今年も最後にばたばたと・・・【ロビタ4号ラボ】

<comic - '08>


今年も結局こんなカンジで発表できなかった研材を棚出ししていく季節になりました。
というわけで、【ロビタ4号ラボ】今年最後の発表会です。


 
a0035263_8551776.gif

・ 『蟲師』 #10


     漆原 友紀








なななんと、最終巻!?
マンガは単行本化してから読むタチなので、既に連載が終わっている事に気がついていませんでした。

動物でも植物でもない、生命の原生体、”蟲”。
その”蟲”と人との間を埋める存在、蟲師であるギンコの活躍を見続けてきましたが、そうですか、とうとう最終巻かぁ。

この時代感の無さ(一応時代設定はあるみたいだけど)と、今まで無かった新しい設定が魅力の作品。

ただ、そういった目新しさだけでなく、ノスタルジックでもの悲しいそのストーリーが最大の魅力だったんですよね~。
まぁそういう意味では、作家の力量が全てでしょうから『蟲師』が終わっても別の作品も気に入る可能性が大、ですねー。次作を期待して待ちましょう。

それぞれのウチでの評価は、
”光の緒” ★★☆
”常の樹” ★★★☆
”香る闇” ★★★
”鈴の雫” ★★


でも、今回も”常の樹”、”香る闇”なんか、ホント最高の話だよなーって。やっぱりまだ見たかったーーーっ!!!


 
a0035263_9285637.jpg








・ 『のだめカンタービレ』
   #20、#21


     二ノ宮 知子
a0035263_9291111.jpg














今年出た2巻では、ターニャ、のだめ、Rui、の3人の女性ピアニストが中心となって話が進みます。
実はみんなそれぞれに悩みを抱えながら、といったところなんですが、3人とも少しずつ成長していってます。

久しぶりにシュトレーゼマンが出てきたのがうれしいところ。なんだかこの後も再び重要人物として出てきそうです。

峰くんもね、やっぱりいいです。

それぞれのウチでの評価は、★★★★


 
a0035263_1947645.jpg








・ 『おおきく振りかぶって』
   #3、#4


     ひぐち アサ
a0035263_19472915.jpg














先日このラボでも発表した作品の3,4巻です。

この巻では今後活躍してきそうな各校の中心と思しき選手が出てきます。全員がキャッチャー阿部君の以前のパートナー、榛名というピッチャーを見に来るわけですが、なかなかこの展開がうまいっす。この先に期待を持たせる展開となっています。

練習方法がまた勉強になるんですよね~、実践的で。リアルで。
失敗なんかもあったりして、当たり前だけど全てがうまく行くはずも無く。

というわけで、久しぶりの面白い野球マンガ、っていう評価はここまで変化無しできてます。

それぞれのウチでの評価は、★★☆★★☆


 
a0035263_2223695.jpg

・ 『GANTZ』 #23


     奥 浩哉








大好きなマンガ家、奥浩哉の作品だし、実際この作品も好きなんですが・・・

ここ数巻はちょっと苦手で、今回もずっと戦闘シーン、それもちょっとグロい・・・

残念ではありますが、今回調べてて実は最新巻を買い逃していることが判明。それに期待します。

ウチでの評価は、無し、ということで。


 
a0035263_22364612.jpg








・ 『新ブラックジャックによろしく』
   #4、#5


     佐藤 秀峰
a0035263_22371065.jpg














今現在は【移植編】ということで、腎臓移植を中心のテーマに据えてストーリーが展開しています。

斉藤先生は相変わらずで、自分の腎臓を血縁関係の無いいわば「他人」にあげようと奔走しています。

僕らの知らない医療の世界の見えない部分を見せてくれる作品であり、今回のような重いテーマを扱うのも、らしいといえばらしいのですが、このマンガの真骨頂は「人間ドラマ」にあると思っており、今回もそれは見られるんですが、比重的にちょっと軽いかな?もっとべったべたなのが好きなんですが。

というわけで、それぞれのウチでの評価は、★★★★ってとこで。


 
a0035263_22483397.jpg

・ 『バガボンド』 #29


     井上 雄彦








吉岡70人との戦いに勝利したものの、足に致命的な怪我を負った武蔵。
足が動かず絶望の淵にいた武蔵は、捕らえられた牢でおつうや沢庵と再会し、また一つ剣というものについて教えられる。

武蔵、小次郎、ともに特に動きは無く、精神的なものに終始した巻でした。

で、おばば、大丈夫か?

ウチでの評価は、★★ってとこで。


 
a0035263_2335156.jpg

・ 『リアル』 #8


     井上 雄彦








で、最後は同じく井上作品の『リアル』。

今回は高橋君の巻、と言っていいでしょう。
あのダメな高橋君が成長していく様が見て取れる、そんな巻でした。

いやでも、一概に「ダメ」とは言えないよなぁ、って。それほど過酷なんだろうと思います、リハビリ。まぁそれでも全然分かってないんだろうけども。

夏美と野宮もそれぞれの道を進みます。

   これしかない!みたいな
   笑いたい奴は笑え!って

そうだよなー。ホント、そう。

でまた、高橋君のリハビリ仲間(?)の花咲君がいいんだよなー。
そして、高橋君のお父さん。初めて手にする携帯で息子と繋がろうと必死にメールを送る姿がいいです。送れているのかわからず、何度も同じメール出しちゃったりしてかわいいです。

   久信!よくがんばったな
   その技を来る日も来る日もコツコツ練習してたのを知ってるよ
   そして はじめからできたわけではないことも

   久信
   1つのことをコツコツ努力し続けられること
   
   それが本当の 君のいいところ
   

いやぁ、父親になってから、父親目線の台詞とか場面で涙が出る事が多くなったなぁ。
・・・歳?

ウチでの評価は、★★★でしたー。
 


はい、今年のロビタ4号ラボはこれにて終了!


今回の研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-12-17 23:28 | ┗ comic - '08 | Comments(2)

Commented by pi-kan-pai at 2008-12-17 23:50
こんばんは。
おや、リアル8巻まで来てるんですか。
知らなかった。

★★★、チェックして来ます^^
Commented by robita00 at 2008-12-18 20:36
わー、ぴーかんさんだ、こんばんは~!(* ̄∇ ̄)ノ ドモッ

そうそう、年1巻ペースでいつのまにやら8巻目です。
『リアル』は、やっぱいいっすねー。

ぴーかんさんはコーヒーミルを買ったんですね~。
ボクも家で映画見るときには、おいしいコーヒーがお供だとその映画の評価も上がる。
とはいえ、映画も途中までいい調子で観てたのに、後半減ってしまいました・・・来年はいっぱい観て、ぴーかんさんとこで"イルマーレ"を知ったように、ボクも誰かに何かを薦められるようにしたいです。