'09 song : PART1

<music - '09>


ロビタ1号ラボ、今年の始動!
今年も好きな曲に巡り合えますように・・・(-∧-;) オネガイッ



※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


a0035263_20321394.jpg・ サカナクション
    "セントレイ" 【曲紹介】 ★★★







サカナクション。初聴でした。が・・・

すごくいいっ!w( ̄□ ̄;)w オオッ!

バンド名は「魚」と「アクション」を組み合わせた造語で、「ミュージックシーンの変化を恐れず魚の動きのように軽快に素早くアクションしていく」という意味が込められている、のだそうです。

Vo.の濃く美しい顔立ちは誰かを髣髴させるんだけど、誰だったっけかなぁ・・・

それにしても。
昔だったら打ち込み系の音が入っているってだけで論外だと思ってたのに、昨年のクチロロといい、好みってホント変わるよなぁ。まぁ、良い事だと思おう。
ボクも変化を恐れず、軽快に、ね。




a0035263_2052995.jpg・MGMT
    "Time To Pretend" 【曲紹介】 ★★☆







ブルックリン出身の5人組(中心となるのは2人)MGMT

確かに嫌いでは無いし、聴けば聴くほどクセになりそうな残る音ではありますが、まさか"CROSSBEAT"の年間第1位に選ばれるとは!って感じです。そこまで市民権を得る音か!?
いや、決して嫌いでは無いんですけどね、意外だったもんで。

Vo.の美少年、アンドリュー・ヴァン・ウィンガーデン君のルックスもかなりポイントUPに貢献しているようですが。
いやぁ、知らなかったなぁ。

「未来の70年代ミュージック」とは、意味不明だけど言い得て妙とも言えるフレーズですね。確かに彼らにぴったりかも。



a0035263_21493094.jpg・ Judy Collins
    "Both Sides Now" 【曲紹介】 ★★★







「青春の光と影」という素敵な邦題のついたこの曲は、フォーク歌手であるジュディ・コリンズが、当時まだ無名だったジョニ・ミッチェルの曲をいち早く取り上げたものだそうで、曲も良ければ、声も最高っていう。素晴らしい出会いをした曲ですねー。


幾重に流れる天使の髪。
アイスクリームのお城が浮かんでる。
ふわふわ 羽の峡谷が あそこにもここにも。
私は雲をそんな風に見てました。

でも今 雲は太陽をさえぎって
雨を降らせ 雪を降らせます。 誰の上にも。
私はたくさんのことをするつもりだったけど
雲が 私の行く手を邪魔したのです。 

   私が雲を見たのは 二つの側面からです。
   上から見たり下から見たり。 でもなんとなく
   雲の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていません。 雲のことは何も。

幾度も巡る お月様, 六月, 観覧車。
めまいを起こす踊りみたい。
一つ一つのおとぎ話が現実になるたびに
私は恋をそんな風に見ていました。

でも今は 違う恋の話の始まりです。
笑いたい人は 笑わせておくのです。 放っておきましょう。
もし気になっても そんな顔を見せちゃだめ。
自分をうっかり見せちゃだめ。

   私が恋を見たのは 二つの側面からです。
   与えたりもらったり。 でもなんとなく
   恋の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていないません。 恋のことは何も。

涙と不安 でも誇りを感じながら
私は言います。 「愛してる」って大声で。
夢と計画 サーカスの群集。
私は人生をそんな風に見てました。

でも昔からの友達といったら おかしなことばかりします。
頭を左右に振って
私に言います。 「あなた変わったわね」
そう 失った物もあるし 得たものもあります。
毎日暮らして行くうちには。

   私が人生を見たのは 二つの側面からです。
   勝ち負けという見方から。 でもなんとなく
   人生の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていません。 人生のことは何も。

   人生の幻が 頭に浮かんだだけ。
   本当はわかっていません。 人生のことは。
   本当はわかっていません。 人生のことは 何も。


<なつメロ英語>さんより、全訳拝借させていただきました。
あまりにも素晴らしい歌詞だったので。



a0035263_22295611.jpg・ 髭
    "ロックンロールと五人の囚人"
               【曲紹介】
 ★★☆
    "夢でさよなら" 【曲紹介】 ★★





このバンドは一昨年に既に聴いていて、"ロックンロール~"の方は好きでよく聴いていたもので。なかなか発表の機会にあたらず、今更取り上げてみたりします。

なかなかにかっこいいバンドで、また声が魅力的。

"夢でさよなら"は今回初めて聴いたんですが、これもまずまず。
もうちょっと聴き込んでみます。




a0035263_2244043.jpg・ 相対性理論
    "地獄先生" 【曲紹介】 ★★
    "LOVEずっきゅん" 【曲紹介】 ★★







これはまた・・・判断に困るバンドだなぁ。
東京で結成されたバンド、相対性理論

ライブ以外では一切その素性を明かさず、ジャケットやPVでもその姿を垣間見る事はできず、音楽メディアのインタビューや写真掲載も拒否している、と。ふむ。

脱力ボーカルが魅力。メロも悪くない。何よりなんだか耳に残る。
ネットではかなり話題のようなんですが、自分の中で化けるかどうかは・・・もちょっと時間を下さい。



   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '09>の方にUPしておきます。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by ROBITA00 | 2009-02-02 20:47 | ┗ song - '09 | Comments(0)