ロビタ3号の研究日誌 【Dolls】

<cinema>
今年2発目の研究作品。
  
・ 『Dolls』 '02日、北野 武 監督。

日本の色彩豊かな四季を背景に、3つの違った形の究極の愛を描く、ってことなんですが…。
確かにキレイな映像ですね。ボクも風車バックに2人が歩くシーンなんかは好きです。今回は「北野ブルー」はあえて(?)外して、赤をポイントポイントで使ってます。
が、メインとなるお話がどうも…。あれを "愛" というのかなぁ。うーん、愛ってむつかしい。
メインとなる話が自分の中に「入って」来なかった為、イマイチのめり込めませんでしたねー。
あと、深キョンのアイドルがちょっと古いカンジで、ちょっぴり照れてしまいました。

それにつけても、菅野美穂。こんなにかわいいんだったっけなぁ。思わず「かわいいぜ、ちくしょう!」って思うこと請け合いです。

キライではなかったのですが、残念ながら、当ラボではランクインしませんでした。
が、ボクはあまり良い北野武映画の「理解者」ではないようで…。4作ほど観ましたが、好きなのは『あの夏、いちばん静かな海。』くらいで。なので、あまり皆さんの参考にはなりません。まぁ、今更参考にする人もいないでしょうけど。
[PR]

by robita00 | 2004-08-08 21:21 | ┗ cinema - '04 | Comments(0)