カテゴリ:┗ cinema - '05( 13 )

本日の研究 【 ライフ・イズ・ビューティフル 】

a0035263_21545083.jpg<cinema>
本日の研材、

・ 『ライフ・イズ・ビューティフル』
   '98伊、監督: ロベルト・ベニーニ。




2週連続。なかなかいいペースになってきた。

主人公のグイドはユダヤ系イタリア人。いつも陽気な彼は一目惚れしたドーラに猛烈アタック。婚約までしていた彼女と見事結ばれる。
そして、二人の間に授かった息子ジョズエと3人で、夢であった本屋を営みながら幸せに暮らして行く。
しかし時は第2次大戦。ユダヤ系であるということでグイド達にも暗い影を落としていく。


非常に簡単ではありますが、まぁあらすじはこんなカンジで。

監督、脚本、主演をこなしたロベルト・ベニーニは本作でカンヌのグランプリを獲ってますね。彼がインタビューでも言っている様に、とてもシンプルで分かりやすい話です。


~以降、ネタばれあります、念のため~

前半は、グイドがドーラと結ばれるまでを描いてます。で、その最初の40分くらいは「…やっちゃったか?」と思うくらいノれなかったんですが。

しかし、前半と後半でがらっとタッチが変わります。

グイド達は”ユダヤ系”だというだけで他に理由も無く、そう、ホントに何の理由も無く、強制収容所に運ばれます。が、グイドはそこで息子が絶望してしまわないように、架空のゲームを創りだして「これはゲームなんだ」と思わせる。そして二人はその”ゲーム”に勝ち残る為に”現実”に立ち向かっていく、というのが後半部分。
そしてグイドの「いかなる時でも常に希望を抱いていれば!」という思いが奇跡を呼ぶわけですが。

あの医者との”なぞなぞ”が絶対にカギになる!と踏んでいたボクは医者が謎めいた事言い出したんで「来た!これが伏線だぞ!」と自分に言い聞かせていて。あれがヒントとなっていて、実はグイドは助かっているのではないかと、ずっと思っていたのですが結局そのまま終ってしまった…。どうやらあの医者は単になぞなぞが解けなかったようで…。

あの医者の言った、「頼む、力を貸してくれ」という台詞。あれはホントになぞなぞを解きたかっただけで、監督が「人生とはそんなもんだ」とか「どんなに仲良くても所詮他人事でしかない」とかいうことを描きたかったのか、それとも、あの医者はもうドイツがおしまいで自分も危ない立場になったっていうことを示していたのか。
何にしても給仕に呼ばれた時の「助けてくれるかも」という思いは裏切られる事に。それにしても「大事な話しがある」ってコレかいっ!ってカンジですが。

その点気になったので、他の観られた方はどうだったのか見てみようと思ったら、やはり「?」という人が数人おられたようで。
ただそれ以外に、「リアリティがない!」等の批判が幾つかありました。
まぁ人それぞれなんで、ここからはボクの見方として。
”リアリティ”なら周りに山ほどある。ボクにとっては物語には”リアリティ”を求めているのではなく、ご都合主義だろうが何だろうが、惹きつけてくれる、のめり込ませてくれるという事が重要で。それであれば、宇宙人が出てくる話だってなんだって構わない。
なので、その点はボクには問題はありませんでした。

で、その救いの気持ちを打ち砕かれた夜に収容所に帰る道で、眠るジョズエを抱きかかえながら木々の間を歩くグイド。

   「ここはどこだ?道をまちがえたかな」。

森をさまよう様は、いつでも陽気に切り抜けてきたグイドが今はその進む先を見失っていることを投影しているかのよう。

   「眠ったか 楽しい夢を見ろよ
   全部夢かもしれない きっと夢だよ
   明朝ママが起こしにくる コーヒーとミルクを用意してくれる
   朝食を食べた後 愛を交わす事ができたら… できたら…」

ラストが涙、っていう事でしたが、ボクはここが一番キたかな。

っていうか、ボクは後半完全にジョズエと自分の息子がオーバーラップしてしまった…。息子の一つ上くらいかなぁ。ハラハラして観てしまいました。
ヨメさんに至っては、完全に息子を重ね合わせて見てしまったらしく、「筋なんか全然追えなかった…」とのこと。なので作品自体の評価は付けられないそうです。まぁそれくらいのめり込ませたとも言えるかな。

まぁともあれ、やっぱりこういう映画見た後にいつも思うことは、ホントにベタなんだけど「戦争はイカン!」ということですかね。どんな戦争であってもいいはずがない。
この時紛れも無い”正義”であったはずのアメリカは、独裁者が出てくることに過剰に怯え、今や自身が当時のドイツのようになっていることに気付いてもいやしない…。

今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '05>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-02-08 00:29 | ┗ cinema - '05 | Comments(2)

本日の研究 【 バーバー吉野 】

a0035263_1221528.jpg<cinema>


本日の研材、

・ 『バーバー吉野』
   '04日、監督: 荻上直子






やっと、今年1発目の作品…。

以前タワーレコードでCDを買った際DVD発売のチラシが入っていて、そのうちの1つがこの『バーバー吉野』。

「眉上でそろった前髪、奇妙なマッシュルームカットの”吉野ガリ”。男の子たちが全員、同じ髪型の町に、東京から茶髪のカッコイイ転校生がやって来て…。」という、このたった2行の紹介文句がボクの心を捉えました。

「とにかく、近いうちにコレを観て研究発表したいと思います。」…この台詞から4ヶ月近く経ってやっと実現。

この村には100年以上も昔から続く「伝統」がある。それは<山の日>に、山の神様(♀)へ豊作を祈願して、男の子だけで合唱をするということ。そして男の子は皆、”吉野ガリ”と呼ばれる髪形にしなければならないということ。

ある日その村の小学校に、東京から茶髪の男の子が転校してきた。当然”吉野ガリ”にすることを勧められるが嫌がり、逆に”吉野ガリ”のヘンテコさを指摘する彼。女の子に人気の上に、自分達の髪型を否定された、≪バーバー吉野≫の息子ケイタやその仲間達は気に食わない。

が、あることから彼を仲間に加えたケイタ達は、「オレ達だってカッコイイ髪形をしてみたい!」という想いから、意を決して行動に出ることに…


「その町の少年は皆、同じ髪型をしていた…」というサブタイトルが秀逸。単純だけどこれだけで惹きつけられます。

オペラの壮厳な調べで幕を開けたあと、ポリフォニック・スプリーのような出で立ちをした子供達が、山に向かってハレルヤを歌う。PFFの音楽賞を受賞した監督らしく、音楽にはこだわりを見せます。

”吉野ガリ”ってのはまぁ”おかっぱ”みたいなもんです。少年がみんなそうだとちょっとかわいい。村には「吉野ガリ人形」なんつーのもあって。こけしにカツラつけたみたいな。ケイタの父ちゃんまでもが”吉野ガリ”なのが笑えた。大人はいいっつーのに。

ケイタの母ちゃんが村でたった一軒の床屋をやっていて、これをもたいまさこさんが演じているんですが、まぁ主役は彼女ですよねー。
で、何故か母ちゃんは役場の放送係のようなものも務めていて、「良い子の皆さん、5時になりました。早くお家に帰りましょう」というお決まりの言葉と共に、「大事にしよう、町の自然と伝統。伝統って、あぁ素晴らしい…」等と、おしつけがましい放送をしてます。一種の洗脳ですかね。

監督の友人が、「校門の前に立って髪型をチェックしていたりする恐い床屋のおばちゃんがいて、だけど行くと駄菓子とかくれたんだよね」とか話していたそうで。そんな20年以上経っても思い出せる人っていいなぁ、という思いがこの作品を撮るきっかけだったそうです。
そういう恐くも温かいおばちゃん、まさにそういうおばちゃんになってると思います。もたいさん、ハマリ役でした。
もたいさんの「怒られた思い出も懐かしく思い出すってことは、そこには愛があったから」という、トークショーでの言葉も沁み入ります。

すごく今と掛け離れた町、っていうわけではなく、そこはかとなく感じさせるノスタルジックな雰囲気がとても気に入りました。ケケおじさん、こんな人どこの町にも一人はいましたよね?

クライマックスでのケイタの叫びは、子供の誰もが母親に対して抱く、矛盾した感情なんですよねー。とってもよく分かります…。

最後のおじいちゃんの言葉も好きです。

15日間という限られた時間で、かつ天候も悪かった為に、必ずしも監督の思ったようには行かなかったでしょうが、描きたかった世界というのはかなり出せたんじゃないでしょうか。
次回作、楽しみだなぁ。


うむ、今年は1発目から去年のトップを超える好評価!こういうの好きなの観ると、もっともっと観たくなるから、今年こそは「毎週1本!」のノルマ越え、果たせるかも。

今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<cinema - '05>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-02-02 21:16 | ┗ cinema - '05 | Comments(4)

<cinema - '05>

ここでは<cinema - '05>の研究を発表しています。
また、みなさんのオススメがありましたら、是非ご一報下さい!

注) これはウチのラボで研究したのが今年ということであり、作品自体の発表が今年のものということではありません。

--------------------------------------------------------------------

 1. ★★★★★ アメリ
 2. ★★★☆  ミトン 
 3. ★★★    僕の国、パパの国
 4. ★★★    バーバー吉野
 5. ★★☆    SAW ソウ
 6. ★★☆    ライフ・イズ・ビューティフル
 7. ★★     アンジェラの灰 (9/13)
[PR]

by robita00 | 2005-02-02 21:00 | ┗ cinema - '05 | Comments(0)