所長の研究日誌 (8/5) 曇り

ここに引っ越してきて7年、初めて近所の盆踊りに行ってきました。
集結したのは、無料で配られるアイス目当ての小学生が6割と、一年間この日の為に特訓した踊りを披露するのが悲願のおばあちゃん達が4割っていう図式。

両者互いに目的達成の為に交流を図ろうとする意識は皆無。
しかし、氷川きよしの『きよしのずんどこ節』では、♪ずん、ずんずん、ずんどこ、のあとに小学生達の「きぃよしぃ!」のかけ声が。世代の垣根がとっぱらわれた瞬間でした。まぁ、その瞬間だけでしたが。
それにしても、恐るべし氷川きよし。どの世代にも浸透してます。ある意味、ビートルズ級。

そして、今回からは各ラボからそれぞれ研究を発表してもらう事になりました。よし、投稿が増えればそれだけ人の目に付く可能性が高い!
目指せ、アクセスアップ!アーンド、コメントゲット!

それにしても、ココログとgooに PING 飛んでるかなぁ。
なんか送った自分のブログ、見つからないんですけど…。
まぁ、見つけられてないだけならいいんだけど。

でわ、本日の締めの言葉。今日読んだんで。

「ピンチの時には必ずヒーローが現れる」 (松本大洋 『ピンポン』)

それじゃあ、見に来てくれた方、どうもありがとう!おやすみなさい!
[PR]

by robita00 | 2004-08-05 23:23 | 所長の研究日誌 | Comments(0)