【本日の研究】 浅田次郎 『壬生義士伝』

a0035263_23484625.jpga0035263_2349658.jpg<novel>

本日の研材、

『壬生義士伝』
  浅田次郎







小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪と呼ばれた新選組に入隊した吉村貫一郎であった。“人斬り貫一”と恐れられ、妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や教え子が語る非業の隊士の生涯。浅田文学の金字塔。

五稜郭に霧がたちこめる晩、若侍は参陣した。あってはならない“まさか”が起こった―義士・吉村の一生と、命に替えても守りたかった子供たちの物語が、関係者の“語り”で紡ぎだされる。吉村の真摯な一生に関わった人々の人生が見事に結実する壮大なクライマックス。第13回柴田錬三郎賞受賞の傑作長篇小説。

以上、本作の上・下巻の巻末にあるあらすじでした。

この南部藩の蔵屋敷にやってきた吉村貫一郎は、”脱藩”という、当時大罪である所業をしておきながら、敗け戦になったとみるや帰参を願い出たということで、その図々しさに周囲の怒りを買うことに。そしてその場で切腹を言い渡されるが・・・

その吉村の回想シーンと、吉村の周りの人間が後に語る”吉村像”とを交互に織り込む形式で話しが進んで行きます。

歴史に非常に疎いワタクシ。「吉村貫一郎」なる人物は、この物語の為に存在する”架空の人物”と勝手に思いこんでおりましたが、実在したのですね。ま、華やかに語られる新選組の中にあって、かなり無名の存在だったようですが。
ちなみに、新撰組は壬生寺の境内で兵法の訓練を行ったりしていたこともあり、人々は彼等を”壬生浪”と呼んだそうです。壬生の浪人っつーことで。タイトルはこの呼び名からきてるんですね。

最初、「脱藩したけどやっぱり戻りたい」っていうその図々しさに、あまりいい感情を持てずにいて。徐々にその理由も含め納得していくんですけどね~。

「禄を失い、矜りを失い、死場所を得ずに生き永らえてしまった武士たちに残された言葉」が、”おもさげなござんす”、要するに「申し訳ない」だなんて、どんな時代だったのでしょう。今の時代にそれを推し量ることは難しい。でもたった150年くらい前の話しなんですよね。
しかしそんな、「戦にて死ぬことこそがあっぱれ武士の誉れ」などという時代に、「生きることこそが武士じゃと、生きて忠孝のかぎりば尽くし、畳の上に死するが武士の誉れ」だと思っていた吉村貫一郎。
「ただ生きんがために、国ば捨て申した」。これが全てなんだよなぁ。それも自分が、ではなく、自分が守るべきものの為だけに。

全ての人間が、その出自によって決められてしまう世の中。そんな中、自分の生き方を貫いた吉村。その吉村に切腹を命じた大野次郎右衛門に仕えていた、佐助のこの言葉が、やっぱり男として「ずしっ」と心に響きます。

   男なら男らしく生きなせえよ。潔く死ぬんじゃあねぇ、潔く生きるんだ。潔く生きるてえ
   のは、てめの分を全うするってこってす。てめえが今やらにゃならねえこと、てめえが
   やらにゃ誰もやらねえ、てめえにしかできねえことを、きっちりとやりとげなせえ。   
   そうすりゃ誰だって、立派な男になれる。


本作は映画化されているんですが、先に映像化した10時間にも及ぶTVドラマでも割愛する部分があった、というほどの大作。しかし、映画化に際して浅田氏は、「これは映像と活字の情報量の違いなのでしょうがない。あらためて文章表現における情報伝達の力を思い知ったとともに、制約された中でよくまとめてくださったと思う」と語ったそうです。原作も読んで、映画も観たという方の中にも「やっぱり泣けた」という声が聞かれたので、うまくまとめられたのでしょう。
映画での主役は中井貴一さん。「どこを切っても真面目印」なイメージがあるので、適役と言えるでしょう。浅田氏のいうように、吉村を演じるには少々清らかに過ぎるきらいはあるものの。

全くの余談ですが、新撰組についてすらすごく基本的な知識しかないワタクシにとって、ここで書かれている沖田総司って自分のイメージとかなり違いましたねー。
「・・・案外、ヤな奴?」


当ラボの研究結果は、ロビタ2号のラボの<'05 - novel>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-05-08 22:00 | ┗ novel - '05 | Comments(4)

Commented by teacherteacher at 2005-05-12 00:03
こんばんは~
お仕事順調そうですね、良かったです。安心しました~(´∇`)
私の勤めている会社は、連休明けに急に忙しくなっちまいました。疲れた
何かね~、人の使い方が下手っていうか、段取り悪すぎなのよねん<会社

私は、時代小説は、ほとんど読まないなぁ・・「燃えよ、剣」は面白かったけど
ここの日記は、真面目なブックレヴュウが多いので、参考になります。
私の日記は、変な本ばっかりだべさ。
Commented by robita00 at 2005-05-12 20:53
あ、teacherteacherさん、こんばんわー!

そうですね、まぁ、なんとかかんとかやれてるようです。周りの人がいいんで、それが良かった。いつも近い人には恵まれてるんですけどね・・・。
人の使い方が下手で忙しいのって、ぐったりしそう。頑張ってくださいねー!

で、ボクもほとんど読まないんですよー、時代物。でもウチのはレビューっていうか、感想、いや、感想ですらないしろものなので、参考にはならないのが我ながら残念。teacherさんのように、気持ちの伝わるレビューにしたいんすけど・・・。
Commented by リスケ at 2005-07-16 12:30 x
コメントありがとうございました。
吉村は最初は「図々しいぞ」って感じさせますけど、実はそれには深い理由があって…という展開は、確かに巧いなぁと感じさせます。読者を引き込みますよね。

映画化に関する浅田氏のコメント、知らなかったので勉強になりました。
本でしか表現できないことってありますね。
Commented by robita00 at 2005-07-16 22:34
あ、リスケさん、どうもはじめましてー!
いえいえ、こちらこそ、TBありがとうございました。

確かに流石、百戦錬磨の浅田次郎。その「作り」で、知らぬ間に早くも一本取られてます。巧い。
ボクはあまり史実やリアリティーという部分に重きを置かないタイプなので(←っていうかよく知らないというのが本音ですが・・・)、その辺気にせずに読めたのも良かったのかもしれないな、とリスケさんとこの読んで思いました。
また、面白い作品に出会ったら教えてくださーい!