【本日の研究】 『ラスト・チャイルド』 ジョン・ハート

<novel - '11>

7月半ばでやっと4冊読了・・・『愛おしい骨』は前回発表しましたが、それ以外に『アリアドネの弾丸』と『SOSの猿』の発表も出来ずじまいで・・・そして今回も、しない。今回は直近で読み終えたものをやらないと忘れてしまいそうなので。


というわけで、本日の研材、


a0035263_10125624.jpg



       『ラスト・チャイルド』  ジョン・ハート 著




十三歳の少年ジョニーは、犯罪歴のある近隣の住人たちを日々監視していた。彼は、一年前に誘拐された双子の妹アリッサの行方を探しているのだ。美しい少女だった妹は何者かに連れ去られたが、警察はいまだ何の手がかりすら発見できずにいた。ジョニーの父親も、娘が誘拐されてまもなく謎の失踪を遂げ、母親は薬物におぼれるようになった。少年の家族は完全に崩壊したのだ。ジョニーは学校を頻繁にさぼり、昼夜を問わない危険な調査にのめり込んでいく。
ただひたすら、妹の無事と家族の再生を願って……。



≪親子の絆≫という主題にこだわり続けているというジョン・ハートの最新作にして、「早川書房創立65周年&ハヤカワ文庫40周年記念作品」と言う肩書き付きの作品。

今年最初に読んだ前述の『愛おしい骨』が素晴らしく、また昨年の海外部門は激戦だったということで「他も同じくらい良いのでは!?」という期待もあり、昨年の上位の中から自分好みの作品を、と思ったのがコレでした。

主人公の少年も、それを担当する刑事も、憑りつかれたかのように1年前の事件から離れられなくなってしまっている。少年の家族も刑事の家庭も、この事件を通して崩壊してしまっている。お互いその崩壊しきった家庭を救うために奔走する。

そして、事件の視点はそれぞれによって異なり、それが次の事件を呼び寄せていく・・・。

基本的に謎解きは2の次っていう人らしく、それでもその部分も楽しめはしましたが、やっぱり肝は「家族をめぐる物語」っていう点に尽きるでしょう。


当ラボの評価は★★

合格点なんですが、それでも若干点数が低めなのは、やっぱり読むのに時間がかかって(結局2ヶ月くらい読んでた)しまってというのが大きな要因であり、ちょっとそうなると正確な評価が・・・かわいそうな事をしました。

今読んでる『カラスの親指』も実は既に1週間かばんに入りっぱなしですが・・・とにかく昼の時間を読書タイムに戻すようにする!つい「だら~っ」とツイッター見るのやめなきゃ・・・



今回の研究結果は、ロビタ2号のラボの<novel - '11>の方にUPしておきます。



それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!

o ̄_ ̄o)人 なますて~

[PR]

by robita00 | 2011-07-29 11:38 | ┗ novel - '11 | Comments(0)