【本日の研究】 『ダ・ヴィンチ・コード』 ダン・ブラウン 著

<novel - '09>


a0035263_811852.jpga0035263_8112488.jpg














       ・ 『ダ・ヴィンチ・コード』   ダン・ブラウン




2009年、一発目に読んだ作品であり、また当ラボの今年一発目の記念すべき研究発表なのに、今更!?

そうです、天邪鬼なボクは皆が騒いでいる時には「けっ!」と思うくせに、やっぱり気にはなっているのでした。
以前『ツイン・ピークス』が流行ったときにも同様な事があり、3年後くらいに一人で盛り上がった時には誰もついてこなかった、と。まぁ、いいんですけどねー、自分が悪いんだし。

ブックオフに道尾秀介作品を探しに行ったんですが、その時にこれが山積みになっていて¥105で売っているのを見て、「おぉ、資金もないし、前から気になってたこれに決まり!」って買ってきたものでした。


さて、あらすじはもう今更なんでおいといて。

リーダビリティといい、謎解きの展開といい、確かに良質。
何よりも最初のページの

   この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、
   すべて事実に基づいている。

っていう一文だけでなんかもう面白そうだもんなー。史実や現在進行形の新説などを基に作られてるっていうことだけで。


ウチでの評価は、★★☆。好評価でした。


研材購入資金確保の苦しい中、今後も「買ったはいいが読まないままにラボに眠っている作品」と、新しく安く手に入れた作品と、今年の作品の面白そうな作品と、その辺うまくブレンドして研究して行きまーす。


今回の研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '09>の方にUPしておきます。

それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2009-01-21 09:41 | ┗ novel - '09 | Comments(2)

Commented by ちゃや at 2009-01-22 23:38 x
『ダ・ヴィンチ・コード』って映画では思いっきりエンタメだったんだけど、本のほうもそんな感じなのかな? いつか原書を読もうと(野望?)思ってるけど小難しい話だと無理っぽい。 
それにしても『ツイン・ピークス』懐かしいねぇぇ。。私も好きだった。その‘3年後に・・’っての笑える~~。 確かに、時差ありすぎっ。 久々にあのデビット・リンチの世界に浸ってみたくなったよ。
Commented by robita00 at 2009-01-23 07:58
わー、ちゃやさん、おはよ~!(* ̄∇ ̄)ノ ドモッ

いや、小説もエンタメちっくだったよー。原書だと難しいかもね~。訳されていても、やっぱりキリスト教・ユダヤ教なんかのとこについては、実はあんまし頭にも心にも入ってこなかったし。
そういった宗教的な部分の話は日本人は弱いよねー。だからこれが日本でもベストセラーになったのって意外!まぁリーダビリティはかなりすごいけどねー。

『ツインピークス』は、途中までかなり面白く観たんだけど、ラストの方で納得いかん部分があり。
みんなに「ねぇねぇ、あそこさぁ・・・」って聞いても誰も細かく覚えてなくって・・・当然だけどねw