【本日の研究】 大場 つぐみ/小畑 健 『DEATH NOTE #1、2、3』

a0035263_2227873.jpga0035263_22274112.jpga0035263_2228010.jpg










<'05 - comic>

本日の研材、

・ 『DEATH NOTE #1、2、3』 大場 つぐみ/小畑 健


これまた大人気のマンガ。とはいえ、「少年ジャンプ」なぞ見なくなって久しい自分には知る由もありませんでしたが。

自分の中での「ジャンプ」絶頂期は”すすめパイレーツ””リングにかけろ””リッキー台風””ブラックエンジェルス””Dr.スランプ””風魔の小次郎””ストップひばりくん”なんかが連載されている頃。70年後半から80年の頭くらいまで。
それ以降は何だか子供っぽい気がして、いつの間にやら読まなくなってました。元々コミックで集めるのが好きだったので週刊誌自体は基本的には読まない派。それでも高校生~大学生あたりでは、「スピリッツ」や「マガジン」をみんなで回し読みしてましたが、それでも「ジャンプ」はなんか落ちちゃってるカンジがして読みませんでした。

でも、実際にはそんなことは全然なく。
”ドラゴンボール””ジョジョの奇妙な冒険””ウイングマン””幽遊白書”などは、未だ読んだことがないのですが人気高いですし、何といっても大好きな”スラムダンク”もジャンプだったのだ。そう考えると・・・悪くもなかったなぁ「ジャンプ」も。

そういった「ジャンプ敬遠気分」が続いていたことから、読みたい候補にはあがりつつもなかなか手にするほど期待もしていなかった”デスノート”でしたが。

「こりゃあ面白い!!!」

古本屋に行ったついでに目に付いたんで試しに1巻だけ買って帰ったんですが、読了後、待ちきれずにすぐに2、3巻も買いに走ったわけで。いやぁ、やっぱ人気のあるものにはそれなりのワケはあるんだなぁ。久々の一気読み。

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!
以上、巻末の紹介文より。

「かつてない」ってことはないけど、これはかなりイケる!特にこーゆーのが好きなボクにはたまりません。
「死神の落としたノート。このノートに名前を書かれた人間は死ぬ・・・」。”GANTZ”の紹介の時も思いましたが、このテの作品はこう文字に表すとホントつまんなそう。伝えづらいんですよねー、面白さを。

死神リュークの落としたノートを手にした高校生、夜神 月(ライト)。何気なく拾ったノートにはそのノートの使い方が書いてあった。

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」
「書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない
   ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない」
「名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる」
「死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる」・・・


完全に信じていないライトだったが、退屈しのぎに試しに殺しても平気そうな人間、テレビで報道されていた通り魔の男の名前を書いてみると、その通りに。
そして、世の中腐った人間ばかりだと思うライトは、凶悪犯罪者などを次々と始末していく。そして誰もが悪人が消されていくことを知り、誰も悪いことの出来ない素晴らしい世界を作り上げようと考える。
「世の中に知らしめるんだ、僕の存在を。正義の裁きを下す者がいるって事を!!そして僕は新世界の神となる!」

何せ直接手を下さずに、世界中の誰をも名前と顔さえ分かれば殺人を行えるのだ。誰もライトの仕業とは分かりようがない。あまりにも無敵に思える設定ではあるんですが、なななんんと1巻目の76Pで早くも居場所を突き止められてしまう。世界中のどこでもありえるのに、日本のしかもある地域とまで限定されてしまうのだ!ここから俄然のめりこんでいってしまいました。

そしてここからは、ライトと彼の所在地を一発で絞り込んだ”L”との、知力を尽くしたせめぎ合いへと進んでいくのです。まぁホント考え方が秀逸!そしてこの後もノートに関するルールが幾つか出てくるんですが、とてもよく練られてます。素晴らしい。

そして、つかみが完璧だからこそ、ラストのハードルはかなり高くなった。この期待を超えるのは非常に困難でありますが、もしも、もーしーもこれでラストも唸らせてくれたら、自分の歴代でもかなりの作品になってくれるかも。楽しみです。
夜神 月(ライト)って名前を見た時、かなりヒいて一瞬読むの止めようかと思ったんですが・・・止めなくてよかったなぁ。ははは。

だけど、「ジャンプ」特有のだらだらと長引かせるパターンだとイヤだなぁ。せっかくの作品だから5巻くらいで「スパッ」と終わらせて欲しい。が・・・


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-10-21 00:12 | ┗ comic - '05 | Comments(0)