カテゴリ:┗ song - '04( 8 )

本日の研究 【ロビタ1号ラボの2004年を振りかえる】

今日は、≪ロビタ1号のラボ≫から、<song - '04>、<album - '04>について振りかえってみます。
【ROBITA LAB】ミュージックアワード!


【ソング・オブ・ジ・イヤー】 ”ロックンロール” / くるり

【アルバム・オブ・ジ・イヤー】 『無罪モラトリアム』 / 椎名林檎

【MVP】 LOST IN TIME

【殊勲賞】 ASIAN KUNG-FU GENERATION

【敢闘賞】 椿屋四重奏

【新人賞】 椿屋四重奏

【特別賞】 椎名林檎


当ラボの中でもメインとなるロビタ1号の研究室。
今年も例年通り、充実した研究結果となりました。ウチ的に好きなものが多く、かつ、新しく好きになるものも出てきて、大満足。

さて、受賞の顔ぶれを見てみると。

まず、【MVP】にはLOST IN TIMEが選ばれました。ぱちぱちぱち。
特別、革新的な音を鳴らしたわけではありません。一言で言えば「前作の延長線上」にある作品と言えるかもしれません。が、その”延長線”は急上昇を描いています。全てのレベルがアップ。”進化”は無くとも”深化”は確実にした。
そしてここにまた一人、「大好きな声を持つアーティスト」が増えたのでありました。

続いて、【殊勲賞】にはアジカンが。
こちらは残念ながら1st未聴の為、その”深化”の具合が分からないわけですが、少なくとも『崩壊アンプリファー』の頃とは比べ物にならないほどですねー。いやー、びっくりした。

<2nd>でずっこけちゃうバンドも多い中、この2バンドはそれぞれ素晴らしい作品を届けてくれました。それも奇を衒う事無く、真っ向勝負。
以前にも書きましたが、ボクは「常に違う事にチャレンジしたい!」みたいなアーティストより、同じ事を更に深めて行ってくれる人が好きです。その方が格段に難しいと思うし。「違う音楽なら、違うバンド聴くからいいよ」っていうスタンスなんです、基本的には。「そうじゃなくて、君達のそのスタイルに惚れたんだ」、と。
そういうところからすると、彼らは理想的に深化してくれてホントにうれしい。これからもよろしく!

そして、【敢闘賞】【新人賞】のダブル受賞を果たしたのは、椿屋四重奏
マンドゥ、バンプ、HARCO、KEANE、等のメンツを押さえて、新人ながら堂々の敢闘賞受賞。
最初の会社を辞める頃、毎日その道中のお供にしていたこともあり、何しろ印象深いです。”嬉し悲しき共にあり 忘れ難きをまた灯し 嵐の中 自ずと望んだこの場所に 涙と雨の祝福を!”。会社に向かいながら、そこでの9年間を思い返し、涙しそうになりながら最後の3ヶ月間は通いました。
まぁ、その加算点は置いておくとしても、アナログ世代のボクには、「A面、B面、5曲ずつ」を意識したような作りは好感持てますし、10曲って潔くて好き。それに何といっても楽曲がいいです。2004年のベスト20に3曲送りこんだのは素晴らしいの一言!
来年以降も目が離せません!

そしてそれ以上の4曲を、東京事変も入れれば5曲をベスト20に送りこんだのが、【特別賞】受賞の椎名林檎
【アルバム大賞】受賞、【ソング賞】でも2位につけたことを考えれば断然、【MVP】であったわけですが、やはり'04発表作品で無いことを考慮してこの結果。
それでも対抗馬がいなければ【MVP】でよかったわけですが、今回はロストインタイムもいたということで。
それにしても思った以上に素晴らしいアーティストでした。「当ラボ向きではないかな?」と敬遠していたことが完全に裏目に。音楽通の方を唸らせるほどの才能を持ち、ボクのようなものが惹きつけられるほど”ポップ”でした。完璧。
これからは、リアルタイムで追って行こう!今更だけど。

そして作品に目を向けると。
2004年は、洋楽を聴き始めた高校生の頃から数えて、初めて邦楽のCDを買う数の方が上回った!結果にも如実に表れており、この傾向は今後も続きそう。

是非、洋楽チームにも頑張っていただきたいところですが、その中でもMANDO DIAOKEANEは頑張った。この若手達には今後も期待大。特にマンドゥは他の有力バンド達の2ndが軒並みずっこけたのに、よくぞ頑張った!…って、世間的にはまるっきり逆の評価のようですが。でも、ウチでは彼らがベスト。期待に応えました。

そして、邦楽。
くるりは、”ロックンロール”という当ラボでは「くるり史上NO.1ソング」の誉れ高い曲を届けてくれましたが、アルバムとしてはウチでの評価はちと伸びず…。まぁウチでは「わかりやすい曲」じゃないと、なので。

BUMP OF CHICKENも過去の作品と比べると、ウチでは低めの評価ですが、決して悪い作品ではありません。ちょっとハードルが高すぎちゃってますから。


総じて2004年は非常にいい作品に巡り合えたのではないかと、思っております。しやわせな事ですねー。
来年は頭から、100s、スピッツと期待のバンドの作品が続きますが、その後も2004年くらい好きな作品と出会えるといいなぁ。
[PR]

by robita00 | 2005-01-09 17:22 | ┗ song - '04 | Comments(0)

本日の研究 【正夢 / スピッツ】

a0035263_21493918.jpg<music>
本日の研材、

『 正夢 / スピッツ 』



数多い名曲を輩出してきたスピッツの、そのキャリアの中でも白眉の作品と目されている最新シングル。

これはまた王道できましたねー。直球ど真中で勝負してきました。
まぁ基本的にボール球で空振りを誘うってタイプのバンドではないですよね。ストライクゾーンの中でボール半個分下を狙ったり出来る絶妙のコントロールの持ち主。

その彼が持ち前の≪絶妙のコントロール≫を無視してど真ん中めがけて投げてきた。これが良くないはずがありません。王道ポップな曲を作らせたら、マサムネくんは横綱クラスです。
こういう展開の曲って、ともすれば「ベタベタ」になりそうなもんですが、それをさせないのはやはりあの”声”ですかねぇ。ずるい”声”してます。

当ラボとしては、『スピカ』、『放浪カモメはどこまでも』、等には及ばないものの好評価。

ジャケットのくじらは何を想う…。

今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<'04 - song>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-12-08 22:40 | ┗ song - '04 | Comments(9)

本日の研究#1 【ASIAN KUNG-FU GENERATION】

a0035263_1151392.jpg<music>
本日の研材、

『 君の街まで / ASIAN KUNG-FU GENERATION 』



今年絶好調のアジカン、2004年4枚目のシングル。

なんだかもう自信に満ち溢れてますねー。迷いが無い。確信を持って鳴らされる音というのはやはり力強いです。
TVで流れてきた瞬間に、「おっ、好きな曲!」と思いました。アジカンの新曲と知って、「あぁ、やっぱり」と思わせるのもスゴイ。それくらい、当たり前のように高いハードルをクリアしていきます、最近のアジカン。

やっぱり一聴して「おぉっ!」と思わせる楽曲って、ボクには最重要事項。「そんな一発で分かるようなベタな曲なんて」という意見は多いでしょうが、ボクは最初に「ガツン!」とヤられると後はもう絶対服従状態に陥ります。
一撃必殺。それってすごい才能だと思いませんか?

♪揺らいでいるぅ~ wu-wu 頼りない
              ↑こーゆー、なんだか耳に引っかかる歌い方なんかも好き。

アジカン。
最初『崩壊アンプリファー』が出てすぐに購入したときは、「ん。まぁまぁかな?」なんて思ったきり『ループ&ループ』聴くまで離れていたのですが。なので1stアルバムも未聴で。
いやぁしかし、見誤ってましたねー、恥ずかしながら。今の彼ら見てると、どこまで行っちゃえるのか、ホント楽しみです。

アートワークも常にステキで、特に今回のは好きです。
しかし、鳥シリーズ、なのかな?


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<'04 - song>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-10-08 12:25 | ┗ song - '04 | Comments(0)

本日の研究#1 【100s】

a0035263_115699.jpg<music>
本日の研材、

『 HONEYCOM.WARE / 100s 』



100s名義となって2枚目のシングル。

表題の”HONEYCOM.WARE”というのはナカムラ君の造語だそうです。”プラスチック・ハニカム”という建材があるそうで、六角形の蜂の巣構造(ハニカム)っていうのは強度があって衝撃に強いらしく、「この6人で強くなれる、この6人でやっていくんだ!」という決意の表れでしょうか。


ボクにとっての中村一義というアーティストは、ビートルズ世代の人のビートルズにあたるものだと思っているほどで、「彼と同じ時代を生きれて良かった」と心底思える存在です。
デビューアルバム『金字塔』を聴いて、ボクの人生は明らかに変わった。

そんなボクにとって、バンド形式になった前アルバム以降は「なんだか”ナカムラ君臭さ”が足りないような…」などとものすごーーく勝手な事を思っていたわけです。

でもそれはナカムラ君にとって望んだところなのでしょう。彼は「中村一義とその仲間たち」というものではなく、「100s」というバンドでやっていきたかったのですから。
100sにおけるナカムラ君は、1/6でしかないのだから「ナカムラ君臭さ」がソロの頃と比べて減っていてもそれは当たり前。むしろ「6人で1つである」ことの証明かもしれません。

ボクは決して100s否定派ではなく、100sのメンバーも一人一人すごく好きです。これ、ホント。インタビューなんか読んでも、ライブ観ても、「いいなぁ」、って。ナカムラ君もすごく楽しそうで、みんなを信頼してるのもすごく伝わってくる。それはとても大切な事だし、ナカムラ君の違った面をみれるというのもそれはそれでまた興味深いところです。

それに以前、「アルバム1つ1つが組み合わさって1つの作品になるようなものを目指している」ように言っていたと記憶してます(ちょっと違ったかな?)。それぞれ違ったテイストが融合して最終的にどんな作品に仕上がるのか、ボクはずっと見ていきたい。

で話を戻して、今回の曲。
ボクはまだそんなに聴きこんではいませんが、好きです。何と言うか、みんなで作り上げたってカンジと「ナカムラ君臭さ」がうまくマッチしているように感じました。新しい形にボクの感覚がやっと追いついたのかもしれませんねー。
この感じだと、来るべきアルバムはひじょーに期待出来る!と確信しました。
それにそこにはまっちぃのいう、「自分の中で『君ノ声』と『永遠なるもの』は越えた」という曲も入ると思われ、期待はさらにさらに高まります。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<'04 - song>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-10-06 13:32 | ┗ song - '04 | Comments(0)

本日の研材 【カンパネルラ】

a0035263_19281099.jpg<music>
本日の研材、
『 カンパネルラ / カンパネルラ 』



下北沢あたりを拠点としてるようですね。'04発表の1stミニアルバム。

HPを覗きに行きましたが、メンバーは3人+1ってカンジなのかな?しかしその「+1」の人が”リーダー”ってのは???

ボクは聴いてて、全然雰囲気違うんだけど何故か「”すかんち”好きの人がいるはず!」と思ったんですけど、いませんでした。ヌーノ・ベッテンコート好きな人がいて、その系を聴いていた頃を思い出して懐かしんでしまいましたが。

ってここだけ見ると、ビビってひいてしまう人もいるかもしれませんが、すかんちともヌーノともまるで違う音楽ですのでご安心を。カラッとかわいいポップです。

で、ボクは#3(”急いで”)、これ好きっす!!#1(”人間さん”)も好きですけど、やっぱり#3に尽きます。ウチのようなポップ専門ラボにはたまりませんな。曲の盛り上げていき方がとても好みです。グー。

いやぁそれにしても今年は、曲単位で言えば豊作の部類に入るなぁ。ま、ウチとしてはですが。うーれすぃ~。

当ラボの研究結果は、ロビタ1号のラボの<'04 - album><'04 - song>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-09-08 20:25 | ┗ song - '04 | Comments(0)

ロビタ1号の研究日誌【SCARLET】

a0035263_20381262.jpg<music>
しばらく研究をお休みしていたので、今日はもう1つ。
本日、2つ目の研材。
『 SCALET EP / SCARLET 』


スーパーカー登場以来、この形態が好きになってしまいました、"男女ツインボーカル"。
ジャケも気を引くこの作品、何といっても#1("青い月")が秀逸!自分にとってはこの1曲目で、決まり、でした。
エモっぽい、ギターポップ。まぁ、よくあるんですけど、この匙加減、バランス、そういうものが、かなりウチのラボ好みです。

余談ではありますが、これはタワーレコード新宿店の試聴コーナーで、店員さんの推薦文につられて聴いてソッコー買ったのでした。あそこはどれみても推薦文に惹かれて買っちゃうんだよなー。だから、最近は行ってません。何でも欲しくなるから。

まぁそんなことはさておき、これは早くフルアルバムが聴きたいところですねぇ。他の曲もまた違った味わいで良かった(#4とか)ので、なかなか広がりのあるアルバムになるんじゃないかなぁ。

ロビタ1号のラボの<'04 - song><'04 - album>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2004-08-12 21:13 | ┗ song - '04 | Comments(0)

ロビタ1号の研究日誌 【安藤裕子】

<music>
本日の研材。
『and do, record. / 安藤裕子』

以前にも書きましたが、これはPanasonico主宰のジュンイチさんから推薦していただいた、" 忘れものの森 " が収録されているミニアルバムです。
彼女、女優さんなんですね。どうりで可愛いはずだわ。そっちが本業なのかな?有名な方かもしれませんが、なにせそっち方面に疎いもので。
ご自身で作曲されていることからも、音楽も片手間ではない事が窺えますね。歌詞もなかなか素敵です。他の収録曲でも " ドラマチックレコード " が好きでした。
ロビタ1号のラボにUPしておきます。はい。
[PR]

by robita00 | 2004-08-07 00:13 | ┗ song - '04 | Comments(2)

<song - '04>


ここでは<song - '04>の研究を発表しています。
また、みなさんのオススメがありましたら、是非ご一報下さい!

注) これはウチのラボで研究したのが今年ということであり、作品自体の発表が今年のものということではありません。

--------------------------------------------------------------------

 1. ロックンロール / くるり
 2. 同じ夜 / 椎名林檎
 3. YOU CAN'T STEAL MY LOVE / MANDO DIAO
 4. 群青日和 / 東京事変
 5. BLISS / MUSE
 6. 嵐が丘 / 椿屋四重奏
 7. オンリー ロンリー グローリー / BUMP OF CHICKEN
 8. 正夢 / スピッツ
 9. ヒカリ / LOST IN TIME
10. ループ&ループ / ASIAN KUNG-FU GENERATION
11. 小春日和 / 椿屋四重奏
12. 正しい街 / 椎名林檎
13. THIS IS THE LAST TIME / KEANE
14. 天気雨 / HARCO
15. 幸福論(悦楽編) / 椎名林檎
16. 春雨よ / 椿屋四重奏
17. 急いで / カンパネルラ
18. 君の街まで / ASIAN KUNG-FU GENERATION
19. 13 / ジムノペディ
20. 歌舞伎町の女王 / 椎名林檎
21. 嘘つき / HARCO
22. BROKEN MAN / THE VON BONDIES
23. あなたは生きている / LOST IN TIME
24. 誰かはいらない / LOST IN TIME
25. BEND AND BREAK / KEANE
26. CUT THE ROPE / MANDO DIAO
27. FULLY CLOSED AND NAKED / COMEBACK MY DAUGHTERS
28. ココロノウタ / LOST IN TIME
29. 青い月 / SCARLET
30. BITE ME / COMEBACK MY DAUGHTERS
31. HONEYCOM.WARE / 100s
32. MORNING PAPER / くるり
33. リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION
34. 北風と太陽 / LOST IN TIME
35. 昨日の事 / LOST IN TIME
36. THE FEVER / THE VON BONDIES
37. MY LAST FIGHT / LOVE PSYCHEDELICO
38. ここでキスして。 / 椎名林檎
39. ABSENT FRIENDS / THE DIVINE COMEDY
40. BY THE BED / PHANTOM PLANET

[PR]

by robita00 | 2004-07-21 00:48 | ┗ song - '04 | Comments(0)