ロビタ5号の研究日誌 【WE8特別篇:新フォーメーション】

今回は今のウチのフォメをちょっとご紹介。
って、エラそうに言うほどのものではありません、念の為。

「初心者」とまでは言いませんが、決して「上級者」ではないワタクシ。
かつ、もうオヤジなのであまり複雑な個人技等は頭と指がついていかない…。
そんなボクが考えたフォーメーションなので、上級者の人には全く役に立たないと思います。
ボクと同じような人や、なかなか勝てないっていう人の参考程度には…なるかなぁ。


___________________  
               
                 CF
  LWF
         
         CF

                   OH 



___________________

        CH   

                DH

  LSB
                     CB
        CB  
               SW

_________GK_________



…ヒジョーに見づらいですね、これ。すみません。
まぁ、こんなカンジの"4-4-2"風味の"4-3-3"です。

【上がり目CF】バベル(イブラヒモビッチ、ルーニー)
   ・ LWFからのボールをヘッドする係
   ・ 攻撃意識は前と斜め右。"OH"からのスルーパスに対応する為
   ・ "飛びだし"が付いているとグー!

【LWF】ファン・デル・ファールト(ショウ)
   ・ センタリング係。ウチで一番重要なポジション
   ・ 攻撃意識は前と斜め右。CFの右からのセンタリング時に結構どフリーになる
   ・ 足が速くて、ロング精度がいいやつ

【下がり目CF】イブラヒモビッチ(バベル、ファン・デル・ファールト)
   ・ ポスト係。かつ、ゴール前での仕事が出来る奴
   ・ 攻撃意識は後ろと前。積極的にポストしに行き、すぐさまゴール前に向かう
   ・ ボディバランスは重要。シュート精度、ポストプレイがあるといいね!
   ・ GKも大体ここにキックしてくるので、高さがあると尚良し!

【OH】中田(ファン・デル・ファールト、スナイデル)
   ・ 司令塔。
   ・ 攻撃意識は斜め左右。スルーパスを出し、右のスペースに行けばセンタリングも
   ・ バベルが右に開いた時にはゴール前に飛び出すので、シュート精度も必要

【CH】スナイデル(ヘイティンガー、ヤマダ)
   ・ セントラルミッド。チームのバランサー。LWFのフォローにも行く
   ・ 攻撃意識は斜め左右。LWFのカバーと、セカンドボール拾う位置に行けるように

【DH】ヘイティンガー(ファンダンメ、キム・ドンジン)
   ・ ワンボランチ。タイヘンです。選手に能力がある程度ないとこなせませんね。
   ・ 攻撃意識は右と斜め左下。手薄な右サイドのカバーと最終ラインのフォロー
   ・ できればマンマークできるやつを。相手の司令塔潰し係に

【LSB】アシュレイ・コール(無理やりスナイデル、ビルトード)
   ・ 変則4バックのサイド。
   ・ 攻撃意識は前。とにかく上がって、LWFのフォロー。下げてきたらアーリークロス

【右CB】ジョセフ・ヨボ(オーベイ)
   ・ CBでありながら、RSB的な役割も担う
   ・ マンマークが必須。かつ、右のスペースをカバーする為スピードも必要

【左CB】ジョン・テリー(ナダル)
   ・ CB
   ・ 攻撃意識は左。LSBの上がったスペースをカバー
   ・ やはりマンマークが必須と考えています

【SW】エスキュード(ヘイティンガー、コポ)
   ・ オフサイドトラップかけるので、DFライン統率はあった方が良い


ってカンジです。すごくヘンテコですが、自分の中ではこれかな?と。


まず、攻撃に関してですが。

以前も書いたのですが、個人技に長けた相手に勝利するには、どうしたらいいか?
負けつづけたボクが導き出した答えは「局地戦に持ちこむ」。
自分の攻撃を片方のサイド(ウチだと左)に限定して、そこで数的優位を作る。
そして、さすがに人数が多ければ勝てるので、そこからセンタリングをあげてヘッド。
前回(WE7I)ではヘディングが強かった為、これが案外有効でした。

左攻めが分かっていても自分のスタイルは崩せず、そちらに人数を割けない点をついたこの作戦も、日を改めてしまえば対処されてしまう事は必至。
なので、もう少しバランス良く攻めれるように、と考えました。

基本はそのままなので、左で数的優位を作るようにします。LWF、LCH、LSB。
①カウンター戦術を選んでいるので、LWFが大体フリーでブラブラしてます。なのでここに出してセンタリング。
②そこがマークされていれば、LCHもしくはLSBに下げてかけ上がり、もう1度フリーな位置でもらいセンタリング。
③それでもフリーでない場合、LCHもしくはLSBがそこからアーリークロス。

このどれかで大体センタリングは上げられます。
そしたら、あとはCFの仕事。
前回(WE7I)ではマカーイを使ってました。シュート精度が高く、ヘディングも強い。更に"飛びだし"がついていたので、ホントよく決めてくれた。今回は能力が落ちているようで残念。

この形に更に右からも攻めれるようにOHを右目に置きました。
CFにあてて、自分は右スペースに出てセンタリング上げる形を作る。
更に、CFの矢印を右斜めにしてるおかげで、この右のスペースにスルーパス出しても受けてくれ易いです。
そこで前の空いたスペースにOHが飛び出す事により、右CFはショートパスでOHにシュートさせても良し、ロングパスでもう一人のCFに上げても良し、と。

攻撃はこんなカンジですね。


次に、変則4バックですが。

たとえ守備が得意でも、見えてないところの守備はできません。
そのスキをついて、オーウェンにでも抜け出されたらもう追いつけない。
ならばここは、見えないところの守備はCPに任せよう、と。
ついてさえいてくれれば、パスが出た時にカットしにいくのはやりやすい。
なので、少なくとも2トップにはマンマークでつくことにしました。
かわされても、SWがカバーリングしてくれる、と。
なので、理想は3バックシステムと考えてます。

しかし3バックシステムはサイドにスペースを作ってしまうので、それを埋める為にサイドバックを持ってきました。ウチは左攻撃を主としてますので、サイドバックは3バックを右にずらすようにして左に配置、攻撃にも積極的に参加させる。
上がった時に攻撃されても、3バックとボランチが相手の攻撃をディレイさせている間に戻ってくる、と。
まぁ、しかしこのポジションはすぐに戻ってきてくれるように、守備意識も"高い"にしているので、体力はかなり減ります。技術能力以上に、スタミナが必要です。

SWはすぐに前に取りに行ってしまって大事なCBのカバーを忘れがちなので、CBの守備意識は「普通」、SWの守備意識を「高い」にして意識を一段ずらしてます。一番後ろに残るように。
で、後ろ取られるのヤなんで、バックラインは"C"、その分エスキュードはDFライン統率ついてるのでオフサイドトラップは"A"にしてます。あとはカウンター"A"、持ち場を勝手に離れて欲しくないのでゾーンプレスは"C"。

作戦については、①左サイドアタック(ウチの戦術の肝)、②カウンターアタック(弱いチームが強いチームを食うにはこれしかない)、③オフサイドトラップ(DFラインコントロールできるやつがいるので積極的に使う)、を使用してます。


ちなみに、ボクは当然のようにマニュアルスティック使えないので、十字キーでパスしてます。だから今までは近いヤツにしかパス出来なかったんですよねー。今回の「長く押すと遠い選手に出す」っていう機能はありがたいっす。

とはいえ、2人でのFKとか未だにうまく使えてないっす。どうやった効果的に使えるのやら…。スローインも全然違うヤツに出してるし。

とまぁこんなカンジでしょうか。ふぅ。読んでくれた人(いるかなぁ?)にも感謝。



ただ、ボクは「何でも自分でやりたい」方なので、攻略本とかそういうサイトとか見に行かないんですよね、基本的には。
だから、もっといい方法も当然あるでしょうし、ボクの考え方が間違ってる可能性だってあるんで、まぁこれは一つのアイデアっつーことで。

でも、一人用、要するにCPとの対戦では絶対に自分の力でやりたい!とは思えども、ヤツラを倒すにはある程度知識は必要なので、その時にはサイトを見に行ったりするんですけどね。ははは。
…なんて中途半端な。
[PR]

by robita00 | 2004-08-31 19:39 | ┗ game | Comments(0)