所長の研究日誌 (1/29) 何とか持ちこたえた、曇り。

今日は嫁さんが休日出勤ということで、息子と二人ぼっち。
「いかん、一日二人っきりなんてお互いストレスで死んでしまう!」。
なので、今日はそんな時の為の計画、<プロジェクトX>を実行に移すことに。…って、そんな大層なもんでも、立派なもんでもないんですが。

電車好きの息子の為のその企画とは、「都電荒川線に乗ろう!」ってだけの企画。しかし、午後から雨が降るという予報だったので、まぁ午前中だけの穴埋めとしては丁度いい。自分も乗りたいとは思えども乗ったこと無かったし、息子もとても楽しみにしていて、この一週間は「荒川線乗らなくていいの?」っていうととてもいい子にしてくれる。切り札として非常に重宝していました。

さて、都電荒川線は都内で唯一残った路面電車です。所謂”チンチン電車”というものですね。今日は一眼レフ持って行った為、手持ちの画像がないのでお借りしてきました。

a0035263_059271.jpg


うーん、かわいい車輌だ。くわしくはこちらで。

で。ルートは、山手線で大塚駅で下車、そこから終点「早稲田」まで乗って、今度は折り返して「王子」まで。で、京浜東北線に乗り換えて帰路につく、というカンジで。

最初の大塚では、親子共々興奮。ボクは写真バシャバシャ、息子も奇声を発してる。息子はこっちが写真ばっか撮ってるもんで、「乗らないの!?」って怒り出すほど。
なのに、いざ乗ってみると「…なんで遅いの?」と、テンション下がり出す息子。新幹線でもそうなんだけど、乗る直前の間近で見るまでが興奮のピークらしく、乗ってしまえば普通の電車となんら変わりが無いことに気付くみたい。一方親父はといえば相変わらず喜んでいて、この温度差はなんなんでしょうってカンジで。
それでも、出発の度に「チンチン」となる音に反応してたし、電車の方が止まって車が道を渡っているのとかを不思議そうに見てました。

で、電車が車と車の間を走るという、「路面電車の醍醐味」みたいなものがいよいよやってきた!と思ったら王子の駅に着いちゃったんでそれが残念。ま、今度嫁さんも一緒に行く予定なのでその時にはその先まで行ってみよう。

で、午前は乗りきったが、午後はどうする!?
≪TSUTAYA≫でディズニーのDVDを借りてくるという、手抜きでクリアしてたりして…。

                 *      *      *

ニュース、斜め読み。

土休日は313本を運行 万博会場への足「リニモ」

うわっ、リニアモーターカー乗りたーい!

サークルにリニアの研究してる院生がいたんですが、研究は結局頓挫、その人は「半アル中」になってしまいまして。
しかしそうですか、とうとう実現しましたか。

しかし、これは息子が見たいといっても遠くて無理だなぁ。



同じく、愛知県の話題を。
地元プンプン、公募無視の南セントレア市とは…

合併はとにかく各地で行われていますけど、なかなかうまくは行きませんねー。
名前とか、各種料金の問題だとか、いろいろあります。

特に名前は、古くから住んでいる人には愛着もあるでしょうし、その多くがきちんとした由来や歴史を含んでいるものですからねー。
ウチの県でもA、B、C市の合併話で、Aという名称になる・ならないで結局ご破算になってしまったとこもありますから。まぁ、B、Cにとってはそれはヤだろうけど。吸収されちゃうんじゃあね。

しかし、それとはまったく違う次元のお話ですねー。両市の名前でもなく、公募したのも無視。まぁ決まれば決まったで、慣れてしまうものかもしれないし、「抗議」っていっても大して来てないから地元の人も納得なのかな?



社員に最高200万購入要請 地震被害で三洋が自社製品

まぁ雇われている以上、しょうがない部分もあるでしょうが…。
200万円分買え、って言われてもキツイだろうなぁ。一般社員で20万円ってのもかなり。
お家の一大事をみんなで乗りきろうというってことですねー。リストラよりいいのかな?

ただ、これで企業側が味しめて、「赤字の時はこれだ!」って思われても社員は困りますよねぇ。あくまでも緊急の処置として、ってことで。



名前を書けば呪い殺せる「死のノート」中国で大論争

おぉ、『DEATH NOTE』!
日本のマンガは中国にまで影響を及ぼしてますか。まぁ面白いらしいですねー。まだ未読で、是非読んでみたいと思っておりますが。

「疲れた時には嫌いな先生の名前を書く」って言うんだから、小学生のリポビタンDというか、アスパラドリンクというか、そういうカンジでしょう。
あくまでもシャレですから、あまり目くじら立てんでも、ね。



最後は気持ち良く。
玉田2発、日本が快勝/親善試合

いやぁ、ビューティフルな試合でした。
玉田、キてる!決定力も素晴らしいし、合間合間に見せるボールキープ、DFを抜き去るテクニック、どれをとっても素晴らしい。FW、一人はもう決定!

そして、その潜在能力を欧州でも高く評価されつつも、代表ではどうも潜伏してしまう小笠原くん。伸二や俊輔のようにホントにミスが少ない、というタイプではないと思う。ただ、時にとてつもなく素晴らしいプレーをする。良い時には1試合に何度も。
攻撃の人間というのは、偶にミスがあったっていいと思う。彼のように「ここぞ」というときに、決定的な仕事をしてくれればいいのだ。

まぁ問題は、なら誰を外すかってとこかなぁ。レベルがほぼ同等であれば、調子の良い方を使う、でいいと思うけど。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。


獲物を追うライオンは、振り向きはしない。
追ってか、追われてか、今、僕も、そう…、そう!

( 中村一義 『1、2、3』 )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2005-01-29 22:34 | 所長の研究日誌 | Comments(2)

Commented by cha*ya at 2005-01-30 09:24 x
わっ。市電だ!東京に市電が走ってる~~。ウチの子達も乗せてみたいなぁ。隣を車で走るとめちゃ怖いんですよね、市電って。
リニア、もちろん乗りに行きますよっっ。
robitaさんも、100sにて来名の際に乗ればいいじゃないですか!
あ、乗ったらもちろんレポします。
Commented by robita00 at 2005-01-31 12:59
あ、チャヤさん、どもご来店ありがとうございますー!

ボクは車、乗らない人間なので分からないんですが、それでも市電の脇を平行して走るのって確かに怖いだろうなぁ、って思いますねー。
信号はあるんですけど踏み切りが無い場所もあって。「ぼーっ」としてたら思わず渡ってしまいそうです。
でも、是非残してもらいたいものですねー。すごく良かったです。次は何に乗りに行こうかなぁ。

あ、リニア!いいなぁ、是非是非レポートお待ちしておりますよ~。