カテゴリ:┗ comic - '05( 21 )

【本日の研究】 奥 浩哉 『GANTZ #16』

a0035263_21504132.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『GANTZ #16』    奥 浩哉







どうしても『GANTZ』は発表が後回しになってしまうなぁ。好きな作品なんですけどねー。今回も買って数ヶ月してやっと。既に次の巻もでてます。

一度死んだはずの玄野たちが、”ガンツ”と呼ばれる黒い玉にマンションの一室に集められ、指示された<標的>に立ち向かっていく、というお話の16巻目。

今回、ターゲットにされている玄野の彼女、小島多恵。
仲間と反目してまでも多恵を守ろうとする玄野に、仲間が次々と襲い掛かる。

その戦いが終わったとき、玄野は決心をする。
そして、”ガンツ”に呼ばれることを強く願うようになる。

相変わらず好きです。その世界観だけではなく、その「お話」が。
桜井のガンツとは少し離れたエピソード的な話も好きだし、今巻で新しく加わることになったメンバーのお話も。

自分もロクな親ではないけれど、こーゆー親ってホントにいるんだよなー、ニュース見てると。まったく腹が立つ!
「きんにくらいだー!」・・・こんなかわいい子を。許せんっ!がんばれ、きんにくらいだー!

当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-08-08 22:00 | ┗ comic - '05 | Comments(0)

【本日の研究】 漆原 友紀 『蟲師 #6』

a0035263_21565389.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『蟲師 #6』    漆原 友紀







今回は比較的短いスパンできました。期待の『蟲師』、6巻目の登場です。

相変わらずの安定感。マンガ界の”福西”。それが『蟲師』。
守備は堅く、攻め上がるタイミングが抜群。それが”福西”、それが”蟲師”。・・・無理矢理?

初期設定が秀逸だとはいえ、そうそう多くの譚が書ける類のものでもないと思われますが、流石、若手でも随一のストーリーテラー(←知らんけど若い、よね?)。「ありそでなさそ」、「なさそでありそ」な譚がいいです。それがあの絵のタッチと相俟って何とも言えない「風味」を醸し出してます。

そして<蟲>の譚をしつつ、その実、<人>というものを描いている。今巻の1話目なぞはその最たるものといえるでしょう。

人気も高い高いとは思っていましたが、そうですか、とうとうアニメ化ですか。

和服がね、着たくなるんですよ、これ見てると。今の季節、特に。

当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-07-19 21:57 | ┗ comic - '05 | Comments(0)

【本日の研究】 二ノ宮知子 『のだめカンタービレ #12』

a0035263_23474121.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『のだめカンタービレ #12』
      二ノ宮 知子






おっと!なんだか今巻はホント急展開ですねぇ。
今回は「恋のお話」、だと言ってもいいでしょう。はい。

「同情するなら金をくれっていうんデスよ!!」
のだめちゃん、ハナから壊れちゃってます。
でも何故か。千秋がとうとう「変態の森」へ迷い込みます。そしてその後すっかり住人となってしまいました。

妙に説得力があるがどうもおかしな、のだめの曲へのイマジネーション。それでも初見の練習用の曲でのイメージングは完璧ですね。あはは!
それに”トンコツこてまろカレー”。ちょっと食べて見たい気も・・・

そして、久々登場の”オーボエ”黒木君でしたが、異国の地での「侍」はなかなかに苦労してます。「青緑日記」はまだまだ続くのでしょうか。あ、「青緑百句」も。

そして、ムッシュ長田もいいキャラだしてますが、やっぱりボクは佐久間。ホントおかしな奴。
こういう、「なんだか周りにもいそうな、真面目なんだけどヘンテコな奴」に惹かれるんだよなぁ。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-05-24 23:54 | ┗ comic - '05 | Comments(10)

【本日の研究】 佐藤秀峰 『ブラックジャックによろしく #11』

a0035263_2148398.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『ブラックジャックによろしく #11』
      佐藤 秀峰





人気マンガの第11巻であり、精神科編の第3巻目。
今回の巻は、前巻で起きた事件の余波といったところにスポットが当たってます。

この精神科編に対する自分の思いや意見というのは、前巻の研究時に書いているので今回特にいうことは無いんですが。

ただ、(広い意味での)「報道」する側に対してずっと抱いている思い、それは、
なんて傲慢なの、あなた達は!
ってこと。

「真実だから報道するんです!」 ← ここまではいい。信用できる。
「そして、何より読者が望んでいるから、我々は報道する義務があるんです!」 ← ここで途端に胡散臭くなる。

おれらのせいにすんなよ、っていう。確かに「売れる」ってことは「悪」ではないけど、「売る」ってことだけを前提にしたただのゴシップは要らない。勝手に人の望みをかなえて「やってる」っていう気になられても迷惑というもの。
「報道」って本来、とても重要で、とても有用なもの。「おれが報道したいことをどうあっても報道したいんだ!」。これくらいの気概が欲しい。

話しがメインテーマから少々外れてしまいましたが。
小沢さんが退院する時に、お母さんがかけた言葉、「大丈夫よ・・・・・まだ誰にも言ってないから」。
精神障害というものを取り巻く現状の、どうしようもなく閉じた体質を言い表すこの言葉。
でもじゃあどう変えて行けばいいのか、と問われれば・・・・ボクにはまだその先が見えてなかったりします。

当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-04-26 22:47 | ┗ comic - '05 | Comments(2)

本日の研究 【よつばと! #3】

a0035263_2341520.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『よつばと! #3』
      あずまきよひこ







この3巻もヨメさんの同僚の方が貸してくれたのでした。

ついに綾瀬家の主が登場。以前一度死んだような話題も出ましたが、やはり生きてました、おとうさん。
お父さんの夢がまたいいんですよね~、かわいくて。うちも娘だったら、是非っていうアイデアです。ロマンチック。泣けるなぁ~。
でもよつばにやっつけられちゃって。ひたいに攻撃を受けたのかな?あはは。

そして、あさぎをやさぐれさせたのは、あなたですから、お母さん。

てなカンジで、今回はお隣さんの綾瀬家にかなりスポットが当たってます。登場人物があまり出てこないのもまたよし。目指せサザエさん!みたいな。
さらに今回、あさぎの友達、その名も「虎子」が出てきます。今後も出てきそうな、アクの強いカンジの女性。かっこいいんですけどね。

ひまわりのようなよつばちゃんは、ひまわりが好きなんですねー。ボクも大好き。結婚式にはひまわりでテーブルを飾ったのだ。
そしてジャンボの職業は・・・お花屋さんだったんですね。意外な。

それにしても風香ちゃんはホント、いつもヘンなTシャツ着てますな。

当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-04-13 23:16 | ┗ comic - '05 | Comments(2)

本日の研究 【GANTZ #15】

a0035263_21283883.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・『GANTZ #15』
   奥 浩哉





3ヶ月以上も前に買って読んでいたので、今更ですが。なかなか機会がなくて今頃発表。

一度死んだはずの人間が集められる、あるマンションの一室。
ここに集められた人間は、”ガンツ”と呼ばれる黒い玉に指示された<標的>を倒さなければならない。超人的な力を発揮できるスーツや武器を渡された玄野たちは、訳も分からないままにそのルールに戸惑いながらも、次々と集められてくる仲間と一緒に、<標的>に立ち向かっていく。

徐々にその世界にも慣れ、潜在的な力を発揮し始める玄野。同じく”ガンツ”によって集められたこれまたスゴイ力を持つ和泉と反目しつつも、共にミッションをクリアしていくが…。

今巻では、普段は学校で”昼行灯”と呼ばれる冴えない高校生である玄野と、地味でオタクと呼ばれる彼女の小島との間に、レイカというアイドルの女の子の存在が関わってきて、二人の間に亀裂が生じます。そして、二人の間に更に大変なことが…。そしてとうとう和泉とも仲を違えることになって。

って、字ヅラだけでみると、なんだかどうしようもない話に思えますが…。伝えきれないなぁ、う~ん。

奥浩哉の描く作品は、設定も良いし、パソコンで描かれる絵も美しいですが、そんなことよりも何よりも、その「お話」がいいのです。ベタといえばベタなんだろうけど、なんだか「ぐっ」とくるんですよねー。『変』の頃から大好きなんですが、その3巻に入っている、”宿”や”黒”といったお話が大好きで。
今はまた違ったカンジのものを描いてますが、時折見せるその「ベタな魅力」にやっぱり惹かれてしまいますね、ボクは。

当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-03-29 22:07 | ┗ comic - '05 | Comments(0)

本日の研究 【賭博堕天録 カイジ #2】

a0035263_2031378.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『賭博堕天録 カイジ #2』
   福本伸行





人間としてはどうしようもないが、博打をやらせたら天才的という<カイジ>の新シリーズ、第4章目の『渇望の血』の第2巻。

以前、借金返済の為に地下で強制労働させられていた時の仲間に頼まれて、彼等の働くカジノの社長をやっつける事を引き受けたカイジ。今回はいよいよ対戦することに。

いつも凝ったギャンブルが出てきますが、今回の対戦方法は「麻雀」。しかし当然の事ながら、普通のルールではありません。二人で行うその「麻雀牌」と「麻雀のルール」を使ったゲームの名前は”地雷ゲーム”、または”17歩”。
詳しくは、実際に読んで頂いたほうがいいでしょう。興味を持たれた方は是非。

今回、カイジはその社長を倒す為に策を講じるわけですが…。

今までのものとは違って、今回は少し麻雀のルールを知ってないとつまらない部分もあるかもしれませんねー。ルールを知ってる人間としては、この”切る”時のシビレるカンジとか良く分かりますけど。「なるほど、そう考えるのか…」っていう面白さもあります。

それにしてもこの作者のアイデアはすごい。よくもまぁこんなに色々と出てくるもんだなぁ、と感心してしまいます。ちょっと実際にやってみたくなるんですよねー、このゲーム。そういう意味でもすごいことです。

そして、作者がこのルールを持ってきたということは、「必ず勝つ為の抜け道がある」ということ。カイジを読む楽しみの最大の理由は、その「抜け道」が何なのかを探ること。今はまだそれが分からない。その答えが見つかるまで、楽しみは続きます。とても不思議な魅力を持つマンガですね。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-03-08 21:44 | ┗ comic - '05 | Comments(0)

本日の研究 【よつばと! #2】

a0035263_19271721.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・ 『よつばと! #2』  あずまきよひこ







極貧状態でなかなか続巻が買えなかった『よつばと!』。偶然にもヨメさんの同僚の方が貸してくれました!やたっ!

元気一杯、天真爛漫な”よつばちゃん”を通して、日常の機微を描く物語。
相変わらずのほのぼの系。絵がいいっす。「くすっ」くらいの笑いなんですが、それがヒジョーに心地よいカンジです。

よつばちゃんの隣りに住む三姉妹もそれぞれ味があっていいです。あ、お母さんもね。

まぁでもホントはこれといって書くことがないんですよねー。特別なドラマがあるわけじゃなし。なんだけど、不思議と読みたくなるマンガです。何がこんなに「ほっこり」した気持ちにさせるんでしょうかねぇ。そんな気持ちになりたい方にオススメしたいマンガですねー。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-03-06 19:52 | ┗ comic - '05 | Comments(2)

本日の研究 【のだめカンタービレ #11】

a0035263_20194412.jpg<'05 - comic>


本日の研究作品。

・ 【のだめカンタービレ #11】 二ノ宮 知子







すっかりロビタ4号の研究室で上位常連となった”クラシック”コミック。

今巻も前巻に引き続き、指揮者コンクールから始まります。そして、のだめは学校、千秋は”人生学習”へと旅立ち、しばし離れ離れに。

それにしてもエリーゼ、ミルヒーのマネージャーのくせして千秋のライバルであるジャンの応援とは。うちわまで作ったりして…。そして彼女の指揮で『砂漠のプロメテウス作戦』が決行されます。

そして、ミルヒー。「コマンタレブ~」等と調子よく登場したかと思うと、「このタオルケット ゴアゴア~ン!!」、「マーメードジュース飲みたい!」等と子供のように手を焼かせます。それにしてもこのスケベじじいは、体調崩してるくせして何を読んでるんだか…。

ホントに魅力的な「愛すべき脇役」たちが出てくるマンガなんですが、今回もユーロンというなかなか味のあるキャストが加わります。イジリがいのありそうなタイプのなので、今後も活躍してくれそうです。楽しみ。

クラシックにまったくと言っていいほど造詣の無い自分でも楽しめているので、そういう方でも是非。もちろん、クラシックに精通されている方なら更に楽しめることでしょう。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-02-11 21:06 | ┗ comic - '05 | Comments(4)

本日の研究 【最強伝説 黒沢 #5】

a0035263_20535221.jpg<comic - '05>

本日の研究作品。

・ 【最強伝説 黒沢 #5 / 福本伸行】



『カイジ』でお馴染みの福本伸行氏が描く、冴えないオヤジ<黒沢>の物語の第5巻。

今巻も前巻から引き続き、中学生との決闘シーンがメイン。
そしてそれをうまく乗り切ったにも関わらず、やっぱりおかしな方向に進んで行ってしまいます…。

ただそれでも今までとはやはり微妙に変化しています、黒沢さん。自信というヤツの成せる技なんでしょうかねー。

とはいえ…。
ちょっと、ボクの中では落ちてきちゃいましたかねー。他に研究したいものもあり、ここは研究中断を決断。

2005年、1発目の研究から残念な結果…。
[PR]

by robita00 | 2005-01-14 21:12 | ┗ comic - '05 | Comments(0)