本日の研究 【バッテリー】

a0035263_21414268.jpg<novel>


本日の研材、

・『バッテリー』
    あさのあつこ





「そうだ、本気になれよ。本気で向かってこい。―関係ないこと全部捨てて、おれの球だけを見ろよ」
中学入学を目前に控えた春休み、岡山県境の地方都市、新田に引っ越してきた原田巧。天才ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、それゆえ時に冷酷なまでに他者を切り捨てる巧の前に、同級生の永倉豪が現れ、彼とバッテリーを組むことを熱望する。巧に対し、豪はミットを構え本気の野球を申し出るが―。
『これは本当に児童書なのか!?』ジャンルを越え、大人も子どもも夢中にさせたあの話題作が、ついに待望の文庫化。

以上、本作巻末の作品紹介からでした。

確かに本屋に行くとよく見かけました。でも全然手に取る気にならなかったのは…恥ずかしながら完全に「タレント本」だと思っていたわけで。「それにしちゃあ売れてるなぁ。」…って、そんなワケないだろっ!ボクが思っていた女優さんとはまるで別人だったのでした。

主人公は天才ピッチャーの原田巧。よくある、最初は拙いが最後にはすごいピッチャーになる、という話ではなく、端っからすごいピッチャーとして登場します。

「誰にも頼らない、信じるものは自分だけ」という思いでずっとやってきた野球。自分に厳しく、そして他人に厳しい。それは自分の親に対しても同じで、弟ばかり守っている母や、自分のポジションさえ知らない父を思うと、どうにも歯痒さを感じてしまう。

   「大人ってさ、知りたいことは何も教えてくれないくせに、何で関係ないことばっか、
    しゃべるのかなって思ってさ。」

そんな巧たち親子が、以前高校野球の監督をしていた祖父の元に引越しをしてきたその地で、巧は永倉という同い年の子と出会う。
そして、永倉や弟の青波らによって、巧の心にも少しづつ変化が…。

野手における天才は9人の中の1人でしかないが、野手全員が相対さなければならない投手における天才というのは、もう別格なわけで。まさに孤高の存在。唯我独尊。

作者もあとがきで、個よりも集団をはるかに重視する、今のこの国や学校といった場に巧を放り込んで、周りと同調し変化して生き延びるのなんかではなく、周りに抗いながらも枠を突き破る存在というものを彼に託した、と述べています。そういった「何にも負けない、強い意思、強い存在」を今、この世に問うた、と。

それでも、きっと自分だけでは無し得ないであろう高みに達する為に、その純粋な思いの為だけに、巧と永倉とはバッテリーを組む。

   「いいさ、時間はたっぷりある。これからバッテリーを組んでいくなら、時間はたっぷり
    あるはずだ」

そう、これからどれだけシリーズが続いているのか知りませんが、これから時間をかけて≪バッテリー≫になっていくのでしょう。今はまだ巧は1人だと思っているけれど。


著者はこの作品で<野間児童文学賞>を、次の『バッテリーⅡ』で<日本児童文学者協会賞>をそれぞれ受賞しています。
ただ、各方面の方がおっしゃられているように、これは大人の方でも十分読むことの出来るものですねー。

この作品は、「本の雑誌」の増刊として発売されている≪おすすめ文庫王国 2004年度版≫の1位に選ばれていまして。
で、ウチ的にはどうだったかというと、どうも続編ありきで読んでしまった為か、この後どうなっていくのかという事の方が気になってしまって…。

作者の言わんとするところは、全てこの作品に入っていると思いますが、物語の楽しみとしてはこの続きの作品の方が上っぽい気がしましたね、うん。

当ラボの研究結果は、ロビタ2号のラボの<'05 - novel>の方にUPしておきます。
[PR]

by robita00 | 2005-03-20 22:59 | ┗ novel - '05 | Comments(0)