本日の研究 【ロビタ1号ラボの2004年を振りかえる】

今日は、≪ロビタ1号のラボ≫から、<song - '04>、<album - '04>について振りかえってみます。
【ROBITA LAB】ミュージックアワード!


【ソング・オブ・ジ・イヤー】 ”ロックンロール” / くるり

【アルバム・オブ・ジ・イヤー】 『無罪モラトリアム』 / 椎名林檎

【MVP】 LOST IN TIME

【殊勲賞】 ASIAN KUNG-FU GENERATION

【敢闘賞】 椿屋四重奏

【新人賞】 椿屋四重奏

【特別賞】 椎名林檎


当ラボの中でもメインとなるロビタ1号の研究室。
今年も例年通り、充実した研究結果となりました。ウチ的に好きなものが多く、かつ、新しく好きになるものも出てきて、大満足。

さて、受賞の顔ぶれを見てみると。

まず、【MVP】にはLOST IN TIMEが選ばれました。ぱちぱちぱち。
特別、革新的な音を鳴らしたわけではありません。一言で言えば「前作の延長線上」にある作品と言えるかもしれません。が、その”延長線”は急上昇を描いています。全てのレベルがアップ。”進化”は無くとも”深化”は確実にした。
そしてここにまた一人、「大好きな声を持つアーティスト」が増えたのでありました。

続いて、【殊勲賞】にはアジカンが。
こちらは残念ながら1st未聴の為、その”深化”の具合が分からないわけですが、少なくとも『崩壊アンプリファー』の頃とは比べ物にならないほどですねー。いやー、びっくりした。

<2nd>でずっこけちゃうバンドも多い中、この2バンドはそれぞれ素晴らしい作品を届けてくれました。それも奇を衒う事無く、真っ向勝負。
以前にも書きましたが、ボクは「常に違う事にチャレンジしたい!」みたいなアーティストより、同じ事を更に深めて行ってくれる人が好きです。その方が格段に難しいと思うし。「違う音楽なら、違うバンド聴くからいいよ」っていうスタンスなんです、基本的には。「そうじゃなくて、君達のそのスタイルに惚れたんだ」、と。
そういうところからすると、彼らは理想的に深化してくれてホントにうれしい。これからもよろしく!

そして、【敢闘賞】【新人賞】のダブル受賞を果たしたのは、椿屋四重奏
マンドゥ、バンプ、HARCO、KEANE、等のメンツを押さえて、新人ながら堂々の敢闘賞受賞。
最初の会社を辞める頃、毎日その道中のお供にしていたこともあり、何しろ印象深いです。”嬉し悲しき共にあり 忘れ難きをまた灯し 嵐の中 自ずと望んだこの場所に 涙と雨の祝福を!”。会社に向かいながら、そこでの9年間を思い返し、涙しそうになりながら最後の3ヶ月間は通いました。
まぁ、その加算点は置いておくとしても、アナログ世代のボクには、「A面、B面、5曲ずつ」を意識したような作りは好感持てますし、10曲って潔くて好き。それに何といっても楽曲がいいです。2004年のベスト20に3曲送りこんだのは素晴らしいの一言!
来年以降も目が離せません!

そしてそれ以上の4曲を、東京事変も入れれば5曲をベスト20に送りこんだのが、【特別賞】受賞の椎名林檎
【アルバム大賞】受賞、【ソング賞】でも2位につけたことを考えれば断然、【MVP】であったわけですが、やはり'04発表作品で無いことを考慮してこの結果。
それでも対抗馬がいなければ【MVP】でよかったわけですが、今回はロストインタイムもいたということで。
それにしても思った以上に素晴らしいアーティストでした。「当ラボ向きではないかな?」と敬遠していたことが完全に裏目に。音楽通の方を唸らせるほどの才能を持ち、ボクのようなものが惹きつけられるほど”ポップ”でした。完璧。
これからは、リアルタイムで追って行こう!今更だけど。

そして作品に目を向けると。
2004年は、洋楽を聴き始めた高校生の頃から数えて、初めて邦楽のCDを買う数の方が上回った!結果にも如実に表れており、この傾向は今後も続きそう。

是非、洋楽チームにも頑張っていただきたいところですが、その中でもMANDO DIAOKEANEは頑張った。この若手達には今後も期待大。特にマンドゥは他の有力バンド達の2ndが軒並みずっこけたのに、よくぞ頑張った!…って、世間的にはまるっきり逆の評価のようですが。でも、ウチでは彼らがベスト。期待に応えました。

そして、邦楽。
くるりは、”ロックンロール”という当ラボでは「くるり史上NO.1ソング」の誉れ高い曲を届けてくれましたが、アルバムとしてはウチでの評価はちと伸びず…。まぁウチでは「わかりやすい曲」じゃないと、なので。

BUMP OF CHICKENも過去の作品と比べると、ウチでは低めの評価ですが、決して悪い作品ではありません。ちょっとハードルが高すぎちゃってますから。


総じて2004年は非常にいい作品に巡り合えたのではないかと、思っております。しやわせな事ですねー。
来年は頭から、100s、スピッツと期待のバンドの作品が続きますが、その後も2004年くらい好きな作品と出会えるといいなぁ。
[PR]

by robita00 | 2005-01-09 17:22 | ┗ song - '04 | Comments(0)