カテゴリ:┗ sports( 43 )

バンクーバーオリンピック

ここ2週間はやっぱりコレに振り回されてました。
やっぱり、スポーツはいいなぁ。

そして、今日はお待ちかねの女子フィギュア。
ウチのヨメさんは、基本的に自分から何かに熱中していくというのが見受けられないのですが、
ホント初めてと言っていいくらいに熱中してるのが、この女子フィギュア。
3年前くらいから、初めて自分で番組録画してるの見て、「おぉ、珍しい!」と思ってたら
その後もずーっと見ていて、そのうちボクも影響を受けて見るようになりました。

ヨメさんは、元々は真央ちゃんが好きで見始めたのですが、ここ2年くらいはキム・ヨナも大好きで、
今ではどちらかというと、ヨナファンであるようです。確かに顔もさっぱりでウチら好みだし、カッコイイもんねー。
他の人には申し訳ないけど、2人はホントずば抜けてる。ジャンプも2人のは軽やかだもんねー。見てて楽しい。

ショートプログラムはヨメさんはもうドキドキで見ていたようですが、どちらもミス無しで良かった、2人が終わって泣きそうになってしまったと言っていました。
今日はボクも休みなので、一緒に見れそうです。

どちらもパーフェクトな演技をして欲しいなぁ。まぁそれだと多分真央ちゃんが負けてしまうとは思うけど。でも、数ヶ月前のあのどん底からここまでこれるとは、ホントにすごい。
キム・ヨナもあのパーフェクトな演技の後で、元々あったであろう大プレッシャーにも負けず、素晴らしかった。
オリンピックが始まり、とたんにナショナリズムに目覚めるボクですが、唯一他の国の人でも応援してるのがヨナなので、真央ちゃんとどちらも頑張れー!!!


で、ボクが今大会一番熱中してみたのが、4年前のこの時と同じく、女子カーリングでした。
サッカーの国際試合以外で、久しぶりに録画したのを朝早起きして仕事行く前に見たもんなー。
頑張ってくれたけど、どうにもうまく噛み合わず上位進出はなりませんでした。でも、感動しました。

特に解説者の興奮ぶりが良かったw
UPしたけど、今はオリンピック系は厳しいようで・・・まぁまたいつかの機会に。
[PR]

by robita00 | 2010-02-26 10:32 | ┗ sports | Comments(4)

【名曲普及促進委員会≪外伝≫ 会報Vol.33】 TOYOTA CUP 11TH : AC MILAN vs OLIMPIA

はろー、はろー。皆サン、コンニチワ。
名曲普及促進委員会ヨリ、≪外伝≫会報ノオ届けデス。


      TOYOTA CUP 11TH : AC MILAN vs OLIMPIA   


ボクの知る限り、歴代一番強いチームとして思いつくのの一番手はこの頃のACミラン。
攻撃にフリット、ライカールト、ファン・バステンの”オランダトリオ”、ディフェンスにバレージ、マルディーニ、コスタクルタのイタリアのカテナチオを担う3人を擁した、<オランダ・イタリア連合>のドリームチーム。

この世界一を決める試合でも、負傷明けのフリットは華麗なプレーで魅せ、マルチプレーヤーのライカールトは2得点の活躍、そして何と言ってもスランプからの復活を魅せたファン・バステン、が期待通りの活躍を見せてくれました。

ファン・バステンは2度のバロン・ドールを獲りながら(その後'92にも獲得する)もこの頃はスランプに陥っていたようですが、ここで復活。
特に、DFに削られながらも倒れずかわしてそのまま美しいループシュートを放ち、結果、ライカールトの2ゴール目を演出したプレーが最高です。

ボクは同じオランダの英雄、ヨハン・クライフが好きなんですが、ファン・バステンは自身のデビュー戦でそのクライフ自らの指名で交替出場し、なんとその試合でハットトリックを達成するという、これもまた伝説的だよな~。

ウイイレでボクが使う大好きなチーム、アヤックスに在籍した事もあり、現監督でもあります。
がんばれ~。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2009-04-16 07:34 | ┗ sports | Comments(0)

レッズ、アジア制覇!!!

レ( ̄□ ̄レ)ダ~っ!!


やったぜ、レッズ!!!
ううぅ、あのレッズが・・・信じられん。みんな、よくやった!

日本のチームが一番だと思っていたのに、ずっとダメだった。
それが、アジアチャンピオンに。それもレッズがなった。
もう言う事はないっす。

あー、こういう時に1ヶ月に1度の早上がりの日が当たるとは、オレもツイてる。
おっしゃ、オレもがんばるぜーぃ!
ありがとう、選手のみんな!ずっとついて来てよかったぜー!!!
[PR]

by robita00 | 2007-11-14 21:25 | ┗ sports | Comments(4)

せっかく

2回も追いついたのに・・・

強豪相手に3回もリード許しちゃだめだ。そりゃそうなるよ・・・

あとはライバル韓国に勝って、是非3位を!
3連覇ならずは残念だけど、ここでライバルを倒しておく事は絶対に必要だ!
下向かず、頑張れー!




でも、悔しいなぁ。
[PR]

by robita00 | 2007-07-26 00:29 | ┗ sports | Comments(2)

U-20サッカー日本代表、ベスト16で散る・・・

この悔しさを、
2-0で勝っているところから負けてしまったこの悔しさを、上のステップで晴らして欲しい。
お疲れ様でした。

で、心の声。
「しかし、PK2回取るかね!?」
言ってもしょうがないけど。
それにハンドだぜ、ちくしょう。

このモヤモヤは夜、フル代表に晴らしてもらうしかないな。
それにしてもねみぃー。昼寝して夜に備えよっと。
[PR]

by robita00 | 2007-07-13 03:10 | ┗ sports | Comments(4)

祝・初制覇!!!

レ( ̄□ ̄レ)だーっ!!!!


いやぁ、とうとうこの日が。こんな日が。

先制されたときは少しドキドキしちゃったけど、ポンテ・・・もう抱きしめたかった!あの場面であのゴール!ホント、歴代でもかなり上位に位置する助っ人だぁ。

最高の瞬間でした。なんだかイマイチだった今年のもやもやを吹き飛ばしてくれた。

レッズに、そして、このチームを応援していたボクを含めたみんなに、

おめでとーっ!!!!


これからもこのチームを愛していきます。
[PR]

by robita00 | 2006-12-02 19:22 | ┗ sports | Comments(2)

U-21日本代表 vs 中国

いやぁ、いつ見ても若い世代の試合はホントいいなぁ。ここからどの選手がA代表まで行くのだろうとか、考えるとわくわくしてくる。
テクニック的には中国の方が若干上だったかもだけど、それを気持ちで上回ったことが何よりだった。

今日はみんなよく頑張ったし、何より期待している本田圭佑くんが非常に攻守に精力的だった。天才肌でありながら身を粉にして走り回る。素晴らしい。
あとはレッズの選手が出てくれるともっと嬉しいけど・・・。アジア大会のメンバーには細貝くんが入っているものの、それだけとはちと寂しい。U-17のNo.10、山田くんにもすごく期待しているんだけど・・・赤星くん、ホントは君を応援したいのだ!頑張ってくれぃ!
[PR]

by robita00 | 2006-10-26 00:56 | ┗ sports | Comments(0)

ファン・デル・サール、身じろぎすら出来ず!

ただ、呆然とその軌道を見送るのみ。

自分ではどれだけ大きな声を発したか、分からないのですが。
とにかく、久しぶりに早朝に大声を発しました。「うぉーーーーーっ!!!」

夢に見たチャンピオンズリーグ。そこに立つために、セルティック残留した俊輔。
その初戦、相手はマンチェスターユナイテッド。場所はオールドトラフォード。
先制しながらも、ミスで2点献上してしまうセルティック。あっさり逆転を許し「やっぱりだめかぁ・・・」とセルティックファンも思っていたであろう、その前半も終わる頃。
GKのタイミングを外すよう速い助走から放たれたそのボールは、唯一ジャンプしなかったサハの頭上を測ったかのように(図ってはいたはず)通過して、そして曲がって落ちて、ネットを揺らした。
理想の弾道だったのでしょう、壁を通過した直後に早くも両手を広げて走り出す俊輔。最高のシーンだったなぁ。

結局、まだチームに溶け込めてないグラベセンは空回りしてるカンジだったし、チームもチャンピオンズリーグでの初勝利(!)をミスの多さでフイにしてしまったけれど。
あのまま終わっていれば、マンU相手にアウェーで2点取って分け、それも俊輔のおかげで!ってなってたのに・・・。
あのFKが与えた影響は少なくない。セルティックにとってはあそこでファールもらえれば、かなりの確率で得点になるわけだし、相手チームだってあそこら辺ではファール出来なくなるわけだから。
だからこそ、それを生かせずじまいだったことが悔やまれてならない。

まぁ俊輔には自信になった事でしょう。ボールを上手く散らしてたし、不用意に奪われる事は全くなかった。このカンジなら、来期はビッククラブで、っていう夢も叶いそう。グループリーグの残り5戦も楽しみだぁ!

伸二もなぁ・・・。
[PR]

by robita00 | 2006-09-14 19:00 | ┗ sports | Comments(4)

記念日

7月3日は、我が家で一番大切であり、一番重要な日。
この記念日を13回も迎える事ができ、非常に幸せな気分です。

そして、その日。
日本サッカーを世界に知らしめた男が、引退を表明しました。

数多くの選手が「引退」の決意を翻してきましたが、ヒデはないだろうなぁ。
ベルマーレファンのあの先輩、悲しんでるかなぁ。

勝つためにはチーム一丸とならなければならないことは、誰もが分かっていた筈。たとえ一人でもそう出来ない人間がいれば、そりゃあ勝てっこない。
皆を奮い立たせようとして頑張ったものの上手くいかず、結果、孤高の立場を通したヒデ。その志の高さ、思いの強さについていけずヒデを孤立させた他のメンバー。「周囲と合わせられないようなら外す」でも、「ヒデについて行けないような奴はドイツに連れて行かん!」でもどっちでもいいからチームをまとめてほしかったのにできなかったジーコ。
誰もが心底勝ちたかったろうと思うからこそ、残念でならない。電車の中吊りで、ジーコジャパンの不仲説が流れても、「全く、相変わらず面白おかしく報道すりゃいいと思いやがって」と思っていたけど、ヒデの「メンバーには最後まで上手に伝える事ができなかった」という言葉で、「あぁ、ホントに上手くいってなかったんだなぁ」って、悲しくなりました。

ただ、ヒデの功績は今回の事で霞んでしまうものでは決して無い。正直、ヒデ抜きだったとしたら日本は未だにW杯に出ていないんじゃないか、と思う。日韓開催の2002年は別として。
そして、ヒデがいなければ皆、これほど海外に進出していなかっただろう。もちろん、カズの功績も多大だ。しかし、「日本人も海外でやっていける!」と最初に思わせてくれたのはやはりヒデだろう。

長沼さんは今回の引退報道を受け、「中田を超える選手を育てることが日本サッカーに突きつけられたテーマだ」とおっしゃってますが、ホントにそう思う。そして、こうも思う。

「中田を超える日本人選手が、ボクが生きているうちに果たして現れるのだろうか?」

是非現れて欲しい。ヒデを超える選手が現れなくても、チーム力でまたW杯に出場する事は出来るかもしれない。だけど、ヒデを超える選手が現れて初めて、日本は本当に強いチームになれる気がするから。
強豪といわれる国には、常に新しいスターが生まれる。ヒデが突然変異なんかじゃなく、これから次から次へと現れる、日本サッカー界のニューヒーローの始まりだったと思えますように。

本田圭佑。実は君がそうなるんじゃないかと思っているんだが・・・。無理?
[PR]

by robita00 | 2006-07-04 21:54 | ┗ sports | Comments(0)

サッカー、に関しての幾つかの事。

やはり、日本チームが姿を消してしまったことでモチベーションが下がってしまった事は否めない・・・。

しかし!やっぱりこっからがW杯本番なのであり。さらには魅力的なチームという点において、かなり上位に位置していたチェコがいなくなってしまったことは残念ではあるものの、強豪が順当に勝ち進んだ事でトーナメントはどれを取っても楽しみなカード揃いとなりました。

オランダvsポルトガル、スペインvsフランス・・・一回戦から屈指の好カード続出。蘭と葡、いきなり当たっちゃうかぁ・・・。この2チームを応援してるんですが・・・。

でも、やっぱりオランダ!
理由は沢山あって、攻撃的なチームカラーで魅力的なサッカーをするというのが一つ、一番好きな色がオレンジっていうことが一つ、好きなチームのアヤックスがオランダのクラブチームだというのが一つ、そして何より、マルコ・ファンバステンが監督だというのが一つ。

高校サッカーくらいしか興味の無かった自分を一気に目覚めさせてくれた、'90トヨタカップでのACミラン。当時のミランと言えば、言わずと知れたオランダトリオ、フリット、ライカールト、ファンバステンを擁した全盛期。その試合でも3人は、まぁ凄くて。とはいえ、ファンバステンはその頃長いスランプにあったようで、解説者が、「これでファンバステン復活か!?」とみたいなことを言っていて。「じゃあ本調子ならどんなんだ!?」って思ったんですよね。ベストの彼を見てみたい、と。それ以来ファンなのです。

しかし、その後また名前を聞かず・・・。「消えちまったのか・・・」と思っていたら、オランダ代表監督に就任して。そのニュース聞いたときは「いたんだ!」ってびっくりしました。あのクライフが推薦したようですね。
フリットはチェルシーやニューカッスルの監督を、ライカールトは言わずと知れたバルサの現監督であり、元オランダ代表監督。あぁ、みんな監督になったんだなぁ。
まぁそういった理由もあり、とにかくオランダに頑張って欲しいのです!自身、選手としてはW杯では活躍できなかったようなので、監督としてリベンジ果たして欲しい!

余談ですが。
今、久々に思い出して本棚漁って見つけてきた、週間サッカーマガジンの2004.2.17号が手元にあります。これは我らがレッズがフル代表とU-23代表に計8人のメンバーを送り込んだという嬉しい記事がメインであったために買ったものなんですが。
この中に、杉山茂樹さんのコラムがありまして。そこにはライカールト監督が就任当初のバルサについて書かれていて、クライフ監督時代によそとは別次元にあったチームが、今では凋落してしまっている、といった内容が記されています。
試合後の記者会見で、ライカールト監督に「あなたは、これよりひどいバルサの試合を見た経験があるか」という意見を浴びせられた質問に、思わずヒザを打った、とありました。「勝つ時は汚くても構わないが、負けるときは美しく」と言ったクライフのモットーから最もかけ離れた、美しさに欠ける敗戦だった、と。

そこで杉山氏は、「この最悪の状態から、バルサがどんな方法で解決の糸口を見つけ出すかにも興味が湧く」と語っており。
そして、その記事からたった2年ほどで、ライカールト率いるバルセロナはチャンピオンズリーグ制覇という偉業を成し遂げるわけです。たったの2年!元々チームに力があり、監督にも手腕があったということでしょうが、それにしてもすごいことです。

だからということでもないですが、監督業って、まぁ分からんもんですね~。あそこでライカールトが切られていてもおかしくなかったわけで。むつかしいもんです。

                 *      *      *

日本チームが帰ってきました。
懸念されていた混乱も起きなかったようで、良かったです。ボクにとって以前、城選手が水を掛けられた事件というのは、当時とてつもなく腹立たしいものだったので。

他の国では当たり前の事かもしれません。他の国と比べて日本人の対応はぬるい、と言う人がいるかもしれません。
以前、村上龍氏が、確かカズが卵かなんかを投げつけられた時だったと思いますが、TVで「ブラジルなら石が投げられてますよ」と言っていて、その時思いました。

「だから、何なの?」

ブラジルでやってるから何なの?一番サッカーが強い国がやってるからって何なの?いや、もしかしたらイタリアの話だったかも。でもとにかく他の国がやってるからどうだと言うの?たとえそれが世界のスタンダードだったとしても、それがどうした。
多少なりとも影響力のあるあなたが、そんな発言をTVでしてどうする?みんな石を投げろと言わんばかりじゃないですか。
氏の本は面白いと思った事もありましたが、その後手にとっていません。

今日もTVで「他の国では殺された選手もいるくらいですから」と言っていましたが、「だから何なの?」。
よそは関係ないよ。ホント。

とはいえ、ニュースで見ましたが、「きゃーっ!!」とか「○○さーん!!!」とかの出迎えは、明らかにおかしいと感じましたが。っていうか、その場の雰囲気で「あ、違う・・・」とか感じなかったのかなぁ。まぁでも傷つける事さえなければ、あとは人それぞれだと思うんで、そこに意見するボクこそお門違いなのでしょうけども。

                 *      *      *

ベンゲル、アルディレス、フェリペ(スコラーリ)、そして、オシム。
次期監督には、経験豊富でかつ、日本人というものを多少なりとも理解している人がいい。上に挙げたJでも監督を務めた人がいいんじゃないかなぁ、と思っています。受けてくれるかは別として。
自分の型に嵌め込みすぎて、窮屈さのあまり選手が達成感を得られないような監督はボクは好きではなく。それはたとえ結果が出たとしてもあまり日本人としての嬉しさは感じられず、その為にボクはトルシエ時代は好きではなかったのです。過去最高の結果を残した事実があるにも拘らず、です。
だからこそ、そこから解き放ってくれそうなジーコには期待も大きかったわけで。
だからボクは結果が出なかったものの、ジーコにはそう悪いイメージが無かったのですが、敗戦後のコメントを聞くに、「しかしそれも含めて監督の仕事だったのでは?」という思いが・・・。まぁ何にしろ、ジーコの最初の考え方自体はボクとしては歓迎したい方向であり。

そこで、オシム監督、ですが。
川淵氏の発言は、周りが言うように確かにかなりアヤシイ感じでした。負けたことから意識を逸らす為のわざとらしい「失言」芝居に感じられなくも無かった。
でも、そんなことはどうでもいいのです。名前を挙げた、ということは、かなりの信憑性がある、その事が大きい。
元々、かなり日本では待望論があったと思います。ボクも好き。健康面の問題もあるので本人が承諾してくれるかどうか微妙ですが、是非みてみたい!お願いしたい!

走れない選手は使わない、が持論。小手先だけの技術の選手は、ハナから外してくるでしょう。であるならば。ウチの長谷部君は、選ばれる可能性、大だな。オシムさん、ウチの長谷部くんと啓太は最後まで走れる選手ですよ~!

最初に呼ばれる選手、どんな選手を招集するのか今から楽しみっす。
しかし、ホントにオシムなのかな?
[PR]

by robita00 | 2006-06-25 21:51 | ┗ sports | Comments(2)