本日の研究 【WE8 : 68日目(特別編)】

そろそろ本大会前の大会、コンフェデ杯が開催される。
仕事の関係で多分試合には行けないけど、本大会用のメンバーのドラフトはする。
いつもなら、1位、2位は抽選、その後は前回大会下位から順に獲って行くが、今回は頭から抽選は廃止して、下位から順に取っていく、<ウェーバー制>を導入。
前回、奇跡的に2位に入ったと言うことで選択権は3番目。
一番欲しい選手は決まっているが、あとでも獲れると思うと先に人気の選手を獲るのが定石。でもそんなことしてるうちに獲られちゃったらアウチなんで、そこが悩み所…。

まぁそんなことも視野に入れながら、以前やったように強豪国との練習試合を行うことに。
前回はだめだったけど、今回はイケる気がする。

条件は
①自チーム(アヤックス)はアウェー
②レベルは<★×6>
③調子は、自チームが、相手が

相手は、イングランド、イタリア、アルゼンチン、フランス、ブラジル。
さぁ、レッツラゴー!



まずはイングランド戦。
当然メンバーは最初から切り札も投入。
好機にロナウジーニョがヘッドを空振り…。
嫌な展開だったが、CKからルーニー、ヘッド炸裂!
その後、バベルがPKを外すも、交代したシセがロナウジーニョのシュートのこぼれ球に誰よりも早く詰める!

  • 【練習試合1st】 アヤックス(A) 2-0 イングランド
うしっ。いつものカンジだ。やれる。



次はイタリア戦。
ルーニー、エリアでカンナバーロと対峙、積極的に勝負仕掛けてPKゲット!
しかし後半、CKからインザーギに飛びこまれる。同点。
負けじとバベルもルーニーからのクロスにDFと競りながらネットを揺らす。
…え?どうやらファールを取られていた模様でノーゴール。くぅ~。
しかししかし、またもルーニーが救う!今度は積極的にシュートを打って、相手DFパヌッチのO・Gを誘う。
んが、リードしたのも束の間、スナイデルがエリア内で痛恨のファール!
キッカーはデルピエーロ。…止めたーーーっ!ランドロー、素晴らしい反応でゴール許さじ!

  • 【練習試合2nd】 アヤックス(A) 2-1 イタリア
うん、いい、いい!



続いて、アルゼンチン戦。
前半、クレスポがDF2人をひきずるように突進。ランドローもシュートははじくのが精一杯。アイマール、どフリーで押しこむ。
さらに後半立ち上がり。ダレサンドロからのクロスをまたもクレスポ、今度はヘッドで決める。”0-2”。
福田監督、ここで攻撃的布陣にシフトチェンジ。本大会でももちろんこういう展開は有り得るのでいい機会。
疲労気味のロナウジーニョに替えて中田、スナイデルに替えてエムレ・ベロゾール、イブに替えてシセ。そしてここからアヤックスペースに。
あっという間にルーニーがヘッドを決めて”1-2”。
そしてまたもやルーニーがドリブルでエリアに侵入。PKもらう。決める。2-2。スクランブルかけてから7分足らずで振り出しに戻す。
さらにさらにルーニー、華麗なステップでまたまたPKゲット!いやぁ、なんて使いやすい選手だろう。自分で決めて、とうとう逆転だ!
ロスタイムには、お待たせバベルがヘッドで決める。

  • 【練習試合3rd】 アヤックス(A) 4-2 アルゼンチン
なんかもう、負けないんじゃないか?これは。



調子よく、第4戦。対フランス。
いきなり、ジダンに振り向きざまシュートを決められる。
しかし、負けないアヤックス。中田から中央でパスを受けたイブが、寄せの甘いDFを尻目にびゅーちふるミドルを放つ!ナイスゴールだ!
そしてキレキレイブラヒモビッチ、ドリブル突破敢行。PKゲット!…こればっか。
しかし、ここでイブ、外してしまう…。
その後の再三のピンチはランドローが防いだが…。もったいない。

  • 【練習試合4th】 アヤックス(A) 1-1 フランス


で、最後のブラジル戦。
中盤の潰し合いが激しく、両チーム共いい形作れず…。
結果、スコアレスドロー。

  • 【練習試合5th】 アヤックス(A) 0-0 ブラジル
最後に消化不良の試合…。


しかし、今回の試合を通じて、ウチの1位指名は決まった。一番活躍した彼だ。きっと誰も序盤では獲りにこないだろうけど、ウチのチームの”肝”なんで獲れなかったらキツイ。誠意も込めて最初に獲ることにしよう。
さっそくご両親に挨拶に伺わねば。「お宅のお子さんをウチに任せてください!」。手渡したセンベイの箱の下には札束ぎっしり敷き詰めて。
[PR]

by robita00 | 2004-10-21 22:34 | ┗ game | Comments(0)