今更?な、ロビタ2号ラボの去年の研究発表 - partⅡ

<'07 - novel>

去年の発表の続きなんだけど・・・今何月!?ってこればっかや!



      ・ 『石の猿』   ジェフリー・ディーヴァー  ★★

a0035263_149199.jpg


中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。同船に乗り込んでいた国際手配中の犯罪組織の大物"ゴースト"は、自分の顔を知った密航者たちの抹殺を開始した。科学捜査の天才ライムが後を追うが、ゴーストの正体はまったく不明、逃げた密航者たちの居場所も不明だ―果たして冷血の殺戮は止められるのか。ドンデン返しとサスペンスの天才ディーヴァーの大人気シリーズ第四弾。

いやぁ、全っ然内容覚えてないw 
1年と経ってないのにこの有様。やっぱ、読んだらすぐに研究発表しないとダメだなぁ。
ポイントも適当w 多分これくらい。このシリーズは好きであり、かつこの作品はちょっと落ちてた気がするから。

ディーヴァーは今のとこ『コフィン・ダンサー』がダントツなんですが、とにかく評判の良い『魔術師』を読む為にこのシリーズを読んでいるようなもので。
いよいよ次は『魔術師』の出番だ。うー、楽しみぃ。
更には、最新作の『ウォッチメイカー』が絶品らしく。うー、早く読みたい気持ちと、1年に1作ずつ読んで楽しみを引っ張りたい気持ちと両方だなぁ。



   ・ 『サイレント・ジョー』  T・ジェファーソン・パーカー  ★☆

a0035263_23582476.jpg


赤ん坊の頃、実の父親から硫酸をかけられ顔に大火傷を負ったジョーは、施設にいるところを政界の実力者ウィルに引き取られた。彼は愛情をこめて育てられ、24歳になった今は、保安官補として働いている。その大恩あるウィルが、彼の目の前で射殺された。誘拐されたウィルの政敵の娘を保護した直後のことだった。ジョーは真相を探り始めるが、前途には大いなる試練が……アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞に輝く感動作

えー・・・・感想はすっかり忘れました。ストーリー展開も同様。
★だけはメモに残っていたので、読後の評価はこれで合っているのでしょう。

ただ、とてつもなく高い評価をしているものを見たので、ボクの感覚が人と違ってる可能性は大、です。



      ・ 『西の魔女が死んだ』   梨木 香歩  

a0035263_028373.jpg


「おばあちゃん、人は死んだどうなるの?」
「そうですね。おばあちゃんが信じている話をしましょう」
中学に進んでまもない夏のはじめに、どうしても学校へ足が向かなくなった私は、西の魔女のもとで過ごした。
西の魔女とはママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、魔女の手ほどきを受けるのだけれど、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。
喜びも、希望も、もちろん幸せも―。

一時、「泣ける本」を探していた時期があり。
ミクシィでそれらしい本を数冊ピックアップし、ブックオフで買ってきた内の一つ。

非常に評価が高く、映画化もされている作品ですが・・・これまた自分のひねくれた見方のせいか、全然悪くは無かったものの、「ぐっ」とくる事は無かった・・・
これも37歳のおっさんの目線とはかけ離れていた事が原因かもしれませんが、何にしてもウチでは惜しい結果に。




             ・ 『レキオス』   池上 永一  

a0035263_0454330.jpg


舞台は西暦二〇〇〇年の沖縄。米軍から返還された天久開放地の荒野に巨大な魔法陣が出現する。一〇〇〇年の時を経て甦る伝説の地霊「レキオス」を巡り、米軍、学者、女子高生、ユタたちが入り乱れ、ついにその封印は解かれてしまうー。大いなる魔法が完成するとき、人々はそこに何を見るのか?時空を超えて弾け飛ぶ壮大な物語世界がついに文庫化。

池永永一さん。
実は、『シャングリ・ラ』という作品が読みたくて。ただ、『シャングリ・ラ』の原点はこの『レキオス』であるという意見があったのを見て、まずこれからだ!と思ったのですが・・・。
なかなかその世界観が自分の中に入って来なかった・・・。

いや、SFが苦手ということは全然無いんですけどねー。大体ボクの読書遍歴は星新一さんから始まり、筒井康隆へと続くという「SFきっかけ」なわけで。
なのに・・・う~む。

こうしてみると今年はイマイチだった、かなぁ。



       ・ 『陰日向に咲く』   劇団ひとり  ★★★★

a0035263_058943.jpg



ホームレスにあこがれて本当のホームレスになってしまうサラリーマン、いわゆる秋葉系のアイドルおたく、男に遊ばれる自称カメラマンの卵の20歳の女の子、ギャンブルで借金まみれの中年男、浅草のストリップ劇場の売れない芸人。タイトル通り、“陰日向に咲く人々”を描いた素敵(すてき)にいじらしい5編からなる連作短編集。笑わせて笑わせてじーんとさせてほろっとさせて、しかも最後にはあっと驚く意外なオチが……。正真正銘の処女作であるというのに、劇団ひとりさんの『陰日向に咲く』は、驚くほどうまい! そして、人間ってそんなに悪いもんでもないなあと、じんわりと思わせられる。

いやいや、去年はこの作品がありました。
というわけで、作品の発表自体は一昨年ですが、ウチでは去年読んだこの作品が'07のNo.1作品ですねー。

会社の同僚から、「とにかく読んでちょうだい!」と渡されたもので、基本的に自分からは手に取らなかったろうなぁ。
それに人が絶賛しているのって、どうしても自分の中でハードルが高くなってしまって、それを超えるのが難しくなってしまいます。
が、これは確かに。好みでした。連作小説というボクが好きなパターン。もちろんそれぞれが単独の作品としても楽しめました。

絶妙にそれぞれが繋がっているという点では、ボクはどうしても大好きな伊坂幸太郎を連想してしまうのですが、さすが芸人だけあってオチへの持って行き方がうまいし、オチ自体もキレイに決まってます。もちろん、伏線も効いてるし。

結果的に、「買ってきて当ラボの本棚に加える」ことが決定したのでした。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'07 - novel>の方にUPしておきます。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2008-04-10 01:17 | ┗ novel - '07 | Comments(2)

Commented by ちゃや at 2008-04-11 11:59 x
こんにちは~~~。続編だね! 笑
ほとんど知らない中で、唯一読んだ本が、『西魔女』だった・・・・。笑
うん、そうだよね。これって児童小説だし、しかも少女向け。 ろびさんからはかなり遠いよね。うん。
ところで★ひとつって、どのあたりの評価なの? ★★★が平均点?
実は前から気になってた。笑 
Commented by robita00 at 2008-04-11 21:25
あ、ちゃやさん、こんばんわー!(* ̄∇ ̄)ノ ドモッ

そう、大した事ない続編だけど、一応そんなカンジw
『西魔女』は、でもみんな評価高いから、ボクがヘンなだけだよね~。女の人はその頃を思い出しながら読めるのかな?
っていうか、「男だから女性が主人公のもの読めない」って、どんだけ想像力が無いんだかね~w そんなこっちゃイカンのですが、ははは。

で、平均以上からポイント(★)がつく形なの。だから、★が一つあるだけでも、自分の中では平均点はクリアしてるってとこ。
10点満点で、6(★)、7(★★)、8(★★★)、9(★★★★)、10(★★★★★)。ウチでは合格点っていうのは★★からかな?ランキングもそこら辺からにしてる。よっぽど多いものはその上からにしてるけどね~。

やっと去年のが全て終わったので、いよいよ今年の研究に・・・って、今年はあまり進んでないなぁw