カテゴリ:┗ comic - '04( 22 )

本日の研究 【ロビタ4号ラボの2004年を振りかえる】


今日は、≪ロビタ4号のラボ≫から、<comic - '04>について振りかえってみます。


大賞 『ブラックジャックによろしく』 佐藤秀峰 著

殊勲賞 『バガボンド』 井上雄彦 著

敢闘賞 『のだめカンタービレ』 二ノ宮知子 著

新人賞 『蟲師』 漆原友紀 著


4号のラボとしては、『バガボンド』『ブラックジャックによろしく』『のだめカンタービレ』の3本柱が、前年から引き続き好調をキープ。外しませんねー。

特に『ブラック~』は、主人公の斉藤よりも患者の方のドラマに比重が高くなってきてからどんどん好きになってきてます。”本家”『ブラック・ジャック』に迫る勢いでお気に入りです。

『バガボンド』は今年は小次郎がメインでした。武蔵と剣を交える日はまだまだ先のお話でしょうかね。でもその日がまだまだ来ない事を祈ります。ホントにこの人の絵はいいなぁ。

『のだめ~』は千秋がヨーロッパを舞台に奮闘して行くことに。天才千秋でも本場ではなかなかうまく行かないところに新たな楽しみが出ましたが、日本を離れることで、峰や真澄ちゃんが出なくなるのは寂しいところですが。

それに続く、『リアル』『GANTZ』といったところもいいです。特に『リアル』はぐんぐんと当ラボの評価が上がってますねー。

更に。今年は新しいのも幾つかランクイン!『よつばと!』『ラブロマ』『プラネテス』と、良い具合に幅も広がって。今後もこれらの作品には期待。

しかし!今年は何といっても『蟲師』!!!
新人としては大活躍。ウチにとっては「『蟲師』の年」と言っていいほどとなりました。でも去年は一気に5冊読めましたが、これから先は年に1冊しか出会えないので、その日を心待ちにしております。

さて、その裏で。
『BECK』、『カイジ』、といった辺りは残念ながら研究を中止することに。研究する対象は当ラボにあるものとしていること、しかしながら研究費や本棚のスペースには限りがあることから、新たな作品が増えたと言うことは、何かを削らなければならない事を示します。BECKというバンドがどういう風になっていくのか、カイジの借金はどうなっていくのか、気にはなりますがいたしかたない。
とはいえ、『カイジ』は今回の章に入ってまた復活しましたが。

2004年は豊作、といってよかったです、ウチ的には。
来年も何かを削らなければならないほどの作品と出会えますように。
[PR]

by robita00 | 2005-01-08 14:32 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究 【最強伝説 黒沢 #4】

a0035263_2282773.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【最強伝説 黒沢 #4 / 福本伸行】





『カイジ』でお馴染みの福本伸行氏が描く、冴えないオヤジ<黒沢>の物語の第4巻。

44歳、独身の現場監督。資格も能力も人気もない…。なんとか周りに好かれようとあがくが、”なんだかいつもうまくいかないオヤジ”黒沢。
自分の人生でも、周りを見渡せばそういえば一人はいた、そういう人。そして自分もやはりそのポジションへと邁進しているように思えます。きっとそうなんだろうなぁ。

最初にこのマンガに行きついたきっかけは、【本の雑誌】という雑誌の「2003年度私のベスト3」という企画で、柳下毅一郎氏がこのマンガを第1位に挙げられていたからです。
氏の、「ちかごろの若い者は『最強伝説 黒沢』を読んで笑うのだという。 / これを笑って読めるものは幸いである。ぼくにはとうてい笑いとばしたりできない。 / これほど哀しく泣ける漫画は久しく読んだ記憶はない。」というコメントに思いっきり惹かれました。

実際、3巻までというのはボクのような「新人オヤジ」にとってすら、”哀しくなる”マンガでした。自分にとって今の人生は”幸せ”と呼べるものではありますが、それでも一歩間違えば「そんな人生だったかもなぁ…」と思ってしまいますねー。切なくなります。

それだけに決して派手なストーリーではないながらも惹き込ませるものがあったのですが、今回はちょっとケンカのシーンに終始してしまっているせいもあり、ちょっと自分的にはキませんでした。

ただ、黒沢さんには少し変化が見られる巻となってますねー。この調子でタイトル通り”最強伝説”を作っていくのでしょうか?
「それだと、ちょっとなぁ…」って思うボクも意地が悪いのかな?とは思いますが…。
[PR]

by robita00 | 2004-12-21 22:50 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究 【ベルセルク #3】

a0035263_21383760.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【ベルセルク #3】 三浦 建太郎 著



大人気のマンガ。1~3巻までを古本で発見し、購入。今日はその第3巻目を。

ってとこなんですが、とりあえず1~3巻時点では…ちょっとボクにはキませんでした。
あれだけ人気があると言うことはこの後ノってくるんでしょうが…。

他にも研究したい作品はいっぱいあるので、今のこの思いを覆すほどの情報がもたらされるまでは、この先の巻を追って行くのはとりあえず「封印」ってことで。無念…。
[PR]

by robita00 | 2004-12-09 21:48 | ┗ comic - '04 | Comments(2)

本日の研究 【リアル #4】

a0035263_21563931.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【リアル #4】 井上 雄彦 著



年に一度、秋に発売される『リアル』の第4巻。

『スラムダンク』、『バガボンド』、『BUZZER BEATER』、そして『リアル』。やはりこの人の描く漫画はどれも好きだなぁ。どれも≪感動≫させられるんですねー。≪泣く≫ではなく≪感動≫。泣きどころも当然ありますが、それ以上に大きな≪感動≫を感じさせてくれる数少ないマンガ家さんです。

今回の『リアル』では、足を切断した後の清春少年にスポットが当てられています。
”走る”ということを取り上げられてしまった少年。自分が今まで生きてきた時間は無意味だったのかと自らに問う少年。自分は父親の重荷になってしまっているのかと悩む少年。
そして…再び「誰よりも早く」という気持ちを取り戻す少年。

ボクらが生れ落ちたこの世界、自分ではどうしようもないことというものは…まぁやっぱりあるんでしょうね。「こんなに頑張ったのに、こんなに頑張ってるのに、なんでだーっ!」。
ただそこで、そのことを受け止めて立ち止まってしまう人と、そのことを受け止めた上でそこから前に進もうとする人とに分かれるのでしょうね。
ボクはこんな風に強く生きれるのかなぁ。虎のように、ヤマのように、そして清春のように…。

ローテーション。ボクは初めて聞く言葉、そして初めて目にしたもので、ちょっとびっくりしてしまいました。膝関節として足首を使う、という点では合理的ではあるのかなぁ。

で。安積…イイです。って、いつもそんなコト言ってますが。でも安積はイイ。
まぁ男性作家の描く女性は、”男性からみた理想の女性”像が描かれていることが多いと思うので、イイと思うのも”アリ”なのです。…違う?


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-11-30 23:41 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究 【蟲師 #4】

a0035263_22165468.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【蟲師 #4】 漆原 友紀 著



人に害をなす蟲を退ける事を生業とする、「蟲師」ギンコを主人公とした物語の第4巻。
5巻と研究の順番が逆になってしまった…。

元々が決して派手な作品ではないのですが、今回はいつにも増して地味な印象。でもじんわりと染み入ります、今回も。

ボクはやっぱり”籠のなか”に惹かれてしまいますねー。どうしても、わかっていてもこのテの話には弱い…。し、このセツのような女の人にまず弱いです。昔っから。
ワタシはキスケになりたい…。


”現在”の位置から遠からず、されど近からず…。この時代感の無さが平衡感覚を無くさせる原因なのか、くらくらしながら吸い込まれてしまいます。パラレルワールドさながらの不思議な世界。ヤミツキです。中毒性、高し。
いつもながら、装丁もステキです。



当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-11-12 22:19 | ┗ comic - '04 | Comments(2)

本日の研究 【賭博堕天録 カイジ #1】

a0035263_20584645.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【賭博堕天録 カイジ #1】 福本 伸行 著



人間としてはどうしようもないが、博打をやらせたら天才的という<カイジ>の新シリーズ。
シリーズとしては3作目であり、第4章目の『渇望の血』の第1巻。

なんといっても<カイジ>は最初のシリーズ、『希望の船』の”限定ジャンケン”にヤられてしまいました。<カイジ>未読の方は是非この素晴らしいアイデアを目の当たりにして欲しいです。

ボクは第2章の”Eカード”も好きだし、第3章の”ちんちろりん”の班長の思いつきも大好きだったのですが、その次の”沼”がどうもイマイチで。結果、その部分は売られていってしまいました…。
そろそろアイデア的にもキツイかなぁ、と思っていたところで、今巻を本屋で見つけて思わず手を伸ばしてしまいました。

今回の素材は”麻雀”。とはいってももちろんありきたりのやり方であるはずがありません。なかなか面白そうなルールです。今巻ではルール説明までで終ってしまいましたが…これは期待できるかも!
”沼”の時は心理的な面が薄かったからイマイチのめり込めませんでしたが、今回は一対一ということで必然的に作者得意の心理戦が楽しめそうです。

ボクはいつまで経っても絵が馴染めないんですが、アイデアは秀逸だと思っています。魅力的な作家さんですよー。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-11-06 21:51 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究 【蟲師 #5】

a0035263_2157138.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【蟲師 #5】 漆原 友紀 著



人に害をなす蟲を退ける事を生業とする、「蟲師」ギンコを主人公とした物語の第5巻。

常に外しませんねー。今回もいいです。

最初の”沖つ宮”というお譚がまずいいです。
「その島では、命を落とした者は全く同じ姿でもう一度生まれ変わってくる」、という筋。
やっぱり自分の嫁さんや子供が死にそうになったら、是非もう1度生まれ変わってもらいたい、たとえ自分の側にいてくれるわけでなくてもどこかで生きていて欲しい、なんて思っておりますので、そういう想いで惹き込まれてしまいました。
まぁ読み進めて行くうちに、そういう考えだけではないのかもなぁ、とも思ったりもしましたが。

しかしそういえば、女の人が亡くなった場合は、どうやって”生みなおし”をすればいいのだろう?


そして何といっても、ボクはこれ。”山抱く衣”。
ボクには特に故郷と呼べるような場所は無いのですが、親父やお袋の実家などに帰ると「自分が巣立った場所」があるっていいなぁ、と思うものです。
この譚のように、その土地土地にはそれぞれ”産土”というものがあり、それはその土地から生ずる植物に宿り、ひいてはそれを摂取する動物にも宿る。影響力は小さく、また宿主がその土地を離れれば力を失うが、生まれた地にさえ戻ればまた生涯守ってくれる、っていうのは実際の事で有る無しに関わらず納得させられてしまうし、なによりなんだか温かい気持ちになりました。「ホントだったらいいなぁ、それ」って。

たとえ1年にいっぺんではあっても、出会える日を心待ちにしておりますので、末永く続けて行って欲しい作品です。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。

そして…4巻の研究発表すっかり忘れてた!
…そのうちやります。
[PR]

by robita00 | 2004-10-29 22:31 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究 【ブラックジャックによろしく #10】

a0035263_2054432.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【ブラックジャックによろしく #10】 佐藤 秀峰 著





ドラマ化もされた、超人気マンガの第10巻であり、精神科編の第2巻目。


医療者側の閉じた医療体質が表のテーマだとすれば、裏のテーマはマスコミ報道の是非、というところでしょうか。

伊勢谷がいう、「結局 患者を差別しているのはまずは医者なんですよ」という言葉はその閉じた医療体質を言い当てるものだろうし、「大衆が知りたがっている事を伝えるのが使命」だといいつつ、時として一面的な報道で故意に誘導するマスコミのあり方にも一石を投じてます。

そして、そんな誘導されるボク達も大いに問題があるということでしょう。ボクらは数多く溢れている情報をきちんと取捨選択をしなければならない。それを放棄して流されていくことが、誰かに対しての暴力となりうる事をはっきりと自覚しなければならない。

今回の巻はとても考えさせられるものです。それは先に挙げた報道へのあまりにも盲目的な「信頼」と、精神病の患者さんへの曲解された「認識」についてです。
精神に異常を抱える人より、人間として異常であるヤツの方がよっぽど野放しにされている。そのことの方がよっぽど問題なのかもしれません。

ボクは作者の方と同じく、精神病の患者さんが全員「犯罪者予備軍」だとは思っていません。
そしてだからこそ、精神病であっても罪は償うべきだと思うのです。決して精神病だからという理由だけで減刑するべきではないと思っています。そういう風だからこそ、「精神病の人は何をやってもしょうがない」となり、「精神病患者」=「何かしでかす」という論理になってしまう。
とはいえ、そんなこというボク自身もそんな風にはこれっぽっちも思っていなかった、とは言いきれませんが。

ボクの説明も下手ですし、作者の意図ともズレているかもしれません。皆さんはどう思われるでしょう?興味を持たれた方は是非9、10巻を読んでいただきたいと思います。
このマンガをドラマで知り、ドラマと共に終ってしまった方、是非ともコミックを御覧いただきたい。ボクはドラマは見ていないのですが、テレビでは伝えきれない世界がきっとコミックには描かれていると思いますので。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-10-25 22:31 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究#1 【プラネテス #2】

a0035263_1482564.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【プラネテス #2】 幸村 誠 著



アニメ化もされた、SFマンがの第2巻。


いよいよ”ハチマキ”こと八郎太君が、木星往還船乗組員を目指して本格始動していきます。まぁそれは夢への第一歩ということで、本当の夢は自分の宇宙船を所有して、誰にも指図されずに宇宙を飛び回りたい、ってことなんですが。

そして今巻では、ニューキャラクター”タナベ”が登場。これがなかなか重要な役割を果たしてます。主人公のハチマキではちょっと照れくさくて言わせられないような部分を、がんがん言わせてる、そんなカンジに思えます。

1巻よりはるかに好きです、この2巻。1巻はまぁどうしても設定の説明的な部分に頁を取られた感もありますが、今巻では、説明は終了したんで作者の言いたいことや思いを前面に出せてきたっていう気がします。

あ、そういえば、ハチマキの親父もでてきます。ハチマキの将来を投影しているようでもあり。
これまたイイ味出してるんですよねー。異様に強いし。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-10-15 14:34 | ┗ comic - '04 | Comments(0)

本日の研究#1 【蟲師 #3】

a0035263_13535677.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【蟲師 #3】 漆原 友紀 著



人に害をなす蟲を退ける事を生業とする、「蟲師」ギンコを主人公とした物語の第3巻。


相変わらずの独特の世界観。
心の奥深くの琴線を微妙に、それていて力強く刺激します。

今回も珠玉の5編が綴られております。
ボクは今回の”錆の鳴く聲”というお話が好きなんですよねー。
そしてラストの”眇の魚”では、ギンコの生い立ちとうか成り立ちが描かれています。

どの話も、よくぞこれほど色んな話が作れるものだと感心し、どの話も、いちいちよく出来てます。「締め」がいいんですよねー。だからなのか、読了後の余韻が心地よい、そんな作品です。
数少ない、「誰にでも薦められる、薦めたい」作品です。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。

そして、『オブリガード!』の結果も一緒にUPしておきます。また忘れてた。
[PR]

by robita00 | 2004-10-13 14:18 | ┗ comic - '04 | Comments(0)