【本日の研究】 『赤朽葉家の伝説』 桜庭 一樹

<novel - '08>

本日の研材、
a0035263_7451793.jpg

              ・ 『赤朽葉家の伝説』

                      桜庭 一樹


今年は、『双生児』、『王者のゲーム』と、状況的な事もあったとはいえなかなか読み進められない作品があったため、研究作品が例年以上に少ないです。
まぁ、もう今年のNo.1は決定しているんで、満足してるって言うのもあるんですが。

ただ、今年は年初に、「この作品は読んでおきたい!」というのが2つあって。
一つは実際今年の一発目に読んだ『有頂天家族』、そしてもう一つがこの作品でした。


「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。2006年を締め括る著者の新たなる代表作、桜庭一樹はここまで凄かった!


この作品、というか「この人の作品」を読みたかった。
読みたかったんだけど・・・映画でもそうなんですが、何世代かに渡るいわゆる「大河ロマン」的なお話って元々あまり好きではなく。

そういう意味では、出だしは「やっぱりただのお話だなぁ」って読み進んでいましたが、第3部(年代別に3部構成になってます)に入ってちょっと風合いが変わり、最終的には面白く読めました。

Amazonに書いてあることによると、作者はこの作品の舞台である鳥取県が故郷らしく、その実家に籠もって書き上げたということです。ただし、作品にある”紅緑村”というのは存在しないようですが。
本人曰く、「八墓村っぽいところで生まれ育って」とあり、なるほどそんな陰のある舞台ではあります。

ともあれ、ウチでの評価は★★☆

今後も良さそうな作品があれば、見てみたい。そんな評価でした。



今回の研究結果は、ロビタ3号のラボの<novel - '08>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-09-28 00:46 | ┗ novel - '08 | Comments(4)

Commented by ちゃや at 2008-09-28 01:12 x
こんにちは~。^^
この人の直木賞受賞作は機会があったら読みたい本。なんだけど、他の作品は全く知らない。もちろん↑も初耳。 最近amazonで知らない作家の名前を沢山目にするし、選択肢は常に広がっているんだよね~。その中でほんとに好きなものに巡り会えるってすごいことなのかも。 今年はロビさんは既にもう出会えたんでしょ?「ゴールデンスランバー」だよね、きっと。私はこの頃英語の本にハマってしまっているので、なかなか日本語を読む時間が無い。英語でちょっと難しい本になると日本語の3倍くらい時間がかかるからなぁ。ま、面白いからいいんだけどね。

そうそう、今年は本当にコンスタントにUPしてるね! 欲を言わせてもらえば‘所長の研究日誌’もよろしくね! 楽しみなので。笑
Commented by robita00 at 2008-09-29 00:50
こんばんわ~!(* ̄∇ ̄)ノ ドモッ

直木賞はどれで取ったんだっけ・・・って探してて初めて知った。「女の人だったんだ!」
ボクは案外ハードルが低いんで、好きな作品に当たる率も結構高いw そうそう、ちゃやさんは『Twiright』?だっけ?すごくはまってるようだね~。でも、見てると確かに面白そうではあるんだけど、ボク向きじゃないかな?
何にしても、原書で読んでるちゃやさんは、ボクの尊敬の対象です。素敵だぁ。それで面白さが伝わるんだから最高だね。

でしょ!?あははw
今年は手抜き戦法とはいえ、かなりマメに更新しておるよ。
大阪行ったり、箱根行ったり、色々思うことあったり、所長の研究日誌も書くこと山ほどあるんだけどね~。今のところ、楽な方に流れてるw

ども、ありがとね~!
Commented by ちゃや at 2008-09-29 02:06 x
桜庭一樹って名前、どう考えても男だとおもうよね? 私も知ったとき驚いたよ。ろびさんは今気が付いた?笑
あははーーー、『Twiright』は絶対ろびさん向きじゃないからっ。笑  思いっきりガールズノベルだし。ただ、本当にアメリカでの人気はすごいんだよ。多分ハリポタ以上。 ガールズノベルといっても私みたいにすっかり大人でも楽しめるし。 私は決して英語が好きって言うんじゃなくて、出来なかったことが少しでもできるようになる楽しさにはまってる感じかな?。
やっぱりあの日誌は手間がかかるんだね~~。書きたいことがあってもなかなか時間がないって言うのはわかる。。お互いマイペースでも続けて祝・5周年を迎えましょう~~。笑 
Commented by robita00 at 2008-09-29 15:37
うん、15時間前に初めて気がついたw

そんなに人気なんだね~。いや、もしかしたら日本でも人気なのかもなんだけど、ボクが全然その辺疎いんでそれだけかも。
『ハリポタ』級なら、日本でまるっきりなわけないもんねー。

ちゃやさんが英語をそうやって好きになったり楽しくはまっていってることを聞くと、まだまだボクらでも新しい自分を発見出来るんだってワクワクするような気持ちになるから。ありがとう、ボクの為にも頑張ってね~w

日誌はね、正直書き方忘れたw なんかもう長文書けない気がするなぁ。
まぁ、そのうち書いてみまーす!