所長の研究日誌 (1/19) 曇りのち晴れ。


先日『ハンニバル』の研究結果を報告したわけですが。あれは実際は去年の末近くに読み終えていたわけで。
ただ、『生首に聞いてみろ』の研究報告をどうしても年内中にしたくて、そちらを優先させたんですよね。まぁ結果はランクインしたわけじゃなかったので後回しでも良かったんですが。

で、『生首~』読了後は、サラ・ウォーターズ著『荊の城』を読んでいました。とりあえず読み終えたんですが、報告の方はまたの機会に。

で、今日は次に何を読むか思案していたんですが。

ロビタ2号の研究室の研材は、前に書いたように年末に出る本・雑誌などのランキングを元にリサーチするのが主で。なので、早くとも1年遅れのものを読むことになる訳です。
んが、ごく稀に新聞や雑誌などで新刊の広告見て、「コレ、読みたい!」っていうのがあって。そういう時は「外れ覚悟」でいくわけです。まぁそれが普通か…。

で、今回タイミング良くそういうのが出てきてくれまして。それが、白岩 玄著『野ブタ。をプロデュース』
つっても芥川賞の候補作になってるくらいなんで、去年の作品なのですが、結局は。

どんなもんでしょうか。早速明日から読み始めることにします。

                 *      *      *

ニュース、斜め読み。今日は<海>関連3連発。

海の110番 「118」間違えないで/4管が催し

へぇ~、知らなんだー。118番があったとは。確かに119や117などの間で間違いやすそう。
でも間違いはともかく、「海の事件・事故」って言ってるんだから、アサリについて質問しちゃダメ。



「津波サイン」世界に提案 非常口デザインの研究者

へぇ~、知らなんだー。あの有名なマークは日本の方がデザインしていたんですねー。有名な話ですか?

それに昔から当たり前のようにあると思っていたんですが、世界統一規格になったのはボクが生まれてからと知って、またびっくり。10歳になるまではどんなんだったっけ?まぁ国内では前からそれを使っていたのかもしれませんが。

うん、これは確かにいいかも。ボクのように「日本語以外ダメな人」が海外旅行に行っても、そういうマークならば分かりますしね。



で、ちょっと前の話なんですが、津波つながりということで。
震源地近く7万人余の島、死者7人 大津波の教えいきる

やっぱりこういう”先人の教え”っていうのはバカにしちゃいけません。すごいことですよねー。
先祖様が救ってくれたんですね。ちゃんと聞いていたからこそ、です。



歯痛が治らん…頭にクギ6日間!

これもすごいですねぇ。
だって、<要素①>釘が跳ね返った、<要素②>口に痛みが走った、となれば導かれる推理は、「犯人は釘やっ!」ってことになるでしょう?どこにも釘がないのなら、「口に刺さってる!」っていうのもすぐに分かりそうなもんだし。

このレントゲン写真みると、ホント間一髪!脳に刺さってても、眼球に刺さっててもおかしくなかった。っていうか、歯以外にも痛いトコ無かった?ホントに?


あ、全然<海>と関係ないや。

                 *      *      *


それでわ、本日の締めの句を。


もうどうかしたいだなんて言うほうが気分じゃないし、
実際、「正しい」を前に間違いをわかって選ぶのさ

( スーパーカー 『EASY WAY OUT』 )


さようなら、スーパーカー。だけど、これからもよろしく。


それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2005-01-19 23:07 | 所長の研究日誌 | Comments(0)