ジーコジャパン、2戦目。

確かにいいとこもあったけど・・・残念でした。

でも、客観的に見れば、クロアチアが落とした、っていう試合だったですね。チャンスは向こうに数多く。だけど、それは最初から分かっていたことで。その中でも点を取るチャンスは何度かあったという点においては、「勝てる試合を落とした」という言い回しもあながち間違ってはいない、か。そのチャンスは少なくともあったわけだし。

でもやっぱりミスが目立ったかなぁ。そのミスも相手が強いからこそなんだとは思えど、「そこもうちっと丁寧にだしてくれれば・・・」っていうのが悔しい。出来るはずだからこそ、悔しい。

希望の光は、能活が当たっているという点。いやぁ、ここぞの能活。本領発揮中!

イナも、「福西下げて、高さは大丈夫なのか!?」っていう心配をはねのけてくれました。うん。
でも、ミドル狙うなら遠藤も見たい・・・。

そして、イタイのは宮本が2枚目もらったということ。そういう風にアナウンサー言ってましたけど、初戦でもらってましたっけ?記憶に無いが・・・。でも、そうならこれはイタイ。だから闘莉王を・・・ってことは今更言うまい。もう3バックは無理だから、4バックで中澤-坪井で行くしかない。

我等が代表を少しでも長く見るには、どうしてもブラジルにオーストラリアを3-0くらいでふっ飛ばしてもわらないと。でも、それも難しいか・・・。

でも、何にしても、日本がいい試合をしてくれることが第一なので。
次でラストになるかもしれないのだから、しつこいようだけど全てを出してきてくれぃ!
[PR]

by robita00 | 2006-06-19 00:37 | 所長の研究日誌 | Comments(0)