【本日の研究】 『ライフ・イズ・ミラクル』

a0035263_20353215.jpg<cinema>


本日の研材、

・ 『ライフ・イズ・ミラクル』
     '04仏、セルビア=モンテネグロ合作
     監督:エミール・クストリッツァ






ボクが生涯見た中で一番だと思っている映画、『アンダーグラウンド』
その監督である、巨匠クストリッツァの目下のところ最新作。たぶん。

彼の作品は未だ2つしか観ていないんですが、もう1つの『パパは出張中』もウチでは好評価なので、期待一杯で見ました。

   ”紛争下、愛してはならない君に恋をした
    人生はままならないけど
    生きてるって、それだけですばらしい”


見た事ある俳優だと思ったら『アンダーグラウンド』のイヴァンか!ウチの『アンダーグラウンド』の評価を決定づけた、ラストのイヴァンの独白のシーン。あれで最高評価まで跳ね上がったのだ。

そのイヴァン役のスラブコ・スティマチが今回は主役。
舞台は'92の内戦勃発直後のボスニア。セルビアとの国境近くの村で暮らす鉄道技師ルカ。戦時下にありながらのどかに暮らす彼だが、息子が徴兵され、捕虜になってしまう。
どうにか助け出そうと苦慮するルカの元に、捕虜交換要員として敵方の女性、サバーハが連れてこられる。
というお話。ざっくりと、ですが。

『アンダーグラウンド』でも祖国、旧ユーゴスラビアの紛争を描いたクリストリッツァ。ちなみにサッカー日本代表監督、オシムと同じサラエボの生まれです。
自分の国の人たちが争い、傷つけ合い、そして祖国そのものが無くなってしまう。そんなのってやっぱり日本にいると想像することすら難しい・・・。

そういった重いテーマを、この人はいつもあえて軽いタッチで描く。あえて奇妙な世界を作り上げる。そこがね、そこが大好きなんですよね~。「重いテーマで、軽いタッチ」。これだ!

が、今回の作品、自分的にはコなかった・・・。『アンダーグラウンド』がピンと来なかったらしい助手は今回の作品は好きだと言っていたので、一般的な評価は悪くないのかもしれませんが。

ただ、途中で出てくる、「失恋して自殺しようとしている」ロバ。これがかわいい。ロバってホント、マンガみたいにかわいいよなぁ。

そして、サイト観に行ったら、そのロバのプリントTシャツが販売されている!が、もう1年経ってるからダメだろうなぁ・・・。欲しいなぁ。
って、なんかいっつも欲しがってるなぁ。

あ、言い忘れた。
今回もやっぱり音楽がいいです。耳に残る。
[PR]

by robita00 | 2006-08-14 21:40 | ┗ cinema - '06 | Comments(0)