所長の研究日誌 (9/6) 雨のち晴れ

おとといは雷でPCやられちゃうんじゃないかと思い、レッズ戦の途中報告以降はPC上げなかったんで"研究日誌”休んでました。

なもんで、ここ数日の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

いやぁ、とにかくうれしいのは我らがレッズ、マリノスを破ってナビスコベスト4入りですねー。

マリノスはボクの”WE8”での宿敵が応援しているチームであり、どことやるよりも対戦結果を意識してました。

主力が欠けていたこと、ユ・サンチョルが怪我で退場してしまったこと、今年のトーナメントは一発勝負でウチのホームであったことなど、マリノスにはマイナス面が多々ありました。
しかしそれでも去年のリーグチャンピオンであるマリノス、倒すのには骨が折れましたね。やっぱり強い。

しかしナビスコの優勝はフロックなんかじゃないところを見せるべく、今年も上位を目指すレッズの力は昨年以上であります。とにかく1点ビハインドくらいじゃ慌てません。

とはいっても、失点がここんとこばかにならないですね。ネネくんに期待ってとこですかね。
そして内館くん、市衛くん、堀之内くんもがんばれー!

                 *      *      *

しっかしすごいですねー、イチロー。まさに安打製造機。
そしてすごいのは、走攻守、全てでメジャートップクラスだということ。
そりゃあメジャーに行きますわ。日本じゃあ7年連続で首位打者獲っても当たり前みたいに思われちゃうんだもの。
「お前らなぁ…いっぺんやってみろやっ!!」ってキレちゃいますよね、普通。

そんなイチローがシーズン257安打の大リーグ記録に迫っている。
野球界最古の大記録、それを日本人プレイヤーが破る。とんでもないっすねー。

しかし、現地の記者がコラムで「イチローはいい選手だが、MVPにはふさわしくない」とコメント。筆者は昨年、「イチローは過大評価されている選手第1位」と書いた記者らしい。まぁ活躍のとらえようは人それぞれだからと思ったが、中身を見てみると…

「両翼を守る外野手にしては長打力が低い」 そんな「しばり」があるとは知りませんでしたねぇ。
「盗塁には意味がない」 …ってなぁ、おい。

これは…ただの偏見ですな。差別といっていいか。アメリカ人だったとしても同じように書くのかいな、コイツは。ったく。

まぁしかしさすがにこれに対しては、かの国のベースボールファンが黙っちゃいなかったようで。批判記事に反論メールが続々ってことなんで、溜飲を下げましたが。
「野球は単なる力のゲームでない」「(自分は)少年野球のコーチだが、長打の見栄えより確率の高い選手を選ぶのは当然」などの意見が届いたようで、当然といえば当然ですが、ちょっとうれしい気もしますね。うん。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。

犯罪者であっても、スヤスヤ眠る、素晴らしき世界だね。
クロだったものも、シロに化かす、ホント、素晴らしき世界だね。

忌まわしき世界だね。
     
(中村一義 『素晴らしき世界』 )



それじゃあ、見に来てくれた方、どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-09-06 23:43 | 所長の研究日誌 | Comments(0)