本日の研究 【ロビタ4号ラボの2004年を振りかえる】


今日は、≪ロビタ4号のラボ≫から、<comic - '04>について振りかえってみます。


大賞 『ブラックジャックによろしく』 佐藤秀峰 著

殊勲賞 『バガボンド』 井上雄彦 著

敢闘賞 『のだめカンタービレ』 二ノ宮知子 著

新人賞 『蟲師』 漆原友紀 著


4号のラボとしては、『バガボンド』『ブラックジャックによろしく』『のだめカンタービレ』の3本柱が、前年から引き続き好調をキープ。外しませんねー。

特に『ブラック~』は、主人公の斉藤よりも患者の方のドラマに比重が高くなってきてからどんどん好きになってきてます。”本家”『ブラック・ジャック』に迫る勢いでお気に入りです。

『バガボンド』は今年は小次郎がメインでした。武蔵と剣を交える日はまだまだ先のお話でしょうかね。でもその日がまだまだ来ない事を祈ります。ホントにこの人の絵はいいなぁ。

『のだめ~』は千秋がヨーロッパを舞台に奮闘して行くことに。天才千秋でも本場ではなかなかうまく行かないところに新たな楽しみが出ましたが、日本を離れることで、峰や真澄ちゃんが出なくなるのは寂しいところですが。

それに続く、『リアル』『GANTZ』といったところもいいです。特に『リアル』はぐんぐんと当ラボの評価が上がってますねー。

更に。今年は新しいのも幾つかランクイン!『よつばと!』『ラブロマ』『プラネテス』と、良い具合に幅も広がって。今後もこれらの作品には期待。

しかし!今年は何といっても『蟲師』!!!
新人としては大活躍。ウチにとっては「『蟲師』の年」と言っていいほどとなりました。でも去年は一気に5冊読めましたが、これから先は年に1冊しか出会えないので、その日を心待ちにしております。

さて、その裏で。
『BECK』、『カイジ』、といった辺りは残念ながら研究を中止することに。研究する対象は当ラボにあるものとしていること、しかしながら研究費や本棚のスペースには限りがあることから、新たな作品が増えたと言うことは、何かを削らなければならない事を示します。BECKというバンドがどういう風になっていくのか、カイジの借金はどうなっていくのか、気にはなりますがいたしかたない。
とはいえ、『カイジ』は今回の章に入ってまた復活しましたが。

2004年は豊作、といってよかったです、ウチ的には。
来年も何かを削らなければならないほどの作品と出会えますように。
[PR]

by robita00 | 2005-01-08 14:32 | ┗ comic - '04 | Comments(0)