【本日の研究】 『オースティン・パワーズ デラックス 』

a0035263_21275735.jpg<cinema>


本日の研材、

・ 『オースティン・パワーズ デラックス 』
     '99米、監督:ジェイ・ローチ






ほんとにボクはミクシィで”ミニシアター系映画”のコミュニティーに入っているのでしょうか。疑問的な今年のラインナップですが・・・。

ちょっと前にTVで放送されたとき、子供があの♪チャチャラチャラ チャチャラチャラ チャチャララ!の音に合わせてポーズを真似していたのがおかしくて。
その時は全然観る気は無かったのですが、そのポーズ見たさとアメリカの分かりやすいコメディなら息子もそこそこ観れるのではないかと思ったこと、そしてコメディの難しさを知らされた『有頂天ホテル』の後に観てみたかった。

普通なら「観た事のない1作目から」と思うとこなんですけど、あのポーズを取ってるのがこの2作目だった気がしてこれから。
で、前の会社の先輩が、「吹き替えの方が絶対に面白い!」って言っていたのを思い出し、ウチとしては珍しく吹き替え版で。考えてみれば子供も一緒なのだから、これでよかった。

で観たんですが、まぁ~バカバカしいったら。ははは。

それにしても、一番に思った事は「やっぱり、アメリカだなぁ」ってこと。あざといほどの分かりやすさ。さすがはエンターテインメント王国。「世界共通の笑い」ってのは、やっぱ下らなくて、下品で、バカバカしい事なんだなぁ。
日本のコメディは相手を選ぶが、アメリカのコメディはお構いなし。でも、それを狙ってんだから、それでいいんだよなぁ。

ボクとしては、テントの中の影絵的な笑いと、アラン・パーソン・プロジェクトのくだりが笑えました。知らない嫁さんは「ぽか~ん」としてたけど。
あと、マイク・マイヤーズがあのデブの役もやってるとは分からなかった。

けど、やっぱりランクインはしないよね。やっぱり。
[PR]

by robita00 | 2006-05-09 21:31 | ┗ cinema - '06 | Comments(2)

Commented by roadman1971 at 2006-05-12 08:57
自分の買ってしまった事実を消してしまいたいDVDランキング第一位です、はい。
Commented by robita00 at 2006-05-12 22:13
あはは!それは失礼しましたー!
でも、笑えるところも確かにあったんで、言うほど悪くないっすよ~。

ウチにも、買ってしまった記憶すら消し去った作品が幾つかありますw