本日の研究 【GANTZ #15】

a0035263_21283883.jpg<'05 - comic>


本日の研材、

・『GANTZ #15』
   奥 浩哉





3ヶ月以上も前に買って読んでいたので、今更ですが。なかなか機会がなくて今頃発表。

一度死んだはずの人間が集められる、あるマンションの一室。
ここに集められた人間は、”ガンツ”と呼ばれる黒い玉に指示された<標的>を倒さなければならない。超人的な力を発揮できるスーツや武器を渡された玄野たちは、訳も分からないままにそのルールに戸惑いながらも、次々と集められてくる仲間と一緒に、<標的>に立ち向かっていく。

徐々にその世界にも慣れ、潜在的な力を発揮し始める玄野。同じく”ガンツ”によって集められたこれまたスゴイ力を持つ和泉と反目しつつも、共にミッションをクリアしていくが…。

今巻では、普段は学校で”昼行灯”と呼ばれる冴えない高校生である玄野と、地味でオタクと呼ばれる彼女の小島との間に、レイカというアイドルの女の子の存在が関わってきて、二人の間に亀裂が生じます。そして、二人の間に更に大変なことが…。そしてとうとう和泉とも仲を違えることになって。

って、字ヅラだけでみると、なんだかどうしようもない話に思えますが…。伝えきれないなぁ、う~ん。

奥浩哉の描く作品は、設定も良いし、パソコンで描かれる絵も美しいですが、そんなことよりも何よりも、その「お話」がいいのです。ベタといえばベタなんだろうけど、なんだか「ぐっ」とくるんですよねー。『変』の頃から大好きなんですが、その3巻に入っている、”宿”や”黒”といったお話が大好きで。
今はまた違ったカンジのものを描いてますが、時折見せるその「ベタな魅力」にやっぱり惹かれてしまいますね、ボクは。

当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<'05 - comic>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-03-29 22:07 | ┗ comic - '05 | Comments(0)