東日本大震災のこと ≪もろもろ≫


震災が起きてから今までの間、色々な方の色々な発言をtwitterやニュースなどで見かけたのですが、中でも心に残ったものを紹介しておこうと思います。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

まずはこちら。今回の中で、ボクの心に1番残った文章でした。
ちなみに震災の3日後に出ていたものです。


被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ
      ~僕の浅はかな経験談~



阪神大震災が起きたとき、僕は高校3年生で、しかもセンター試験の翌日だった。
遠くから沢山のトラックが走ってくるような、不気味な音が夢うつつに聞こえ、気がつくと家全体が揺れていた。父親にたたき起こされて玄関を開け、ガスを閉めてTVをつけると、阪神高速が崩壊していた。家が揺れた恐怖と、テレビの実感の無さと、街中の静けさが記憶に残っている。

その日は登校してセンター試験の自己採点を行い、二次試験のための面談をしなければならなかった。僕は迷ったが、結局自転車で出発した。大阪城の堀から水が溢れ出していた。

学校に着くと全てがいつもどおりで、来ていない生徒もいたが、先生は特に何も言わなかった。粛々と自己採点し、粛々と面談が行われた。僕達の仲間で三宮と西宮に住んでいる友人がいたのだが、さすがに登校はしていなかった。昼休みに仲間3人で、二次試験が終わったらボランティアに行こうと話をしていた。

下校時刻になって、担任の物理教師がおもむろに話しだした。
「今回の震災で我校の教師や生徒も被災者となり、登校できない人がいます。センター試験が終わり、受験生としての役目を終えた人もいると思います。あなた方の中には、正義感や義侠心に駆られて現地に乗り込む人もいるでしょう。それは間違ったことではありませんが、正直に言えば、あなた方が役に立つことはありません。それでも何かの役に立ちたいという人は、これから言う事をよく聞いてください。

まず食料は持って行き、無くなったら帰ってくること。被災地の食料に手を出してはいけません。
寝袋・テントを持っていくこと。乾いた床は被災者のものです。あなたがたが寝てはいけません。
作業員として登録したら、仕事の内容がどうであれ拒否してはいけません。集団作業において途中離脱ほど邪魔なものはないからです。
以上の事が守れるのであれば、君たちはなんの技術もありませんが、若く、優秀で力があります。少しでも役に立つことがあるかもしれない。

ただ私としては、今は現地に行かず受験に集中し、大学で専門的な知識や技術を身につけて、10年後20年後の災害を防ぐ人材になって欲しいと思っています。」

言葉の端々は忘れてしまったが、教師が言いたかったことは今でもはっきり憶えている。

結局僕たちは、物理教師の言ったとおり、なんの役にも立たなかった。
配給のパンを配って回ったり、お年寄りの移動に付き添ったり、避難所の周りを掃除したり、雑用をさせてもらったが、持っていった食料は5日で尽きた。風呂には入らなかったが、寝るところは防犯上困ると言われて避難所の中で寝た。生活のインフラ整備や瓦礫除去作業は、消防や自衛隊があ然とするくらい力強く、迅速に問題を解決していった。僕達の存在は宙に浮き、遊び半分で来たボランティアごっこのガキ扱いをされていた。実際手ぶらで現地に入って、汚い仕事を嫌がるような若者はたくさんいたし、そういうグループと僕達が、能力的に大きな差があったかというと、とてもそうとは言えなかった。
僕達が現地で強く学んだことは、「何かして欲しい人」がいて「何かしてあげたい人」がいても、事態は何も前進しないということだった。人が動くためには、「人を動かす人」が必ず必要になる。社会人なら常識として知っている事さえ、僕たちは知らなかった。

僕達は現実に打ちひしがれて現地を離れ、浪人を経て京都の大学生になった。そして被災地への情熱も無くなっていった。結果的に僕達の正義感は、ハリボテだったのだ。正直に告白し、反省する。僕たちは、神戸への気持ちを、たった一年間も持続させる事さえできなかった。

今回の震災で、被災した人の役に立ちたい、被災地のために何かをしたい、と感じている若い人達がたくさんいると思う。でも慌てないで欲しい。今、あなた方が現地で出来ることは、何一つ無い。現地に存在すること自体が邪魔なのだ。今は、募金と献血くらいしか無いだろう。それでも立派な貢献だ。胸を張って活動して欲しい。
そして、是非その気持を、一年間、持ち続けて欲しい。もしも一年経って、あなたにまだその情熱が残っているなら、活躍できるチャンスが見えてくるはずだ。仮設住宅でのケアや被災者の心の病、生活の手助けなど、震災直後よりも深刻な問題がたくさん出てくる。そういった問題を解決するために、NPOなどが立ち上がるだろう。その時に初めて、被災地は「何も出来ないけど何かの役に立ちたいと思っている、心優しいあなた」を必要とするのだ。もしかするとそれが、あなたの一生を変える大きなきっかけになるかもしれない。

結局僕は紆余曲折を経てGISの技術者になり、専門分野は違っても、多少なりとも防災の分野に寄与できる立場に辿り着いた。あの頃よりも、少しは人の役に立てるようになったんじゃないかなと考えている。


これはchodoさんという方ののブログで書かれたものだったのですが、既に削除されてしまっているようなので、ここに転載させていただきました(文章の引用・コピーは自由との事でしたので)。

そして、削除されてしまった理由として、「現地ボランティア自体を否定している」、「募金の方が現地ボランティアよりも崇高であると言っている」という誤解がありえる事、そしてそれが今後のボランティア行動全体に水を差してしまう危険性を感じた、という事を挙げられていたようです。
ボクは全然そういう風に感じなかったし、生半可な気持ちでは却って邪魔になってしまうということを知る事は、行こうとしている人にも、受け入れる人にも、どちらにも意味深い経験談だったと思うのですが・・・
「浅はかな~」というのも、ご自身の事についてであるのは明白であり、ボランティアに参加する若者全体を指したものでは決して無いし。

ボクも若くて熱意と時間がある頃であれば、もしかしたらですが行動をしていた「かも」しれません。が、あくまでもボクの場合はなのですが、やはりそこには「安易」な考えがあったろうと、この文章を読んで思いました。

ただ、chodoさんも下記の追記で書かれているとおり、「このエントリーはボランティア自体を否定したものではなく、どうせならより効果的な 参加方法を、冷静に模索して欲しいという趣旨であった」こと、そして、そういったことを全て踏まえた方であれば、是非参加してもらえればと思います。
人任せで申し訳ないっすけど・・・

何にせよ、非常に心に残る文章でした。息子がもう少し大きければ絶対に読んでもらうとこだけどなー。まぁいつの日か読ませよう。

最後にchodoさんの書かれた追記を記しておきます。

引き続き文章のコピーや引用は、それぞれのご判断にお任せいたしますが、
ただ、できましたらご活用の際は、
・このエントリーはボランティア自体を否定したものではなく、どうせならより効果的な
 参加方法を、冷静に模索して欲しい
という趣旨である事を補足していただけるとありがたいです。
         
願わくばこのエントリーを読んで、少しでも多くの若者達が、
僕が挫折したボランティア活動の続きを経験し、苦しみの中に多くの成長と喜びを
得られますよう、また一日もはやく被災地に明るい朝がやってきますよう
心からお祈りしています。



 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


次はこちら→被災地へ

これは、東京の病院に勤務されている看護師の方が、災害対策支援医療チームのメンバーとして被災地へ向かい、そこでの経験を記されたものです。


   どんどん増えていく被害状況や泣いている人を見て自分には「今」何が出来るか
   何をすべきかあの地震の日からずっと考えていました。

   この仕事をしている以上、きっと何か出来るんじゃないかとずっと思っていて
   オファーが来たときは「これだ!」と思いました。

と始めに記されれているのですが、もうそう思って行動できる時点で、ボクなんかからしたら素晴らしいと思うのですが、行って、見て、行動して、そして少なからず挫折感も感じて、そういった諸々を綴ってあります。
決して短くは無いですが、お時間のあるときに是非みていただきたいと思いました。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


次はこちら→電気グルーヴからのお知らせ。

もう、あとボクたちが出来ることはこういったことですね。
著名な方は、こういったファンがシビれるようなことをしていただければいいなーと思いました。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


今回の事では海外からも、大きな支援が→台湾の番組・・・

本当にありがたいことです。まさに善意の塊ですね。


なのに、「何で???」な事も幾つかあったりして。例えばこれ、「恩返しをしたい」の思いが宙に…

何か申し訳ない・・・し、ホント、もう、なんか恥ずかしい・・・。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


こーゆーのもあったり→救助犬について

・・・かわいい。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


原発に関しては→1970年・・・

・・・大丈夫かなぁ。ホント。


そして→これも

・・・確かに、と言わざるを得ない。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

まだまだ、放射能の問題含め、色々と解決しなければらない事だらけ。
でも、彼方の光を目指して。

「15才の君へ。」

これは、阪神淡路大震災から15年、関西電力株式会社の去年のCMらしいのですが、復興へ向けてまだまだ時間はかかるとは思いますが、その足がかりになればという想いも込めて。


   「君がいたから、前を向けた。」

   「君がいたから、頑張れた。」

   「君がいたから、泣くのをやめた。」


   「君たちこそが、希望の光。」

父親になってからは、こういうの、かなりヤバいですね。泣きそうになってしまいます。
曲も合ってていいですよね~。

是非、国を挙げて復興の道を!希望の光を消さぬように!

[PR]

by robita00 | 2011-03-31 11:26 | 所長の研究日誌 | Comments(2)

Commented by ちゃや at 2011-04-01 00:58 x
「僕の浅はかな体験談」はまだブログの記事になっている時に読んで、私も本当に心を動かされたよ。 私には全然ボランティアの否定には取れなかった。 災害直後の混乱時に甘い気持ちでボランティアをすることへの警鐘ではあるけど。 看護師さんの日記は知らなかったので教えてくれて感謝です。 ものすごく重くて後々まで残しておきたい記録でした。 テレビで通してみるだけではこれほどの過酷さは伝わってこないから・・・・。

その場に行くこともできないし、行ったところでこの看護師さんのようには役にも立てないかもしれない私達が出来ることって本当に少しだけど、その小さな事を出来る限り長く続けていくことが重要だと思う。 そして、いつ何時自分が同じような被災者になるかもしれないという事を忘れずに。 
Commented by robita00 at 2011-04-01 22:49
あ、ちゃやさんも見たんだね~。ボクはツイッター上で、やっぱり出てすぐくらいに見たんだけど、今回これやろうと思ったらすでに削除されてた・・・。ただ、ブログ主さんはその理由のところで「善意の炎上」と書かれていたので、好意的・前向きな意見が多かったのかなと、ちょっと安心したのだけれど。
看護師さんの日記は糸井重里さんのツイートで知ったのだ。「赤い旗」の話とかやっぱり現場の状況はこちらでは窺い知れないのだなと思い知らされたよね・・・。

そうだね、「僕の浅はかな~」でも触れられていたけど、とにかく僕達は今の気持ちを少しでも長く持ち続ける事。やっぱり風化されてしまうことが1番辛いというようなことを他の震災の時に聞いたから。

後は原発。放射能の問題だね・・・世界中の英知を集結して解決に向かって欲しい!