本日の研究 【ロビタ4号ラボの2005年を振りかえる】

<各ラボの一年間を振り返る>企画第3弾はロビタ4号のラボということで。


このラボ、去年は何といっても『DEATH NOTE』
ウチでは去年初めて読んだ作品なので全巻が<'05対象作品>なんですが、「どーん!」と来て、じわじわと下がってきた。全く困った作品です。最高到達点という点からすれば<'05 No.1>に認定したいところなんですが、全体の平均点で考えるとそこまでは行かない、かなぁ。しかもここのとこ落ちてきてるのを加味すると、審議会としても「はい、横綱昇進!」と太鼓判を押せない。「二場所優勝してるんだけど、先場所負け越しだし」みたいな、分かりづらい例えを出したくなります。なんとか持ちこたえて素敵なラストを願いたいところ。

しかし、他の常連組は健闘しました。『バガボンド』は流石に外さないし、『蟲師』も安定感たっぷり。『ブラックジャックによろしく』は<精神科編>も結構長くなってきましたが飽きさせず、『のだめカンタービレ』も舞台が欧州に変わってドタバタ度が若干減ったものの、次々と出てくるキャラがやっぱりみんないい。

そしてそれらを抑えて『リアル』『GANTZ』が良かった。
『リアル』はまさにその「リアリティ」溢れるそのドラマに引き込まれました。人間のダメな部分や弱い部分も含めて。
『GANTZ』はホントにぐんぐん好きになっていってます。まぁ、こういう話が好きであり。「ヒーロー」がいて、「想い」がある。そういう話がやっぱ好きなんですよね~。今年は更に上に来そうな、そんな気もします。

と、こう振り返ってみても、ランキングの方を見ても、実は種類としてはあまり多くは読んでないのでした。今年は新しい作品にももっと触れてみたい。またリサーチしないとなぁ。

何にしても<'05>も結構満足出来ました。神様ありがとう ( -人-)アリガト!
[PR]

by robita00 | 2006-01-26 23:58 | ┗ comic - '05 | Comments(0)