所長の研究日誌 (10/15) 「これぞ青空!」っつー晴れ。


今日の各ラボの研究発表は、
となっております。よろしくどうぞー。

                 *      *      *

再就職、成る。…多分。

10年近くぶりの長期休暇に、初めの頃は歓喜し、次第に焦り、最後は達観していましたが。
加藤伸吉氏の短編マンガ『友達に会いに』にもあったように、「仕事がなくてもユーウツだし、仕事があってもユーウツだし」ってとこですねー。

でも、これだけゆっくりと一日を過ごし、晴れた日には空と川を眺めながら河原を歩き、奥さんや3歳の息子と同じ刻を共有できた、というのは何物にも替え難いものでした。それも、まぁ若いとまでは言いませんが老いてからではない、この「現在」の自分で。

まぁしかし、守るべき存在がありながら、これだけのんびりしていたというのもすごいことですが。常に自分を第一に支持してくれる奥さんに、照れくさいんでここでひっそりと。
「いつもありがとう。」

                 *      *      *


ニュース、斜め読み。


【EU、ゲーム禁止法めぐりギリシャを提訴】

<共同より>
 欧州連合(EU)欧州委員会は14日、自宅でコンピューターゲームをすることまで禁じたギリシャの法律は、域内のモノやサービスの自由な流通を定めたEUの法令に違反しているとして、同国政府を欧州司法裁判所に提訴した。

 ギリシャは02年、違法ギャンブルを取り締まる目的で、スロットマシンなど電子機器を利用したゲームを禁止する法律を制定。その際、家庭用コンピューターゲームや携帯電話の付属ゲームも対象になった。

 実際に家庭内での利用が摘発されることはないが、カフェなどでゲーム機設置が許可されないケースがあるという。

 欧州委は今年4月、法改正を要求したが、ギリシャ政府は対策を取らずにいた。


きびしーなぁ、ギリシャ。
さすがに各家庭を周ってまで確認はしないようですが、実際に法に触れるってことでしょ?
そんなこといわれたら、泣いちゃうなぁ。WE8の大会もヤミでやらないと…。



【生体認証情報の厳格管理を 金融庁、個人情報保護で】

<共同より>
 金融庁は15日、金融機関による個人情報保護の強化に向け、静脈や指紋などの生体認証情報を住所などの個人情報と明確に分離した上で、簡単に情報を復元できないよう取り扱いの厳格化を求める方針を固めた。
 東京三菱銀行が、手のひらの静脈を読み取って本人確認をするICカードを発行するなど、生体情報は急速な普及が見込まれている。このため、保護策の整備が緊急課題となっており、金融庁の方針は今後の政策にも影響を与えそうだ。
 同日開かれた金融審議会金融分科会特別部会では、個人認証技術に詳しい小松尚久早大教授が「静脈や指紋、虹彩などの生体情報は取り換え不能の究極の個人情報。情報の保護手段として有効だ」と強調し、適切な管理の必要性を訴えた。


確かにそういう生体情報は「その人固有のもの」だからこそ、犯罪の証拠にもなり得るわけで。そんなもんが勝手に持ち出されたら、たまったもんじゃない。
「ここにお前の指紋がべったりとついているんだよ!お前しかいないだろう!」。この冤罪は晴らすのが難しそうだ。やっぱりこれは絶対になんとかしてほしいものです。

っていうか、「住所などと明確に分離した上で厳格に」って、住所とかだって同じように厳格に扱って欲しいんですけど。お願いしますね。

                 *      *      *


それでわ、本日の締めの句を。

「独りで生きて 死んで
なんで満足出来るんですか バカみたいよ

宇宙は独りじゃ広すぎるのに」

( 幸村 誠 『プラネテス』 )




それじゃあ、見に来てくれた方どうもありがとう!おやすみなさい!

o ̄_ ̄o)人 なますて~
[PR]

by robita00 | 2004-10-15 22:58 | 所長の研究日誌 | Comments(4)

Commented by teacherteacher at 2004-10-18 00:21
お仕事決まったんですか?
早めに、ごあいさつを・・「おめでとうございます~」
新しい環境に、早く馴染めますよーに (・∀・)!!
Commented by robita00 at 2004-10-18 18:42
どうもありがとうございます!
そうですねー、やっぱり不安がいっぱい…。
とりあえず、お試し3ヶ月間でクビ切られないようにがんばります!
Commented at 2004-11-10 00:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robita00 at 2004-11-16 22:46
すみません、非公開コメントだったんですね。
気が付かずに申し訳ありません。

一応、不快に思われたかもしれないので、記事の部分は削除しておきました。