所長の研究日誌 (1/27) 穏やかな、晴れ。

今日までの各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

先日、研究ストップとなった『BECK』、『最強伝説 黒沢』、他数点を、≪まんだらけ≫に処分しに行ったところ、¥6,000を越す額となりました。やったー!
さすがだ。マンガを売るなら完全に≪BOOK-OFF≫より、≪まんだらけ≫だな。うん。あとは小説を高く買ってくれるとこがあるといいんだけど…。まぁこれは≪BOOK-OFF≫に頼るしかない、か。

その¥6,000ちょっとを握りしめ、新たな研材調達へ。買うならやっぱり≪BOOK-OFF≫なんだよなぁ。マンガも小説もあるから。

で、その成果がこちら。

   ・ 『墨攻 #3』 森 秀樹
   ・ 『ママはぽよぽよザウルスがお好き みたび』 青沼貴子
   ・ 『リバーズ・エッジ』 岡崎京子
   ・ 『コフィン・ダンサー』 ジェフリー・ディーヴァー
   ・ 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎
   ・ 『バッテリー』 あさのあつこ
   ・ 『壬生義士伝』(上)(下) 浅田次郎
   ・ 『小説ワンダフルライフ』 是枝裕和
   ・ 『匿名原稿』 スティーブン・グリーンリーフ
   ・ 『半身』 サラ・ウォーターズ
   ・ 『神は銃弾』 ボストン・テラン
   ・ 『王者のゲーム』(上)(下) ネルソン・デミル
   ・ 『Mr. クイン』 シェイマス・スミス
   ・ 『航路』(上)(下) コニー・ウィリス


以上17冊で、総額なんと¥4,000ちょっとに抑えた!素晴らしい!遅読のボクにとっては、これにふと読みたくなる新刊を数冊加えれば、今年のロビタ2号の研究分全てまかなえたといっていい程だったりします。
で、何故にここまで安かったかというと、その日「文庫本、どれでも3冊500円セール!」というのをやっていて。なので、『バッテリー』以下は全て文庫本、12冊で2,000円だったのです。ここぞとばかりにぶ厚いやつを選びました。いやらしい戦法だ。

                 *      *      *

自分のとこで(こんなんでも)手一杯だったり、単に不精だったりで、ここのラボからネットの大海原に飛び出すこともあまり無いのですが、たまに外に出掛けてみるとすごくキレイなデザインのブログに出会うこともしばしば。つい先日も、「雑貨屋さんのHPか?」と思うほどとても素敵なブログを覗かせていただいて。

で、そうすると、「ウチも素敵なデザインのブログに変身だ!」と思い立つわけです。すぐ感化される。
そんな時。心の奥底にしまいこんだある記憶が、あぶくのように浮かび上がってきます。

時は高校時代。
ウチの高校の美術の教師は、生徒の作品を自作の<動物ハンコ>で評価してました。絵の裏に押されたハンコで皆は自分の評価を知るのです。評価は下から、ネズミ、ネコ、イヌ、ウマ、シカ、ライオンの順でした。そして、美術の最初の授業からその芸術的センスを見込まれていたボクは、ほとんどの作品で”ネズミ”という好評価を受けていました。

とある課題の時、絵の裏に見た事のないハンコが押してありました。よぉく見たらそれは”ノミ”でした。「なるほど、”ネズミ”の下は”ノミ”なのか…」。

そしてまた次の課題の時、絵の裏にこれまでにない様子を感じ取りました。よぉく見なくてもそれは”ノミ”でした。それも20匹はいようかという大群。「…」。

そして「友達の顔を描こう」という課題の時、絵の裏に初めて見る「茶」という色にイヤーな様子を感じ取りました。よぉぉく見ないとわからないそれは”ウンコ”のハンコでした…。
うまい!と感じる遊び心がまだなかったボクは、思わず先生に質問しようかと思ってしまいました。
「ハイ、せんせー、”殺意”ってこの感情のことですか?」
しかし…なんてわかりやすい評価なんだろう。っていうか、これ以上わかりやすい評価はないんじゃないでしょうか。先生はボクの為だけにわざわざ新しいハンコを作ってくれたと思われ。それはそれで熱意があるっちゃああるけどね…。
ガラスの10代のガラスのハートに、”ウンコ”をなすりつけられたボクは、この時”少年”から”大人”に変わったのでした。…強制的に。

まぁそういうわけで、ブログデザインの変更を思い立つとき、いつもぼくはこの高校時代を思い出して「…ヤメ、ヤメ」とくじけてしまうのでした。

これだけノーセンスなのにも関わらず、夢は”雑貨屋さん”ってのがまたすごい。あぁ、早くロト6、当たんないかなぁ…。ってか、この歳で「夢」見ちゃってるのが我ながら…立派。

                 *      *      *

それでわ、本日の締めの句を。


「ああいう本の中では、娘たちが簡単に恋に落ちる。そんなのは物語の中だけだ。現実もそうなら、本なんかに書かれる必要はない。」

( サラ・ウォーターズ 『荊の城』 )



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2005-01-27 22:05 | 所長の研究日誌 | Comments(4)

Commented by teacherteacher at 2005-01-27 22:43
こんばんは~。
岡崎京子さんの名前があったのでコメント!
すごく、面白い作品が多かったのに、不慮の事故によって
植物状態になってしまって残念です。もう復帰は無理なんでしょうかねぇ?
高校の先生のハンコの話、オモシロイけど、ちょっと恐いかも・・
もし、文章を「ハンコ」で判定されたら・・私は「蚤」でしょう。 わはは~
そんな私の、オススメ漫画は「さくらの唄」! 哀しい話じゃ・・エログロだけど
Commented by robita00 at 2005-01-28 09:46
あ、ども、こんばんは!

岡崎京子さんは、ホントは『pink』というのが欲しかったんですが、こっちが見つかったんでまずこちらから。今まで読んだこと無かったんですよねー、すごく面白いのなら楽しみ。事故の話だけはちらっと耳にしてましたが、未だに復帰されてないとは知らなんだ…。
そうそう、オススメされてから「さくらの唄」探してんですけどなかなか出会いませんねー。エログロ…惹かれるんだけどなぁ。

美術教師。宅八郎を頑強にした感じの人でした。恐くて、怖い。そんな感じで。よそのクラスからもその作品を(ってかハンコを?)見にきたくらいだから多分学年でボクだけじゃないっすかねー。しどい話…。
何をおっしゃいますやら。”ライオン”ですよ、”ライオン”。それより、早くタイトルを決めてください(笑)。
Commented by IxxTOPIA at 2005-01-29 01:44 x
こちらでははじめまして、こんばんは。^^

多感な年頃の少年にウンコな経験、そうあるものぢゃございません。
今思えば良い経験だったと・・・いや、思えないですねw
私なら登校拒否、そしてセンセの靴に仕返しのウンコですね。
センセが車で登校なら、車にもウンコです。
間違いない。(旬過ぎてますねコレ)
まぁワタクシなんて絵心あるセンセに評価されたことなんて無いですから~っ!
残念っ!(コレ流行ってるんですか?)

近況報告です。熱帯魚飼い始めました。
唯一の癒されアイテムです。手が掛かるんですけどね。。。
魚のように三次元空間を自由に飛び回りたい今日この頃です。
あ、でも水槽から出られない。。。
(まるで自分のようだな 涙)
Commented by robita00 at 2005-01-29 13:53
おぉっと!
こんちは、IxSTOPIAさん。誰かと思いましたよ。あはは。

いや、ホントに見た目「宅八郎」のくせに、エライ暴力的だったんですよ、ヤツは。だから仕返しなんて思いもしませんでした。やるなら、刺し違える覚悟でないとってカンジだったんで。

お、癒されアイテム搭載。
でも、車も癒しアイテムっすよね?自由に飛び回ってるじゃないっすか、スピードオーバーして。ふふふ。
水槽には友達もいるからいいじゃないっすか。ボクなんか、大海に飛び出したはいいものの、あまりに広すぎて自分を見失ってますよ… _| ̄|○ ガックシ