Napster : PART4

<music>

今回の研究に入る前に、前回の研究の修正を。

a0035263_16264941.jpg・ THE KBC
    "NOT ANYMORE" ★★☆★★★





とにかくここんとこ一番口ずさんでるのがこの曲。頭の中でループ&ループ。
  
   ♪ナエニモ~ ティキティキティンティン ティキティキティンティン

よいです。もう一個くらい上がるかも。

************************************************

では、今回の研究、です。

※ちなみに、下のジャケと曲は必ずしも関連しているわけではありませんので、あしからずです。


a0035263_1644118.jpg・ THE FRATELLIS
    "Flathead" ★★☆





グラスゴー出身の3ピースガレージ(っぽい)バンド、フラタリス。
最初に聴いた"Flathead"が、みょーに耳に残っていて。特にコーラス部。
で、しばらく経った頃iPodのCMソングとしてTVで流れてきたの聴いて、「何か聴いた事あるなぁ・・・」って思ってたら、これでした。
ただ、今のとこ3曲聴いてウチでの合格点はこれだけだったのが残念。



a0035263_1055755.jpg・ SNOW PATROL
    "Chocolate" ★★☆
    "Chasing Cars" ★★
    "Run" ★★



UKの4ピースバンドで、これまたグラスゴーで結成されてます。なんかグラスゴーってイメージ変わってきたなぁ。実は10年選手だったりします。
"Run"がヒットしたらしいですが、ボクは"Chocolate"が好きだなぁ。
上から2曲目の"Chasing Cars"は、現在映画化されている吉本ばなな原作の『アルゼンチンババア』のCMソングに選ばれているそうで。意外と日本でも人気なのね。



a0035263_10532871.jpg・ ADVENTURES OF JET
    "Orchids" ★★☆
    "Run Charger" ★★
    "Number One" ★★
    "Drag" ★★



知りませんでした、このバンド。USエモバンド。
キーボードの音で好みが分かれそう。ウチ的にはポップだったのでオッケーでした。
ずば抜けてすげーっていう曲は無かったけど、一枚にグッドメロディーな曲をこれだけ入れられれば十分合格でしょう。次は更に良くなる予感がひしひしと。



a0035263_1058838.jpg・ OZZY OSBOURNE
    "Crazy Train" ★★★☆
    "Mr Crowley" ★★
    "Dee" ★★
    "Goodbye To Romance" ★★



ボクが最初にランディー・ローズを知ったのは、ここにジャケットを挙げた『トリビュート~ランディー・ローズに捧ぐ』であった為、既に彼が飛行機事故でこの世を去った後でした。
17歳の時に従兄からもらったこのアナログ盤は、ホント良く聴きました。なので、今回オリジナルアルバムでの"Crazy Train"を聴く機会がありましたが、ポイントとしてはライブの方のものを。やっぱこっちの方が好きだ。

オジーの最愛のギタリスト、ランディー・ローズ。
ブラックサバスを脱退したオジーが、自身のソロ転向に際し任命した若き天才。結局、永遠に若い天才のままとなってしまいました。後任ギタリストのザック・ワイルドの「だいたい、ランディの曲をプレイできるってこと自体が名誉なんだよ」と語っていることが、彼の偉大さを物語ります。まぁ「偉大」っていうとまたちょっと違うけども。

”クレイジー・トレイン”と”ディー”を聴く度に、練習した10代の頃の記憶が蘇ります。



a0035263_16292976.jpg・ 音速ライン
    "スローライフ" ★★☆
    "青い空" ★★
    "ここにいる" ★★




雑誌で見かける度に聴いてみたいなぁと思っていましたが、ナプで聴けました。'03結成のギターポップトリオ。
かる~く粘っこい声も、その切ない系メロも、やっぱり好みでした。
もっと聴いてみたいんだけど・・・フリーでは聴ける曲が少ない!くそぅ。



a0035263_17151959.jpg・ JEREMY WARMSLEY
    "I Promise" ★★☆
    "I Believe In The Way You Move" ★★
    "Dirty Blue Jeans" ★★




UKのシンガーソングライター、ジェレミー君。
やはりボクの好きなソンドレ・ラルケ君が引き合いに出されてます。
この曲は'06発表の作品からで、フォーキーポップな世界がいいです。それだけでなく、かなり遊びを入れた音も展開もいい。これぞ、ポップ!



a0035263_18414017.jpg・ くるり
    "飴色の部屋" ★★★





締めはくるりで。

このサントラはもっておらず、この曲も初聴。
非常に「らしい」曲で、初期の頃のくるりを思い起こさせます。

   ひとりぼっちでゆく
   ひとりぼっちでゆく
   ひとりぼっちでゆく


このリフレインがたまりません。字ヅラだけ見ると寂しい感じですが、それだけではないように聴こえます。この辺りがね、やっぱり「らしい」。


今回の研究結果は、ロビタ1号のラボの<song - '07>の方にUPしておきます。

※元々音源が以前当ラボにもあったOZZY OSBOURNEに関しては、今年のランキングには入れず、ロビタ1号のラボのオールタイムのランキングの方<song-oversea>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2007-04-13 18:43 | ┗ song - '07 | Comments(0)