本日の研究 【ロビタ2号ラボの2004年を振りかえる】

今日は、≪ロビタ2号のラボ≫から、<novel - '04>について振りかえってみましょう。


ロビタ2号の研究室では、研究費の節約ということもあり、ある程度「良い」という評価を得たものにターゲットを絞っています。

同じラボでもロビタ1号では、もっとアバウトに研材を購入しているのに、その差は?その一番の理由は、CDと比べて小説は外した場合の時間の”ロス”が大きいからでしょうね。片や1時間弱、片や2、3週間ほどにもなる。まぁそれはボクが読むの遅いからですが。でも映画と比べてもロスが大きすぎ。
さらにCDは試聴も出来、それで全体を推し測るのは無理としてもある程度の方向性は察することが出来る。が、小説は…むつかしい。あらすじだけではちょっとむつかしい。

そういうこともあり、CDのようにはいきません。「ジャケ買い」など以ての外。慎重に選ばざるをえません。
なので小説については、年末に色んな所で企画される「○○○が選ぶ、2004のベスト!」見たいなものを参考にして、そこから当ラボ向きっぽいものを研材として選んでいます。

と、まぁ長々と前振りましたが、結局言いたいことは、

「だから、ウチでは1年遅れで読む作品ばかりなの」。

ってこと。

っつーことで、やはり今年の2号の研究室も、2003年以前の作品が目白押しなのでした。


んで。
ウチの2004年のNo.1は『クライマーズ・ハイ』でした。やはり'03発表作品だったりします。
ボクの知ってる叔母サン達の評価は今イチだったんですが、一人の息子の父親として、ボクは泣けました。それも2回読んで2回とも泣きました。まぁ、泣き虫なボクですので参考にはなりませんが。記者のパートと、父親のパート。どっちも好きでした。まぁリアルタイムであの事件を知らない若い人達にはまた捉えられ方も違ってくるのかもしれませんが。
先ほど言ったように、<時間のロス>というものに過敏な自分としては、2回読むことは稀であり、そういった点でも気に入った作品であるということが窺い知れます。

この作品は長編ですが、元々は名うての短編小説家。なんでもっと長編書いてくれないんだろう?まぁ氏の短編、好きな人多いですけどねー。ボクも好きですが。『第三の時効』収録の作品も幾つかランクインしてますし。
ただ、ここ何年も上下巻の長編読んでたら、そういうのでないとなんか物足らなくなってきちゃったんですよねー。それもどうかとは思うけど。高いし。

で、それに続くは'03からブーム終息の気配もない伊坂氏の『アヒルと鴨のコインロッカー』
独特の<伊坂ワールド>が世を席巻中。中毒性も高く、ボクもヤラレてます。小難しくなく読み易い文章に、小粋な台詞回し。ハマリ易く、抜け難い。
'04の氏の作品は他にも『チルドレン』、『グラスホッパー』等もありますが、未読。'05にはどちらかは読みたいですねー。
でも願わくば、1年に1冊くらいのペースで十分なので、このカンジをキープして欲しいなぁ。書きすぎて落ちて行っちゃう人、多いから…。

そして第3位は『プラネタリウムのふたご』
著者のいしいしんじ氏の作品は、もう1つ『麦ふみクーツェ』が当ラボにはあって。でも、ボクは『プラネタリウム~』の方が好きですねー。こっちの方が入り易い気がします。
この手の所謂”ファンタジー”が当ラボでランクインするのは珍しいです。購入すること自体が滅多にないし。しかしこれはウチの本棚から、一番最初に息子に読ませたい作品ですね、目下のところ。まぁまだまだ先の話ですが。

2004年は、横山氏、伊坂氏という、「今は外す気がしない」という作家さんも確立され、さらに山本一力氏や重松清氏や垣根涼介氏や舞城王太郎氏、という<当ラボにおける新人>作家さんも加わり、非常に充実の年となりました。今後もどんどん好きな作家が増え、さらにそこから<あなたに首ったけ!>というステージにまで到達する作家さんが出てくることを切に願う次第であります。おしまい。
[PR]

by robita00 | 2005-01-12 00:40 | ┗ novel - '04 | Comments(0)