本日の研究 【蟲師 #5】

a0035263_2157138.jpg<comic - '04>

本日の研究作品。

・ 【蟲師 #5】 漆原 友紀 著



人に害をなす蟲を退ける事を生業とする、「蟲師」ギンコを主人公とした物語の第5巻。

常に外しませんねー。今回もいいです。

最初の”沖つ宮”というお譚がまずいいです。
「その島では、命を落とした者は全く同じ姿でもう一度生まれ変わってくる」、という筋。
やっぱり自分の嫁さんや子供が死にそうになったら、是非もう1度生まれ変わってもらいたい、たとえ自分の側にいてくれるわけでなくてもどこかで生きていて欲しい、なんて思っておりますので、そういう想いで惹き込まれてしまいました。
まぁ読み進めて行くうちに、そういう考えだけではないのかもなぁ、とも思ったりもしましたが。

しかしそういえば、女の人が亡くなった場合は、どうやって”生みなおし”をすればいいのだろう?


そして何といっても、ボクはこれ。”山抱く衣”。
ボクには特に故郷と呼べるような場所は無いのですが、親父やお袋の実家などに帰ると「自分が巣立った場所」があるっていいなぁ、と思うものです。
この譚のように、その土地土地にはそれぞれ”産土”というものがあり、それはその土地から生ずる植物に宿り、ひいてはそれを摂取する動物にも宿る。影響力は小さく、また宿主がその土地を離れれば力を失うが、生まれた地にさえ戻ればまた生涯守ってくれる、っていうのは実際の事で有る無しに関わらず納得させられてしまうし、なによりなんだか温かい気持ちになりました。「ホントだったらいいなぁ、それ」って。

たとえ1年にいっぺんではあっても、出会える日を心待ちにしておりますので、末永く続けて行って欲しい作品です。


当ラボの研究結果は、ロビタ4号のラボの<comic - '04>の方にUPしておきます。

そして…4巻の研究発表すっかり忘れてた!
…そのうちやります。
[PR]

by robita00 | 2004-10-29 22:31 | ┗ comic - '04 | Comments(0)