カテゴリ:┗ sports( 42 )

【おき動普及委員会 会報Vol.145】 AFC U-17(新黄金世代)総集編




≪おきにいり動画普及委員会≫より、第145回会報のお届けです。


a0035263_16373773.png





            AFC U-17(新黄金世代)総集編




昔から若年層の大会を見るのが大好きで。勝手にそこに未来を感じるからだろうなぁ ( ̄▽ ̄;)

特に大好きで熱狂的に見てたのは、小野、稲本らの≪黄金世代≫。彼らは世界大会でも準優勝したからホントうれしかったけど、その後の世代はなかなか結果が出なかった。

が、しかし!
柿谷クンや水沼クン、そして斎藤学クンやウチ(レッズ)の山田クンらが集まったこの≪新黄金世代≫が久しぶりにやってくれた、それがこの2006年のAFC U-17大会での優勝でした。

またこの勝ち上がりがなかなかミラクルで。
グループリーグの韓国戦で負ければ終わってたし、世界大会行きを決める準々決勝のイラン戦でのPK戦も「終わった・・・」と思う瞬間はいっぱいあって。そして決勝の北朝鮮戦の0-2からの逆転勝利。
こういうミラクルがよりこの世代を好きになった理由だよなぁ。

このあと世界大会では1勝2敗で決勝トーナメントには進めなかったんだけど、そのグループリーグのフランス戦で見せた柿谷クンのロングシュートは今でもボクの記憶に残るもので。それ以降、柿谷クンはボクの中で小野伸二と並ぶ天才として期待してました。

が・・・これも周知の通り、この後すっかり名前を聞かなくなり、「よくある早熟の天才として消えていったんだな・・・」と寂しく思ってました。

しかーーーーし!
彼は戻ってきました。天才ともてはやされた頃から、どん底を見て(まぁそれは自身のせいだという声は確かにそうなのだろうけど)、そして戻ってきた彼は、あの頃以上に輝いてくれるのではないかと。ボクは期待しています (*゚▽゚)b

頼むぜ、曜一郎!!!



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2013-12-09 16:48 | ┗ sports | Comments(0)

なでしこ、悲願の優勝!!!(たった今)

今はとにかく興奮してしまって。

でも、とにかくおめでとう、なでしこJAPAN!!!

日本が、サッカーで、世界No.1だなんて・・・・素晴らしすぎる!

ドイツ戦、スウェーデン戦、アメリカ戦と、早起きしてずっと見てた甲斐があった。

しかも、リードされて、追いついて、また離されて、で、また追いついて。素晴らしいわー。

とにかく、おめでとう!そして、ありがとう!!!

まずは、これだけ。
[PR]

by robita00 | 2011-07-18 06:30 | ┗ sports | Comments(2)

アジアNo.1!

おはようございます!
すがすがしい朝!
2回言おう!すがすがしい朝っ!!

数時間前、日本代表がとうとうやってくれました!やったね!
こういった時の常で、スポーツ紙全紙買い揃えようと思ったけど、さすがに朝刊には間に合ってないよね~。

とにかく追う展開が多く、それ自体は決していいこととは言えないのですが、今までなら「もうだめか・・・」って思うとこから追いつき、そして逆転するという、今までに無い代表の頼もしさにシビれる大会となりました。
失点についても、闘莉王や中澤がいない中で、今後を見据えた起用をした上でのものなので、最初は仕方無い。吉田君は若くてそして高い。経験を積んでくれればきっといいDFになってくれると信じてます!VVVでも頑張れ~!

ボクの今大会で思うベストゴールは李クンのゴールではあるのですが、1人少ない状況で1点ビハインドの中、落ち着いて決めてくれた香川のゴールが1番興奮したし、今後に1番意味があったのではないかと思いました。あの展開で決めれるメンタルが素晴らしい。

もちろん、各個人も素晴らしかったけど、団結力がよかった。2006年W杯時の日本代表から学ぶことは多い。どんなに素晴らしい個が揃っていても、団結できなきゃ意味無いよね~。

そして何より。
原さん、よくぞ、よくぞザッケローニを代表監督に招聘してくれた!まぁ元々は違う人にターゲット決めてたかもだけど。
ツイッター内でも、今後4年間ザッケローニの采配に文句は言わずついていくと誓ったのでした。頼むぜ、ザック!

いやぁ、これから4年間、楽しみになってきたなぁ。

で、余談ですが、ツイッターをブログでも見れるように設定。
そのうち飽きてやめちゃうとは思うんですが(苦笑)、今のところツイッターの方がメインみたいにやってますので、お暇でしたらこちらも見てやってくださいませ~。


[PR]

by robita00 | 2011-01-30 11:26 | ┗ sports | Comments(0)

アジアカップ。

ツイッターの方でずっとコメントしてるので、こっちでは見てないカンジになってますが、当たり前のように見て、そして当たり前のように叫びながら応援してます、アジアカップの日本代表。

とにかくどれも追う展開でどきどきはらはらなんですが、今までの日本サッカーには無かったと言っていいくらい頼もしく、追いつき、そして勝利しながら決勝まで進んでくれましたヾ(〃^◇^)ノわぁい♪

特に先日の韓国戦は手に汗握る展開で、そしてずっと負け続けていたライバルに勝利するという、間違いなく今年1番(まだ1ヶ月経ってないけど・・・)うれしい瞬間でした。
いつもなら結果度外視で「未来を夢見れるような戦い方をしてくれればいい」というスタンスのボクですが、今回の試合だけは内容はいいから勝って欲しかったのです。それはライバルと言われてはいますが、やっぱり力は韓国が上だと言わざるを得ないほどずっと勝てていなかったこと、そして例えばW杯予選のような1番大事な試合で勝てばいいとは思えども、すごく上り調子の今勝てなかったら、完全に苦手意識が出てもうずっと勝てないような気がしてしまうからで。だから、「まず勝つこと」と思っていたのですが、いやぁみんな良くやってくれました!素晴らしい!

あとは決勝戦!準決勝で6-0の大差で勝ちあがってきたオーストラリアが相手!でも、今の君達なら勝てる!自分を信じて!応援するからね!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

で、ちょっと話がそれますが。

Aさんという人がいるとします。AさんはBさんに酷いことをされたとします。極端なことを言えば肉体や精神をとてつもなく傷つけられるとか、まぁ殺されるでもいいんですが。
ここで、Aさんの子供もしくは孫であるCさんがいるとして、そしてBさんにも同様に子供もしくは孫にあたるDさんがいるとしましょう。

ボクは、CさんがBさんを憎むのは当然だと思っています(AさんがBさんを憎むのは至極当然として)。また、百歩譲ってAさんがDさんを憎むのも・・・まぁ、んー、まぁしょうがないかとは思う。百歩譲って、ね。
でも、CさんがDさんを憎むのはおかしいと思う。それは、違うと思う。もし自分の親がAさんの立場だとして殺されたら、Bさんに100%復讐をすると思うけど、Dさんに対してどうかする、とは無いと思うもの。快くは思わないだろうし、「あんたの親はこんな人間なんだよ!」とは言うかもだけど。

で、もう流れ的に分かったかもですし、ニュースにもなっていますが、キ・ソンヨン選手について。
彼が先制点となるPKを決めたとき、喜びながら彼は猿の物真似をしていました。このシーンを見ていたボクは「あぁ、多分そういうことなんだろうな」って思いましたが、サッカーに熱意が向いていたためさほど気に留めずにいました。で、その後ニュースを見て改めて上のようなことを思ったわけです。

彼は中村俊輔も在籍したスコットランドのセルティックというチームに所属しています。彼自身、そういった差別的な行為をされてきたと聞いています。その彼がなぜそんなことをやる?カッコイイし、サッカー選手として素晴らしい選手だし、少なからず応援していたのに。もう応援しない。どっちにしろ、彼の嫌いな「日本人」に応援されても嬉しくないだろうし。

彼の言い分としては、旧日本軍が使用した旭日旗を観客席に発見し、「選手である前に韓国国民だ」と怒りの反応だったとのこと。
ボクは、あれが侮蔑の意味ではなく単なるパフォーマンスだったのかもと思っていたのですがそうではなく、また「自分が日本嫌いだから」っていうのであればそれもまた仕方無いとは思っていたのですが、結果自分自身が被ったわけではない思いを、当事者でない日本代表の選手や日本人に対してやったのであればそれは違うのではないか、と憤ったわけです。

これは中国の暴徒化した人にも同様に思ったのですが、それはあくまでこじつけで、勝手な理由づけではない?昔のことだから忘れてくれって言ってるわけじゃなく、当事者でない者に対して、同じく当事者でないお前がやるな、という。それは嘘だろう、っていう。正当化するなっていう。

・・・違うかなぁ?

ただ、ニュースでは韓国のファンからも相当批判されたようで、当たり前だけど心無い人ばかりでないんだな、と。そうなると、「昔は申し訳なかったです・・・」っていう気持ちになったりして。ぶれぶれなわけですが^^;

まぁ歴史的な背景は僕自身よく分かっていないので「良い」「悪い」っていう事をいいたいのではなく、小さな頃から教えられたきた事柄があったとしても、そんな腹の立つ、そして悲しくなるようなことしてくれるなよ、っていうことが言いたかったのでした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ってことで、閑話休題。本題に戻るとして、韓国代表は若くて本当に素晴らしい選手がいっぱいいて。日本が強くなるためにも韓国との良いライバル関係を是非継続して、お互い切磋琢磨して「アジアは弱い」っていうイメージを払拭して欲しい!これからもよろしくね!

そして、残念ながらエースナンバー10を背負う香川クンが骨折のため戦線離脱。代わりが誰になるかは分からないけど、誰が出ても楽しみ!是非、オーストラリアを撃破して、このチームの成長の証として、また今後思い出して勇気を奮い立たせる為の支えとして、アジアNo.1という称号を獲得して欲しい。
日曜日は休みなので、ゆっくり思いっきり応援できる!今から楽しみで仕方無い。

頑張れ、日本!


[PR]

by robita00 | 2011-01-28 00:56 | ┗ sports | Comments(2)

楽しませてもらいました。

我らがサッカー日本代表は惜しくもPK戦で破れ、ベスト16止まりとなってしまいました。
が、ベスト16止まりなのが残念なのではなく、ベスト16なんて今回は夢のまた夢ってカンジで見始めていたので、そこは大いに満足で、選手は良くぞやってくれた!っていう想いでいっぱいです。

残念なのは、単純にもう少し見ていたかったということだけで。しかもパラグアイより確かに実力では劣っていたかもしれないけど、それでも勝つチャンスはあったんだよなー、っていうのが残念で。

4年前にも書きましたが、あの頃のほうがメンバーとしては揃っていたと思うけど、やっぱりチームとしてまとまっていたかどうかで全然違うんだなって思いました。それは多くの選手の口からも出ていましたし、まぁあの頃の失敗があったからここに繋がるのかなってカンジですね。
それもこれも大会前の4連敗があったからこそ、みんな一つになったのかも。あれで開き直るしかなかったですもんねー、岡田さんも選手もみんな。それがいい方向に向かったのでしょう。
って、言葉にすると簡単だけど、それが出来なかったフランスはあれだけのチームなのにあっさり敗退してしまったわけで。そしてその一体感が各国の新聞やニュースで絶賛された最大の理由なのでしょう。

ただ、やっぱり今回のリアクションサッカーではここが限界だったという証でもあり、このサッカーをベースにして、もっと自分たちから仕掛けるサッカーを今後はやっていって欲しい。

何にしても、今回はとっても楽しめました。ありがとう、選手のみんな!
胸張って帰ってきてください。
そして、長谷部の言っていたように、ちょっと見てなかったけどJリーグも見よっと。レッズの試合、しばらく見てないもんなー。

余談ですが、あの頃ぜひメンバーに入れて欲しいと願っていた長谷部クン、今回キャプテンとしてとうとう世界の舞台で活躍してくれました。ありがとー、今後もサッカー選手として成長をしていってくれぃ!とりあえずは、ドイツで。

そして俊輔、活躍予想は外れたけど、俊輔もまだまだやれる!遠藤とともにブラジル大会を目指してくれ!

さぁ、この4年間どんなチームになっていくか楽しみだなぁー。
[PR]

by robita00 | 2010-07-01 13:09 | ┗ sports | Comments(4)

やったぜーーーーー!!!

みんな、素晴らしい!!!
おめでとう!
[PR]

by robita00 | 2010-06-25 05:39 | ┗ sports | Comments(2)

きました、大一番!

さぁ、グループリーグ最終戦!
日本にとっては今日が大一番!自国開催以外で決勝トーナメントに進んだことのない日本にとって大いなるチャレンジ。ここまではホント良くやってくれた。そしてそれだけに終わらせないためにも、今日の試合がもっとも重要だ。

今日のキーマンは・・・森本か俊輔になるのではないかと思っているのですが。
森本は今大会で日本選手で点を取るのは彼かも、と思っていたので。まだ1秒も出場してませんがw

そして、俊輔。
実は常に逆境を乗り越えてきた彼。身長が伸びずマリノスのユースチームに入れず高校サッカーでやっていくことを余儀なくされたがそこで活躍してマリノスのトップチームに入団したり、オリンピックメンバーにはトルシエの構想から外れ選出されなかったけど、それをバネに海外へ進出、イタリアでは弱小チームでなかなか自分のカラーを出せずにいたものの歴代ベストイレブンに選ばれるなど結果を出しながらセルティックでの大活躍、と。
そんな彼の「不要説」などが出る中、この前の試合は流れにフィットできずにいたため、さらにその声が強くなってしまった・・・
でも。でも、そんな時こそ力を発揮してきた。今回もきっと・・・。応援してます。同じ神奈川出身としても。


社員、そしてリーダーという地位を利用して今日は休みのシフトを組んだので、仕事のことを考えず万全の体制で応援できる。今日は寝て過ごそう。
頼むぞ、日本!!
[PR]

by robita00 | 2010-06-25 03:05 | ┗ sports | Comments(0)

さぁ、第2戦目!

初戦の直前に書いた記事の時から比べると、かなり気の持ちようが違うなぁ。
本田クンのゴールが決まった瞬間、久しぶりに叫んだなー。「うぉーーっ!」ってw

まぁ僕よりも周りの見方の方がかなり変わりました。
  「日本、よくやった!」
  「やるじゃん、日本!」
いいのです、みんなで一緒に応援しようぜ!必ずそれが彼らの力になるから。

さて、今日のオランダ戦。
相手は世界ランク4位ですが、この前のように全てを出してくれればいいです。
世界的には前回の試合は「一番つまらなかった試合」と酷評されてたりしているようですが、結果が求められてる試合なんだから、勝てば文句言われる筋合いはないのであります。
・・・いつもは「結果は度外視」って言ってるのにおかしいけど^^;

それと、4年間積み上げてきたサッカーを捨てて勝ち取った勝利だっただけに、「これで日本の将来に繋がるのか!?」って言われているようですが、前回大会の逆転負けがあって今回の「最後まで集中を切らさないディフェンス」が出来たように、今回の試合も必ず何か次に繋がるものはあるはずで。
だからいいのだ、日本。このあとの4年間はこれまでの歴史を全て踏まえて、このあとの4年間がどうにかしてくれるよ。だから今やれることを、今やるんだと決めたことをみんなで出し切ってくれ!
「無駄だったな・・・」っていう瞬間は一つも無い。それを教訓にして生かすかどうかはこれから次第なのだから。

何はともあれ、がんばれ日本!
ボクはいつでも応援してる。


そして、もう一つの応援国、メキシコ。
でかした!よくぞ大国フランスを撃破してくれた!
これで最終戦に引き分けでもトーナメント進出決定。楽しみをまだ先まで延ばしてくれた。

日本も、メキシコも、がんばれーーーー!

って、早く研究しろって^^;
[PR]

by robita00 | 2010-06-19 08:11 | ┗ sports | Comments(0)

いよいよ・・・

ワールド杯も始まり、日本代表の試合も近づいてきました。

あまりにもうまくいってない日本代表のここ最近ですが、それでもやっぱり期待してしまうし、当然応援します。
まぁここのとこの感じだと、みんなが貶しまくる気持ちは分からんではないけど、ボクはこの姿勢はどんなに弱っちくなっても変わらないんだろうなー。

そして、ちょうど4年前にここで述べたように、この4年間は本田クンに期待をかけていたのですが、期待通りにエース級に育ってくれてます。やってくれ!

やるだけやってきたのだから、これからはもう「力を出し切る!」それしかない!
前から言ってるけど、それさえやってくれれば結果は度外視してるのだ、ボクは。
「中村だ」、「いや、本田だ」、ではなく、その時々でベストと思えればどちらかを外したっていいし、どっちも一緒に使ってもいいし。岡ちゃん、あなたがはっきりと決めればよいのだ!

日本らしい戦い方してくれぃ!

そして・・・あわよくばメキシコに優勝してもらいたい。なぜなら「優勝予想」で落札できたチームが唯一メキシコだけだったから。
初戦見ててひっくり返りそうになったけど^^;

何にしても、スポーツって素晴らしい!
[PR]

by robita00 | 2010-06-13 09:51 | ┗ sports | Comments(0)

バンクーバーオリンピック

ここ2週間はやっぱりコレに振り回されてました。
やっぱり、スポーツはいいなぁ。

そして、今日はお待ちかねの女子フィギュア。
ウチのヨメさんは、基本的に自分から何かに熱中していくというのが見受けられないのですが、
ホント初めてと言っていいくらいに熱中してるのが、この女子フィギュア。
3年前くらいから、初めて自分で番組録画してるの見て、「おぉ、珍しい!」と思ってたら
その後もずーっと見ていて、そのうちボクも影響を受けて見るようになりました。

ヨメさんは、元々は真央ちゃんが好きで見始めたのですが、ここ2年くらいはキム・ヨナも大好きで、
今ではどちらかというと、ヨナファンであるようです。確かに顔もさっぱりでウチら好みだし、カッコイイもんねー。
他の人には申し訳ないけど、2人はホントずば抜けてる。ジャンプも2人のは軽やかだもんねー。見てて楽しい。

ショートプログラムはヨメさんはもうドキドキで見ていたようですが、どちらもミス無しで良かった、2人が終わって泣きそうになってしまったと言っていました。
今日はボクも休みなので、一緒に見れそうです。

どちらもパーフェクトな演技をして欲しいなぁ。まぁそれだと多分真央ちゃんが負けてしまうとは思うけど。でも、数ヶ月前のあのどん底からここまでこれるとは、ホントにすごい。
キム・ヨナもあのパーフェクトな演技の後で、元々あったであろう大プレッシャーにも負けず、素晴らしかった。
オリンピックが始まり、とたんにナショナリズムに目覚めるボクですが、唯一他の国の人でも応援してるのがヨナなので、真央ちゃんとどちらも頑張れー!!!


で、ボクが今大会一番熱中してみたのが、4年前のこの時と同じく、女子カーリングでした。
サッカーの国際試合以外で、久しぶりに録画したのを朝早起きして仕事行く前に見たもんなー。
頑張ってくれたけど、どうにもうまく噛み合わず上位進出はなりませんでした。でも、感動しました。

特に解説者の興奮ぶりが良かったw
UPしたけど、今はオリンピック系は厳しいようで・・・まぁまたいつかの機会に。
[PR]

by robita00 | 2010-02-26 10:32 | ┗ sports | Comments(4)