨大な立方体だった。いったい何のために作られたものなのか、なぜ自分たちが閉じこめられたのかは誰も知らない。脱出方法は6つあるハッチのいずれかを選び、同じ立方体でつながっている隣に移動しながら出口を探す以外ないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた。そんな中、やがて彼らは安全な部屋を示す“暗号”に気づくが・・・。

「ワンセット物で役者が7人しか登場しないという低予算で製作された作品」らしいのですが、だからこそというか、アイデア勝負に見事勝利している、そんな作品です。

極限状態における登場人物の深層心理。これが映画の肝でしょう。
これについては以前観た、" es[エス] " や " SAW ソウ " も同様。

で、結果は・・・
面白くはあったんですが、ちょっと期待が高すぎたか。
同系統でいえば上記2作品の方が好みでした。が、これら作品の先駆けとなった作品なので、他がこれに倣ったとも言えるんでしょうけどね~。

今回で明らかにされなかった部分があり、続編で明らかになるのか気になってしまいまして。
監督も違うようだし、だとするとボクの中ではもう同じお話ではないんですよね。なのでこの続編はもう観ないつもりであらすじを見てしまったんですが・・・実は案外面白そう。
う~ん、機会があればやっぱり観るかも。

何にしても、やっぱりいいカンジでした。今後もこの作戦で行きます。


今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-05-09 22:19 | ┗ cinema - '08 | Comments(2)

<cinema - '08>

ここでは<cinema - '08>の研究を発表しています。
また、みなさんのオススメがありましたら、是非ご一報下さい!

注) これはウチのラボで研究したのが今年ということであり、作品自体の発表が今年のものということではありません。

--------------------------------------------------------------------


 1. ★★☆ リトル・ダンサー
 2. ★★☆ ジョゼと虎と魚たち (10/7)
 2. ★★☆ バティニョールおじさん
 3. ★★☆ CUBE
 4. ★★☆ スパニッシュ・アパートメント
[PR]

by robita00 | 2008-01-08 03:00 | ┗ cinema - '08 | Comments(0)