所長の研究日誌 (11/14) 曇り。

今週の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

どうも土曜日は研究をサボタージュしてしまいます…。

仕事のお休みが日曜日しかないということで、土曜日の夜はなんだか気分が高揚して色んなことしたくなってしまって…。小学生時代もやっぱり日曜日しか休みでなかった為、同じように意味も無く興奮していたように思います。

まぁその一端として、土曜日は『オレたちひょうきん族』があったからっていうのもありましたかねー。ボクは当然『全員集合』もリアルタイムで経験してはいますが、とてつもなくタノシミにしていた、っていう点ではやっぱり『ひょうきん族』かなぁ。

’81といえばボクは11歳。当時近所でも指折りのテレビ好きであったおふくろに英才教育を受け、やはり近所で指折りのテレビっ子となったボクにとって、当時人気のツービート、ザ・ぼんち、西川のりお・よしお、紳介・竜介、ヒップアップ、コント赤信号…ちょっと今では例も挙げられないほどのメンツが一堂に会した新番組が始まる、その時の衝撃たるや今でも思い出せるほど。「あ、ありえない!」。

今となってはその面影もないほどにテレビ見なくなりましたねー。年取ったのかなぁ。
でも、あの頃のおふくろといえば常にテレビ付けてたし、そう考えるとただ単にそういう「今日はあの番組の日!」みたいに心待ちにしてる番組が減ったのかもしれません。
まぁ今は娯楽の形もテレビだけでは無くなったから、ってのも大きな要因でしょうが。


余談では有りますが、以前18歳の女の子に「君くらいの世代の子にとっての想い出のバラエティ番組っていうと?」という質問に、「めちゃイケ。」って言われたのには周りみんなずっこけましたね。「今もやってる番組じゃん!」。
みんなで『ひょうきん』の話してる時に「?」って顔してたんで、まぁ古いのは知らないとは思っていたけども…。

更に更に余談では有りますが。
今の会社には21歳の女の子がいます。昨日40代のおばさんと一緒に新札のお話をしている時に、ふと500円札の話になって。「あったねー」って。
したらその子、「えーっ!500円札って見たことない!使ってたことあるんですか!?」。
…出ました。500円札を知らない世代がとうとう社会に飛び出してきてます。
「かあさん、ボクのあの500円札、どうしたんでしょうね?ええ、あの夏、家から肉屋までコロッケ買いに行く道で、ドブ川に落としてしまったあの青いお札ですよ…」。
ジェネレーションギャップ炸裂。…年取ったなぁ。

                 *      *      *

ニュース斜め読み。

「時限」DVDを本格発売 米クリスマス映画で

へぇ~。早く観れて、しかも安い。意外といいかもしれませんねー。普及するかも。
しかしその観れなくなったDVDはどうすればいいんだろう…。溜まったら邪魔でしょうがない気もする。



日本ブームでメキシコハバネロ特需

そうか、そんなに人気でしたか。良く見掛けるとは思ったけど。
しかも今は即席めんのやつまで出てるんだー。へぇ~。
ボクも一度スナックは食べましたが、最初はさほど辛くないんですよねー。「なんだ、イケんじゃん」。でも、後から結構クる。
ボクは…カラムーチョくらいがいいな。



最後は、朝日新聞の「読者のページ」から。

【息子を育てた「バイオさん」】

 バイオリン奏者が相性のぴったり合う楽器に出会えるのはごくわずかな確率だそうです。息子はまだ11歳なのに、そんなバイオリンに巡り合ってしまいました。
 それは70年ほど前にドイツで作られたものです。傷だらけの姿ですが、息子は「うっとりするほど美しい音」に魅了され、「バイオさん」と名付けて大切にしていました。

 でも、バイオリンは体の成長に伴い、大きなサイズへと変えていかなくてはなりません。急に背が伸びた息子は、バイオさんから卒業する時を迎えたのです。
 寂しげな音色を響かせる弦の上を、涙の玉が次々と転がりました。彼は弓をおろし、思いの丈を話してくれました。大人になってもずっとバイオさんを弾いていたかったこと。一体感に包まれて演奏していたこと。自分は明るく楽しい曲が好きだが、バイオさんは哀愁を帯びた穏やかな曲を喜ぶ気がすること。

はるかなる地より海を渡り時を越えてやってきたバイオリン。息子にとって楽器という道具ではなく心の一部になっていたのです。


…ちょっと泣きそうになってしまいました。ボクにとっては『北京バイオリン』以上にいい話でした。
子供の感性って…すごい。ステキだなぁ。

                 *      *      *


それでわ、今週の締めの句を。

君の心の”暇”でさ、魔法は創られる。
そこには、あるんだ。まぁ、理想郷までじゃないが。

この歌を二十年後に聴けば、夢が解る。もうすぐさ。
そこには、あるんだ。永遠の気持ちが。
そこには、あるんだ。
そう、色褪せずに、自分自身を支える魔法が。

( 中村一義 『魔法を信じ続けるかい?』 )



それじゃあ、今週見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-11-14 17:39 | 所長の研究日誌 | Comments(0)