カテゴリ:┗ song - '07( 12 )

'07 song : PART8

<music>


予告どおり、しばらくは去年の未発表モノの棚卸を。
まずは、去年久しぶりに聴きまくった、ロビタ1号から。


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。



a0035263_17262453.jpg・ 東京事変
    "閃光少女"【曲紹介】 ★★★★★





いやはや、天才ですな、林檎女史。
CMで耳にした時に一発で「おぉっ!!!」とこさせる、その即効性が素晴らしいです。

   今日現在(いま)を最高値で通過していこうよ
   明日まで電池を残す考えなんてないの
     
      *   *   *   *   *

   またとないいのちを 使い切っていくから


事変は今がいい一番カンジに思えるなぁ。



a0035263_1743552.jpg・ Arakawa Rap Brothers
    "GAMAN everybody"【曲紹介】  ★★☆





これ、いただきものです。
アーチスト名みて気になってただけだったんですが、聴いてみたら思いの外いい曲だったりして。
歌詞もなかなかイタイとこついてます。

いやぁ、結構聴いたなぁ、コレ。



a0035263_20423186.jpg・ 銀杏BOYZ
    "BABY BABY"【曲紹介】  ★★☆
    "援助交際"【曲紹介】  ★★☆




当ラボの去年の収穫最高峰は、RADWIMPSとこの銀杏BOYZ。
聴いた数では間違いなくこっち。
"あいどんわなだい"も含めたこの3曲を何度聴いた事か。聴かず嫌いだったんですが、もったいなかったなぁ。



a0035263_19594037.jpg・ Asian Kung-fu Generation
    "或る街の群青"【曲紹介】  ★★☆





アジカン、久しぶりなカンジでしたが、なかなか良いですね、やっぱり。
って、一昨年の作品なんだなぁ。映画『鉄コン筋クリート』主題歌とのこと。ふ~ん、そっか。あんまし世界観がカブってるようにも思えないけど。



a0035263_21184222.jpg・ BUMP OF CHICKEN
    "花の名"【曲紹介】  ★★★
    "真っ赤な空を見ただろうか"【曲紹介】  ★★★
    "夢の飼い主"【曲紹介】  ★★☆
    "涙のふるさと "【曲紹介】  ★★☆
    "かさぶたぶたぶ"【曲紹介】  ★★★

『花の名』。これ聴いて、「あぁ、バンプってあの頃からこんなに大っきくなっちゃったんだなぁ」って感慨深く思いました。あの頃のバンプが大好きだけど、今のこのカンジもいいね~。

で、他の3曲がまたいい!

   ふたりがひとつだったなら 出会う日など来なかっただろう
      (真っ赤な空を見ただろうか)

   「この手で 汚していたの? 閉じ込めていたの?」 (夢の飼い主)  

   会いに来たよ 会いに来たよ 君に会いに来たんだよ
   君の心の内側から 外側の世界まで
   僕を知って欲しくて 来たんだよ             (涙のふるさと)  

どれもメロがいいなぁ。フジワラ君、さすがです。
あぁ、新しいアルバムも買いたいけどなぁ・・・

んで、『かさぶたぶたぶ』!こりゃ、名曲!『ダンデライオン』級です、僕の中では。
歌詞がホント最高で、全部はここに書ききれんので興味の或る方はこちらを。



a0035263_912294.jpg・ RADWIMPS
    "25コ目の染色体"【曲紹介】  ★★★★
    "最大公約数"【曲紹介】  ★★★




去年の収穫、2強のもう1つがRADWIMPS。こっちのバンドはアルバムの方でも触れましたけどね、素晴らしいです。

”25コ目~”はメジャーデビュー曲なんですね~。確かに1stでコレはすごい。

   いつか生まれる二人の命 その時がきたらどうか君に
   そっくりなベイビーであってほしい 無理承知で100%君の遺伝子
   伝わりますように 俺にはこれっぽっちも似ていませんように
   寝る前に毎晩 手を合わせるんだ
     
   そんなこと言うと いつも君は僕に似てほしいなんていうの
   そんなのは絶対いやだよ 強いていうなら俺のこの
   ハッピー運とラッキー運だけは一つずつ
   染色体にのせてあげてほしいな

まったく同じ想いで。特にラスト2行。

かたや、20年振りくらいに耳にして、「あぁ、そんな言葉あったなぁ」って思い出させてくれた、”最大公約数”。

   僕の二歩は君の三歩 僕の四歩は君の六歩
   そんな風に これからも 歩いていければいいと思うんだ
   
   君が想うこと それは同時に僕が想うこと
   そんな奇跡は必要ないよ タダであげるって言われても

      *   *   *   *   *

   何を与えるでもなく 無理に寄りそうわけでもなく
   つまりは探しにいこう 二人の最大公約数を
   
      *   *   *   *   *

   僕は僕で君は君 その間には無限に
   あるはずだよ 二人の公約数

以前ウチでも研材として取り上げたアルバム『RADWIMPS 4 ~おかずのごはん~』の時も書きましたが、野田君ってバンプのフジワラ君と僕の中ではカブる部分が多く。別に歌詞もメロもそんなに似てるわけじゃないんだけど、なんだか同類のイメージ。その「青さ」がボクにはたまらない。



a0035263_10193454.jpg・ dustbox
    "Smile like a child"【曲紹介】  ★★★★★
    "Try My Luck"【曲紹介】  ★★☆
    "Sun which never sets"【曲紹介】  ★★☆



ラストはこちらのバンド、dustbox。
全然知らなかったんですけど、いいメロ書くバンドですねー。かなりヤられました。
いつもだいたい曲聴くと出来もしないギターを弾きたくなるんですけど、彼らの曲聴いてるとドラム叩きたくなる、そんなボクの中では珍しいバンドです。

”SMILE~”はホント良く聴いた。

それにしても、ジャケが、ね。ちょっとボク的にはイマイチ・・・


というわけでやっと終った・・・・去年分が。
まぁでも久しぶりにいっぱいいっぱい聴いた年でした。そして、その分いい曲にもいっぱい出会えてホントよかった。
ナプにも感謝だな。この金欠の今、ナップスターが出会いを広げてくれた事は確かだし。
来年、っていうか今年もいい曲をいっぱい聴くぞー!


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2008-02-20 20:14 | ┗ song - '07 | Comments(6)

'07 song : PART7

<music>


仕事の忙しさ → 体調を崩す → 沖縄旅行に行く → 休んだおかげで仕事が忙しくなる → また体調を崩す・・・

そんなこんなでしばらく更新できませんでしたが、なんとか生きてます。

んで、間にある沖縄旅行は2泊3日で行って雨の降らない日は無かったという、トホホな旅行だったわけですが、それでも2日目は雨の合間に海に行き、最終日はさっと降った後は快晴!というわけで、数時間とは思われないほどこんがり焼けて帰ってきました。息子も海とホテルと飛行機とモノレール(沖縄、東京)、この4点セットで大喜びで、まぁよかった、よかった。

で、とうちゃんはというと、旅行の数日前から旅のお供となる音楽を探していたんですが、ナプはやっぱりまだまだ邦楽の揃えが・・・

と思っていたのですが、先日の銀杏BOYZのPV拾ってきた時に思ったのは、「あぁ、YouTubeにはPVもいっぱいあるんだなぁ」。
そこではたと気がついた。

「PVの音源を携帯(やPC)に取り込めばいいんじゃん!!」

有名どころの曲は大概がPVになっており、それはまたYouTubeにUPされてることが多い!その音源を携帯に取り込んでいけばいいのでした。別に人に渡すわけではないから、音質はこの際、度外視するとして。

なわけで、数日間は持っていく曲の選別をして。ナプには無かった、聴きたかったアーティストの曲を聴き倒しました。最初からこうすれば良かったんだな・・・
初めて聴いて、「あぁ自分向きじゃなかったな」とか「こんなに好き系だったか!」とか色々分かっていい機会でした。今後もコレは推し進めて行こう。ラボの新たな研材の調達手段として。

ということで、今回当ラボの合格ラインを突破し、沖縄に連れて行った曲たちの紹介を。


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。



a0035263_23514346.jpg・ 銀杏BOYZ
    "あいどんわなだい"【PV】 ★★★★





前回の記事でも書きましたが、名前は当然知りつつも音はといえばゴイステ時代のを断片的に聴いた事があるかな?くらいのもんで。

初めてきちんと聴きました。賛否あるようですがボクはかーなーりー気に入っていて、大嫌いでもう5年くらい行っていないカラオケにもこの曲引っさげて行ってやろうかぃ、ってなくらいの気持ちにさせてもらいました。ここ1ヶ月くらいでは、プレイ回数No.1です。

   ♪あいどんわなだ~い
     愛はどんなんだ~い


うん、よいよい。



a0035263_10564792.jpg・ Mr.Children
    "箒星"【PV】 ★★★★





ミスチルも好きなんですけど、わざわざ手に取るような機会にはなかなかならず。
でも、この曲は耳にした時から好きだっていう気持ちがあって、いつか必ずと思っていましたが、ナプには無いし・・・が、何のことはないYouTube作戦でよかったのだ。ここのとこのミスチルの作品は多分ほぼ全部チェックできました。でも、この曲くらいだったかな?好きなのは。

そして、この曲はとにかくそのPVがボクの好みどんぴしゃで。大好き。
それに「さえない人間でも・・・」っていうテーマは、まさにボクのようなイケてない人間からしたら夢みちゃうよなぁ。ズルイ作品だ。
メガネの男の人も女の人もまたいいんだよなぁ。1年もかけてるのに何故自分には似合わんのだろう?



a0035263_11103287.jpg・ マキシマム ザ ホルモン
    "ロッキンポ殺し"【PV】 ★☆
    "恋のメガラバ"【PV】 ★★
    "ぶっ生き返す!!"【PV】 ★★☆



これまた聴いてみたいとずっと切望していたバンドで。
どう考えても自分のど真ん中ではないと思うんだけど、でもどうしても聴いてみたかった。そして、心配に及ばず全然聴けた。
携帯に入れていった中では、しかし異質であった為、いいアクセントになった。開放的な沖縄で気持ちよく聴けました。



a0035263_1132408.jpg・ ミドリカワ書房
    "顔2005"【PV】 ★★





スネオヘアーの時も思ったんですが、これまた聴きたかったミドリカワ書房、その”リンゴガール”を聴いた時、「・・・普通じゃん」って思っちゃいました。もっとヒネクレてるかと勝手に思っていたんですねー。まぁ普通にいい曲、かなって。

でも、”顔2005”はなんか引っかかった。これは結構好きかも。
機会があれば、他の曲にも進もうかな?と思えるカンジでした、はい。



a0035263_12305550.jpg・ MONOBRIGHT
    "頭の中のSOS"【PV】 ★★★





札幌出身4人組のMONOBRIGHT。全員メガネに白ポロシャツという、「魅惑の文系バンド」。その出で立ち、非常にボク好みですw
でも、そんなキャラ設定に負けずに、音、メロ、ノリ、全て好みでした!おぉ、いいぞいいぞ!期待以上にキてる。そしてまた声がね、好みであります。

他の曲も聴きたいけど・・・見当たらん。もっと探さなきゃなぁ。



a0035263_126921.jpg・ 真心ブラザーズ
    "拝啓、ジョン・レノン"【PV】 ★★





コレもお初。こんな有名な曲を。

   ジョンレノン あのダサいオジサン
   ジョンレノン バカな平和主義者
   ジョンレノン 現実見てない人
   ジョンレノン あの夢想家だ

コレ聴いて、初めてマニックスのデビュー曲聴いた時を思い出しました。

   ジョン・レノンが死んだ時は笑っちまった
   21年間生きてきた俺にとって何の意味も無かったから

"Motown Junk"でそう嘯いてみせたリッチーでしたが、それが本当にしろ、嘘にしろ、一発かましてやろうってだけにしろ、それだけの影響力があったことを認めてしまっている曲。

そこを攻撃して注目を集めようとしたのとまた違って、同じように過激な歌詞でもジョン・レノンを敬愛していることが伝わってくる曲。
何にしても、マニックスも真心も多大な影響を受けてるという点で、やっぱとんでもない人ですねー、ジョン。



a0035263_12435599.jpg・ スピッツ
    "ルキンフォー"【PV】 ★★★☆
    "魔法のことば"【PV】 ★★☆




”魔法のコトバ”、”ルキンフォー”。マサムネ君は<王道>に走り始めてる・・・、かな?
でもボクはその路線が好きなので、「いいぞ、いいぞ」ってなもんで。
これだけ売れてて、あえて王道に行くってのはなかなかね、難しい気がするんですが、そこで文句付けようのない楽曲をひねり出してくる辺りが天才ですなぁ。



a0035263_12481255.jpg・ メレンゲ
    "カメレオン"【PV】 ★★★☆





メレンゲ。クボケンジ君はホント、ボクの好きな曲を書いてくれる。

  ねえ カメレオン 教えてくれよ 誰かが作った僕のモンスターに
  追われてるんだ すぐそこにいるんだ 七色の服を僕にもわけてください 
   
  おれは今日カメレオン 誰かと同じでいい ずいぶん前から望んでたんだろう

  そこらじゅうにあふれている人になって あぁ 化け物はもう見事にいなくなった

             *           *          *

  なぁ カメレオン もう怖くない お前ですら俺に気づかなくなった
  そういえばずいぶん本当の僕に戻って無かったことに気がついた
  あれ カメレオン どうするんだっけ もとの姿をもう忘れてしまった
  戻りたいんだ 戻れなくなった 七色の服なんかもういらないから

う~ん、歌詞まで好みだ。メレンゲはずっと追っていく。



a0035263_13133254.jpg・ UINONA
    "once in a moment"【PV】 ★★★





そのメレンゲのレーベルメイトのUINONA。今は違うかな?
UINONAのソングライター、吉田剛クンがこれまたボクのツボをビシビシと、これでもかと、押してくるんですよね~。彼の書く曲、声、音、そして矢部ちゃんの声、感情を排した歌い方。全てが完璧!だと思うんだけど、売れてる気配がないのがすごいよなぁ。何でだろ???

色々と音源は持ってるけど、この曲は未聴で。そして、これがまたいい曲だったり。吉田クン、君はボクが作り上げた幻じゃあなかろうか?なんて。
でも、少なくとも聴いてきた音楽はかなり近いんじゃあないかと思う。それは確実に。



a0035263_13191424.jpg・ Ken Yokoyama
    "Believer"【PV】 ★★
    "Running On the Winding Road"【PV】 ★★☆



ハイスタも聴いた事のないボクには、「横山健がいい!」と聞いていても、音楽はともかくどんな音を鳴らすのかはなかなか想像できず。
でも今回初めて聴いた横山健、「こんなカンジなのかなぁ・・・」っていう通りの音を鳴らしてました。

先日買った雑誌の表紙になっていたんですが、いやぁカッコイイっすね~。男らしさと優しそうなカンジと。次はハイスタの音を聴かなければ。



a0035263_17492664.jpg・ 東京事変
    "キラーチューン"【PV】 ★★★☆
    "透明人間"【PV】 ★★★★




東京事変も”群青日和”以来、「好きなのに聴いていない」っていう状態が続いていたけど、今回ので2曲聴いたら、2曲ともイイもんなぁ。やっぱ、すげー。この人、やっぱ大好き。
たとえ他の人が曲を書いていようとも、この人の世界は変わらない。一発でこの人の世界になっちゃう。この人も天才っすね~。



a0035263_18036.jpg・ 田辺マモル
    "プレイボーイのうた"【PV】 ★★★
    "ラブストーリー"【PV】 ★★★☆




最後は今回の中で<発見>としては一番といっていい、このSSWを。
以前から<欲しいCD帖>にエントリーしてはいた。しかし想像よりずっと好きでした。

”クヨクヨ系”なる彼の楽曲は、しかしボクを捕らえました。もう10年選手なんですねー。いや、それどころか16年か。
ということは、これからいっぱい聴けるんだなぁ。アルバムも何枚も出しているし。楽しみ!



って、こうやって一回の記事に何でも詰め込みたくなるから、更新頻度が落ちるんだな。
分かっちゃいるんだけど・・・。



今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-09-19 18:11 | ┗ song - '07 | Comments(4)

【本日の研究】 銀杏BOYZ 『あいどんわなだい』

さぁ、今日は日本代表3連発で、楽しみで倒れちゃいそうなくらいな日ですわ、ホント。

 【キリンチャレンジカップ】 
   日本 vs カメルーン
 
 【北京五輪アジア最終予選】
   日本 vs ベトナム 

 【FIFAU-17W杯】   
   日本 vs ナイジェリア


みんなの活躍を期待してるぜーーーーっ!

特にフル代表では1年半前にボクが理想とした大久保と達也の2人が見たい。2人同時に見るのは難しいかもだけど、是非2人とも見たい。ボクはまだまだオシムのサッカーに期待をしているので頼んますぜ!

オリンピック代表では、当然水野君に期待。ボクが今一番信頼しているサイドのスペシャリスト。日本で一番いいクロス上げるのは彼だと思う。勝負する気満々なとこも好き。
そして、柏木!走れるファンタジスタ。飛び級でも充分やれる。U-19の時はベストとは言えなかったからここで頑張って欲しい。外れたけどこれまた大好きな梅崎君の分まで。

そして、U-17のW杯の方では、やっぱり彼、柿谷クンでしょう。
アジア予選でも素ん晴らしいプレー連発の彼。ケガしてるみたいですけど、出た時のオーラが違うからなぁ。マンガに出てくるようなエースの風格。
もちろん、水沼クンや我がレッズの山田クンもいてこそ、なんですけどね。
チームとして見てて面白いサッカーするチームなので。アジアの時はホント最高だった。先制されても逆転するだけの精神力もあり、好きなチームだなぁ。世界でも輝け!


というわけで、彼らみんなへ、景気づけの1曲を。
銀杏BOYZ 『あいどんわなだい』

銀杏BOYZって、名前はよく見るけど音を聞いたこと無かったもんで、今日お初でした。
うん、悪くないっすね!

よし、この勢いでみんな、ゆけーっ!
[PR]

by robita00 | 2007-08-22 16:29 | ┗ song - '07 | Comments(0)

'07 song : PART6

<music>


くるり新曲をフリーでダウンロード出来てから少し見直しているぞ、ナップスター。
更に更に多くの日本のアーティストの作品を期待したいです。だって、やっぱりいい作品はフリーでダウンロードした後、購入したくなるもの。くるりの新作も必ず買おうと心に決めたもん。
だから、他のアーティストの人たちももっとどんどんフリーで聴ける曲を許可してくださいな!アルバム丸ごとで無くても。どんな音を鳴らすのか知らんと、買ったりできないし、ホントにいいものなら絶対に買うもの。

というわけで、ナプやその他でかき集めてきた、今年聴いた曲の紹介、第6弾です。


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。



a0035263_18103665.jpg・ LOLLIPOP SONIC
    "自転車疾走シーン" ★★★
    "chocolate & lemonade" ★★☆
    "(I Would Want To)Go!" ★★
    "Enjoy Yourself" ★★
    "Lost and Found" ★★


ロリポップソニック。フリッパーズ・ギターのインディーズ時代のバンド名。5人組だった彼らはデビューしてフリッパーズ・ギターとなる際にあの2人になった、と。
ボクは未聴だったどころか、そんなバンドの存在すら知らず。今回、マイミクさんの日記で知ることとなりました。ということで、こちらは<非ナップスター>曲です。

ほとんどの曲がフリッパーズにてリメイクされていますが、今回聴いた中で一部リメイクされておらず初聴のものがあったので、その中でも好みのもののみの発表です。

残念ながら音がイマイチなんですが、彼らの<陽が昇る以前>の音源というのはやはり心踊るものがあり、また「らしい」曲揃いで良いです、はい。

   つまんない事 何だかヤな事 訳もなくイライラする事
   みんな自転車が追い越して 僕の心 流れてゆく
   ぎこぎこシャラララ ぎこぎこシャッシャッ 自転車乗って 走~る~


う~ん、らしい。
  

a0035263_21264042.jpg・ Oh! Penelope
    "Happy Song" ★★☆





'94年に「詩人の血」解散後,メンバーの渡辺善太郎と辻睦詞が結成したユニットで、既に'97年に解散している、オー!ペネロープ。
これまた教えていただいたもので上と同じく<非ナップスター>曲です。
初めて聴いた時はかなりシビれました。この鳴らし方が好みです。

今回研究発表するのに調べて初めて「詩人の血」との関わりを知りました。聴いた事ないんですけど、これは「詩人の血」の方も期待できるなぁ、うんうん。



a0035263_21595320.jpg・ 9mm Parabellum Bullet
    "Mr. Suicide" ★★
    "Talking Machine" ★★
    "Marvelous" ★★



9mm。ライヴ・パフォーマンスが話題らしいですね~。
実際、聴いてて身体がこう、じっとしてられないというか、そうさせられる曲。性急感たっぷりなんですが、それが「気持ちよさ」と「苛立ち」の狭間を行ったり来たり。なかなか無いカンジのバンドですね~。なんと評していいか分からないバンドですが、好きなことは確実ですね。
今回のはメジャー初リリースの盤からの3曲なんですが、どんな方向に行くのか、次をこそ見てみたいバンドです。



a0035263_22201138.jpg・ The WHITE STRIPES
    "Icky Thump" ★★
    "You Don't Know What Love Is (You Just Do As You're Told)" ★★
    "Conquest" ★★☆


紅白<ロックンロール・ガレージ・ブルース>姉弟、ホワイトストライプスの最新6thアルバムからの3曲。
なんでだろう、ストライプスって明らかに自分の<ど真ん中>ではないんですけど、「おぉっ!」っていう曲が多い。って、まぁ単にジャックが天才なんですな、きっと。

特に"Conquest"。今、今年聴いた中で今時点気になる曲を10曲入れたプレイリスト作って聴いているんですが、堂々入っています。周りの曲からすると異質なんですが、入れたくなっちゃう。良く口ずさんでもいる曲です。
今アルバムも他のも、今度ちゃんと聴かなきゃ。



a0035263_22481114.jpg・ POLYTECHNIC
    "Pep" ★★
    "Cold Hearted Business" ★★




POLYTECHNICの'07発表のデビューアルバム。マンチェスターのバンド、なのかな?何にせよ、チーム<UK>であることは間違いなし。

なんだかヘンテコポップ。でも、いいカンジに脱力してます。
そうだなぁ、ウチのラボにあるのでいうと・・・THE POOH STICKSに近い、あんなカンジでしょうか。



a0035263_22502967.jpg・ LOCKSLEY
    "Let Me Know" ★★☆





「2004年初頭にリリースした5曲入り自主制作デビューEPがアメリカの映画専門のチャンネルStars Channelで起用されたのを機に「全人類必見のバンド(New York Daily News)」「アメリカのベスト未契約バンド(AP)」「いま最もホットな新人バンド(Billboard Magazine)」など各媒体から賛辞を浴び、一躍NYロック・シーンの最前線へ飛び出た若き4人組=ロックスリーのデビュー・アルバム!」
・・・すんごい絶賛のされ方ですなぁ。
というわけで、そんなN.Y.発の彼らのデビューアルバムからの1曲。

「The BeatlesやThe KinksといったUKの伝説的バンドに宣戦布告をするかのような、最高のロック・チューンが詰まったこのアルバム」らしいんですが、どうもそういう物言いは眉唾もんで・・・。
ちょっとその偉大な先人を引き合いに出されるのは酷というものと思いますが、方向性は間違いなくそっち、ですね。

いや、決して悪くないっす。ガレージっぽい音もボクはキライでない。
けど、どうも言い過ぎなのよね、みんな・・・。



a0035263_2311790.jpg・ かげぼうし
    "春よ、今日の陽を" ★★☆
    "千秋" ★★
    "あの日のエナジー" ★★



ラストは'03結成の3ピースバンド<かげぼうし>、今年満を持しての1st。

アジカンやくるりが引き合いに出されているようですが、ボクからしたらLOST IN TIMEってカンジなんだけどなー。
まぁ要するにそうした、<青熱系>バンドです。青臭くて、熱くて、でもなんか気になるような・・・そんなバンド。キライじゃ無いっす。




今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-08-03 18:50 | ┗ song - '07 | Comments(6)

Napster : PART5

<music>


100Sの最新アルバム、『ALL!!!!!!』の研究はもうちっと聴きこんでからにするとして、今回はナプでかき集めてきた曲紹介の第5弾です。


※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_1140105.jpg・ The Delgados
    "Woke From Dreaming " ★★☆
    "All You Need IS Hate" ★★☆
    "Coalman" ★★
    "The Light Before We Land" ★★
    "Everybody Come Down" ★★
    "All Rise " ★★

前回から引き続き、グラスゴー特集みたいになってますが。グラスゴー出身の4人組、デルガドス。
彼ら、結成と同時にレーベル”ケミカル・アンダーグラウンド”を設立しており、あのモグワイやアラブストラップを輩出しておるそうです。

以前購入した、『THE GREAT EASTERN』がラボでは大好評で。つづく『HATE』もウチの<欲しいCD帖>のトップランクにありつつもなかなか手に入れられず。
今回、ナプで『HATE』の曲も聴けたんですが、やっぱりすごく好き!いつの日か必ずや手に入れる。

男女ツインボーカルなんですが、同時に歌ってる曲は少なく。曲毎に担当が決まっているようですね。珍しい。
何にしてもその世界感が非常に好みです。これからも追っていくぜ!

・・・って、’05に解散してました。そういえば、そんなニュース見たような気も。くぅ~っ。



a0035263_1255981.jpg・ THE PLAYMATES
    "MIGHTY CRAZY" ★★☆
    "IF" ★★☆
    "SWEET SWEET DAY" ★★
    "DO IT AGAIN" ★★



'93に姫路で結成された、パンクでパワーポップでガレージでギターポップなバンド、プレイメイツ。
4年間の活動停止を経て復活、最高傑作といわれる3rd 『SWEETLY』を発表するも、'05にまた活動停止して現在に至る、ようですね。

彼らを語るとき、「ビートルズ直系の60'sマージービート」とか「アーリー60'sなアメリカンポップス」やらという言葉をよく目にします。まぁ実際その通りなんですが、こう言われたイメージ以上にいいメロディー紡ぎだしてます。元ジェリーフィッシュのジェイソン・フォークナーが3rdを聴いて絶賛したというのもあながち大げさな話ではないでしょう。いい曲書いてます。



a0035263_12323698.jpg・ DEEP PURPLE
    "Burn" ★★★★
    "HUSH" ★★




ディープパープルもまた、ハイティーン時代の青き思い出の1ページ。
そして、今聴いてもやっぱり色褪せてません。恐るべし、リッチーブラックモア。素晴らしきハードロックの世界へと誘ってくれます。

”バーン”は”ハイウェイ・スター”ほどではないものの、大好きな曲の1つ。う~ん、今聴いてもエアギターしたくなるぅ。キーボードとのユニゾンがいいっす。

で、”ハッシュ”って、パープルのカバーだったんですね、ってそんな事すら知らなかった。クーラのオリジナルとばかり・・・。原曲もかっこよくて、クーラにぴったりですね。まんまのカバーだったんだな。



a0035263_18551034.jpg・ ASTROBRITE
    "Crasher" ★★☆





シューゲイザー再襲!
その昔、内向的で俯きながら演奏し歌う彼らを、”シュー=靴、ゲイザー=凝視する人”ということで、シューゲイザーと呼んだ。っていう、ムーブメントがありましたとさ。
中でも、ライド、マイブラッディーバレンタインといったバンドは日本でもとても人気が高く。未だに彼らを求める声もあるほど。

そしてボクも、どうしても「マイブラ」という文字には抗い難いものがあり。数多とフォロワーが生まれたものの、彼らの穴を埋めてくれるような満足させてくれるものは無かった。

ノイズの洪水、その波間に漂っているような浮遊感。「ふわふわ」より、やっぱり「ぷかぷか」浮いてる感覚。でも結局ボクはその音そのものに魅了されたわけではなく、その裏にある珠玉のメロディにヤられたわけで。それを包むノイズの心地良さがこの世界に唯一無二の音楽を生み出したわけで。

って、シューゲイザーについて長々と書きましたが、要するにその後継者と目されているバンドがいて、それが彼らである、ということ。久しぶりにあの頃を髣髴とさせる音を聴くと、やっぱり心動かされるものがあります。
今はこの曲だけですが、もっともっと聴いたら好きな曲が埋もれているかも。楽しみです。



a0035263_19222476.jpg・ キセル
    "砂漠に咲いた花" ★★
    "ギンヤンマ" ★★
    "渚の国" ★★



キセルは、以前ナカムラ君のサイトで知り合った子に作ってもらったMDで知ったのですが、その時はちょっとピンと来ず。
ただ、今回聴いたこの曲たちは好きでした。前のも今聴いたらまた違った風に聴こえるのかなぁ。

独特の世界を持った京都生まれの兄弟によるユニット。人気なんですよね~。やっと自分もその世界観に追いついたのかな?



a0035263_19294447.jpg・ THE CAPES
    "Super Girls" ★★★
    "Shinjuku Hi 5" ★★
    "Dirty Blue Jeans" ★★



チープな電子音でテクノポップを奏でる、英米5人組のケープス。
XTCやSQUEEZE等が引き合いに出されるのも納得のメロディセンスを持ってはいるんですが、曲名に新宿が入っていたり、日本語のナレーションが入ってたり、何かヘンテコ。
ボクは、”スーパーガールズ”の

    ♪スーパッスーパッ スーパッスーパッスーパッ

このラストのコーラスにヤられました。ズルイな。

※その後ポイントUPして、表示の評価に変更しました。


a0035263_20444810.jpg・ ENIE MEENIE
    "Paranoia" ★★☆
    "Scooter Boy" ★★☆





ラストはPART1でも紹介した、エニー・ミニーで。

'02結成の5人組で、下北沢を拠点に活躍しているというこのバンド。今は英詞ですが、以前は日本語詞だったようですね。今年の当ラボの最優秀新人候補です。エモ・パワーポップ。やはりこのテには弱い・・・。

ナプではこの1stミニアルバムとスプリット・ミニアルバムしか聴けないのですが、1stアルバムがまた評価高いようなので、是非是非聴きたい!!
前回挙げた2曲を含め、聴いた曲は全て良い!ここまで曲を書けるバンドもそうそう無いと思う、ホント。

それにしても・・・頼むからもっと邦楽の幅を広げてくれ、ナップスター!!!




今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。

※元々音源が以前当ラボにもあったDEEP PURPLE "BURN"に関しては、今年のランキングには入れず、ロビタ1号のラボのオールタイムのランキングの方<song-oversea>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-05-28 21:11 | ┗ song - '07 | Comments(2)

【本日の研究】 中村 一義 『ももとせ』

a0035263_0314474.jpg<music>

本日の研材、

・ 『ももとせ』
    中村 一義







100sの今年2発目のSg.である”ももとせ”。既に発売されて1ヶ月ほど経っております・・・何せ時間が無い!やっと買ってこれました。

先に出た、”希望”が非常に好みのものであり、今回はまた違ったカンジでくるんだろうなぁと思っていましたが、やはり。色の違うものを出してきました。

とはいえ、さっき買ってきたばかりでまだあまり聴きこめてませんので、ひとまずの評価でしかありませんが、

   行こう、陽が昇る

もう、これだけで、「らしい」カンジ、出てます。
ミドルテンポで進むこの曲も、やはり非常に前に向かって進んでいる感がありありです。
いつも以上に今、そういうモードなんだなぁ、ナカムラ君。

ちなみにこの盤には、”シンガロング”、”希望”、”ももとせ”、”いきるもの”のライブDVDがくっついています。'06.10.29のリキッドルームより。
ということは、前回感激して書いた”希望”ですが、そうか、既にこの頃にはみんなの耳には届いていたのか・・・。

で、その”希望”!
記事に挙げたんですっかり研究発表してる気分でいましたが、してなかったんだな・・・

a0035263_0525136.jpg


うーむ、やはり良いです。
今回のDVDでライブ映像も観れましたが、非常にライブ映えする曲だし、次のアルバムはこの路線で「どーーーん!」と突き抜けるのかな?楽しみです。

そのアルバムが、いよいよ明日の夕方には店頭に並ぶんですね~。いやぁ、最近ホントにファン失格。予約、してねぇ~。絶対に買うけど。



今回の研究結果は2つ併せて、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。



a0035263_0571167.jpg


    ちなみに”ももとせ”の裏ジャケはこれ。えっ、髭だったの!?なんて。
[PR]

by robita00 | 2007-05-15 01:01 | ┗ song - '07 | Comments(4)

Napster : PART4

<music>

今回の研究に入る前に、前回の研究の修正を。

a0035263_16264941.jpg・ THE KBC
    "NOT ANYMORE" ★★☆★★★





とにかくここんとこ一番口ずさんでるのがこの曲。頭の中でループ&ループ。
  
   ♪ナエニモ~ ティキティキティンティン ティキティキティンティン

よいです。もう一個くらい上がるかも。

************************************************

では、今回の研究、です。

※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_1644118.jpg・ THE FRATELLIS
    "Flathead" ★★☆





グラスゴー出身の3ピースガレージ(っぽい)バンド、フラタリス。
最初に聴いた"Flathead"が、みょーに耳に残っていて。特にコーラス部。
で、しばらく経った頃iPodのCMソングとしてTVで流れてきたの聴いて、「何か聴いた事あるなぁ・・・」って思ってたら、これでした。
ただ、今のとこ3曲聴いてウチでの合格点はこれだけだったのが残念。



a0035263_1055755.jpg・ SNOW PATROL
    "Chocolate" ★★☆
    "Chasing Cars" ★★
    "Run" ★★



UKの4ピースバンドで、これまたグラスゴーで結成されてます。なんかグラスゴーってイメージ変わってきたなぁ。実は10年選手だったりします。
"Run"がヒットしたらしいですが、ボクは"Chocolate"が好きだなぁ。
上から2曲目の"Chasing Cars"は、現在映画化されている吉本ばなな原作の『アルゼンチンババア』のCMソングに選ばれているそうで。意外と日本でも人気なのね。



a0035263_10532871.jpg・ ADVENTURES OF JET
    "Orchids" ★★☆
    "Run Charger" ★★
    "Number One" ★★
    "Drag" ★★



知りませんでした、このバンド。USエモバンド。
キーボードの音で好みが分かれそう。ウチ的にはポップだったのでオッケーでした。
ずば抜けてすげーっていう曲は無かったけど、一枚にグッドメロディーな曲をこれだけ入れられれば十分合格でしょう。次は更に良くなる予感がひしひしと。



a0035263_1058838.jpg・ OZZY OSBOURNE
    "Crazy Train" ★★★☆
    "Mr Crowley" ★★
    "Dee" ★★
    "Goodbye To Romance" ★★



ボクが最初にランディー・ローズを知ったのは、ここにジャケットを挙げた『トリビュート~ランディー・ローズに捧ぐ』であった為、既に彼が飛行機事故でこの世を去った後でした。
17歳の時に従兄からもらったこのアナログ盤は、ホント良く聴きました。なので、今回オリジナルアルバムでの"Crazy Train"を聴く機会がありましたが、ポイントとしてはライブの方のものを。やっぱこっちの方が好きだ。

オジーの最愛のギタリスト、ランディー・ローズ。
ブラックサバスを脱退したオジーが、自身のソロ転向に際し任命した若き天才。結局、永遠に若い天才のままとなってしまいました。後任ギタリストのザック・ワイルドの「だいたい、ランディの曲をプレイできるってこと自体が名誉なんだよ」と語っていることが、彼の偉大さを物語ります。まぁ「偉大」っていうとまたちょっと違うけども。

”クレイジー・トレイン”と”ディー”を聴く度に、練習した10代の頃の記憶が蘇ります。



a0035263_16292976.jpg・ 音速ライン
    "スローライフ" ★★☆
    "青い空" ★★
    "ここにいる" ★★




雑誌で見かける度に聴いてみたいなぁと思っていましたが、ナプで聴けました。'03結成のギターポップトリオ。
かる~く粘っこい声も、その切ない系メロも、やっぱり好みでした。
もっと聴いてみたいんだけど・・・フリーでは聴ける曲が少ない!くそぅ。



a0035263_17151959.jpg・ JEREMY WARMSLEY
    "I Promise" ★★☆
    "I Believe In The Way You Move" ★★
    "Dirty Blue Jeans" ★★




UKのシンガーソングライター、ジェレミー君。
やはりボクの好きなソンドレ・ラルケ君が引き合いに出されてます。
この曲は'06発表の作品からで、フォーキーポップな世界がいいです。それだけでなく、かなり遊びを入れた音も展開もいい。これぞ、ポップ!



a0035263_18414017.jpg・ くるり
    "飴色の部屋" ★★★





締めはくるりで。

このサントラはもっておらず、この曲も初聴。
非常に「らしい」曲で、初期の頃のくるりを思い起こさせます。

   ひとりぼっちでゆく
   ひとりぼっちでゆく
   ひとりぼっちでゆく


このリフレインがたまりません。字ヅラだけ見ると寂しい感じですが、それだけではないように聴こえます。この辺りがね、やっぱり「らしい」。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。

※元々音源が以前当ラボにもあったOZZY OSBOURNEに関しては、今年のランキングには入れず、ロビタ1号のラボのオールタイムのランキングの方<song-oversea>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-04-13 18:43 | ┗ song - '07 | Comments(0)

Napster : PART3

<music>

かなり聴いてるおかげで、発表できる曲も溜まってきました。
が、なんせ忙しい!くそぅ!なかなか発表がでけん!
まぁ、ちびちびやっていきます。そう新しいものがあるわけでもなし。

ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_12415078.jpg・ DAVID BOWIE
    "SPACE ODDITY" ★★★★
    "CHANGES" ★★★




グラムロックで最初に聴いたのが、T.REX。マーク・ボランの風貌とポップなメロディと「ビブラートしすぎだろっ!?」っていう歌唱法。
ボクにとって<グラムロック>とは長い間、大好きな彼の事を指すものでした。

そして、よく並び称されるボウイについては、最初に耳にしたのが”レッツ・ダンス”であり、その頃HR/HM辺りを聴いていたボクは「ダンスって!」とそれだけで毛嫌いしていて。

それが、何の拍子にか『ZIGGY STARDUST』を聴くことになり、そこですっかりハマってしまって。「こんなにかっこよかったのかっ!」

でも、それ以降そこで止まってしまって他のアルバムに進む事がなかったのですが、今回単発で数曲聴いて、今のところ2勝4敗。その2勝がこの2曲であり。
いやぁ、自分の中でボウイで”STARMAN”を超える曲が出てくるとは思っていなかったので、肩を並べる曲を聴けて良かった。やっぱ、この人も天才!



a0035263_1053619.jpg・ メレンゲ
    "燃えないゴミ" ★★★
    "輝く蛍の輪" ★★☆
    "春雨の午後" ★★☆



クボケンジ君のソロ・ユニットで始まり、今はバンド編成になっている”メレンゲ”、とっても好きです。
だけど持ってる音源はそう多くない。なので、まだまだ色々聴ける楽しみが残ってる!そしてナプでもフリーダウンロード出来た!うれしい!

「声が通っててめちゃくちゃうめ~!」っていうタイプではありません。だのに、心を締め付ける。そういう点ではマサムネ君と似通っているし、もっと言えば切なさ加減ではクボ君の方が上かも。
メロディもホント、ボク好みなの作ってくれるよなぁ。



a0035263_10234171.jpg・ THE KBC
    "NOT ANYMORE" ★★☆





またUKから興味をそそられるバンドが出てきましたね~。
活動開始から2年足らずでグラストンベリーのステージを踏んだ、UK期待の新人。まぁ、この謳い文句にボクが弱いだけってこともあるんですが。

THE MUSICをもっとチープに、ポップにしたカンジ?かな?

ウチでは3曲聴いた中ではこの曲だけがランクインというのはちと残念な結果ですけど、この曲みたいなのが今後増えてくれるといいなぁ、っていう期待も込めて。



a0035263_10472087.jpg・ SHORT HAIR FRONT
    "HELLO TO EVERYONE" ★★★☆
    "虹色のハイウェイ" ★★
    "TURNING OVER" ★★



彼らの作品は当ラボでも以前からあり、音にも触れていたはずなんですが、ここまで好みとは気がついてませんでした。彼らの3rdアルバムからの1曲。

   さようなら、SHFは天国へ往きます。天国って、みんなの心の中のことだよ。

ということで、彼らは2002年に終焉を迎えていたのでありました。ボクが「好きだ」と気がついた時には、既に解散しているバンドが多く。残念だなぁ。無念だ。



a0035263_12424346.jpg・ RAINBOW
    "KILL THE KING" ★★★★
    "A LIGHT IN THE BLACK" ★★★☆
    "LOST IN HOLLYWOOD" ★★★
    "STARGAZER" ★★☆
    "I SURRENDER" ★★
    "LONG LIVE ROCK N ROLL" ★★
リッチー・ブラックモア。DEEP PURPLEのギタリストであり、パープル脱退後に自身のバンドを作る。それがこのレインボー。
とにかくとにかく高校生時代は聴き倒した思い出が強く。エアギターの世界で幾度と無く彼になったものです。
ガンズ同様、彼らの音楽もまた今聴いても自分の中では色褪せてない事を確認しました。
まだまだダウンロードしてきた楽曲はあるので、第2、3弾もある予定。



a0035263_1212294.jpg・ WAKING ASHLAND
    "OCTOBER SKIES" ★★☆





'03結成のUSバンド、ウェイキング・アッシュランド。
所謂<ピアノ・エモ>の範疇でしょうか。KEANE辺りと比較される事も多いようで。
この曲は彼らの1st からの1曲で、ボーカルのジョナサン君の高音もキレイに出ている美しい曲に仕上がってます。これは日本人好みですなぁ、きっと。



a0035263_12195090.jpg・ SIMON & GARFUNKEL
    "Bridge Over Troubled Water" ★★★★





本日のシメは、”ピアノ”繋がりでピアノ曲の最高峰を。

「あぁ、これって、さいもんあんどがーふぁんくるの曲なんだぁ」ってくらい、分かっちゃいなかったおバカさん。写真見てもどっちがさいもんさんだか分かってません・・・

ボクが生まれた年に産み落とされた、彼らの最後のオリジナルアルバムからの、まさに名曲というに相応しい楽曲。
しかし、アルバムの冒頭を飾っているというのはなんか不思議な感じ。ボクならラストに持っていきたくなってしまう曲ですが。
何にしても、これだけの名曲を書きあげて、で、解散、ってのはまたかっこいいっすね~。真似できん。
・・・ま、それ以前にボクがミュージシャンじゃないけど。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。

※元々音源が以前当ラボにもあったRAIBOWに関しては、今年のランキングには入れず、ロビタ1号のラボのオールタイムのランキングの方<song-oversea>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-03-26 12:33 | ┗ song - '07 | Comments(4)

【本日の研究】 Napster : PART2

<music>

予想通り他の研究は遅々として進まず・・・。
でも、こちらはここ数年では一番聴いています。無料でダウンロード出来るやつしか聴いてないもんで、最新のはあんまり聴けてないけど。

それでも温故知新!今年は古きを知るいい機会。バラエティに富んだ聴き方をしていきます、はい。

ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_10451728.jpg・ E.L.O.
    "CALLING AMERICA" ★★★





まさに洋楽を聴き始めた直後の高校1年の春、耳に入ってきたこの曲がボクの中のE.L.O.の印象を決定付けた。やっぱり今聴いても色褪せない、素敵な曲です。
ジェフ・リンって天才って言われてるけど、言われ足りないくらいだと思う。もっともっと脚光を浴びて然るべき人物だと思っています。まさにメロディーメーカー。



a0035263_10453936.jpg・ ASH
    "ORPHEUS" ★★★
    "A LIFE LESS ORDINARY" ★★★
    "STARCROSSED" ★★☆
    "MELTDOWN" ★★


アッシュはオリジナルアルバムとしては最新作以外は全部持ってる、はず。かなり好きな部類に入るバンドなので新しいのも聴きたいところではあったのですが、資金面の問題で手に取れず。今回聴いてみて、やっぱり好きでした!いつの日かきっと手に入れるぞ。
15歳でデビューした彼らももう29歳なんですねぇ。時の流れを感じますが、よくぞ淘汰されずに生き残った。いい曲書くことが認知されてるからですね~。
"A LIFE~"はサントラに収録されている曲らしく、ベスト盤からですが、これまたいい曲!



a0035263_1046320.jpg・ CYMBALS
    "HIGHWAY STAR,SPEED STAR" ★★☆
    "RALLY" ★★☆
    "SHOW BUSINESS" ★★



解散してたんですね、名前だけは耳にしていたものの、良く知らず。
ボクが見に行くコミュなんかでよく名前が挙がっていたので気にはなっていたのですが、とても良いですね~。好み。
かわいいけど、その甘さだけに留まらないボーカルがいいです。いや、メロディの良さがそうさせてるのかな?
何にしても惜しいバンドをなくしました・・・。



a0035263_10315911.jpg・ BEIRUT
    "POSTCARDS FROM ITALY" ★★☆
    "AFTER THE CURTAIN" ★★☆
    "BRANDENBURG" ★★☆



これが今回の一押し!
20歳のシンガーソングライター、ベイルート。この独特の世界観。これがまた完全に欧州の薫りのくせして、NY出身なんですよね。が、やはり耽美を愛するUKのレーベル<4AD>が嗅ぎつけたんですね、この才能に。
1人で製作したと言うこのアルバム。ジェフ・バックリーの再来と言われるその声を含め、ボクはただただついていくことを心に誓いました。これ、好きだなぁ。



a0035263_1032342.jpg・ BRITISH SEA POWER
    "REMEMBER ME" ★★★





≪欲しいCD帖≫で放置されていたバンド。こちらは<ラフトレード>っすか。
ふと見つけて聴いてみましたが、いいじゃないっすか!うんうん。
が、かなり気に入っているのですが、何故かPCでは聴けるのにケータイで聴けない・・・。ホワイ!?くそぅ。
何にしろ、大英帝国からまた好きになりそうなバンドが1つ誕生。



a0035263_10333899.jpg・ AMERICAN HI-FI
    "FRAVOR OF THE WEAK" ★★☆
   




これも<欲しいCD帖>で放置されていて、気にはなっていたバンド。
思った以上に爽やかで真っ直ぐなパワーポップでした。好感もてます、っていうカンジの。
曲はいい。あと少し、何かこう、フックというか何かが欲しい気もしますが。



a0035263_1034249.jpg・ BOB DYLAN
    "LIKE A ROLLING STONE" ★★★★☆
    "BLOWIN' IN THE WIND" ★★★★




そうですか、ここまで素晴らしいですか。
何故今まできちんと聴いて来なかったんだろう。ボクはバカだ。
シンプル。ホントにシンプルな音なんだけど、こんなにも音って心に沁みますか。再発見。
不変の、普遍の名曲。そうはいってもなかなか現在のシーンに蘇っても、っていう曲は多いですが、今ここに彼がその頃の風貌でこれらの曲を引っさげてシーンに登場してきても、受け入れられるでしょう。いや、受け入れられなくても、カッコイイことは間違いない。
この声、この歌い方。カッコイイなぁ。これで詞がいいんだから、文句なしだね、ホント。
参りました。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-02-17 18:20 | ┗ song - '07 | Comments(4)

【本日の研究】 Napster : PART1

<music>

'07は当ラボの≪napster 元年≫!
貧困にあえぐ間はコイツを有効活用しよう。
<欲しいCD帖>に載ってたり、他にも気になるバンド・アーティストを探しまくって、聴きまくる!知らないバンド・アーティストについては指針がないので、ひとまずミクシィのミュージックで良く聴かれている曲の上位3曲辺りを聴くのが堅そう。
というわけで、今年はひとまず、曲単位での研究・発表が多くなりそうです。

そして今年は、あまり時間に余裕が無さそうなので、時間をあまりとらないで出来るこの<ロビタ1号>のラボがメインになりそう。今年の柱。今年はいっぱい聴くぞーっ!


・ AEROSMITH
    "JADED" ★★★☆
    "ANGEL" ★★★
    "I DON'T WANT TO MISS A THING" ★★
    "CRAZY" ★★★

エアロは”エンジェル”で華麗に復活した辺りからがリアルタイムです。
高校時代から好きだったわりに、CDは持っておらず。今回のナプ導入で「聴いていたその後」の曲を聴けてよかった。そして、やっぱりエアロは良いっ!楽曲もベタにカッコイイです。
残念なのは大好きな"BACK IN THE SADDLE"、"HOME TONIGHT"が無かったこと。無念・・・。


・ BRUCE SPRINGSTEEN
    "BORN TO RUN" ★★★
    "THUNDER LOAD" ★★★

恥ずかしながらブルース・スプリングスティーンってきちんと聴いた事がなく。
今回初めてきちんと聴いて思いました。「あぁ、尾崎豊も佐野元春も浜田省吾も、彼になりたかったんだな」って。「モロ」な部分もあるもんなぁ。
なんか今まで思ってたイメージと違って・・・良かった。また聴かず嫌いだったんだなぁ。歌詞ももっと知りたいなぁ。また更にポイントアップしそう。
単純に楽曲も好きでした。声はね、好みと違うんだけど。でも、合ってますね、うむ。


・ ENIE MEENIE
    "THE LAST CUT" ★★★
    "PEACE SIGN" ★★☆

日本のパワーポップバンド。パンクちっくでもあり。
何にしろ、メロディーがいい!英詞なので歌詞は分かりません・・・。
このテのバンドは数多いますが、メロの良さでは他より頭一つも二つも出てるのではないでしょうか。
<欲しいCD帖>からのエントリーでしたが、これは当たりだったなぁ。COMEBACK MY DAUGHTERS と共に今後も追っていきたいバンドです。


・ FICTION PLANE
    "HATE" ★★★
    "CIGARETTE" ★★☆

これも<欲しいCD帖>に載っていたんですが、USEDで良く見かけるもんで「あまり良くない?」って敬遠していて。
が、聴いてみたら良いじゃないっすか!やっぱり人それぞれツボが違うんだなぁ
スティングの息子らしく、声も似てるとの事ですが、スティングを聴かんもんで分からず。ただ曲調はまるで違うと思う。声も似てないような気がするけど・・・。
何にしろ、スティングうんぬんはどうでもいいわけで。ボクは単純に好きでした。


・ GUNS N' ROSES
    "WELCOME TO THE JUNGLE" ★★★★★
    "SWEET CHILD O' MINE" ★★★★★
    "IT'S SO EASY" ★★★
    "NIGHTRAIN"  ★★★
    "PARADISE CITY" ★★☆

今回、昔好きだった曲を色々聴きなおしてみました。
が、やはり20年近く前ともなると今とは好みも全然違っていて、聴けないのが多かった・・・。
ボンジョヴィやアイアンメイデン、ジューダスプリーストやマイケルシェンカーなどなど。どれも予選敗退でライブラリーから消え去って行った。

でも、ガンズは違った!
未だに全然色褪せずに聴けるし、ほぼ全曲口パクで歌えた。好きで好きで、エアギターやエアーボーカル繰り返したもんなぁ。そんなに好きだったくせに『アペタイト~』持ってないけど。
カート・コバーンはコケにしてたけど、やっぱりガンズはズバ抜けて素晴らしかったと思う。色々聴きたいんで今はまだ途中だけど、多分『アペタイト~』の曲は全曲合格してライブラリーに残るであろう。
新作もいつ出る事やら・・・。ずっと出ないのかもね。


・ MY CHEMICAL ROMANCE
    "WELCOME TO THE BLACK PARADE" ★★★☆
    "I'M NOT OKAY(I PROMISE)" ★★☆
    "HELENA(SO LONG & GOODNIGHT)" ★★★
   
2000年結成のエモパンクバンド。そのドラマティックなカンジから勝手にUKのバンドだとばかり思ってましたが、USでした。へぇ~。
最近の音楽事情に明るくない自分でも名前くらいは聞いたことがあったし、<欲しいCD帖>にも入ってはいましたが、まさかこれほど自分にクるバンドとは。
プログレやクイーンが好きだったボクのツボをビシビシと刺激する≪過剰にドラマティックなサウンド展開≫。
「削りのセンス」で勝負するバンド・アーティストが多い中、ここまでこてこてに盛りつけてくれるバンドはボクには久しぶりなカンジで、非常に嬉しくなってしまいました。
特に”ウェルカム~”は静かに始まり、上げて上げて、ドラマティックに閉じるという、「大映ドラマのような腹十二分目の満腹感」を得られます。


・ 山崎まさよし
    "ONE MORE TIME,ONE MORE CHANCE" ★★★★

何度か耳にはしていたはずですが、やっぱりきちんと聴いた事がなく。
ちょっと前にTVで青木さやかか誰かが好きな曲として挙げていた時にかかっていて、それが妙にひっかかってすぐにナプで探しました。残念ながらライブ音源しかなかったのですが、思った以上にいい曲!って、みんな知ってるか・・・。良く聴いてます。

ちなみにM-1でのチュートリアルのネタが原因で聴き始めたわけではありませぬ。



というわけで、今日はこの辺で。
まだまだいっぱいあるので、しばらくネタには困らなさそう。
ただ・・・やっぱり邦楽が弱すぎだよなぁ。頼んますよ、napsterさん!!

今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。


※元々音源が以前当ラボにもあったもの(TAPEで持っていたガンズ等)は、今年のランキングには入れず、ロビタ1号のラボのオールタイムのランキングの方<song-oversea>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-02-03 23:42 | ┗ song - '07 | Comments(4)